ショウナンアルバ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2005年2月13日生
調教師二ノ宮敬宇(美浦)
馬主国本 哲秀
生産者桑田牧場
生産地浦河町
戦績35戦[4-3-1-27]
総賞金12,509万円
収得賞金3,500万円
英字表記Shonan Alba
血統 ウォーエンブレム
血統 ][ 産駒 ]
Our Emblem
Sweetest Lady
シャンラン
血統 ][ 産駒 ]
Great Commotion
Down the Line
兄弟 ショウナンタレントショウナンパルフェ
前走 2012/07/07 障害3歳以上未勝利
次走予定

ショウナンアルバの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
12/07/07 福島 4 障害3歳以上未勝利 芝2770 141118.17** 牡7 60.0 横山義行二ノ宮敬504(-8)0000 ----⑧⑫ゴーゴーシュンスケ
12/03/31 中山 4 障害4歳以上未勝利 芝2880 145716.4513** 牡7 60.0 横山義行二ノ宮敬512(+6)3.24.0 10.014.2④⑩メジロサンノウ
11/12/17 中山 11 ディセンバー OP 芝1800 1623101.81216** 牡6 57.0 和田竜二二ノ宮敬506(+6)1.52.3 5.341.2⑯⑭ナカヤマナイト
11/11/12 東京 10 パラダイスS OP 芝1400 142233.21213** 牡6 55.0 蛯名正義二ノ宮敬500(-10)1.23.5 1.534.4⑦⑧トライアンフマーチ
11/08/28 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 1671498.71010** 牡6 56.0 四位洋文二ノ宮敬510(-6)1.09.6 1.035.6⑬⑧カレンチャン
11/07/31 函館 11 UHB杯 OP 芝1200 1181110.849** 牡6 56.0 三浦皇成二ノ宮敬516(+10)1.10.7 1.836.5⑩⑩パドトロワ
11/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1781552.61116** 牡6 57.0 蛯名正義二ノ宮敬506(-2)1.21.5 1.334.4⑨⑦ストロングリターン
11/03/27 阪神 11 高松宮記念 G1 芝1200 1612125.1136** 牡6 57.0 蛯名正義二ノ宮敬508(-2)1.08.5 0.633.7⑬⑩キンシャサノキセキ
11/03/05 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 161228.276** 牡6 56.0 蛯名正義二ノ宮敬510(+8)1.08.3 0.534.2⑦⑦ダッシャーゴーゴー
11/01/10 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 16598.359** 牡6 57.0 四位洋文二ノ宮敬502(+6)1.09.6 0.835.0⑫⑫ショウナンカザン
10/12/18 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 172366.11310** 牡5 57.0 四位洋文二ノ宮敬496(-6)1.21.0 0.734.1⑫⑪キンシャサノキセキ
10/11/13 東京 10 オーロカップ OP 芝1400 18246.6413** 牡5 56.0 蛯名正義二ノ宮敬502(+8)1.21.6 0.634.3⑩⑨リビアーモ
10/10/30 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 142222.192** 牡5 57.0 四位洋文二ノ宮敬494(-4)1.21.2 0.233.5⑫⑫マルカフェニックス
10/09/12 阪神 10 セントウルS G2 芝1200 1671411.4811** 牡5 57.0 柴田善臣二ノ宮敬498(-6)1.08.6 0.634.0⑫⑨ダッシャーゴーゴー
10/08/28 新潟 11 朱鷺S OP 芝1400 1522----** 牡5 56.0 蛯名正義二ノ宮敬--0000 ------コパノオーシャンズ
10/06/26 福島 11 テレビU福島 1600万下 芝1200 163511.161** 牡5 56.0 蛯名正義二ノ宮敬504(0)1.07.5 -0.333.3⑩⑨エーブダッチマン
10/05/23 東京 12 東京クラウP 1600万下 芝1400 177147.5314** 牡5 57.0 蛯名正義二ノ宮敬504(+4)1.24.9 1.235.1⑬⑬ストロングリターン
10/04/25 東京 10 フリーウェイ 1600万下 芝1400 183639.3112** 牡5 57.0 蛯名正義二ノ宮敬500(-2)1.20.9 0.133.3⑬⑪ロードバリオス
10/03/20 中山 10 韓国馬事会杯 1600万下 芝1600 1471227.8813** 牡5 57.0 木幡初広二ノ宮敬502(+6)1.35.5 1.637.2キョウエイストーム
09/12/20 阪神 10 サンタS 1600万下 ダ1800 164824.0916** 牡4 57.0 M.デムー二ノ宮敬496(0)1.56.3 2.940.0⑥⑥⑦⑩ピイラニハイウェイ

