最新競馬ニュース

【セントライト】レイエンダ、ギア“10速”12秒7!

SANSPO.COM

 1,607

 菊花賞トライアル・セントライト記念(17日、中山、GII、芝2200メートル)の追い切りが13日、東西トレセンで行われた。3戦全勝のレイエンダは、美浦トレセンのWコースでラスト1ハロン12秒7の伸び脚を見せて好仕上がりをアピール。ダービー3着のコズミックフォースも同じく美浦Wコースで上々の動きを見せた。

 わずか一瞬で、強烈な決め手を印象づけた。デビュー3連勝中のレイエンダが、直線に向いて2馬身ほど前にいた僚馬ペイドメルヴェイユ(1000万下)との距離を一気にゼロにする。この日のWコースは、時計がかかる馬場コンディションにもかかわらず、涼しい表情で12秒7(5ハロン69秒9)をマーク。あっさりと併入に持ち込んだ。

 「速いよなぁ」。ダービー馬レイデオロの全弟が見せた絶品の最終追い切りに、藤沢和調教師が思わず感嘆。「ペースが速くなっているのにスッと動いていけるのがすごい。反応の速さや、走ることが好きなところがこの一族の良さ。おばあちゃんもそうだった」とうなずく。偉大な兄、異例の1000万下デビューから5連勝を飾った祖母レディブロンドと同じ、非凡な才能がレイエンダにも受け継がれている。

 調整役の杉原騎手もその乗り味に興奮を隠せない。「ギアが“10速”くらいある感じ。さらに力強さ、前向きさが出てきました。きょうのペースで我慢ができていたしコントロールもききます」と絶賛の言葉を並べた。

 2歳夏の新馬戦V後に右前肢の骨折が判明。春のクラシックには間に合わなかったが、9カ月半ぶりの夏木立賞も、古馬初対戦の松前特別も楽勝した。相手が強くなっていく中で、着差は1馬身1/4→1馬身3/4→2馬身と広がる一方。底知れない強さを感じさせる。

 兄同様に主戦を務めるルメール騎手は「今まではパーフェクト。絶対、重賞を勝てる。自信がある。速い脚があるから短い直線でも大丈夫。能力がすごく高い」と強気で、藤沢和師も「オープン馬が相手だから今までのようにはいかない。どのくらい上の力があるかは今回で分かるだろう」と気を引き締めつつ、レースを楽しみに待つ。

 祖母の弟に三冠馬ディープインパクトがいるように、スター性は十分。スペイン語で「伝説」という意味の馬名を持つ大物レイエンダが、その名の通りここから伝説を紡いでいく。 (板津雄志)



★セントライト記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月18日()
マイルCS G1
11月17日()
東スポ2歳S G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月11日()
エリザベス杯 G1
福島記念 G3
11月10日()
デイリー2S G2
武蔵野S G3
京都ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る