会員登録はこちら
セントライト記念 G2   日程:2011年9月18日() 15:45 中山/芝2200m

セントライト記念のニュース&コラム

【オールカマー】ラクリマ古馬に挑む
 ローズS、セントライト記念をはじめ、先週の4重賞はすべて関東馬が優勝。その勢いに乗って3歳馬のマイネルラクリマが、産経賞オールカマーに果敢に参戦。強豪古馬に互角の勝負を挑み、菊花賞への手応えをつかむ。 新潟2歳Sを皮切りに、関東馬の攻勢はとどまるところを知らない。ローズSをはじめ、18、19日の4重賞をすべて、関東馬がもぎ取ったのだからすごい。その勢いがマイネルラクリマへの後押しとなることは間違いない。 「いい感じできているから、この好ムードにうちの馬も乗せてもらって本番(菊花賞)を迎えたいね」と表情も明るく話すのは上原調教師だ。秋初戦がなぜセントライト記念、神戸新聞杯のトライアルではなく、古馬と初顔合わせになるこのレースなのか。これは美浦に帰厩したのが9月2日と遅れたのが理由。ラジオNIKKEI賞2着後、ビッグレッドファーム真歌(北海道・新ひだか町)で夏休みに入ったが、当地での調整が長引いた。これは美浦の酷暑を避けたかったからで、万全を期したためでもある。 「逆算すればここがちょうどいい。関西(神戸新聞杯)は菊花賞を含め2度輸送することになり、負担をかけたくなかった。それにオールカマーは毎年、頭数が少なく、それも頭にあった。古馬との厳しい競馬を経験させるのもプラスになる」と上原師=写真。すべては計算ずくというわけだ。 だからこそ、調整は抜かりない。「体重面で大きく変わってはいないが、ひと夏越して体に実が入ったことは確か」と成長ぶりに目を細める。 アーネストリーを筆頭にした強豪にどんな勝負を挑むのか。マイネルラクリマが古馬の胸を借りて、菊花賞への扉を開く。 (水戸正晴)
2011年9月21日(水) 05:03

 666

【セントライト】フェイトフル復活差し
 第65回セントライト記念(18日、中山11R、GII、3歳オープン国際、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、1〜3着馬に菊花賞(10月23日、京都、GI、芝3000メートル)の優先出走権=出走17頭)得意の中山で復活の雄たけびをあげた。6番人気フェイトフルウォーが、3番人気トーセンラーに1馬身1/4差をつける完勝。コース史上2位となる2分10秒3(良)の好タイムで駆け抜け、今年1月の京成杯以来となる重賞2勝目を挙げた。1番人気サダムパテックは中団から差を詰めたが、3着止まり。なお、1〜3着馬には菊花賞の優先出走権が与えられた。 春はヤンチャで気分屋と呼ばれた黒鹿毛のステイゴールド産駒が、秋の中山で大きな成長をアピールした。6番人気フェイトフルウォーが上位人気馬3頭との叩き合いを制し、菊花賞の有力候補に躍り出た。初騎乗で勝利へ導いた柴田善臣騎手が爽やかな笑みを見せながらいう。 「気分が向けば走る馬なので、気分を害さないことを心掛けた。4コーナー手前で悪さをしたが、直線はハミを取ってくれた」 ロイヤルクレストがハイペースで飛ばし、フェイトフルウォーは約15馬身離れた3番手集団に位置。場内からどよめきが起きるほど特殊な流れになったが、3コーナーからその差を徐々に縮めていく。4コーナーで外に逃げるような仕草を見せたが、鞍上が矯正させると最後は中山の急坂を力強く駆け上がった。 京成杯を制しながら、皐月賞12着、ダービー13着と春は大事なレースで凡走してしまったが、この日は「馬体にものすごく張りがあって、いい頃に戻っていた」と伊藤伸一調教師。心身が整えば、世代でもトップを争える力を証明してみせた。 奇しくもフェイトフルウォーは春の2冠馬と同じ父ステイゴールド、母の父メジロマックイーン。配合からは距離、コースとも初物づくしの菊花賞でも期待を抱かずにはいられない。 鞍上を振り落としたり、ハミをまったく取らなかったりしたのは春までの話だが、トレーナーは「まだ全力で走っていない」という。それだけまだ奥があるということだ。 フェイトフルウォーが自身のリミッターを外した時、秋の淀で“ストップ・ザ・オルフェーヴル”が成し遂げられるかもしれない。 (板津雄志)
2011年9月19日(月) 05:02