⇒もっと見る


ショウナンアルバの関連ニュース

 14日の東京11Rで行われた第50回共同通信杯(3歳オープン、GIII、芝1800メートル、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、蛯名正義騎手騎乗の6番人気ディーマジェスティ(牡、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が中団追走から差し切ってV。タイムは1分47秒4(稍重)。

 人気を分け合った2頭が全く伸びない。伏兵陣が上位争いを繰り広げる中、力強く抜け出したのは人気薄のディープインパクト産駒ディーマジェスティだった。出走取消明けの1勝馬が大金星。クラシックへの登竜門レースを制した。

 レースはリスペクトアースが好スタートから先手を取り、ダンディーアローが2番手。スマートオーディンイモータルが3番手を併走して、人気のハートレーは中団の外めからレースを進めた。リスペクトアースはよどみないペースで逃げ、直線に向いても粘りを見せる。しかし、好位のインを進んだスマートオーディンも、外に回ったハートレーも直線は全く伸びない。これに対して、イン追走から外に持ち出したディーマジェスティがグイグイと力強く伸びる。粘るイモータル以下をきっちりと差し切ってV。6番人気の伏兵が出世レースを制した。1馬身1/4差の2着は5番人気のイモータル。さらに1/2馬身差の3着には3番人気のメートルダールが入っている。

 ディーマジェスティは、父ディープインパクト、母エルメスティアラ、母の父ブライアンズタイムという血統。北海道新ひだか町・服部牧場の生産馬で、嶋田賢氏の所有馬。通算成績は4戦2勝。重賞初勝利。二ノ宮敬宇調教師は1998年エルコンドルパサー、08年ショウナンアルバ、11年ナカヤマナイトに次いで共同通信杯4勝目、蛯名正義騎手は08年ショウナンアルバ、10年ハンソデバンド、14年イスラボニータに次いで4勝目。

 蛯名騎手は「相手も強かったですし、3、4コーナーでは馬場が悪いところもうまくなくて、馬自身戸惑っていましたが、直線でエンジンがかかってからは、何とかなるかな、と。(出走取消明けだったが)馬は前回も良かったし、一頓挫あっても厩舎でうまく調整してくれました。ディープインパクト産駒らしく、フットワークが軽いですが、課題もまだまだたくさんあります。ただ、このメンバーを負かしたのだから、多少は自信を持っていいかもしれませんね。まだあたっていない強いところもたくさんいますが、その舞台に上がる権利はもらえたのでひと安心です。これからもいい競馬ができるように頑張ります」と4度目の同レースVに笑みを浮かべていた。

★14日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら

ショウナンアルバが登録抹消2012年8月11日() 05:00

 2008年のGIII共同通信杯の勝ち馬ショウナンアルバ(美・二ノ宮、牡7)は10日付で競走馬登録を抹消された。JRA通算35戦4勝(重賞1勝)、獲得賞金1億2509万3000円。7月7日の障害未勝利戦(競走中止)が最後のレースとなった。今後は茨城県阿見町の大瀧ステーブルで乗馬となる予定。

[もっと見る]

【ラジオN賞】実力馬パルフェ、底力見せる 2011年6月29日(水) 05:12

 今年のダービーに出走した18頭の先陣を切り、6着馬ショウナンパルフェが今週の中山メーン・ラジオNIKKEI賞に登場する。姉ショウナンタレント、兄ショウナンアルバに続く重賞制覇の期待がかかっており、57キロのトップハンデでも負けられないところだ。

 不良馬場での激闘となった競馬の祭典から1カ月あまり。真っ先にターフに戻ってくるのは、6着馬ショウナンパルフェだ。ダービーでは早めに動いて見せ場を作った実力馬が、夏のハンデ重賞で初のタイトルに挑む。

 「4コーナーでは抜け出してきそうな雰囲気があったけど、最後は力の差でしょうね。ダービー後も厩舎で調整してきました。思ったほど疲れもなかったみたいで、回復は早かったです」

 タフな馬場で力を出し切っただけに反動が心配されるが、三浦調教助手は順調ぶりをアピールする。さすがにいったんは楽をさせたが、ここにきて調教でシャープな動きを見せており、再び上昇カーブを描いている印象だ。

