会員登録はこちら
スプリンターズS G1   日程:2010年10月3日() 15:40 中山/芝1200m

スプリンターズSのニュース&コラム

【スプリンターズS】仰天!ウルトラ逃亡劇
 第44回スプリンターズS(3日、中山11R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金9500万円、グローバルスプリントチャレンジ第6戦=出走16頭)1番人気の香港馬グリーンバーディーは7着に敗退。勝ったのは、同じ香港馬でも10番人気の伏兵で、ホイ・ウィン・ライ騎乗のウルトラファンタジーだった。タイム1分7秒4(良)。好スタートから押し切ってGI初制覇。スプリント路線は海外が強い時代。8歳せん馬が、それを証明した。2位入線ダッシャーゴーゴーは進路妨害で4着に降着。秋のGIは波乱の幕開けとなった。 540キロの巨体が繰り出すスピードは、中山の急坂でも止まらない。先手を奪った香港馬ウルトラファンタジーが、10番人気の低評価を覆し日本の短距離界を制圧した。 「トゥデイ、イズ、マイデイ!」 初来日で栄冠を勝ち取り、香港出身のホイ・ウィン・ライ騎手(26)が喜びを爆発させた。同じ香港のグリーンバーディーが1番人気も、前々走のスプリントCの勝利をはじめ、同馬とは3度対決してすべて先着していた実績の持ち主。持ち前の能力を信じ切った騎乗ぶりだった。 抜群のスタートで先手を取り、3コーナー手前でローレルゲレイロにいったんはかわされたが、コーナーワークで内から抜き返す。あとは先頭を譲らず、ダッシャーゴーゴー(4着降着)の追撃をハナ差しのいだ。 「勝ったという確信はなかった。神様!と祈るような気持ちでした。きょうは僕のGI初制覇の祝いの日になりました」 昨シーズン、香港リーディング13位と売り出し中の若手が満面の笑み。ウルトラファンタジー自身は香港からの長距離輸送で食欲をなくしたが、決戦を前に元気を取り戻し、不得手の重馬場も回避できた。人馬とも自信を持っての参戦に「話題のない馬だったが、これで能力を証明できた。来年も来日したい。もちろん自分も」とライ騎手の興奮は収まらなかった。 プーン・ファイ・イウ調教師は香港最強スプリンター・セイクリッドキングダムも管理。「セイクリッドも疝痛から10月1日に復帰して勝てたし(香港GIII・シャティンスプリントT)2倍の喜びです」と感激の様子。次走に予定する香港スプリント(12月12日、シャティン、GI、芝1200メートル)ではウルトラとセイクリッドはライバルとなる。「難しいですね」とトレーナーは贅沢な悩みに笑みが絶えない。 外国馬は05年サイレントウィットネス(香港)、06年テイクオーバーターゲット(豪)に次ぎ3勝目。2着キンシャサノキセキ、セイクリッドもすべてオーストラリア産馬。世界のスプリント路線はオセアニア生まれの強豪の天下であることを、改めて知らしめた一戦だ。その一角に加わったウルトラファンタジーは地元の香港で、今度は世界のライバルを迎え撃つ。(柴田章利)
2010年10月4日(月) 05:04

 770

【スプリンターズS】オーナー「運もあった」
 第44回スプリンターズS(3日、中山11R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金9500万円、グローバルスプリントチャレンジ第6戦=出走16頭)オーナーのタイ・ファイ・ラム氏(50)は香港立法会議員などを務め、大学やサッカーチームも所有する地元の名士。「来日前は自分の馬がいい走りをすると信じていたが、来てみたら日本も素晴らしい馬ばかり。勝てたのは運もあったし、イウ調教師と、勝利のゴールに導いてくれたライ騎手に賞賛の言葉を贈りたい」とチーム一丸の勝利に誇らしげだった。
2010年10月4日(月) 05:03

