最新競馬ニュース

【宝塚記念】ダイヤ3頭併せ最先着!池江師「戻ってきた」

SANSPO.COM:2018年6月21日(木) 05:08

 2,403

 上半期を締めくくるグランプリ・宝塚記念の追い切りが20日、東西トレセンで行われた。栗東では雨の中、ファン投票1位のサトノダイヤモンドがCWコースでの3頭併せ馬で最先着。GI3勝目へ態勢を整えた。美浦では、昨年の勝ち馬サトノクラウンが、Wコースで3頭併せ。しっかりと負荷をかけられた。栗東坂路で好時計をマークしたミッキーロケットがサンケイスポーツ調教評価『S』となった。ワーザーはきょう追い切られる。

 春のグランプリで完全復活を遂げる。サトノダイヤモンドがCWコースでラスト1ハロン11秒6の切れ味を披露。手綱を取ったルメール騎手が胸を張った。

 「とてもよかったです。状態は大丈夫そう。直線での反応も、とてもよかった。すごくいい追い切りができました。サトノダイヤモンドで、もう一度GIを取りたい。馬がよかったら絶対勝てると思います」

 冷たい雨のなか、3頭併せの真ん中でシロニイ(1000万)を前に置きながら、リズムを刻んだ。直線ではクライムメジャー(1600万下)を半馬身おさえて、シロニイは4馬身半突き放した。タイムは5ハロン68秒1、3ハロン38秒3-11秒6。水分をたっぷり含んだ重い馬場だけに上々だ。「リードホース(先行馬)のペースが遅すぎたけど、しっかりとハミを取りました。そこがいいポイント」と、鞍上は好反応にうなずいた。

 3歳時に菊花賞、有馬記念とGI2勝も、昨年3月の阪神大賞典以来、1年以上白星から遠ざかっている。陣営は中間、ほとんど使っていなかった坂路を調整メニューに加えた。2週前追いを含め、坂路で4本の速い時計を消化。池江調教師は「刺激を与えるため。調教もマンネリ化していましたから。いい刺激になって(いいときに)戻ってきたんじゃないかと思う。近づきつつあることは確か」と手応えをつかんだ。

 ファン投票で6万3599票を獲得。有馬記念を含め、初めて1位に輝いた。昨年末でキタサンブラックが引退し、主役は不在。“キタサンブラックを破った馬”への期待は大きい。

 「光栄ですし、責任を感じます。2歳時から多くのファンの支持を受けていました。お便りも多くいただきました、その人たちの期待を裏切り続けているので、なんとか応えたい」

 指揮官は力を込めた。GI馬4頭が集結した春の総決算。“1番人気”はすでに証明した。あとは実力で、雑音を吹き飛ばすだけだ。 (山口大輝)



★宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月15日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る