有馬記念2011

2011年12月25日(

有馬記念 G1

中山競馬場/芝/2500m

最新出走予定馬情報 〜有馬記念2011〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第56回有馬記念(25日、中山10R、GI、3歳以上オープン、芝2500メートル、1着本賞金2億円=出走13頭)これが3冠馬の底力だ! 池添謙一(32)=栗東・フリー=騎乗の1番人気オルフェーヴル(栗東・池江泰寿厩舎、牡3歳)が大外から豪快に差し切り、GI4勝目をあげた。注目された、最強牝馬ブエナビスタとの最初で最後の対決を制し、日本最強を高らかに宣言した。タイム2分36秒0(良)。来年は秋の凱旋門賞(10月7日、フランス・ロンシャン、GI、芝2400メートル)が最大目標となるが、この勝利により春のドバイ遠征も浮上。日本最強の座についたスーパーホースは来春、世界を舞台に戦う。

 現役最強、いや史上最強だ。雲がかかり、薄暗さを増した師走の中山で、黄金色の馬体がひときわ輝いた。女傑ブエナビスタを抑えて、1番人気に支持されたオルフェーヴルが、大外から12頭を豪快に差し切って3歳4冠目を獲得。11万を超える大観衆に、3冠馬の強さを見せつけた。

 「内の馬も来ていることは見えたが、ねじ伏せるように伸びてくれた。もう“強かった”という言葉しか出てこない」

 池添謙一騎手(32)=栗東・フリー=が、興奮冷めやらぬ表情で振り返った。

 秋2戦にはなかった、まさかの出遅れで序盤から厳しい展開をしいられた。前半1000メートルは1分3秒8の超スローペース。最後方まで下がり、行きたがる面も見せるなど、一時は絶望的と思われた。

 しかし、それらは3冠馬にとっては些細なことだった。向こう正面で外に出されると、2周目3コーナーから進撃を開始。「沈みこむ感じで抜群のスピードの乗り」というコーナリングで5番手に取り付き、直線入り口で早くも前を射程圏に入れた。さすがに相手は歴戦の古馬。内から伸びた昨年のダービー馬エイシンフラッシュに抵抗されたが、直線半ばで先頭に立ってからは一度も前を譲らなかった。

 検量室前に引き揚げてきた池添は「よっしゃあ!」と、馬上で力強く両腕を突き上げ、喜びに浸った。「3歳世代が弱かったから3冠が獲れたと言われたりもしたが、この馬が一番強いと自信を持って乗った。日本最強を証明できてよかった」。女傑ブエナビスタとの最初で最後の対決を制し、オルフェーヴルは正真正銘の日本一に輝いた。ジョッキー自身も05&06年の武豊騎手、07年の安藤勝己騎手と並ぶ年間最多記録のGI6勝目となった。

 池江泰寿調教師(42)=栗東=は、装鞍所で体つきを見て勝利を確信していた。レース後には「力が抜けているのがわかっていた。2キロの斤量差があったから3馬身くらい差をつけると思っていたけど、さすが古馬だね」と本音をポロリ。09年の全兄ドリームジャーニーとの兄弟制覇は有馬史上初となった。

 この勝利で来年のプランが上方修正されるかもしれない。「揚がってきても息がすぐに整った。これならドバイもなきにしもあらず」とトレーナーは来年3月31日に行われるドバイ国際競走のドバイワールドCか、シーマクラシックの参戦をほのめかす。最大目標である秋の凱旋門賞の前に世界で雄姿が見られるかもしれない。

 「遅生まれ(5月14日)なので、乗るたびに乗り味や走り方が全然違う。来年はもっと良くなるし、夢が広がります。きょうは日本一を証明できたし、来年は世界一をとりたい」

 主戦の池添が胸を張る。国内最強から世界最強へ。オルフェーヴルの新たな伝説が、ここから始まる。 (板津雄志)

【有馬記念】涙雪、ありがとうブエナ 12月26日(月) 05:08

 第56回有馬記念(25日、中山10R、GI、3歳以上オープン、芝2500メートル、1着本賞金2億円=出走13頭)有終の美を飾ることはできなかったが、GI6勝の実績が色あせることはない。2番人気の5歳牝馬ブエナビスタは7着で、生涯最後のレースを終えた。「最後を飾らせてあげたかった」と岩田康誠騎手(37)=栗・フリー=は悔しさをにじませたが、松田博資調教師(65)=栗東=は「無事に帰ってきたから」と温かいまなざしで愛馬を見つめる。最終レース後に行われた引退式。現役最後の姿に、集まった6万人の観衆は拍手を送り続けた。

 こんな結末を誰が想像しただろうか。ブエナビスタが馬群に沈んでいく。初めて目にする光景に、スタンドから悲痛な叫びが上がった。ラストランでまさかの7着。女王は静かにターフを去った。