 516

【スプリンターズS】カラット瞬発力の差
 第44回スプリンターズS(3日、中山11R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金9500万円、グローバルスプリントチャレンジ第6戦=出走16頭)サマースプリント王者として史上初のスプリンターズS制覇を狙ったワンカラットは、2番人気で5着に敗れた。馬群に包まれる苦しいレースの中、ゴールまで脚を伸ばしたが、最後は他馬との瞬発力の差が出てしまった。「よく頑張っていますよ。まだこれから良くなる余地を残している馬。厳しい競馬をした経験が今後に生きてくれれば」と藤岡佑介騎手はさらなる飛躍に期待した。
2010年10月4日(月) 05:02

 568

【スプリンターズS】バーディー末脚不発
 第44回スプリンターズS(3日、中山11R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金9500万円、グローバルスプリントチャレンジ第6戦=出走16頭)1番人気に推された香港馬グリーンバーディーは、セントウルS2着時同様に末脚勝負に賭けたが、直線で伸び切れず7着。「コンディションは良かったが、直線で行き場を失ってしまった。最後はいい脚で伸びてきているだけに、スムーズなら結果は違っていたかも」とマーク・デュプレシス騎手は残念そうだった。
2010年10月4日(月) 05:02

 515

スプリンターズSのニュースをもっと見る >

【スプリンターズS】ビービー悲願初戴冠へ
 秋競馬のGI開幕戦スプリンターズS(10月3日、中山)の追い切りが29日、行われた。栗東トレセンでは、ビービーガルダンがCWコースで長めから一杯に追われて最後まで力強く伸び、ラスト1ハロン12秒0。待望のGI初制覇に向けて猛デモだ。昨年のこのレース、今春の高松宮記念ともハナ差2着に泣いたが、名手・安藤勝己騎手とのコンビで今度こそ、テッペンをもらうぜ! もう負けられない。その気迫が力強いフットワークにみなぎっていた。湿り気を帯びた重いウッドチップを蹴り上げて、目指すのはスプリント界の頂点のみ。昨年のスプリンターズS、そして今年の高松宮記念とハナ差で涙を飲んだビービーガルダンが、悲願のGIタイトル獲りに気合のこもった追い切りを行った。 薄曇りの栗東トレセンに、涼しい秋風が吹き抜ける午前6時過ぎ。ビービーガルダンに鳴海卓調教助手がまたがってCWコースに姿を見せた。ゆったりしたフォームは加速するとともに力強さを増していく。決して軽やかな走りではないが、直線で鳴海助手のムチが入ると、その重厚な走りはさらにパワーアップ。6ハロン83秒4は平凡だが、加速し出した5ハロンの65秒3、さらにラスト3ハロン37秒6−12秒0の時計は、重い馬場状態を考えれば秀逸だった。 「先週が軽めの内容だったので、今週は5ハロンから直線は強めに行きました。悪くないですよ。この年齢(6歳)だから、変わらないのがいいことですけど、いい意味で昨年と同じぐらいの状態にあります」 大一番に向けて満足のデキになったことを鳴海助手は笑顔で明かす。この夏は、1番人気で臨んだ函館スプリントS2着、キーンランドC4着。ひと押しが足りない着順だが、悲観はしていない。函館SSは他馬よりも圧倒的に不利な59キロの斤量。キーンランドCは最内の(1)番枠で包まれ、しかも不得手な瞬発力勝負になってしまった。 「悲観する内容ではなかったと思います。今回は北海道からの長距離輸送と、猛暑を心配したんですが、ちょうど栗東に戻る頃(9月上旬)に涼しくなって、調子が落ちることもなかった」 カイバの食いも落ちずに、順調に調教を積めたことで、馬体は6歳と思えぬほどの張りを見せていて、まさに絶好調を体現している。 「これまで悔しい思いをしてきたし、今度こそ力を出し切って、GIを獲らせてあげたい。一瞬の切れ味は他の馬に負けるけど、雨で馬場がしぶるのはマイナスにはならないし、これまで単勝を買ってくれていたファンの方に申し訳ないですから、何とかして勝たせたいんです」 言葉に力をこめる鳴海助手。これ以上、悔し涙は流したくない。ビービーガルダン一世一代の走りに、態勢は整った。(柴田章利)
2010年9月30日(木) 05:09

