会員登録はこちら
宝塚記念 G1   日程:2010年6月27日() 15:40 阪神/芝2200m

レース結果

宝塚記念 G1

2010年6月27日() 阪神/芝2200m/18頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:2分10秒9
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 17

ナカヤマフェスタ

牡4 58.0 柴田善臣  二ノ宮敬 466(+2) 2.13.0 37.8 8
2 4 8

ブエナビスタ

牝4 56.0 横山典弘  松田博資 460(+12) 2.13.1 1/2 2.4 1
3 1 2

アーネストリー

牡5 58.0 佐藤哲三  佐々木晶 526(-6) 2.13.2 1/2 6.4 3
ラップタイム 12.4-11.1-11.3-12.7-12.5-12.3-12.3-11.9-12.1-11.9-12.5
前半 12.4-23.5-34.8-47.5-60.0
後半 60.7-48.4-36.5-24.4-12.5

■払戻金

単勝 17 3,780円 8番人気
複勝 17 710円 10番人気
8 120円 1番人気
2 200円 3番人気
枠連 4-8 780円 3番人気
馬連 8-17 5,150円 15番人気
ワイド 8-17 1,580円 17番人気
2-17 2,870円 33番人気
2-8 330円 2番人気
馬単 17-8 16,990円 49番人気
3連複 2-8-17 7,920円 22番人気
3連単 17-8-2 77,160円 222番人気

宝塚記念のニュース&コラム

ブエナ、秋目標はJC…状態見て短期放牧
 宝塚記念で2着に敗れたブエナビスタ(栗・松田博、牝4)は、状態を見てリフレッシュ放牧に出される。松田博調教師は「(稍重の)宝塚記念は悪い馬場を通らされたし、最近は攻めでもそうだが、抜け出すと気を抜く。この後は、馬に乗り出して様子を見てから短期放牧に出す。この秋の一番の目標はジャパンC(11月28日、東京、GI、芝2400メートル)」と話した。 同4着ドリームジャーニー(栗・池江寿、牡6)は30日、栗東トレセン近くのグリーンウッドに放牧された。「宝塚記念はよく頑張ってくれたが、(春の天皇賞回避の原因となった)右前の球節炎を完全に治したい。秋のローテーションは未定」と池江寿調教師は話した。
2010年7月1日(木) 05:03

 688

【次走報】アーネストリーは札幌記念へ
 ★…鼻出血で宝塚記念を回避したレッドディザイア(栗・松永幹、牝4)は30日に栗東を出発、宮城・山元TC経由で北海道・千歳の社台ファームに放牧に出る。復帰戦は天皇賞・秋(10月31日、東京、GI、芝2000メートル)の予定。 ★…宝塚記念3着アーネストリー(栗・佐々木晶、牡5)、15着アクシオン(美・二ノ宮、牡7)は札幌記念(8月22日、札幌、GII、芝2000メートル)へ。5着ネヴァブション(美・伊藤正、牡7)は休養し、秋はまずは産経賞オールカマー(9月26日、中山、GII、芝2200メートル)を視野に。10着フォゲッタブル(栗・池江郎、牡4)は未定。11着イコピコ(栗・西園、牡4)は七夕賞(7月11日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。 ★…フェブラリーS12着以来戦列を離れているレッドスパーダ(美・藤沢和、牡4)はキーンランドC(8月29日、札幌、GIII、芝1200メートル)で復帰してスプリンターズS(10月3日、中山、GI、芝1200メートル)を目指す。 ★…ダービー6着ペルーサ(美・藤沢和、牡3)は秋は神戸新聞杯(9月26日、阪神、GII、芝2400メートル)か毎日王冠(10月10日、東京、GII、芝1800メートル)でスタート。菊花賞(10月24日、京都、GI、芝3000メートル)挑戦は結果次第。 ★…オークス15着コスモネモシン(美・清水英、牝3)は秋は紫苑S(9月11日、中山、OP、芝2000メートル=見込み)でスタートする。 ★…福島テレビオープンを勝ったバトルバニヤン(栗・池江郎、牡6)は七夕賞からサマー2000シリーズに参戦。僚馬で2着ニルヴァーナ(牡7)も七夕賞へ登録する。
2010年6月30日(水) 05:05