 「すいませんでした」と、岩田康誠騎手は頭を下げた。誤算は内枠と遅すぎたペースだった。「内枠を利用して好位につけようと思っていました」と振り返る。(1)番枠からのスタートで、包まれることを嫌い3、4番手を取りにいく。そこで勢いをつけたため、掛かり気味の追走となった。

 「3〜4コーナーで一気にペースが上がったときには、ついて行くのが精一杯でした。状態はすごく良かっただけに、最後を飾らせてあげたかった」。岩田が無念そうに唇を噛んで、悔しさを飲み込んだ。

 松田博資調教師は引き揚げてくるブエナをしばらく見つめてから、検量室へと向かった。「まあ、無事で帰ってきたからいいさ」と、その表情には安堵の色が浮かんでいる。内枠、スローペース…「まあ、いろんなことがあるよ」と、多くは語らず、最後の舞台へ準備を整えるブエナをやさしく見守った。

 2008年10月のデビューから3年2カ月、競馬界を引っ張ってきた。ラストランは国内で初めて掲示板を外す結果となったが、23戦9勝、GI6勝の輝きは色あせない。

 冷たい雪交じりの風がときおり吹く中での引退式。ターフに再び主役が登場すると、万雷の拍手がわき起こる。競馬場に残った約6万人のファンから女王への感謝の気持ちだった。

 「一番、印象に残っているのは昨年の天皇賞・秋。それまでは微差でしか勝てなかったのに、このときは本当に強かった。ブエナの子もやらせてもらいたいと思ってます」。挨拶にたった松田博調教師は2世を今から楽しみにしている。

 華々しく花道を飾れなかったが、多くのファンの心に鮮烈な記憶を残した。牡馬が相手でも常に全力で走る姿に励まされてきた。女王ブエナビスタは、来春、キングカメハメハと種付けされる予定。その子たちが、また“絶景”を見せてくれるはずだ。 (柴田章利)

[もっと見る]

【有馬記念】吉田代表、万全ローテを明言 12月26日(月) 05:07

 第56回有馬記念(25日、中山10R、GI、3歳以上オープン、芝2500メートル、1着本賞金2億円=出走13頭)(有)サンデーレーシングの吉田俊介代表(37)は、複雑な気持ちが交差する中、ゴールの瞬間をしっかりと脳裏に焼き付けた。オルフェーヴルの驚愕の強さにゴール後、我にかえってから足が小刻みに震えているのを知ったという。

 「1頭だけ見ているわけにはいきませんでしたから。全体を俯瞰するというか…」。当然だろう。3冠馬ほかブエナビスタを含め4頭のクラブ所属馬がいたのだから。そしてオルフェーヴルについてこう口を開いた。「これまでのように安心して見てはいられませんでした。それは先生(池江寿師)、池添騎手の“最も厳しい競馬だった”の感想からも分かります。それにしても3コーナーから4コーナーの行きっぷりは圧巻でしたね」。さあ、来年は凱旋門賞挑戦という大目標が待っている。

 「万全で臨めるよう、来春をどうするか。すべてはそれに合わせローテは組まれ、調整されることになると思います」

 一方、女傑にも思いを馳せ、「クラブの功労馬。ひと言で表せば『えらい馬』です」と労をねぎらった。

 オルフェーヴルが生まれ育った牧場側も万感の思いだ。白老ファームを統括している角田修男社台スタリオン獣医師(59)は「心肺機能が恐ろしく優れている。この辺は父親譲り。パーフェクトに近い馬でしょう」と絶賛、目を細めた。母オリエンタルアートのお腹には来春出産予定のステイゴールドの命が息づいている。

[もっと見る]

【有馬記念】池江寿師、獲得賞金歴代トップ 12月26日(月) 05:07

 第56回有馬記念(25日、中山10R、GI、3歳以上オープン、芝2500メートル、1着本賞金2億円=出走13頭)自信を持って送り出した。オルフェーヴルを管理する池江泰寿調教師(42)=栗東=は有馬記念で、3冠、天皇賞・秋に次ぐ年間GI5勝目を飾り、年間獲得賞金で歴代トップとなった。ほか2頭、トゥザグローリーも3着、トーセンジョーダンも5着とすべて掲示板に載るすごさ。これによって年間獲得賞金額は23億8601万7000円となり、04年に藤沢和雄調教師がつくった記録を抜いた。

 指揮官はあくまで冷静だった。池江泰寿調教師は装鞍所でオルフェーヴルの馬体を最終チェック。「勝てる」と確信して送り出し、池添騎手には「強い競馬を見せてこい」と声をかけた。

 スタートで後手を踏み、展開はスロー。不利な要素が重なったが、次元の違う切れ味を見せて、エイシンフラッシュに3/4馬身差をつけてゴール。レース後に「うれしいの一言です」とようやく笑顔をのぞかせた。