 925

【スプリンターズS】ゴーゴー血気盛ん!
 栗東トレセンでは、セントウルSを快勝した3歳馬ダッシャーゴーゴーが坂路単走で4ハロン51秒5、ラスト1ハロン11秒7と躍動した。  ダッシャーゴーゴーが坂路で抜群の動きを披露。前走時を上回る、絶好の気配を漂わせている。 「GIレースなのでビシッとやりたかったんです。思っていた通りの調整を行えました」 見届けた安田隆調教師が納得顔を見せるほど、その走りには切れが存在した。ゆっくりとスタートして、徐々にピッチを上げていく。本気モードに突入したのは、ラスト400メートル地点から。トップギアを入れた後の200メートル毎の数字が12秒1−11秒7と素晴らしく、瞬く間の伸びでフィニッシュ。ラスト200メートルのタイムはこの日の坂路で最速だ。 前哨戦のセントウルSを制して一躍、クローズアップされる身に…。今回、有力視されている香港のグリーンバーディーら強豪を自慢の瞬発力でねじ伏せた。 「この馬の流れで競馬ができましたね。自分が描いていたような最高の競馬ができました」とトレーナーが満足げに振り返る。川田騎手も「強い内容でしたね」と自信の表情を見せた。 伸び盛りの3歳。「完成されるのはまだ先。今の時点でこれだけの成績を残せるのは嬉しい悲鳴です」と師が言うように、今後の伸びしろが十分に見込める若き短距離王候補。未完成の段階で一線級相手に互角の競馬ができること自体が大きな器の証明に他ならない。 前走で強豪を撃破したことは、今回への自信のよりどころとなる。加えて体調は最高、距離もベスト。「前走のようにリズムよく走れれば、いい勝負になると思います」とジョッキーは力を込めた。 勝てば07年アストンマーチャン以来、史上6度目の3歳馬による勝利。スプリント界制圧を果たし、一気の世代交代へ。伸びゆく勢いは誰にも止められない。(宇恵英志)
2010年9月30日(木) 05:07

 884

【スプリンターズS】バーディー威風堂々!
 前哨戦のセントウルS2着の香港馬グリーンバーディーは、中山競馬場芝コースを馬なりで4ハロン56秒2、終い13秒3。闘志を内に秘め、張りのある馬体が目を引いた。 今春のシンガポールのクリスフライヤー国際スプリントでGI初制覇したグリーンバーディーが、時計以上の迫力のある動きを誇示。国際GI2勝目に向けて盤石の態勢を整えてきた。 中山競馬場の正面スタンド前から芝コース入ったバーディーは、2コーナー奥の外回り1200メートル地点まで軽いダクを踏んでキャンターへ移行。半マイル手前から徐々にスピードアップ。直線は馬場の8分所から急坂を力強く、真っ直ぐに駆け上がる。馬なりで4ハロン56秒2−41秒8−13秒3と時計は特筆すべきではないが、前走後に10キロほど減った体重も戻り、状態は高いレベル安定している。 「ベリーハッピー!! 目一杯に追う必要もなく、調教後も仕上がりの良さを確認できた。芝の感触を掴めたのも良かった」。そう話すキャスパー・ファウンズ調教師の表情には余裕がある。 来日初戦のセントウルSでは〔1〕枠(1)番で窮屈なレースを強いられた。直線半ばで馬群の間を割って鋭く脚を伸ばし、ダッシャーゴーゴーは捕らえられなかったが、59キロを背負ってクビ差まで追い詰めた2着は高い能力の証明。中山に移動後もすぐ環境に適応し、落ち着いている。馬体には張りがあり、だいぶ丸みを帯びて状態の良さは一目瞭然。勝てば香港勢としては05年サイレントウィットネス以来2頭目のスプリンターズS制覇だ。 「サイレントウィットネスは完成されたチャンピオンホースだったが、この馬はこれから成長していく段階。あの馬みたいになれるようなレースをして欲しいね。状態も最高のレベルでキープするだけ。前走は内過ぎたので(枠順は)3〜6番が当たれば嬉しいね。後はジョッキー(デュプレシス)がうまく乗ってくれればチャンスはある。我々はここを勝つために(日本に)来たんだしね」とトレーナーは力を込めた。(片岡良典)
2010年9月30日(木) 05:07