 1,086

【宝塚記念】フェスタがブエナねじ伏せ初GI
 第51回宝塚記念(27日、阪神10R、GI、3歳上オープン国際マル指、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億3200万円=出走17頭)関東の期待馬がGI初制覇だ。8番人気ナカヤマフェスタが直線で外から力強く伸び、内から抜け出した1番人気ブエナビスタを1/2馬身捕らえた。タイム2分13秒0(稍重)。ステイゴールド産駒はドリームジャーニーに次ぐ宝塚連覇。柴田善臣騎手(43)=美浦=は約4年3カ月ぶりのGI制覇となった。上半期のグランプリを制したフェスタは、登録している仏GIの凱旋門賞挑戦が現実味を帯びてきた。 26年目のベテランが、秘めた素質を存分に引き出した。伏兵ナカヤマフェスタが、内で競り合うブエナビスタとアーネストリーを並ぶ間もなく外から差し切って、サマーグランプリを制した。 「この馬の気分を損ねないように道中を進めました。力のある馬だから、真面目にさえ走ればと思っていました」 柴田善臣騎手は前走のメトロポリタンS1着に続き2度目の騎乗。それでも、フェスタの性格を十分につかんでいた。昨年、ダービー4着やGIIセントライト記念を勝っている実績の持ち主。だが、追い通しなのに最後にようやく伸びてくるレースが多かったように、道中で気を抜く面があった。だからこそ、気分よく走らせることに心がけた。 立ち上がって鞍上を落とすなど枠入りは少しゴネたが、道中は中団の外をスムーズに追走。3~4コーナーで進出して抜群の手応えで直線に向くと、メンバー中で最速の上がり3ハロン35秒8の末脚を駆使。直線の勢いは、1頭だけ違っていた。 「スムーズに外へ出せたし、追い出して反応があった。前向きさが出ていたので、何とかなるかなと思いました」 笑顔で話すヨシトミは06年高松宮記念(オレハマッテルゼ)以来のGI7勝目で、右回りのJRA・GI勝利は初。「嬉しいです。昨年、腰の手術をして、今年はいいリズムできているからね。どこかで(GIを)とは思っていたけどね」。昨年は46勝だったが、今年は上半期だけで36勝。好調の波を感じて大舞台に挑み、結果を出した。 昨秋、関西圏の2戦(菊花賞12着、中日新聞杯13着)は直前輸送で大敗。それを考慮し、早めに栗東トレセンに入厩した。「スタッフと考えて、最善の方法が取れました」。98年エルコンドルパサーのジャパンC以来、12年ぶりのJRAのGI3勝目となった二ノ宮敬宇調教師は厩舎一丸の勝利を強調した。 「馬主さんと相談をしながら決めたい。いろいろな形での準備を進めています」と二ノ宮師は、1次登録している凱旋門賞(10月3日、ロンシャン、GI、芝2400メートル)挑戦を視野に入れる。99年、2着に惜敗したエルコンドルパサーで逃がした勲章を、狙う時が近づいてきた。(高尾幸司)
2010年6月28日(月) 05:06

 878

【宝塚記念】和泉オーナー感無量
 第51回宝塚記念(27日、阪神10R、GI、3歳上オープン国際マル指、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億3200万円=出走17頭)宝塚記念を制覇したナカヤマフェスタの和泉信一オーナー(83)=中山馬主協会最高顧問=は、感無量の表情で声を震わせた。「昨年暮れに長女(信子さん)が55歳で食道がんで亡くなりました。それまでフェスタはその娘の名義だったんですが、以後は負け知らずの2連勝。きっとGI制覇が夢だった娘が後押ししてくれたんでしょう。墓前にいい報告ができますね」。この時ばかりはオーナーも晴れやかな表情を浮かべた。今後は「二ノ宮調教師と相談しますが、秋は登録している凱旋門賞(仏GI)に直行することになると思います」と、さらなる大きな夢を語った。 一方、生産者・新井牧場の新井誠氏(50)は「家族で片手間に始めた小さな牧場で、フェスタはおとなしい普通の馬でした。直線に入って見失ってしまって、ゴール前で勝ったのがわかりました。もちろん、GIなんて初制覇ですし、ちょっと信じられない感じ」と顔を紅潮させていた。(正木茂)
2010年6月28日(月) 05:05