 今や日本の頂点に立ったオルフェだが、昨年8月の新潟でのデビュー戦では、勝ちながらもゴール後に池添騎手を振り落とすヤンチャ坊主だった。その後、気性面の成長を促すため、ノーザンファームしがらきのスタッフとも相談しながら、一貫した調教を根気強く行ってきた。「この馬と出会って、本当にいい経験をさせてもらっている」というのは本音だろう。

 オルフェ(1着本賞金2億円)だけではなく、トゥザグローリーが3着(同5000万円)、トーセンジョーダンが5着(同2000万円)に入ったことが効いて、今年の獲得賞金は23億8600万あまりとなり、2004年の藤沢和雄調教師を抜いて歴代トップに立った。今や池江寿厩舎なくしては、大レースが盛り上がらないといっても過言ではない。ホースマンとしての手腕や成長にも目を見張るものがある。

 来年はいよいよ海外へ旅立つ。最大の目標は10月7日の凱旋門賞(仏ロンシャン、芝2400メートル)。その前に、3月31日に行われるUAEドバイ国際競走のワールドカップ(AW2000メートル)とシーマクラシック(芝2410メートル)に登録することも決定した。年明けにノーザンFしがらきに放牧に出たのち、様子を見てから最終決定が下されるが、有馬記念の疲労回復が早ければ、参戦の可能性も十分にあるという。

 いずれにせよ、2012年は世界が相手だ。名伯楽と呼ばれた父・泰郎元調教師とディープインパクト(06年凱旋門賞3位失格)が超えられなかった大きな壁に、泰寿師とオルフェーヴルが挑む。

[もっと見る]

【有馬記念】伸びた、フラッシュ復活2着12月26日(月) 05:06

 第56回有馬記念(25日、中山10R、GI、3歳以上オープン、芝2500メートル、1着本賞金2億円=出走13頭)先輩ダービー馬の意地は見せた。7番人気のエイシンフラッシュが直線で馬群の中から力強い伸びを披露。外から伸びてきたオルフェーヴルにかわされはしたものの、併せ馬の格好で最後までしぶとく食い下がり、3/4馬身差の2着に入った。

 「(直線で)1頭になって気を抜いた。でも、瞬発力はさすがだね」とクリストフ・ルメール騎手。前回、騎乗した天皇賞・秋では6着に敗れていただけに、安堵の表情だ。

 藤原英調教師も「スローでもうまく折り合っていたね。これで来年が楽しみになったよ」と希望を膨らませる。昨年のダービー以来、勝利から遠ざかっているが、完全復活Vはもう間近だ。

[もっと見る]

【有馬記念】グローリー2年連続3着12月26日(月) 05:05

 第56回有馬記念(25日、中山10R、GI、3歳以上オープン、芝2500メートル、1着本賞金2億円=出走13頭)JC11着から巻き返しを狙った9番人気のトゥザグローリーは、中団でオルフェーヴルの前を追走。直線は馬群に突っ込み、苦しい場面もあったが、残り1ハロンから福永祐一騎手の左ムチに応えてグイグイと末脚を伸ばした。オルフェと同じ上がり3ハロン33秒3の瞬発力を見せて、2年連続3着となった。

 「ペースが遅くて我慢するのが大変だった。ただ、ペースがもっと流れていたら、オルフェも楽だっただろうね。でも、最後はしっかりと脚を伸ばしてきたよ」とユーイチは銅メダルにも満足そうな表情を見せていた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

 ペルーサ藤沢和雄厩舎は、レース週は水曜日に追い切るのが通常だが、今回は再コンビを組む安藤勝己騎手が調教に騎乗するため、22日に美浦トレセンで追い切られる。「今はゲートに関する問題はないし、前走(ジャパンC16着)後のダメージもなく、中間は十分に攻め馬をやれている。馬は太め感なく、パワーアップしてずいぶんと良くなっている」と葛西調教助手はリベンジに燃えている。

【有馬記念】いい状態ジャガーメイル 12月21日(水) 05:03

 昨春の天皇賞馬ジャガーメイルは、JCで14番人気ながらも3着に健闘。前走後も高いレベルで状態をキープしている。全休明けの20日は南Dコースでキャンター調整。「今秋4走目になるが、疲れもなくいい状態で来ています。前走は最後までよく頑張っていたし、久々にこの馬らしい走りを見せてくれた。道中は(必要以上に)ハミを噛まないし、ゆったりと流れていい位置で競馬できれば」と橋本調教助手は一発を期待していた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 198ビュー

