会員登録はこちら
阪神ジュベナイルF G1   2011年12月11日() 15:40 阪神/芝1600m

阪神ジュベナイルFのニュース&コラム

【愛知杯】今週もマツパク旋風ディソール
 ジャパンCのブエナビスタに続いて、その半妹ジョワドヴィーヴルもデビュー2戦2勝で阪神JFを制覇と、松田博資厩舎の勢いはとどまるところを知らない。今週も日曜小倉のGIII愛知杯にレーヴディソール、土曜阪神のGII阪神Cにマルセリーナと2頭のGI牝馬がスタンバイ。ブエナのラストランとなる来週の有馬記念まで“マツパクガールズ”から目が離せない。 先週の阪神ジュベナイルフィリーズでジョワドヴィーヴルが、史上初となるキャリア2戦目でのGI制覇を達成して、全休日明けの13日は松田博資調教師のもとに、祝福の声が絶えなかった。その姉ブエナビスタが先月末のジャパンCで雪辱Vを飾って以降、厩舎のムードが一気に上昇。今週もその勢いは止まりそうにない。 「休み明けを1回使って体が締まってきた。こないだとは全然違うよ」とトレーナーが復活の手応えを感じているのが、日曜小倉のGIII愛知杯を予定している昨年の2歳女王レーヴディソールだ。右トウ骨遠位端骨折による8カ月のブランク明けとなった前走のエリザベス女王杯は11着とデビュー5戦目で初黒星。ぶっつけでのGIで、さらに初距離、初の古馬相手では、さすがに“規格外”の馬でも厳しかったが、指揮官には1度使えば、変わってくるという自信があった。 実際に、7日の1週前追い切りでは、ラストに少し仕掛けた程度で1ハロン11秒8をマーク。CWをキャンターで2周した13日の動きも、格段に素軽く滑らかになっていた。調教師のコメントも「地力に期待」だった前走時から、現在は「いい頃に戻ってきている」とトーンが上がっている。55・5キロのハンデは、古馬とのアローワンス(年齢による斤量差)1キロを考えると、実質56・5キロのトップハンデ。「微妙なラインだが、他の馬との差がないのはよかった」とトレーナーの表情は穏やかだ。福永祐一騎手も阪神JFの優勝インタビューで「来週は小倉に応援に来てください」と言うほど自信にあふれている。 09年からの重賞14勝のすべてを牝馬で挙げている松田博厩舎。レーヴと阪神Cに出走するマルセリーナの“マツパクガールズ”が今週は鮮やかな復活劇を演じてくれそうだ。 (板津雄志)
2011年12月14日(水) 05:05

 836

【阪神JF】ユーイチ、返し馬で勝利確信
 第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(11日、阪神11R、GI、2歳牝馬オープン国際(指)、馬齢重量、芝右・外1600メートル、1着本賞金6500万円 =出走18頭)2歳女王決定戦の阪神JFが11日、阪神競馬場で行われ、福永祐一騎乗の4番人気ジョワドヴィーヴルが能力の違いを見せて優勝。ブエナビスタとの姉妹制覇を果たした。コンビを組んだ福永祐一騎手(35)が、サンスポに独占手記を寄稿。JRA史上初となるキャリア2戦目でのGI制覇に、「今から来年が楽しみです」と福永も将来性を高く買っている。 すごい。今回の勝利はそのひと言に尽きるのではないでしょうか。それほどインパクトのある走りをジョワドヴィーヴルは見せてくれました。 レース前は正直、半信半疑でした。今回が2戦目だし、デビュー戦は勝ちましたが、道中で外に逃げたり、エンジンの掛かりが遅いなど課題があったからです。でも、馬場に出て、返し馬をしたときに、初戦では前脚と後ろ脚がうまくかみ合っていなかった走りが解消されていました。その時点で『これならいける』と勝利を意識しました。 レースも完璧だったと思います。スタートもよくて、前を見ていけるいいポジションで追走。手応えもよかったし、直線では進路を外にとるだけでした。最後はエンジンが違いました。キャリア1戦でのGI勝利は最短記録だそうですね。初戦よりよくなっていたとはいえ、未完成で伸びしろ十分の状況で圧勝するんですから、やはりすごい馬です。また、夜に松田博資厩舎の忘年会に参加させていただいたので、いい報告ができてホッとしています。 秋に栗東トレセンに入厩して、調教で初めて騎乗したときの感触は忘れられません。僕がこれまで経験したことがない走り方をしていました。前脚を前に動かすのと同時に後ろ脚が前脚についてくる感覚で、一完歩の滞空時間が他の馬より長く感じるんです。想像がつかない走りでしたが、僕の中にまた新たな引き出しができました。 この勝利が僕にとって今年のGI初制覇。勝ったことはもちろんうれしいのですが、こういう将来性のある素質馬と出会えたことに感謝しています。2戦目でこれだけのパフォーマンスを見せてくれたのですから、完成されたらどんな馬になるのでしょうか。無事にいってくれたら、日本を代表する馬になる素材だと思います。今から来年が本当に楽しみです。 最後にオーナー、厩舎スタッフ、そしてファンのみなさんのおかげで勝つことができました。これからも応援よろしくお願いします。 (JRA騎手)
2011年12月12日(月) 05:07

