会員登録はこちら
ジャパンカップダート G1   2011年12月4日() 15:40 阪神/ダート1800m

ジャパンカップダートのニュース&コラム

【香港GI】トレイル獲れるぞ初GI
 阪神JF当日の11日には、シャティン競馬場で香港国際GI競走が行われる。 アルゼンチン共和国杯の覇者トレイルブレイザー(栗・池江寿、牡4、父ゼンノロブロイ)が出走する香港ヴァーズ(芝2400メートル)は、今年エリザベス女王杯連覇を果たしたスノーフェアリーの回避により混戦ムード。GI初制覇のチャンスは十分だ。 香港マイル(芝1600メートル)には、昨年の3冠牝馬アパパネ(美・国枝、牝4、父キングカメハメハ)が出走。こちらも混戦模様だが、マイルCSで2度の3着があるサプレザ(仏=ロドルフ・コレ、牝6、父サーム)、今年のGIチャンピオンズマイルの覇者エクステンション(香=J・ムーア、牡4、父ザール)あたりが強敵か。 香港スプリント(芝1200メートル)には、スプリンターズS1、2着のカレンチャン(栗・安田隆、牝4、父クロフネ)とパドトロワ(栗・鮫島、牡4、父スウェプトオーヴァーボード)が参戦し、悲願の日本馬初Vを目指す。スプリンターズSで4着に敗れたロケットマン(シンガポール=P・ショー、せ6、父ヴァイカウント)は前走で地元の一般戦を快勝。態勢を整え、雪辱に燃えている。 日本馬の参戦はないが、メーンの香港カップ(芝2000メートル)には今年も好メンバーが揃った。前走の英チャンピオンSで強豪を破りGI初制覇を飾ったシリュスデゼーグル(仏=C・バランドバルブ、せ5、父イーブントップ)が最有力とみられている。 なお、レースはグリーンチャンネルで16時45分から18時まで中継予定。
2011年12月10日() 05:02

 646

【香港ヴァーズ】トレイル初GI狙う
 香港国際招待レースが11日にシャティン競馬場で開催される。今年は日本馬が4レース中3レースに出走予定。まず、ヴァーズにはアルゼンチン共和国杯で重賞初制覇を飾り、ジャパンCでも4着に健闘したトレイルブレイザー(栗・池江寿、牡4)が参戦する。中1週でGI連戦のハードローテになるが、勢いがあるだけにGI初制覇を決めても不思議ない。強敵はドイツ、イタリアで芝2400メートルGI4勝を挙げているキャンパノロジスト(UAE=S・スルール、牡6)。 スプリントにはスプリンターズS優勝馬カレンチャン(栗・安田隆、牝4)と2着パドトロワ(栗・鮫島、牡4)が挑む。4レース中、このレースだけが日本馬未勝利。スプリンターズSは4着に終わったが、昨年の2着馬ロケットマン(シンガポール=P・ショー、せ6)などにどう挑むか興味深い。 マイルにはアパパネ(美・国枝、牝4)がチャレンジする。牡馬相手の重賞では2戦してマイラーズC4着、安田記念6着と不振。チャンピオンズマイル優勝馬エクステンション(香港=J・ムーア、牡4)といった牡・せん馬陣の層が厚く、その克服がカギとなる。 メーンのカップに日本馬の参戦はない。中心はシリュスデゼーグル(仏=C・バランドバルブ、せ5)。昨年のジャパンCは9着だったが、10月の英チャンピオンSでGI初制覇を飾り、波に乗っている。 なお、レースの模様は日本時間11日16時45分から18時までグリーンチャンネルが衛星中継する。
2011年12月6日(火) 05:00

 620

【佐藤哲三トーク】いい頃の覇気出てきた
 ――みやこSは快勝 「勝つことも大事だったが、いつものエスポ君(佐藤哲三騎手はこう呼ぶ)の走りができていたのがよかった。走るフォームもしっかりと固まっていた」 ――追い切りの感触を 「時計は出したいと思っていた。いい頃の覇気が出て、段階を踏んでよくなっている。よれたりしたが、どうこう言うことはない。この調教の感じなら大丈夫だと思う」 ――トランセンドについて 「やっと(ダートの)今のJRAチャンピオンに胸を借りられる状態になった。負かしたいという気持ちは強いし、王座を奪回したい。久しぶりにボクもエスポ君で(10年フェブラリーS以来の)JRAのGIを獲りたい」
2011年12月1日(木) 11:06