本命ドリパス

第165話 「有馬記念」

06年 35.6-43.2-37.7-35.4 =2.31.9 ▼6▼10△8 瞬発戦
07年 35.3-45.1-36.8-36.4 =2.33.6 ▼2▼5△8 瞬発戦
08年 35.6-43.7-35.8-36.4 =2.31.5 △1▼3△10 平坦戦
09年 34.6-42.5-36.9-36.0 =2.30.0 ▼1▼3△6 平坦戦
10年 36.5-45.7-35.8-34.6 =2.32.6 ▼3▼6△7 瞬発戦

2500mの長距離戦ということももちろんありますが展開的にはバラつきのあるのが今週の有馬記念。
但し、一つ言えることは「上がり3つだけのレースにはならない」ということ。
07年10年は前半スローの展開でしたがそうなると誰かが早めに仕掛けるためロングスパート戦になる。
結局のところ勝負は「上がり4つ5つ(ラスト4F〜5F)」というレースになると思われます。
で、このラスト4F〜5Fの区間の中に約2Fの小回りコーナーの区間が存在します。

やっぱり有馬は機動力

というのが私の結論。
近年の上位馬のほとんどが「3コーナーの通過順よりも4コーナーの通過順の方が数字は低い」という条件を満たしています。
つまり、小回りコーナーのこの2F区間でポジションを押し上げることが出来るというのはかなり重要な適性ということ。
近年の勝ち馬はほぼ内回りコース>外回りコースという実績馬でした。
(2着馬3着馬は外回り向きでも可)
この条件に当てはまりそうなのは
アーネストリー、エイシンフラッシュキングトップガンシャドウゲイトヒルノダムールヴィクトワールピサ
の6頭。

そして、近年の有馬は前走3着以内という好調馬の成績が良い傾向にあります。

前走3着以内 3-4-3-24 勝率8.8% 連対率20.6% 複勝率29.4%
前走4着以下 2-1-2-34 勝率5.1% 連対率 7.7% 複勝率12.8%

前走4着以下から巻き返して勝利したのはドリームジャーニーマツリダゴッホの2頭。
(2着は展開の恩恵があったアドマイヤモナーク、3着は2回共にエアシェイディで秋天5着、JC5着からの巻き返しでした)
この2頭に共通するのはやはり内回りの実績馬で オールカマー連対→秋天敗退→有馬勝利というローテーション。
つまり、基本的には前走5着までが巻き返せる条件だが東京コースはさっぱりというタイプの馬だけは別ということだと思われます。

ということでこの2項目で当てはまる馬が1頭だけいます。
アーネストリーです。
前走は秋天14着と惨敗でしたが大外枠から強引に位置を取りに行ったがための結果でこれは仕方ない。
「不安要素ある?」と逆に聞きたいくらい。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アーネストリートーセンジョーダンレッドデイヴィス

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

12月20日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2011年12月20日号
閲覧 143ビュー

伊吹雅也

▼12月24日(土)中山10R 農林水産省賞典 中山大障害
【年齢別成績(2006年以降)】
●5歳以下 〔3・2・4・19〕(複勝率32.1%)
●6歳以上 〔2・3・1・40〕(複勝率13.0%)
→若い馬の方が信頼できるレース。特に、5歳以下、かつ中山障害のJRA重賞かオープン特別で3着以内となった経験のある馬は2006年以降[2-2-3-2](複勝率77.8%)と安定しています。特別登録を行った馬のうち、5歳以下、かつ中山障害のJRA重賞かオープン特別で3着以内となった経験があるのは、ジャストルーラー、ディアマジェスティマジェスティバイオの3頭だけです。

▼12月24日(土)阪神11R ラジオNIKKEI杯2歳ステークス
【父がスペシャルウィークディープインパクトネオユニヴァースフジキセキ以外、かつ前走1着だった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2006年以降)】
●1位 〔0・3・2・11〕(複勝率31.3%)
●2位以下 〔1・0・0・12〕(複勝率7.7%)
→サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が強いことで知られるレース。サンデーサイレンス直仔のいなくなった2006年以降は、スペシャルウィークディープインパクトネオユニヴァースフジキセキの産駒が高い好走率をマークしています。一方、父にそれ以外の種牡馬を持つ馬のうち、前走2着以下だった馬は[0-0-0-19](複勝率0.0%)。また、前走が1着でも、その前走で出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしていない馬は不振でした。

▼12月25日(日)中山10R 有馬記念
【中山芝か阪神芝内回りのJRAGI、JRAGIIにおける優勝経験の有無別成績(2007年以降)】
●あり 〔4・0・3・19〕(複勝率31.3%)
●なし 〔0・4・1・29〕(複勝率14.7%)
→2007年以降の優勝馬4頭は、いずれもゴール前の直線が短いコースに十分な実績のあった馬。一方、東京芝のJRA重賞で優勝経験のあった馬は[0-3-1-14]と勝ち切れていません。特別登録を行った馬のうち、中山芝か阪神芝内回りのJRAGI、JRAGIIにおいて優勝経験があり、なおかつ東京芝のJRA重賞を勝っていないのは、アーネストリーヴィクトワールピサヒルノダムールマイネルキッツの4頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、今春からはWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。最新刊『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)が好評発売中。