 1,603

【阪神JF】ジョワド、史上初!母子姉妹V
 第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(11日、阪神11R、GI、2歳牝馬オープン国際(指)、馬齢重量、芝右・外1600メートル、1着本賞金6500万円 =出走18頭)418キロの小さな体が弾丸のように突き抜けた。姉をもしのぐ強さ。父を彷彿とさせる脚。ブエナビスタの半妹で、ディープインパクトを父に、ビワハイジを母に持つジョワドヴィーヴルが女王戴冠。史上初キャリア2戦目でGIを制した。 「走るとは思っていたけど、これほど強いとは…。1戦目と2戦目でこんなに変わると思わなかった」。数々の名馬を育てた松田博資調教師も驚嘆の声を上げた。 道中は中団の外めを追走。直線はメンバー最速の上がり3ハロン34秒1を繰り出した。最後は鞍上の福永祐一騎手も追わずに流すほどの余裕。初戦は気を抜いて詰め寄られたが、今回は最後までしっかり。2馬身半の着差以上に強かった。 松田博師は3年前のブエナビスタ、昨年のレーヴディソールに続き4年で3勝目の阪神JF。レーヴは桜花賞直前に骨折しただけに、「無事にクラシックに出てくれればそれでいい」というが、期待の大きさは牝馬ながらダービーのクラシック登録を済ませていることからも分かる。有馬記念で引退するブエナビスタから女王の座を継承するジョワドヴィーヴル。この馬の時代が始まる予感がする。 (柴田章利)
2011年12月12日(月) 05:06

 1,232

【阪神JF】オーナー舌巻いた「想像以上」
 第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(11日、阪神11R、GI、2歳牝馬オープン国際(指)、馬齢重量、芝右・外1600メートル、1着本賞金6500万円 =出走18頭)ジョワドヴィーヴルのオーナー、(有)サンデーレーシング代表の吉田俊介氏(37)は、圧巻の内容に舌を巻いた。 「想像以上の強さでした。キャリア1戦でセンスのある走りを見せてくれました」 生産者であるノーザンファーム代表の吉田勝己氏(63)は「牧場にいたときからモノが違っていた。あの沈み込む走りはまさに父のディープ(インパクト)譲りだよ。このまま無事にいってくれれば」と、来春へと胸をふくらませた。
2011年12月12日(月) 05:05

