会員登録はこちら
セントライト記念 G2   2010年9月19日() 15:45 中山/芝2200m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜セントライト記念2010〜

第64回 セントライト記念 G2

2010年9月19日()中山11R 芝2200m 17頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 7 13 91.6 クォークスター 牡3 56.0 藤岡佑介 堀宣行 美浦 500(+4) 6.4 4 2.10.9
2 8 15 89.6 ヤマニンエルブ 牡3 56.0 柴山雄一 村山明 栗東 458(-2) 6.4 3 2.10.9 クビ
3 1 2 91.0 アロマカフェ 牡3 56.0 武豊 小島太 美浦 468(+12) 4.4 2 2.11.0 3/4
4 5 10 88.9 ゲームマエストロ 牡3 56.0 田中勝春 宗像義忠 美浦 472(-12) 40.6 11 2.11.1 クビ
5 6 12 92.7 ダークシャドウ 牡3 56.0 四位洋文 堀宣行 美浦 498(-8) 10.5 6 2.11.2 1/2
6 2 4 93.3 ミッションモード 牡3 56.0 北村宏司 藤沢和雄 美浦 476(+4) 20.6 8 2.11.3 3/4
7 8 16 87.9 ヤングアットハート 牡3 56.0 藤田伸二 松山康久 美浦 480(-6) 43.0 12 2.11.4 3/4
8 1 1 89.4 ナイスミーチュー 牡3 56.0 三浦皇成 橋口弘次 栗東 486(+8) 32.8 10 2.11.6
9 4 8 91.7 ミキノバンジョー 牡3 56.0 太宰啓介 大橋勇樹 栗東 500(-2) 14.7 7 2.11.8 1 1/4
10 4 7 88.6 ベストアンサー 牡3 56.0 吉田隼人 戸田博文 美浦 456(+2) 51.1 13 2.12.0 1 1/4
11 6 11 87.1 シャイニンアーサー 牡3 56.0 横山典弘 藤沢和雄 美浦 484(+4) 31.1 9 2.12.2 1 1/4
12 3 5 87.4 フェイルノート 牡3 56.0 松岡正海 和田正道 美浦 508(-8) 9.8 5 2.12.2 クビ
13 5 9 86.3 ファーストグロース 牡3 56.0 吉田豊 大久保洋 美浦 476(-4) 179.8 15 2.12.2 ハナ
14 2 3 95.9 ゲシュタルト 牡3 56.0 池添謙一 長浜博之 栗東 488(+2) 4.0 1 2.12.8 3 1/2
15 3 6 87.3 シルクスチュアート 牡3 56.0 村田一誠 奥平雅士 美浦 482(+6) 96.5 14 2.12.8 アタマ
16 7 14 90.3 ガナール 牡3 56.0 戸崎圭太 荒山勝徳 大井 488(0) 346.9 17 2.13.6
17 8 17 89.9 コスモヘレノス 牡3 56.0 丹内祐次 菊川正達 美浦 502(+4) 200.1 16 2.14.4
ラップタイム 12.1-11.0-11.7-11.8-12.1-11.7-11.7-11.8-12.0-12.2-12.8
前半 12.1-23.1-34.8-46.6-58.7
後半 60.5-48.8-37.0-25.0-12.8

■払戻金

単勝 13 640円 4番人気
複勝 13 190円 3番人気
15 230円 4番人気
2 170円 2番人気
枠連 7-8 1,850円 10番人気
馬連 13-15 2,040円 6番人気
ワイド 13-15 860円 6番人気
2-13 500円 3番人気
2-15 780円 5番人気
馬単 13-15 4,430円 15番人気
3連複 2-13-15 3,110円 4番人気
3連単 13-15-2 19,020円 35番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

セントライト関連記事

【神戸新聞杯】オールディー下克上
 今週は阪神で菊花賞トライアル・神戸新聞杯(3着までに優先出走権)が行われる。注目は夏の上り馬シルクオールディーだ。今夏は北海道で古馬相手に連勝し、素質開花をアピール。夏の札幌で力を付け、3冠最終戦で菊の大輪を射止めた父マンハッタンカフェを思わせる。オークス当日に初勝利を挙げた青毛の牡馬が、菊のキップを手に入れるか。 急激な上昇カーブを描いている。今夏、北海道で500万下→1000万下と連勝。夏の上り馬シルクオールディーが菊花賞を目指して、トライアルの舞台に立つ。 「春は筋肉がついていなかったけど、今は背中に厚みが出て、腹袋もしっかりしてきた。馬体重は前回よりも10キロ以上増えていると思う。すべて成長分だよ」 栗東は全休日の21日朝。メキメキと力を付ける愛馬に、青野調教助手は目を細めた。以前は体質が弱かったが、この夏、秘めた素質が開花。函館、札幌の芝2600メートル戦で、古馬を相手に自分から動いて押し切った。折り合いがつき、長くいい脚を使うのがセールスポイントだ。 「テンションが高くなるから、北海道の滞在競馬は良かったね。レースは2戦とも早めに先頭に立つ形。ソラを使うので、もっと周りに馬がいた方がいい。重賞で相手が強くなるけど、接戦になれば、能力をもっと出せると思う」と、青野助手は期待を込める。 前走の阿寒湖特別は、01年に菊花賞を制した父マンハッタンカフェが優勝したレース。マンハッタンはその後、トライアルのセントライト記念は4着に敗れたが、本番ではダービー1・2着馬(ジャングルポケット、ダンツフレーム)を破り、初挑戦でGI制覇を達成した。ボリュームある馬体と、北の大地で連勝した軌跡は、父をほうふつさせる。 「今回はダービー1、2着馬が出走してくるので、負けても仕方がないとは思うけど、負けて当たり前とは思わない。血統的な背景もあるし、高いポテンシャルを秘めた馬だからね。不安よりも楽しみの方が大きいよ」と、青野助手は虎視眈々と一発を狙っている。 成長著しいシルクオールディー。エイシンフラッシュ、ローズキングダムといった春の実績馬たちの牙城を崩し、菊戦線に名乗りを上げたい。(鈴木康之)
2010年9月22日(水) 05:04