[もっと見る]

12月19日(月) 01:06 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第164話朝日杯FS(解決編)
閲覧 156ビュー

本命ドリパス

12.2-11.0-11.3-11.4-11.9-12.0-11.7-11.9 =1.33.4
(34.5-23.3-35.6) △1▼3△2 平坦戦

テンも上がりも例年と同じぐらい。
レコードタイとなった要因は中盤の2Fの23.3秒ということになります。
溜める区間がないとなると07年以前のスピードレースと化す訳で、そうなるとやっぱり内枠が有利なんだなぁと感じる今年の朝日杯FSの結果でした。

それでも勝ったアルフレードは2着に2馬身突き放して快勝しているので内枠のアシストももちろんありましたがこのメンバーでは1枚上の存在だったと思います。
過去2戦はスローしか経験していないのでスピードレースがどうかと思われましたが母母にサクラバクシンオーの全妹がいる血統でその潜在能力が発揮されたということでしょう。
ということなのでシンクリ×サンデーの配合ではありますが来年はNHKマイルCが有力候補になる気がします。

2着のマイネルロブストは何もかも上手くいっての2馬身差なので完敗は完敗でしょう。
通過順が-6-8-5となっていて斬れる脚はないだけにコーナーワークでポジションを押し上げた蛯名Jの騎乗が光りました。
1600mのスピードレースに対応できたので今後のレース選択肢が広がったと思います。

3着は魔の8枠だったレオアクティブ
こちらも横山Jの好騎乗があっての着順だと思いますが現状はこれが精一杯だったかもしれません。
気性がもう少しまともになれば距離伸びてもいいと思いますが現状では1400m以下がベターかも。

ダローネガクラレントは5着と7着。
この脚を見ると距離が足りなかったかなという印象。
それとこの2頭はやっぱり前で張ってこその馬だと思っているので(>ダメジャ産駒&リディルの下という理由)今日の様な速いレースではテンに付いていけないのもマイナスだったかと思います。

さて、来週は今年最後。
やっぱり有馬は当てたいですねぇ。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

●有馬記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜有馬記念2011〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 6 9 101.3 オルフェーヴル 牡3 55.0 池添謙一 池江泰寿 栗東 462(-4) 2.2 1 2.36.0
2 4 5 102.0 エイシンフラッシュ 牡4 57.0 C.ルメー 藤原英昭 栗東 488(-4) 26.8 7 2.36.1 3/4
3 5 7 101.5 トゥザグローリー 牡4 57.0 福永祐一 池江泰寿 栗東 536(+12) 47.1 9 2.36.1 クビ
4 8 14 101.6 ルーラーシップ 牡4 57.0 I.メンデ 角居勝彦 栗東 504(+6) 52.9 11 2.36.2 3/4
5 6 10 103.0 トーセンジョーダン 牡5 57.0 C.ウィリ 池江泰寿 栗東 482(+4) 9.2 3 2.36.3 クビ
6 3 3 101.2 ヒルノダムール 牡4 57.0 藤田伸二 昆貢 栗東 466(--) 30.4 8 2.36.4 3/4
7 1 1 104.5 ブエナビスタ 牝5 55.0 岩田康誠 松田博資 栗東 470(+6) 3.2 2 2.36.5 3/4
8 2 2 99.7 ヴィクトワールピサ 牡4 57.0 M.デムー 角居勝彦 栗東 520(+12) 10.2 4 2.36.5 ハナ
9 8 13 95.3 レッドデイヴィス セ3 55.0 武豊 音無秀孝 栗東 484(+2) 18.2 6 2.36.5 クビ
10 7 12 100.6 アーネストリー 牡6 57.0 佐藤哲三 佐々木晶 栗東 534(+4) 13.6 5 2.36.6 クビ
11 7 11 101.8 ジャガーメイル 牡7 57.0 四位洋文 堀宣行 美浦 484(0) 77.1 12 2.36.8 1 1/2
12 5 8 102.1 ローズキングダム 牡4 57.0 後藤浩輝 橋口弘次 栗東 454(-8) 51.1 10 2.37.1
13 4 6 96.5 キングトップガン 牡8 57.0 柴田善臣 鮫島一歩 栗東 506(-2) 132.9 13 2.37.4 1 3/4
取消 3 4 99.3 ペルーサ 牡4 57.0 安藤勝己 藤沢和雄 美浦 -- 0.0 -- -- --
ラップタイム 6.8-12.0-12.4-12.1-13.1-14.4-14.3-13.0-12.0-11.9-11.4-11.3-11.3
前半 6.8-18.8-31.2-43.3-56.4
後半 57.9-45.9-34.0-22.6-11.3