 1,343

阪神ジュベナイルFのニュースをもっと見る >

【阪神JF】エピセ52秒2、女王一直線
 2歳女王決定戦、阪神JFの追い切りが7日、東西トレセンで行われた。小倉2歳Sを勝って以来となるエピセアロームは、栗東坂路の併せ馬で遅れたものの上々の仕上がりをアピール。ファインチョイス、アイムユアーズなども順調な調整過程を見せている。 白熱のスパーリングで戴冠への態勢は整った。エピセアロームが坂路で熱のこもった併走調教を消化。3カ月のブランクを忘れさせる力感十分の走りだった。 「しっかりと動けていた。(遅れたが)相手も能力のある馬。エピセがどうのこうのということはない。期待を持って競馬ができる」 石坂調教師が確かな口調で言い切った。ジェンティルドンナ(2歳未勝利)と体を接しながら進んだ。人馬の呼吸に乱れはなく、安定した脚取りのまま、直線へ。馬場の外めをいく僚馬に最後は脚勢で見劣ったが、アゴを上げずにフィニッシュできた。 若干、時計のかかる馬場状態の中で4ハロン52秒2なら上等。手綱をとった桑村調教助手の「遅れたけど、相手は調教で動く馬だから。いい動きでしたよ」との説明からも、1馬身遅れのゴールは気にならない。1週前調教(30日)をしっかりと行った効果で“ガス抜き”も完了。「先週の調教で(前に)行きたがったので折り合いを気にしていましたが、うまく走れていました。合格点です」と納得の表情で続けた。 中間の充電期間中に成長。「背丈が伸びて、体に幅が出た」と陣営の誰もが口にする。今年の新種牡馬部門で先頭をゆくダイワメジャー産駒の旗頭的存在で、小倉2歳Sは馬場の外めから一気に突き抜けた。出走予定のメンバーの中でも地力は最上位にランクされる。 「フットワークがよくて、スピードとパワーが持続していくんです」と浜中騎手も性能の高さにゾッコンの様子。阪神マイルの舞台をすでに経験(新馬戦2着)している点は、キャリアの浅い2歳戦では強み。牝馬限定戦の今回は牡馬相手に養ってきた地力がモノをいいそうだ。 「間が開いている点は心配ないです。展開に左右されませんし、乗っていて安心できる。現時点での完成度が高い馬。スムーズに運びたい」 09年スリーロールス以来、2度目となるGI制覇を強く意識する浜中。逃げ、差し自在の立ち回りから、女王の座をつかみに行く。 (宇恵英志)
2011年12月8日(木) 05:07

 746

【阪神JF】アイムユアーズ、臨戦態勢!
 2歳女王決定戦、阪神JFの追い切りが7日、東西トレセンで行われた。ファインチョイス、アイムユアーズなども順調な調整過程を見せている。 坂路を軽やかに駆け上がったアイムユアーズが、臨戦態勢を整えた。 ハロー明けの馬場でスピードに乗った。リズミカルにウッドチップをけり上げてまっすぐ登坂し、馬なりで4ハロン52秒3(ラスト1ハロン13秒1)の好時計をマーク。1週前にまたがったメンディザバル騎手が「まったり乗っているだけでよかった」と賞賛した状態から、さらに調子を上げている。 今回は3頭いる栗東滞在調整中の関東馬で最も早く、前走後に入厩。輸送の負担を軽減し、大一番に向けて万全の状態だ。 「末脚はしっかりしているし、中団からの競馬だと落ち着いてみていられる。今回も同じような形になればいいね」 手塚調教師の信頼に応え、アイムユアーズが初のGIタイトルをもたらす。
2011年12月8日(木) 05:06

 568

【阪神JF】チョイス、巻き返しへ11秒7
 2歳女王決定戦、阪神JFの追い切りが7日、東西トレセンで行われた。ファインチョイス、アイムユアーズなども順調な調整過程を見せている。 函館2歳Sで世代最初の重賞ウイナーに輝いたファインチョイスが、CWコースで軽快な脚さばきを披露した。 岩田騎手が手綱を取り、フリーアズアバード(3歳、500万下)を5、6馬身追走。直線では外から鋭い反応を見せて半馬身先着。ラスト1ハロンは11秒7と切れた。 3カ月ぶりだったファンタジーSは1番人気に支持されるも3着。「出負けして追い上げていった分、引っ掛かってしまった」とトレーナーは敗因をあげる。それでも、初めて馬群の中で競馬をして崩れなかったのは大きな収穫。「本来は出脚のいい馬。普通にゲートを出れば4、5番手から競馬はできる」と領家調教師は巻き返しを期待している。
2011年12月8日(木) 05:06