 670

【セントライト】クォーク強襲重賞初V
 第64回セントライト記念(19日、中山11R、GII、3歳オープン、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、3着までに菊花賞の優先出走権=出走17頭)3歳GIのトライアル競走が19日、行われた。中山のセントライト記念は、藤岡佑介騎乗の4番人気クォークスターが直線で豪快に伸び、逃げたヤマニンエルブをクビ差捕らえて重賞初V。2分10秒9(良)。3着アロマカフェまで菊花賞の優先出走権を獲得した。阪神のローズSは、後藤浩輝騎乗の4番人気アニメイトバイオが、ワイルドラズベリーの急襲をアタマ差しのいで重賞初制覇。美浦の牧光二調教師は開業3年目で初タイトル。1分45秒8(良)。3着エーシンリターンズまで秋華賞の優先出走権を得た。2冠牝馬で1番人気のアパパネは4着。 残り600メートルで3秒差あったリードがみるみる縮まっていく。逃げ馬に迫る追い込み馬がハナ面を並べたゴールは、映画のワンシーンのようだ。4番人気クォークスターが、後方一気の追い込みで重賞初V。菊花賞への切符を奪い取った。 「しっかりと伸びていたし、前は止まっていたので届いたと思いました」 クビ差のきわどいゴールも、藤岡佑介騎手は確信を持ってガッツポーズ。サマージョッキーズシリーズを制した男の騎乗は冴え渡っていた。大逃げを打つヤマニンエルブがセーフティーリードを保って直線に向くと、最後方からクォークが使った上がり3ハロンの末脚は34秒0。37秒0で逃げ切りを狙うヤマニンをギリギリで捕らえた。 「スローになると思ったし、馬場もいいので4、5番手のつもりだったんですが、仕掛けても(馬が)行く気になってくれなくて…。正反対の競馬になってしまいましたね」 前走のラジオNIKKEI賞は向こう正面で不利を受けたが、メンバー最速の上がり(3ハロン34秒5)で直線だけで2着に追い上げた切れ味の持ち主。それは承知していたが、デビュー戦から3走前まで手綱を取っていた柴田善臣騎手から「スッと反応しないから、少し早めに仕掛けた方がいい」と助言を受けたことが、最後の攻防に生きた。 「もう少し前で競馬ができるとレースに幅が出ると思います。かなり切れるので(菊花賞の)3000メートルは未知ですが、折り合いがつくので、この馬としては距離は心配ないと思う」 3冠最終戦の菊花賞(10月24日、京都、GI、芝・外3000メートル)で、ものを言うのは折り合い。切れ味は中距離向きだが、無駄に体力を使わない利口さが武器になるとジョッキーは太鼓判を押した。 実際に菊花賞に進むかは今後、関係者で協議される。もちろん、関東から登場した切れ者が出れば、注目度は抜群だ。関東の新星クォークスターが、京都の下り坂から一気にゴールまで駆け抜ける。その姿を関東のファンは待望している。(柴田章利)
2010年9月20日(月) 05:07

 632

【セントライト】エルブ、粘った2着
 第64回セントライト記念(19日、中山11R、GII、3歳オープン、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、3着までに菊花賞の優先出走権=出走17頭)3番人気ヤマニンエルブは、今回も果敢にハナを奪う。向こう正面で大差で逃げる姿がターフビジョンに映し出されると、スタンドから歓声が上がる。差が縮まらないまま直線に向くと、歓声に悲鳴が混じる。ゴール前で勝ち馬の強襲にあい、クビ差2着に敗れたが、存在は十分アピールした。「悔しいが、速いペースで後ろに脚を使わせる、イメージ通りの競馬はできた。最後は内にモタれた分の負け。バテる感じは全くないし、長距離も問題なさそう」と柴山雄一騎手。本番では蛯名騎手との再タッグで“逃走劇”を演じ、菊の大輪を目指す。
2010年9月20日(月) 05:06

 510

【セントライト】アロマ3着「次楽しみ」
 第64回セントライト記念(19日、中山11R、GII、3歳オープン、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、3着までに菊花賞の優先出走権=出走17頭)2番人気アロマカフェは、直線で内から伸びたが、逃げ馬をとらえ切れず、勝ち馬の末脚にも屈して3着。ラジオNIKKEI賞に続く重賞連勝はならなかったが、優先出走権は確保した。初コンビの武豊騎手は「出脚は悪くなかったし、ある程度の位置で進めた。最後もバテてはいないんだけどね。ジリジリで切れ負けた」と振り返った。それでも「乗りやすいし、長い距離も合いそう。次が楽しみだね」と手応えも得ていた。
2010年9月20日(月) 05:06

 563

セントライトのニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年11月25日(
ラジオN杯京都2歳S G3
2017年11月26日(
ジャパンカップ G1
京阪杯 G3

競馬番組表

2017年11月25日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2017年11月26日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る