 1,683

宝塚記念のニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】余裕と理想のジャガーメイル
 天気予報は外れたが、狙いは軽ハンデと書いた先週のマーメイドS。実績上位の重ハンデ馬はことごとく敗れ去り、1~3着まで53キロ馬が独占。これほどデータ通りに収まる重賞も珍しい。 本命に期待したテイエムオーロラはしぶとく粘って3着。相手も軽ハンデ馬に絞っただけで、3連複1万5580円を簡単にゲット。ま、馬券が当たる時はこんなもの。 日曜日は父の日だったようだ。いつも飲んでいる焼き鳥屋もテイクアウトの女性客が多い。焼き鳥パーティーで、日頃のお父さんを労うんでしょうか、母の日と違ってずいぶんと安上がりだね、パパの日ってのは。 店主は持ち帰りの焼き鳥を捌くのに手一杯で、勝手に飲んでと言われれば自分でつくるしかない。伝票にハイボールを何杯って書いたのだろうか、こんなアバウトな計算も信頼がなければ出来ない事。こういうジョークの利く店で飲む酒も実に美味い。 今週は上半期の総決算の宝塚記念。どうも梅雨前線が北上する気配がない。どうやら週末の馬場の心配はいらないようだ。 重箱の隅を突っつくようだが、ブエナビスタは遠征帰りでマイル激走の反動が…。 春の東京競馬は異常に時計が速く、究極のレコード決着だったNHKマイルC上位馬は次々と戦線を離脱し、安田記念のリーチザクランも故障した。府中のマイルはステージが上がれば上がるほど厳しい戦い、反動は想像以上だろう。 その影響もあったのだろうか、ライバルのレッドディザイアも追い切り後に鼻出血で、出走できず。それにグランプリ3連覇の懸かるドリームジャーニーも脚部不安で天皇賞を回避した不安がある。 だったら天皇賞から中7週で、余裕と理想のローテで臨むジャガーメイルでしょう。ではまた来週に。三原 吉次(みはら・よしじ)競馬エイト編集部で、競馬の善し悪しを教わって○十年。吉田、戸田TMとはお金のない時代(なんか今あるみたい)から飲み歩いた仲。現在も進行形。後輩の椋木TMはエイト移籍前から面倒みていた(偉そうに)ほど。現在は色んな所を兼任しており、何処に所属かは謎。予想のスタンスは結構本命党だが、平場の条件戦では徹底した穴狙いで、これが本質かも。趣味は小雪がいそうなスナックを捜し歩くこと。
2010年6月24日(木) 10:37

 987

【宝塚記念】ブエナ、男勝りの女王仕上げ!
 ブエナビスタは、栗東CWコースで6ハロン83秒5、3ハロン38秒0-12秒3を馬なりでマーク。降雨で重くなった馬場でも確実な脚どりで僚馬と併入。牡馬相手のGI初制覇へ順調に仕上がった。 降雨で水分を含んだ馬場で脚が上がる馬が多い中、ブエナビスタは普段と変わらぬ動きで態勢を整えた。 最終追い切りは、CWコースで僚馬ダイシンプラン(牡5OP)とバアゼルリバー(牡4、1000万下)の僚馬2頭を3馬身ほど追走してスタート。スムーズかつダイナミックな走りで徐々に差を詰めると、4コーナーでは最内に潜り込む。バアゼルが早々と脱落すると、ダイシンと併せ馬。最後まで気を抜かさないよう、ビッシリ馬体を併せてフィニッシュ。ゴール前では気を抜く仕草を見せたが、松田博調教師は「トシを取ってナマクラになってるからな。癖みたいなものや」と涼しい顔だ。6ハロン83秒5、3ハロン38秒0-12秒3(馬なり)の時計も優に合格点だ。 「前回は準備期間がなく、馬にかわいそうなことをした。それに比べ、今回は日にちがあって、楽にここまで来た。万全な状態でいけると思うよ」 トレーナーは終始にこやかな表情で話す。前回のヴィクトリアM参戦時は、ドバイ遠征から帰国して6週間しかなかった。しかも、その間には輸入検疫などあって、トレセンにいる時と同じ調整ができず、万全の状態からはほど遠かった。トレーナーも「道中はダメかなと思った。あの状態で勝つのだから、本当に頭が下がります」と改めて愛馬の能力の高さと強靱な精神力に敬服する。今回は坂路とコースを併用し、普段と変わらぬ調整過程を踏んできた。“マツパクスマイル”は、何ら不安がない証拠だ。 1984年にグレード制が導入された後のW杯イヤーの宝塚記念は、4歳馬が6戦全勝で、1番人気は4連勝中。1番人気確実のブエナをデータも後押しする。さらに同期のライバル、レッドディザイアの回避で期待は一段と高まる。 「ファン投票で1位にしてもらった。それに応えて、ファンの夢を叶えられるようにしたい」 松田博調教師の思いを受けて、ブエナビスタが、牡馬相手のドリームレースで現役最強馬の称号を目指す。(高尾幸司)
2010年6月24日(木) 05:11