 728

【セントライト】フェイトフルウォー激戦制す
 第65回セントライト記念(18日、中山11R、GII、3歳オープン、国際、指定、芝2200メートル、1着賞金5400万円、出走17頭)柴田善臣騎手騎乗の6番人気フェイトフルウォー(牡3歳、美浦・伊藤伸一厩舎)が快勝。勝ちタイムは2分10秒3(良)。 1馬身1/4差の2着には3番人気トーセンラー、1馬身1/4差の3着には1番人気サダムパテックが入った。上位3頭には菊花賞優先出走権が与えられた。 デビュー戦ではレース前に放馬しながらも勝利を飾ったフェイトフルウォーが心身ともに成長した姿を見せつけた。 レースはロイヤルクレストがハイペースで逃げる展開。フェイトフルウォーは好位で競馬を進めた。ロイヤルクレストは直線に入ると失速。直線は外から後続勢が一気に脚を伸ばし、激しい叩き合い。鋭く抜け出したフェイトフルウォーがトーセンラーらの追撃を振り切り、秋初戦を飾った。 勝ったフェイトフルウォーは父ステイゴールド、母フェートデュヴァン、母の父メジロマックイーンという血統で通算成績7戦3勝。重賞は11年京成杯(GIII)に続き2勝目。騎乗した柴田善臣騎手は96年ローゼンカバリー以来15年ぶり2度目のセントライト記念初制覇。管理する伊藤伸一調教師は同レース初勝利。
2011年9月18日() 16:14

 771

【セントライト】積極策ユニバーサル
 《本紙の狙い》ユニバーサルバンクを本命に推す。1勝馬ながら重賞を含み2着が5回。直線で挟まれたラジオNIKKEI杯2歳S(14着)と道悪に泣いたダービー(10着)以外は、掲示板を外していない堅実派だ。夏場の休養で馬体は成長し、放牧から帰厩後の乗り込みは順調。ひと追いごとに良化してきた。安定している成績が示すように調子の変動の幅が少なく、気性的にも久々を苦にしないタイプ。休み明けの不安はない。中山は初めてだが、先行力があるので、むしろレースをしやすく、持ち味がさらに生きる可能性が大。積極策から好勝負に持ち込む。皐月賞2着の実力馬サダムパテックが相手の筆頭。脚質自在で良化ぶりが目立つショウナンバーズが▲。
2011年9月18日() 12:02

 587

セントライト記念のニュースをもっと見る >

【セントライト】ラー極上11秒6!
 菊花賞(10月23日、京都、GI、芝3000メートル)トライアル、セントライト記念の追い切りが14日、東西トレセンで行われた。ダービー11着以来のトーセンラーは、栗東CWコースでラスト1ハロン11秒6と抜群の伸びを披露。春は順調さを欠いたが、秋初戦への態勢は万全だ。皐月賞2着サダムパテックは栗東坂路で上々の伸び。ダービー3着ベルシャザールも栗東坂路で力強い動きを見せた。 暗闇の中に浮かび上がった黒い馬体が、一瞬にして併走馬を突き放した。不完全燃焼に終わった春の雪辱に燃えるトーセンラーが、自慢の瞬発力を存分に披露。秋初戦に向けて、上々の仕上がりをアピールした。 午前5時。日の出前のCWコースに姿を見せたトーセンラーは、フィニステール(牡7、1600万下)を1馬身ほど追走してスタート。3コーナー過ぎでパートナーの内に入れ、直線で蛯名騎手のムチが入ると、相手を並ぶ間もなく4馬身半置き去りにした。6ハロン82秒4、ラスト1ハロン11秒6の好反応は、暗い空の下でもひときわ目を引いた。 「相変わらず、いい動きをするね。きょうもすごくいい感触だった」 11日のフォワ賞でナカヤマフェスタ(4着)に騎乗し、13日にフランスから帰国したばかりの蛯名が相好を崩した。飛行機が5時間遅れたうえに欠航。急きょ、他の便で帰国すると「家でシャワーを浴びるぐらいしか時間がなかった」と言うほど急いで栗東へ。それだけキツい思いをしても、この動きなら大満足だ。 3月11日の東日本大震災発生時は宮城県・山元トレセンに滞在。帰厩のスケジュールに誤算が生じたうえに、皐月賞は東京芝2000メートルでは不利な外枠((16)番)で7着。ダービーは430キロ台の小柄な馬には過酷な不良馬場で11着。「春は震災の影響で輸送がうまくいかなかったりして、使うだけで精一杯。しかも運もなかったね。まともに走ったら力はあるのに、それがさせてもらえなかった」。蛯名にとって、悔しさしか残らなかった春のクラシックだっただけに、秋は能力を全開させたい気持ちが強い。 藤原英昭調教師も「春とは臨戦過程が違う」とリベンジへの手応えを感じている。「時間をかけて調整してきたし、春より成長している。いい状態で行けるから、好勝負になるよ」と自信を持って秋初戦に送り出す。 「まともにこの馬の力を出せれば、もちろん楽しみ」と期待を膨らませる蛯名。きさらぎ賞で後のダービー1、2着(オルフェーヴル、ウインバリアシオン)を一蹴したディープインパクト産駒が、今度こそ輝きを放つ。(柴田章利)
2011年9月15日(木) 05:06