 血統面からの期待も大きい。全姉のショウナンタレントは07年のGIIIフラワーC勝ち馬で、現役の半兄ショウナンアルバ(父ウォーエンブレム)は08年のGIII共同通信杯の優勝馬だ。「上とはタイプが違いますね。アルバなんかは燃える気性だけど、この馬は普段から折り合いがついて乗りやすい」と三浦助手。そのぶん、「1800メートルは少しだけ忙しいかも」と話すが、姉兄とも3歳時に1800メートルの重賞を勝っていることは強調材料。3兄弟重賞制覇の可能性は十分にある。

 「馬格のある馬なので(ハンデ)57キロは問題ないと思います。ここでしっかり賞金を加算しておきたいですね」

 実績面を考えれば秋まで休ませても不思議はないが、使う以上はトップハンデでも負けられないところ。狭き門をくぐり抜け、世代の頂点を争った実力を、思う存分に見せつける。(越智健一)

[もっと見る]

ショウナンアルバ、感冒で出走を取り消し2010年8月27日(金) 17:24

 日本中央競馬会(JRA)は27日、朱鷺ステークス(28日・新潟11R)に出走予定だったショウナンアルバが、感冒のため出走を取り消したと発表した。

[もっと見る]

松岡、根岸S「負けたくない」5連勝必ず! 2009年1月30日(金) 05:06

 好漢・松岡正海騎手(24)=美浦・相沢=が1回中山を終えて8勝と09年の好スタートを切った。今週は土曜日の東京新聞杯ショウナンアルバ→日曜日の根岸Sバンブーエールで重賞連勝を狙うほか、ほしのあきが名付け親のハシッテホシーノ(土6R)など有力馬が目白押し。1回東京も松岡から目が離せない。

 年明け最初の開催を終えて、松岡騎手は8勝をマーク。「1日1勝が目標だし、一流の証と思っています」という数字をクリアした。むろん、結果のすべてに満足はしていないが、「励みや自信にはなります」と胸を張って東京開催に臨む。

 開幕週から土日とも期待が広がるラインアップが揃った。特に、根岸Sバンブーエールは、自身2度目のGI制覇となるJBCスプリントを快勝したお手馬。3戦3勝と抜群の相性を誇る。

 「自在性があって、どこからでも行けるオールマイティーな馬。本番につなげるいいステップにしたいですが、59キロで休み明けでも、ここでは負けたくないですね」

 目下4連勝の快進撃中でもあり、連勝を止めずにフェブラリーSまで突っ走るつもりだ。

 東京新聞杯ショウナンアルバは初騎乗。2週続けて調教に跨り、気難しさも体感した。「背中はいいし、能力は感じます。あとは馬の気持ち次第。ウォーエンブレム産駒ですし、気持ちを優先させて力を発揮させたいですね」と新たな一面を引き出す構えだ。

 ひとたび競馬を離れると、他業種のアスリートと交流を持つ。プロ野球西武の平尾、片岡両選手や、巨人の大道、サッカー横浜FCの三浦淳らと親交を深めてきた。このうち、片岡をのぞく3名は30代の年上ばかりだ。

 「違う世界で頑張っている人の話は刺激になります。特に、長く続けている人は情熱や信念が違う。“まあ、いいか”というあきらめがないし、投げやりがない。ボクもそういう気持ちを持続させていきたいですね」

 閉鎖的になっても不思議ない生活の中で、積極的に気持ちの張りを求めた人間関係を築く24歳。年明けの好成績に甘んじることなく、東京でも好漢・松岡の活躍が期待できそうだ。(黒田栄一郎)

[もっと見る]

【東京新聞杯】嵐呼ぶ二ノ宮アルバ&ノーツ 2009年1月28日(水) 05:03

 先週のAJCCは伊藤正厩舎のネヴァブションエアシェイディの親子丼で決まった。関東馬の今年重賞初Vで美浦にも活気が出てきた。そこで東京新聞杯で注目したいのが二ノ宮厩舎。共同通信杯勝ちの実績があるショウナンアルバと、昨年2着のリキッドノーツが虎視眈々と勝利を狙う。

 先週のAJCCは、2頭出しの伊藤正厩舎がワン・ツーフィニッシュ。関東馬に今期初の重賞勝ちをもたらすとともに、美浦から反撃ののろしを上げた。今週土曜メーンの東京新聞杯は関東の有力馬がズラリ。注目は2頭出しの二ノ宮厩舎勢だ。