 932

【宝塚記念】GI連勝へ!ジャガー11秒9
 美浦では春の天皇賞馬ジャガーメイルがウィリアムズ騎手を背に躍動。ポリコースで5ハロン67秒2、終い1ハロン11秒9と抜群の瞬発力で先行した僚馬に1馬身先着。15点満点のS評価だ。 狙った獲物は決して逃さない。さながら草原を疾走するように、ジャガーメイルが豪快なフットワークを披露。併せ馬に先着して、GI連勝への照準を定めた。 「すべてが順調に来ているし、しっかりと走れていた。ゴーサインを出した時の反応は前回と同じ。これなら今週末に興奮して臨めると思う」 重賞初勝利がいきなりのGI制覇となった天皇賞の時と同じく、追い切りで騎乗したクレイグ・ウィリアムズ騎手が好調キープを宣言した。ポリトラックコースでの追い切りは、5ハロン標識で5馬身ほど先行したキスアンドクライ(牝5、500万下)を追走してのスタート。道中ではその差がさらに広がるシーンもあったが、残り3ハロンからギアを上げると一気に加速した。ゴール前で鞍上が追うと、内から1馬身抜け出してフィニッシュ。5ハロン67秒2は、同じくポリで61秒2という破格の好時計が出た前走時より遅いが、大きく離れた僚馬に一瞬で追いつき、かわし去った脚は文句なしに15点満点のS評価だ。 「先週強めの負荷をかけたので、今週はジョッキーに手応えをつかんでもらうように、という指示でした。その通りの追い切りができましたね」 併走馬に騎乗した菅沼調教助手も、狙い通りの調教内容に笑みがこぼれる。短期放牧を挟んでの臨戦にも、仕上げに不安はない。特に、今回の追い切りはブリンカーを外して臨んだが、反応は上々。実戦で再び着用することで、改めて効果が望める態勢が整った。 天皇賞Vで日本中に名前を売ったウィリアムズは、07年ワールドスーパージョッキーズシリーズ優勝の実力者。酒もたばこもたしなまず、炭酸飲料1杯を飲む時でさえカロリーを計算するというプロフェッショナルだ。その名手が「多くのGI馬が参戦することは知っている。でも、ジャガーメイルに勝てる馬はいないと思っている」と言い切った。春の天皇賞馬は、宝塚記念の過去10年で【3・2・0・1】の好成績。データも後押しするジャガーメイルが、絶好の追い切りをこなした勢いに乗って、GI連覇に挑む。(黒田栄一郎)
2010年6月24日(木) 05:10

 787

【宝塚記念】ベルーガ、切れ味極上11秒8
 GI奪取への意欲を強烈に感じさせる内容だった。天皇賞・春で10着に敗れたメイショウベルーガは、CWコースでビッシリと追われるハードな最終追い切り。雨の中で白い馬体が躍動し、6ハロン81秒1、3ハロン38秒5-11秒8とラスト1ハロンは素晴らしい伸びを見せた。 「坂路でやるつもりだったけれど、先週が少し軽い追い切りになってしまったので、CWで。動きは良かった。最後の1ハロンでちゃんと反応していたし、言うことなし」。調教の動きには慎重なジャッジが多い池添調教師が満点の評価を与える。これだけ攻めの調教ができるのも「牝馬だけど牡馬みたいに逞しい馬だから」。5歳を迎えて心身ともに充実している。 前走は4コーナーで不利を受けて外傷を負い、さらに落鉄と力を出し切っていない。「不良馬場でも結果を出したことがあるし、阪神の内回りも対応できるはず」と池添師は健闘以上を期待だ。
2010年6月24日(木) 05:08