■払戻金

単勝9 220円 1番人気
複勝9 140円 1番人気
5 490円 6番人気
7 740円 9番人気
枠連4-6 2,500円 10番人気
馬連5-9 3,170円 10番人気
ワイド5-9 1,020円 8番人気
7-9 1,660円 16番人気
5-7 5,630円 46番人気
馬単9-5 3,650円 13番人気
3連複5-7-9 24,290円 64番人気
3連単9-5-7 78,260円 207番人気

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。
U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!  詳しくはこちら

プロ予想MAXスペシャルコラム 〜有馬記念〜

前回の〜朝日杯FS編〜では、6番人気1着のサトノアレスへの「マイル以下が合う。期待したい。」(サラマッポプロ)、「G1でも通用するレベル」(河内一秀プロ)、「ここ目イチでくるようなら期待大」(加藤拓プロ)などの声をご紹介。7番人気2着のモンドキャンノについても「能力上位の馬。折り合いさえつけばやれる。」(スガダイプロ)、「当然ここでも有力馬の一角」(河内一秀プロ)といった貴重なプロ見解をお届けした当コラム。引き続き今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、12/25(日)G1有馬記念
今回も、ウマニティ公認プロ予想家の中からスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓の5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て12/19(月)時点のものです。

●プロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近9年中8年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。

●各馬へのコメント

キタサンブラック
 スガダイ JCは楽な競馬だったねー。もっと厳しいペースで行っても勝てたと思うけど、枠順も良かったし、あんな楽に逃げさせたらどうしようもないよ。前半の3Fが37.2、1000mの通過が1.01.7。こんなペースで2コーナー過ぎに2番手以下との差が広がってるんだから、笑っちゃうよ。外国人騎手がペースを読めないのは仕方がないけど、こんなレースで「豊さんのペース配分が絶妙だった」なんて言ってるジョッキーばかりではねぇ......。前走のJCに関しては、武豊が上手かったんじゃなくて、他のジョッキーが馬鹿過ぎただけだ。武豊キタサンブラックも本気を出せば、もっと素晴らしい走りを見せてくれたはず。その本気を出すまでもなく、レースが終わってしまったような印象だね。結局、ペースが読めるのは武豊を含めたごく一部のベテランだけ。そして、大舞台で勝ちに行く競馬が出来るのは外国人騎手だけってことだね。今回も楽な競馬になるんじゃないかな。大スターである馬主の歌が、レース後の恒例行事になってるようじゃ尚更だ。適性的にも、府中より中山向きの馬だと思うし、万が一、厳しい展開になっても、中山なら大崩れするような事はないと思うよ。
 加藤拓 あらゆるコースで崩れない競馬を見せており、今回もそう簡単には崩れないでしょう。が、前走とは違い、マクリの利くこのコースでは、後続に4コーナーで並びかける競馬をされると苦しいのは違いないでしょう。もちろん、そこから粘るのがこの馬の真骨頂でしょうが。
 くりーく 今回は間隔が詰まっているので、1週前追い切りは強めに追わず馬なりでの追い切りを消化しました。手応えも良く力強い走りで、良い状態をキープできていると思います。ただ、今年はほとんど内枠に入り自分のレースができているので、不利な外枠に入るなどして流れに乗れなかった時にどうなるかという不安はありますね。いずれにしても、状態面としては十分な状態でレースを迎えることができそうです。
 河内一秀 初めて明確に本命と言える評価をしたJCで、これも初めてと言っていい圧勝であったことを考慮すれば、指数的にも水準以上とみていいパフォーマンスだった。これにより、古馬中長距離戦線の主役であることは疑う余地がなくなったね。コースレイアウト的には向いていないと思われた府中2400mで、後続を引き連れての逃げで2着以下を完封したことで、最早、弱点が見つからない存在になったと言っても過言ではないよ。今回、未対決の3歳馬に潜在能力の差で負けるというシーンは、例えばオルフェーヴル級の指数ではないから、(その可能性は)ゼロではないけどね。それでも、馬券圏外に崩れる確率は限りなく少ないと言っていいだろうね。
 サラマッポ 前走は逃げて押し切る堂々たる競馬でした。今回はマルターズアポジーを見ながら、番手からの競馬になりそうですが、ペース判断に優れた武豊騎手なので、確実に自分の力は出せると思っています。柔らかみがありコーナリングも上手いので、中山の小回りも問題ないですね。