 553

【阪神JF】ソフト仕上げサウンドオブハート
 名門厩舎の秘蔵っ子にソフト仕上げが施された。新馬−芙蓉Sを連勝中のサウンドオブハートがWコースを柔らかみのあるフォームで駆け抜けた。 「ほとんどやらなくていい状態だからな。スノーフェアリー(速い時計を出さず今年のエリザベス女王杯優勝)だよ」 松山康調教師が笑顔を見せる。軽めの最終追い切りとなったが、2週連続長めから追って態勢は整っている。「輸送もあるし、テンションを上げないようにしないと。いいフットワークだったし、落ち着きがある。総合的に見てもこれでいい。阪神へは金曜に輸送する」とトレーナーはうなずいた。 名伯楽は3冠馬ミスターシービーを筆頭に活躍馬を手がけてきたが、なぜか牝馬のGIにはこれまで縁がなかった。「スピードがあるし、持って生まれたものはすごくいい。巡ってこないチャンスだからな」と気持ちを込めて愛馬を送り出す。
2011年12月8日(木) 05:06

 646

阪神ジュベナイルFの直前追い切り情報をもっと見る >

阪神ジュベナイルF過去10年の結果

2010年12月12日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2009年12月13日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2008年12月14日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ブエナビスタ 安藤勝己 1:35.2 2.2倍 96.5
2着 ダノンベルベール 後藤浩輝 2 1/2 8.4倍 93.4
3着 ミクロコスモス 鮫島良太 1 1/4 11.9倍 91.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

阪神ジュベナイルFステップレース

2011年11月12日() 東京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 7 レオアクティブ 横山典弘 1:22.1 15.4倍 93.8
2着 3 サドンストーム 勝浦正樹 1 1/4 36.0倍 92.1
3着 4 オリービン 小牧太 1/2 9.2倍 91.2
4着 14 モンストール 柴田善臣 1 1/4 1.6倍 89.4
5着 2 コスモアンドロメダ 石橋脩 1/2 101.1倍⑩ 88.5
2011年11月5日() 京都競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 12 アイムユアーズ I.メンディザバル 1:21.3 19.4倍 92.1
2着 3 アンチュラス 川田将雅 1 1/4 10.9倍 90.3
3着 5 ファインチョイス 岩田康誠 ハナ 2.8倍 90.3
4着 7 サヴァーレ 浜中俊 クビ 38.6倍 90.3
5着 1 ニコールバローズ 北村友一 クビ 83.5倍 89.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

阪神ジュベナイルFの歴史と概要


2016年の優勝馬ソウルスターリング

2歳女王を決める一戦。牝馬として64年ぶりのダービー馬となった第58回(2006年)のウオッカをはじめ、スプリンターズステークスで古馬をなで斬りにした第43回(1991年)のニシノフラワー、牡馬を従えて天皇賞(秋)ジャパンカップに勝利した第60回(2008年)のブエナビスタ、のちに三冠牝馬となった第61回(2009年)のアパパネなど、一時代を築いた名牝たちが勝ち馬としてズラリと並ぶ。第63回(2011年)を鮮やかな末脚で制したのは、デビュー2戦目のジョワドヴィーヴル。第47回(1995年)の勝ち馬である母ビワハイジとの母仔制覇ならびに、姉ブエナビスタとの姉妹制覇を同時に決め、自身の血統に秘められた潜在能力の高さを証明してみせた。

▼2011年はジョワドヴィーヴルが母仔ならびに姉ブエナビスタとの姉妹制覇を同時に決めた。

歴史と概要をもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る