 874

WSJS出場騎手決定
 12月3、4日に阪神競馬場で行われる第25回ワールドスーパージョッキーズシリーズの出場騎手が17日、JRAから発表された。JRA=蛯名正義(関東勝利数1位)、横山典弘(関東勝利数2位)、岩田康誠(関西勝利数1位)、川田将雅(関西勝利数3位)、池添謙一(選考委員会選出)、福永祐一(サマーJSチャンピオン)、補欠・田辺裕信(関東勝利数3位)、川須栄彦(関西勝利数4位)地方競馬代表=吉原寛人(金沢)、補欠・木村健(兵庫)海外招待騎手=ラモン・ドミンゲス(米国)、ジョン・ヴェラスケス(米国)、ジョン・ムルタ(アイルランド)、ポール・ハナガン(英国)、イオリッツ・メンディザバル(フランス)、エドワード・ペドロサ(ドイツ)、ルーク・ノレン(オーストラリア)、ブレット・プレブル(香港)
2011年11月18日(金) 05:01

 472

ジャパンカップダートのニュースをもっと見る >

ジャパンカップダート過去10年の結果

2010年12月5日() 阪神競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:稍重
1着 トランセンド 藤田伸二 1:48.9 3.5倍 106.0
2着 グロリアスノア 小林慎一郎 クビ 24.2倍 106.0
3着 アドマイヤスバル 小牧太 1 1/4 31.6倍 105.2
2009年12月6日() 阪神競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
2008年12月7日() 阪神競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 カネヒキリ C.ルメール 1:49.2 9.8倍 107.0
2着 メイショウトウコン 藤田伸二 アタマ 25.7倍 107.0
3着 ヴァーミリアン 岩田康誠 クビ 2.2倍 106.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ジャパンカップダートステップレース

2011年11月13日() 東京競馬場/ダ1600m
天候: 馬場:稍重
1着 16 ナムラタイタン 熊沢重文 1:35.2 13.3倍 102.4
2着 12 ダノンカモン 三浦皇成 1/2 1.7倍 101.9
3着 2 アドマイヤロイヤル 安藤勝己 クビ 8.0倍 101.4
4着 5 ダイショウジェット 柴山雄一 3/4 39.1倍 100.9
5着 4 ヒラボクワイルド 松岡正海 1 3/4 60.0倍 99.5
2011年11月6日() 京都競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:稍重
1着 6 エスポワールシチー 佐藤哲三 1:48.4 1.6倍 106.7
2着 5 トウショウフリーク 池添謙一 3 1/2 11.2倍 104.1
3着 4 ニホンピロアワーズ 酒井学 1/2 16.6倍 103.7
4着 8 ワンダーアキュート 和田竜二 1/2 6.3倍 103.3
5着 16 ヒラボクキング 藤岡佑介 1 1/2 43.5倍 102.5
2011年10月1日() 阪神競馬場/ダ2000m
天候: 馬場:
1着 4 ヤマニンキングリー 武豊 2:04.3 10.6倍 101.3
2着 5 キングスエンブレム N.ピンナ 2 1/2 7.5倍 99.8
3着 11 フサイチセブン 川田将雅 1 1/2 3.7倍 99.0
4着 6 タガノロックオン 岩田康誠 1 1/4 2.6倍 98.3
5着 9 ヒラボクワイルド 幸英明 1 1/4 62.4倍 97.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

ジャパンカップダートの歴史と概要


2001年の優勝馬クロフネ

砂の走りに覚えのある強者が初冬の尾張で覇を競う。レース名称がジャパンカップダート時代の第2回(2001年)はクロフネが衝撃のマクリを見せて圧勝。世界最高峰のダート競走・ドバイワールドカップ制覇に向けて夢が広がったが、屈腱炎を患い、結果的にこのレースがラストランとなった。第6回(2005年)、「砂のディープインパクト」の異名そのままに、3歳にして古馬を力でねじ伏せたのはカネヒキリ。その後は故障に見舞われ、2年4カ月もの休養を余儀なくされるも、前哨戦を一叩きされて臨んだ第9回(2008年)は3〜4コーナーで内に潜り込んで直線入口で壁をさばく「大人なレース」で快勝。「復活」どころか、挫折を経てさらなる成長を遂げていることを見せつけた。第11、12回(2010、2011年)はトランセンドが2年連続の逃げ切りを見せて連覇を達成。トランセンドはのちにドバイワールドカップでも逃げの手に出て2着に粘り、勝ち馬ヴィクトワールピサと日本調教馬によるワンツーフィニッシュ。クロフネで見た夢の結実を演出した。

▼2011年はトランセンドが2年連続の逃げ切りを見せて連覇を達成。

歴史と概要をもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る