サトノダイヤモンド
 くりーく この馬は、1週前追い切りで調教助手が騎乗して併せ馬で強めに追われる、というのが調整パターン。レース内容が物足りなかった皐月賞以外は、すべて1週前に助手騎乗(皐月賞時のみルメール騎手騎乗)でビッシリと仕上げて出走しています。今回も、1週前追い切りは長めから併せて一杯に追われ、終い鋭く伸びて先着と、前走以上の動きに見えました。今回はキタサンブラックが実力以上に人気を背負ってくれるので、この馬としてはレースがしやすいという点も強調材料ではないかとみています。
 加藤拓 ディープインパクト産駒で有馬記念で馬券になったのはジェンティルドンナのみですが、実際上位人気はそのジェンティルドンナくらいで、他は単純に能力の問題とも言えます。中山競馬場は2014年の改修以降、年々ディープインパクト産駒が成績を上げていて、今年はベタ買いで回収率100%を超えてくるかというほど。いわば“ディープ馬場”に変化してきています。そういう面もこの馬にとっては追い風ですね。
 河内一秀 菊花賞は、唯一の相手だと思われたディーマジェスティの意外な低パフォーマンスに助けられて圧勝したけど、指数的には明らかに・・・


ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想 3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜有馬記念2011〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
12月25日の勝ち組
0/0 0:00更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 有馬記念
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 mizuking mizuking Lv 84 30% 2201% 2,101,570円 なし
2位 ひろたん ひろたん Lv 1 100% 10956% 1,085,640円 なし
3位 シマタカ シマタカ Lv 1 50% 765% 362,100円 なし
4位 馬券師4545リング 馬券師4545リング Lv 1 40% 857% 354,280円 なし
5位 ふり〜だむ ふり〜だむ Lv 86 40% 802% 351,300円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
12月25日の勝ち組
0/0 0:00更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 有馬記念
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

ステップレース 〜有馬記念2011〜

2011年10月23日(菊花賞  京都 芝3000m 良 18頭

1着 14 オルフェーヴル 1.4倍(1人気) 池添謙一 3:02.8 105.7
2着 13 ウインバリアシオン 7.8倍(2人気) 安藤勝己 2 1/2 104.2
3着 1 トーセンラー 12.2倍(3人気) 蛯名正義 1 3/4 103.1
4着 12 ハーバーコマンド 166.5倍(14人気) 木村健 クビ 102.7
5着 11 サダムパテック 24.0倍(7人気) 岩田康誠 1 1/2 101.9
⇒全着順を見る

2011年10月30日(天皇賞(秋)  東京 芝2000m 良 18頭

1着 12 トーセンジョーダン 33.3倍(7人気) N.ピンナ 1:56.1 107.4
2着 7 ダークシャドウ 5.7倍(2人気) F.ベリー 1/2 106.8
3着 8 ペルーサ 8.2倍(6人気) 横山典弘 1/2 106.2
4着 5 ブエナビスタ 2.8倍(1人気) 岩田康誠 3/4 105.6
5着 17 トゥザグローリー 58.9倍(10人気) 福永祐一 1 3/4 103.8
⇒全着順を見る

2011年11月13日(エリザベス女王杯  京都 芝2200m 良 18頭

1着 18 スノーフェアリー 2.7倍(1人気) R.ムーア 2:11.6 101.1
2着 1 アヴェンチュラ 4.8倍(2人気) 岩田康誠 クビ 101.1
3着 4 アパパネ 10.0倍(4人気) 蛯名正義 100.0
4着 3 ホエールキャプチャ 11.4倍(6人気) 池添謙一 1 1/2 98.9
5着 9 レインボーダリア 238.8倍(17人気) 川田将雅 97.9
⇒全着順を見る

2011年11月27日(ジャパンカップ  東京 芝2400m 良 16頭

1着 2 ブエナビスタ 3.4倍(2人気) 岩田康誠 2:24.2 106.9
2着 16 トーセンジョーダン 14.1倍(6人気) C.ウィリアムズ クビ 106.9
3着 1 ジャガーメイル 106.5倍(14人気) 四位洋文 1 3/4 105.4
4着 5 トレイルブレイザー 44.0倍(11人気) 武豊 1/2 105.0
5着 12 ウインバリアシオン 14.7倍(7人気) 安藤勝己 3/4 104.5
⇒全着順を見る

2011年12月3日(ステイヤーズS  中山 芝3600m 不良 16頭

1着 9 マイネルキッツ 8.2倍(4人気) 三浦皇成 3:50.8 104.2
2着 3 イグアス 12.7倍(6人気) 吉田豊 1 1/4 103.5
3着 13 トウカイトリック 57.3倍(12人気) 石橋脩 3 1/2 101.7
4着 10 ピエナファンタスト 42.4倍(10人気) 木幡初広 1 1/4 101.0
5着 5 ナムラクレセント 5.5倍(2人気) 和田竜二 1/2 100.7
⇒全着順を見る