 「2頭とも具合はいいですよ。確実に上向いてきていますね」

 ともに前走の結果は振るわなかったショウナンアルバリキッドノーツだが、三浦調教助手の表情は明るい。状態アップを実感しているからだ。

 昨秋の富士Sから4戦連続でマイル戦に臨むショウナンアルバは、今回は休み明けの富士Sで目を見張る末脚を見せた舞台。昨年の同時期に、共同通信杯を圧勝したのも東京で、三浦助手も「輸送がないのはいいと思います」と後押しする。

 一方のリキッドノーツは、昨年のこのレース2着馬。13番人気での激走で、3連単250万馬券の立役者となった。昨年は京都金杯12着からの大変身で、奇しくも今年は中山金杯12着からの臨戦。三浦助手も「硬さがあった前走とは違いますよ」と良化を示唆。冬場に強いエルコンドルパサー産駒というのも強調材料だ。

 JRA重賞全13勝のうち、実に9勝を東京で稼いでいる二ノ宮厩舎。09年の東京開幕日を飾る東京新聞杯で、先週に続く関東馬の上位独占が期待される。(黒田栄一郎)

[もっと見る]

ショウナンアルバの関連コラム

関連コラムはありません。

ショウナンアルバの口コミ


口コミ一覧

いろいろ回顧(3月編)

 河内一秀 2008年4月15日(火) 01:46

閲覧 82ビュー コメント 0 ナイス 0

すっかりサボってしまいましたが、まだネタバレしていないところでつらつらと。

・スプリングステークス

 ショウナンアルバが掛かり気味に早めに先頭に立ってしまう展開ではあったが、ラップ見ると普通の中山的瞬発戦。実際に4着まで瞬発力タイプの馬が占めている。そういう意味では本番との関連性は例年通りであればやや疑問。あと、掛かっていたとはいえ、それほど速いペースでもなかったショウナンアルバの評価も難しいところ。

・阪神大賞典

 アドマイヤジュピタが瞬発力を生かして早め先頭から押し切る。ああいうレースをしっかり折り合って番手から出来るというのは大きな武器だが、天皇賞に対する適性という事になると乗り方に一工夫必要かも。下り坂でレースが動いたときにじっと我慢して瞬発力を生かす事を意識できれば良い線行くのでは。
 2着以下はいつも通り。どう乗ってもちょっと足りない馬たち。
 アイポッパーは使える足が短すぎて勝ちきれない。
 ポップロックは勝負所のペースアップについて行けず、最後に盛り返して来るも届かず。今回は盛り返してもこれなかったのは仕上がり途上だったからかもしれないが、仕上がっても勝つところまでいったかどうかという感じ。

・日経賞

 マツリダゴッホの独壇場。中山の4コーナーから坂の手前までを走らせたら、日本一(世界一?)速い。あまりにもこの条件に特化しすぎていて活躍の場が限られるのが玉に瑕。当然、天皇賞に出てきても用無し。

・毎日杯

 皐月賞トライアルの中で、カツラギ的に1番評価の高いのがこのレース。確かに、そこそこよどみのない流れから直線ではちょっとした瞬発力比べと、総合力を要求される流れを圧勝していて評価に値する。
(追記)カツラギ的に微妙に2番目の評価でした。


・高松宮記念

 キンシャサノキセキは、掛かり癖をカバーしつつ瞬発力を生かすという意味では、小回り平坦の短距離というのがベストの条件。案の定、あと一歩で重賞初勝利がG1というところだったが・・・ファイングレインは編集長の仰るとおり1200の申し子でした。

・若葉ステークス

 皐月賞トライアルの中で、カツラギ的に微妙に1番評価が高いのがこのレース。確かに、コース形態的にも本番に比較的近いし、ラップ的にも本番でありそうな感じ。ただ、中盤がやや緩めだし、その割には上がりが掛かっているので、過大評価は禁物かも。あと、ノットアローンは全く瞬発力がないので、積極的なレースをすることが必須。

ショウナンアルバの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ☆まんでがん   フォロワー:5人 2008年12月18日(木) 00:28:34
富士ステークス の不利は記憶に新しい。
能力値はかなり高い。
人気とのバランスは気になるが 重賞2勝目はすぐ目の前

ショウナンアルバの写真

投稿写真はありません。

ショウナンアルバの厩舎情報 VIP

2012年7月7日障害3歳以上未勝利中止
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ショウナンアルバの取材メモ VIP

2012年3月31日 障害4歳以上未勝利 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。