 673

宝塚記念の直前追い切り情報をもっと見る >

宝塚記念過去10年の結果

2009年6月28日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2008年6月29日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 エイシンデピュティ 内田博幸 2:15.3 11.3倍 103.7
2着 メイショウサムソン 武豊 アタマ 2.1倍 103.7
3着 インティライミ 佐藤哲三 クビ 39.0倍 103.2
2007年6月24日() 阪神競馬場/芝2200m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

宝塚記念ステップレース

2010年6月6日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 17 ショウワモダン 後藤浩輝 1:31.7 13.9倍 107.8
2着 9 スーパーホーネット 藤岡佑介 1/2 12.1倍 107.1
3着 2 スマイルジャック 三浦皇成 アタマ 10.5倍 107.1
4着 15 トライアンフマーチ 内田博幸 1/2 6.9倍 106.3
5着 5 サイトウィナー C.ウィリアムズ アタマ 58.1倍 106.3
2010年5月30日() 東京競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 12 コパノジングー 池添謙一 2:34.8 7.6倍 100.3
2着 8 イケドラゴン 丸山元気 3/4 49.7倍 99.9
3着 4 フェニコーン 浜中俊 ハナ 15.3倍 99.9
4着 3 スマートステージ 村田一誠 1 1/4 11.5倍 99.0
5着 2 アルナスライン 蛯名正義 クビ 4.3倍 99.0
2010年5月30日() 東京競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 1 エイシンフラッシュ 内田博幸 2:26.9 31.9倍 101.8
2着 8 ローズキングダム 後藤浩輝 クビ 19.5倍 101.8
3着 7 ヴィクトワールピサ 岩田康誠 1 3/4 2.1倍 100.4
4着 13 ゲシュタルト 池添謙一 クビ 96.4倍 100.4
5着 3 ルーラーシップ 四位洋文 アタマ 14.5倍 100.4
2010年5月2日() 京都競馬場/芝3200m
天候: 馬場:
1着 12 ジャガーメイル C.ウィリアムズ 3:15.7 5.9倍 109.8
2着 16 マイネルキッツ 松岡正海 3/4 8.5倍 109.4
3着 4 メイショウドンタク 武幸四郎 113.8倍⑯ 106.6
4着 7 ナムラクレセント 小牧太 1 1/2 14.0倍 105.9
5着 2 エアジパング 岩田康誠 2 1/2 68.7倍 104.5

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

宝塚記念の歴史と概要


2013、14年の優勝馬ゴールドシップ

上半期の中央競馬を締めくくるグランプリレースで、長距離路線、マイル中距離路線を戦ってきたトップホースが一堂に会す。古くはシンザン、スピードシンボリ、ハイセイコー、トウショウボーイなど、優勝馬の欄には往年の名馬の名前がズラリ。第29回(1988年)は昭和から平成にかけてオグリキャップとともに“芦毛対決”で競馬シーンを盛り上げたタマモクロスが勝ち、第31回(1990年)にはそのライバルだったオグリキャップが単勝1.2倍の断然人気を背負いながらまさかの2着に敗れる“事件”が起きた。また、第32~34回(1991~1993年)にかけては、メジロライアンメジロパーマーメジロマックイーンと異なるメジロ勢が3連覇するという珍しい記録が生まれている。第39回(1998年)は絶頂期のサイレンススズカが逃げきって待望のG1タイトルを獲得。第42回(2001年)は、ずっと後塵を拝してきた宿敵テイエムオペラオーメイショウドトウが初めて撃破したことで、おおいに盛り上がった。第47回(2006年)はディープインパクト、第53回(2012年)はオルフェーヴルと、3冠馬が貫禄の勝利。そしてゴールドシップが、第54~55回(2013~2014年)と史上初の連覇を達成した。

▼2013年のゴールドシップは天皇賞敗戦からの見事な復活劇を遂げた。

歴史と概要をもっと見る >

宝塚記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る