マークは出走予定馬、タイムの右の数字は結果U指数

過去10年の結果 〜有馬記念2011〜

2010年 有馬記念 2010年12月26日() 中山10R 芝2500m 良 16頭

有馬記念2010

1着 1 ヴィクトワールピサ 8.4倍(2人気) M.デムーロ 2:32.6 102.8
2着 7 ブエナビスタ 1.7倍(1人気) C.スミヨン ハナ 102.8
3着 11 トゥザグローリー 75.9倍(14人気) C.ウィリアムズ クビ 102.8
単勝 1 840円(2人気) 3連複 1−7−11 11,610円(35人気)
馬連 1−7 550円(1人気) 3連単 1→7→11 60,770円(179人気)

2009年 有馬記念 2009年12月27日() 中山10R 芝2500m 良 16頭

有馬記念2009

1着 9 ドリームジャーニー 4.0倍(2人気) 池添謙一 2:30.0 110.4
2着 2 ブエナビスタ 3.4倍(1人気) 横山典弘 1/2 110.0
3着 6 エアシェイディ 32.0倍(11人気) 後藤浩輝 106.7
単勝 9 400円(2人気) 3連複 2−6−9 5,460円(10人気)
馬連 2−9 740円(1人気) 3連単 9→2→6 18,890円(27人気)

2008年 有馬記念 2008年12月28日() 中山10R 芝2500m 良 14頭

1着 13 ダイワスカーレット 2.6倍(1人気) 安藤勝己 2:31.5 107.2
2着 14 アドマイヤモナーク 90.2倍(14人気) 川田将雅 1 3/4 105.8
3着 6 エアシェイディ 36.1倍(10人気) 後藤浩輝 3/4 105.3
単勝 13 260円(1人気) 3連複 6−13−14 192,500円(220人気)
馬連 13−14 29,490円(53人気) 3連単 13→14→6 985,580円(1,052人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2007/12/23
有馬記念
中山 16 稍重 マツリダゴッホ 52.3倍 9 蛯名正義 2:33.6 109.5
2006/12/24
有馬記念
中山 14 ディープインパクト 1.2倍 1 武豊 2:31.9 106.3
2005/12/25
有馬記念
中山 16 ハーツクライ 17.1倍 4 C.ルメール 2:31.9 108.7
2004/12/26
有馬記念
中山 15 ゼンノロブロイ 2.0倍 1 O.ペリエ 2:29.5 108.7
2003/12/28
有馬記念
中山 12 シンボリクリスエス 2.6倍 1 O.ペリエ 2:30.5 111.2
2002/12/22
有馬記念
中山 14 稍重 シンボリクリスエス 3.7倍 2 O.ペリエ 2:32.6 0.0
2001/12/23
有馬記念
中山 13 マンハッタンカフェ 7.1倍 3 蛯名正義 2:33.1 0.0

●有馬記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜有馬記念2011〜

〜注目GI・有馬記念特集〜
2011年12月25日・中山競馬場・芝2500m・GI

宝塚記念と並ぶファン投票で出走馬が選ばれるオールスター・グランプリ。1年を締めくくるレースとして国民的行事とも言われており、1996年(優勝サクラローレル)では有馬記念1レースで売上げ世界レコード875億104万2400円を記録している。またオグリキャップの引退レースとなった1990年は、同馬の人気もあり17万7779名もの競馬ファンが中山競馬場に来場した。

中山競馬場の芝2500mで行われ、過去の優勝馬にはナリタブライアンディープインパクトゼンノロブロイドリームジャーニーヴィクトワールピサグラスワンダーダイワスカーレット

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

ダビマス
初めての方へ
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年1月14日(
愛知杯 G3
2017年1月15日(
京成杯 G3
2017年1月17日(火)
日経新春杯 G2

競馬番組表

2017年1月14日(
1回中山4日目
1回中京1日目
1回京都4日目
2017年1月15日(
1回中山5日目
2017年1月16日(月)
1回中京2日目
2017年1月17日(火)
1回京都5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 ゴールドアクター 牡6
67,588万円
3 サトノダイヤモンド 牡4
67,496万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 モーリス 牡6
53,625万円
6 ミッキーアイル 牡6
52,948万円
7 ロゴタイプ 牡7
52,480万円
8 ヌーヴォレコルト 牝6
45,672万円
9 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
10 ラストインパクト 牡7
44,359万円
» もっと見る

3歳
1 サトノアレス 牡3
9,135万円
2 ソウルスターリング 牝3
8,950万円
3 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
4 レイデオロ 牡3
8,477万円
5 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
6 レーヌミノル 牝3
6,985万円
7 リスグラシュー 牝3
6,381万円
8 ジューヌエコール 牝3
6,156万円
9 トラスト 牡3
5,392万円
10 キョウヘイ 牡3
5,347万円
» もっと見る