 718

【セントライト】ベルシャ躍動12秒3
 菊花賞(10月23日、京都、GI、芝3000メートル)トライアル、セントライト記念の追い切りが14日、東西トレセンで行われた。ダービー3着ベルシャザールも栗東坂路で力強い動きを見せた。 ダービー3着以来となるベルシャザールが、坂路で躍動した。タニノネグローニ(牡5、500万下)と併せ馬。ラスト1ハロンは持ったままで、12秒3の好時計(4ハロン55秒6)で駆け抜け、併入した。 「春に比べてイライラしたところがなかったね。ここまで(レース)間隔を開けたのは初めてだけど、この方がいいみたい。乗った感触もよかったし、初戦から力を出せるのは間違いない」。先週に続き調教に騎乗した安藤勝騎手はストレートに好感触を伝えた。
2011年9月15日(木) 05:05

 546

【セントライト】パテック反応文句なし
 菊花賞(10月23日、京都、GI、芝3000メートル)トライアル、セントライト記念の追い切りが14日、東西トレセンで行われた。皐月賞2着サダムパテックは栗東坂路で上々の伸び。 サダムパテックは坂路で単走。先週までにハードな調教を積んでいたこともあり、この日は上がり重点。タイムはエラーで表示されなかったが、仕掛けてからの反応は上々で、軽快な動きは目を引いた。ダービー7着以来となるが、仕上がりに不安はない。 「最後は12秒前半だと思うけど、いい動きだった。3週連続で併せ馬をしてきて、体調は申し分ない。引っ掛かる馬ではないので、距離はこなせるはずだし、勝って菊花賞へ向かいたい」と西園調教師は力を込めた。
2011年9月15日(木) 05:04

 600

【セントライト】フェイトフル51秒9
 京成杯勝ちがあるフェイトフルウォーは新コンビの柴田善騎手を背に坂路で4ハロン51秒9−計不−12秒3をマーク。フジノゴンファノン(牡3未勝利)を2馬身追いかけて、俊敏な動きで併入に持ち込んだ。「ラストの反応や感じは良かったし、イメージと違っておとなしかった」とヨシトミは好感触を得た様子。伊藤伸調教師も「チップを入れ替えて、時計がかかる馬場状態でラスト13秒を切っている。これでいい感じに仕上がると思う」と笑顔だった。
2011年9月15日(木) 05:04

 581

セントライト記念の直前追い切り情報をもっと見る >

セントライト記念過去10年の結果

2010年9月19日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 クォークスター 藤岡佑介 2:10.9 6.4倍 100.3
2着 ヤマニンエルブ 柴山雄一 クビ 6.4倍 100.3
3着 アロマカフェ 武豊 3/4 4.4倍 99.8
2009年9月20日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2008年9月21日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

セントライト記念の歴史と概要

〜注目重賞・2014セントライト記念特集〜
2014年9月21日 新潟競馬場・芝2200m・GII

セントライト記念(GII)歴史・レース概要
セントライト記念は日本競馬史上初の三冠馬であるセントライトを記念する競走として東京競馬場の芝2400mの4歳(現3歳)牡馬、別定の重賞競走「セントライト記念」として1947年に施行されたのが始まり。当初は菊花賞とほぼ同時期または菊花賞後に開催されたこともあり、トライアル競走の側面は有していなかった。

セントライト記念は1980年より現行の中山競馬場・芝2200mに舞台を移し、1984年にグレード制導入によりGIIIに格付け、1987年にGIIに格上げとなった。1995年には菊花賞トライアルに指定され、3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられた。関東圏唯一の菊花賞トライアル競走だが、セントライト記念の優勝馬は1984年のシンボリルドルフ以降菊花賞を制していないが、セントライト記念出走馬からは1992年2着のライスシャワーや2001年の4着馬マンハッタンカフェ菊花賞を制している。


過去の優勝馬にはバランスオブゲームヴィータローザコスモバルクキングストレイルトーセンシャナオーロックドゥカンブダイワワイルドボアナカヤマフェスタクォークスターフェイトフルウォーフェノーメノなどが名を連ねる。

レースレコードは2004年にコスモバルクが記録した2分10秒1という時計。


セントライト記念の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

セントライト記念の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る