 736

【スプリンターズS】ワンカラット僚馬ぶっちぎり
 ワンカラットは併走パートナーを1秒1もぶっちぎった。僚馬マルティニーク(牡3未勝利)を追いかける形から直線手前で接近し、一気に突き放してゴールした。ラスト1ハロン11秒7(6ハロン81秒3)の数字は上等だ。「時計も良かったし、思っていた以上のいい動きだった。これだけの状態だし、結果はついてくる」と藤岡健調教師は“夏の女王”の戴冠を意識していた。
2010年9月30日(木) 05:06

 663

スプリンターズSの直前追い切り情報をもっと見る >

スプリンターズS過去10年の結果

2009年10月4日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ローレルゲレイロ 藤田伸二 1:07.5 13.8倍 105.9
2着 ビービーガルダン 安藤勝己 ハナ 3.8倍 105.9
3着 カノヤザクラ 小牧太 1 1/4 20.0倍 103.8
2008年10月5日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2007年9月30日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:不良

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

スプリンターズSステップレース

2010年9月12日() 阪神競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 11 ダッシャーゴーゴー 川田将雅 1:08.0 9.6倍 101.0
2着 1 グリーンバーディー M.デュプレシス クビ 6.2倍 101.0
3着 6 メリッサ 福永祐一 10.2倍 98.9
4着 13 ヘッドライナー 幸英明 1 1/4 8.2倍 96.9
5着 8 タマモナイスプレイ 渡辺薫彦 クビ 15.0倍 96.9
2010年8月29日() 札幌競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 10 ワンカラット 藤岡佑介 1:08.4 3.7倍 103.5
2着 5 ジェイケイセラヴィ 江田照男 1/2 15.3倍 102.4
3着 3 ベストロケーション 三浦皇成 1/2 36.5倍 101.4
4着 1 ビービーガルダン 安藤勝己 1 1/4 2.2倍 99.4
5着 6 モルトグランデ 岩田康誠 アタマ 8.9倍 99.4
2010年7月18日() 新潟競馬場/芝1000m
天候: 馬場:
1着 9 ケイティラブ 西田雄一郎 0:53.9 13.0倍 104.0
2着 12 ジェイケイセラヴィ 江田照男 3/4 8.5倍 102.7
3着 3 マルブツイースター 柴田善臣 47.4倍 100.1
4着 16 アポロドルチェ 勝浦正樹 ハナ 12.2倍 100.1
5着 13 シャウトライン 浜中俊 クビ 16.1倍 100.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

スプリンターズSの歴史と概要


2012、13年の優勝馬ロードカナロア

後世に語り継がれる“伝説の一戦”や“衝撃の一戦”には枚挙に暇がなく、日本競馬史上最強スプリンターと並び称されるサクラバクシンオーロードカナロアが、いずれも圧倒的な強さで連覇(前者が第27〜28回、後者が第46〜47回)。1998年の第32回は、引退レースとしてこのレースに臨み、誰もが勝利を信じて疑わなかった単勝1.1倍のタイキシャトルがよもやの3着に敗れ、競馬界に衝撃が走った。2000年の第34回は16頭立ての最低人気、単勝257.5倍のダイタクヤマトが逃げ切り勝ちを収め、場内が騒然。2005年の第39回は、当時の世界最強スプリンターサイレントウィットネス(香港)が噂に違わぬ異次元の強さを見せつけ、ファンの喝采と溜息を誘った。

▼2005年は香港馬サイレントウィットネスが異次元の強さを見せつけた。

歴史と概要をもっと見る >

スプリンターズSの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る