最新競馬ニュース

【桜花賞 私のチェックポイント】美浦で調整続けるキャットファイト 課題の長距離輸送に秘策アリ?!


©サンケイスポーツ


 1,021  1  0

【桜花賞 私のチェックポイント】美浦で調整続けるキャットファイト 課題の長距離輸送に秘策アリ?!

桜花賞の「私のチェックポイント」2日目は、東京サンスポの三浦凪沙記者が美浦トレセンでアネモネS勝ち馬のキャットファイトに注目。今回、多くの関東馬が行っている栗東滞在を選択しなかった理由と、阪神JFで苦戦した長距離輸送への対策を探った。



アネモネSを快勝し、桜花賞への切符を手に入れたキャットファイト。今回と同じ舞台で行われた阪神JFでは、初の長距離輸送がこたえて10着と力を発揮できませんでした。再度の長距離輸送へ、秘策はあるのでしょうか。

2日は坂路下の角馬場で長めのキャンターを乗ってから登坂し、その後はEコースを1周。見届けた上原博調教師は「前走は最内枠で恵まれたところもあったけど、状態が良かった。そこから中3週でも疲れはなく、具合はいいよ。水曜(追い切り)は坂路でさらっとやって、テンションを上げないように調整したいね」と大一番に向けて順調のようです。


となると、やはり気になるのは阪神への長距離輸送。「阪神JFは初めて尽くしの中でイレ込みが全然収まらず、てんぱったまま。レース前に終わっていた感じだった」とトレーナーは振り返ります。今回も、レース間隔が詰まっていることに加え、環境の変化に弱いところがあるため美浦での調整となりましたが、「前回の反省を踏まえて、今回は2日前(金曜日)に輸送する。土曜にスクーリングして、丸1日かけて馬をリラックスさせて、次の日の競馬に挑む予定。それがいい方に出てくれれば」としっかりと対策が練られています。

週中から天気予報がいまいちの阪神競馬場。輸送だけでなく、タフな馬場への対応も求められそうです。それに対しても「蹄の形や走り方から、道悪もこなせると思う」とOKの構え。関東馬がほとんど栗東滞在を選択し、美浦での取材だけで予想するのは難しいと思っていましたが、予想を助けてくれるお宝馬は、案外近くにいたのかもしれません。(三浦凪沙)




 ナイス!(1

このニュースへのコメント

コメントはありません。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

4月14日()
皐月賞 G1
アンタレスS G3
4月13日()
中山GJ G1
アーリントン G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月7日()
桜花賞 G1
4月6日()
阪神牝馬S G2
NZT G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 ドウデュース 牡5
102,726万円
2 スターズオンアース 牝5
84,098万円
3 リバティアイランド 牝4
74,444万円
4 ディープボンド 牡7
67,569万円
5 ジャスティンパレス 牡5
65,388万円
6 シャフリヤール 牡6
59,685万円
7 タスティエーラ 牡4
57,005万円
8 ジャックドール 牡6
49,004万円
9 ソールオリエンス 牡4
48,668万円
10 ナムラクレア 牝5
47,685万円
» もっと見る

3歳
1 ステレンボッシュ 牝3
21,547万円
2 アスコリピチェーノ 牝3
16,854万円
3 ジャンタルマンタル 牡3
13,291万円
4 コラソンビート 牝3
9,942万円
5 エトヴプレ 牝3
9,644万円
6 スウィープフィート 牝3
9,386万円
7 シンエンペラー 牡3
9,128万円
8 レガレイラ 牝3
8,278万円
9 エコロブルーム 牡3
7,861万円
10 シックスペンス 牡3
7,287万円
» もっと見る