最新競馬ニュース

【天皇賞・秋】充実一途! ラブリーデイが快勝!

SANSPO.COM:2015年11月1日() 15:49

 1,280

 1日の東京11Rで行われた第152回天皇賞・秋(3歳上オープン、GI、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、浜中俊騎手騎乗の1番人気ラブリーデイ(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が好位追走から抜け出してV。宝塚記念に続く2度目のGI制覇を成し遂げた。タイムは1分58秒4(良)。

 この充実ぶりは、もう誰にも止められない。1番人気のラブリーデイが力強く抜け出して快勝。乗り替わりもコース替わりも問題にせず、今年だけで6度目の重賞制覇を果たし、年度代表馬にも大きく前進した。

 レースはクラレントがハナを切る意外な展開。エイシンヒカリは競ることなく2番手に控え、その後ろにカレンミロティックラブリーデイと続く。4コーナー手前で外からヴァンセンヌなどが前との差を詰めて、流れは速くなるが、ここでラブリーデイはひと呼吸入れて仕掛けを我慢。直線でタイミングを見て、ゴーサインを出すと一気に弾けて抜け出した。外から迫るステファノスを退けて快勝。1番人気に応えて2度目のGI勝ちを果たした。1/2馬身差の2着が10番人気のステファノス。さらに3/4馬身差の3着が6番人気のイスラボニータだった。

 なお、ラブリーデイを所有する金子真人ホールディングス(株)は、前身の金子真人氏個人名義と合わせて、8大競走(桜花賞皐月賞、天皇賞・春、オークス、ダービー、天皇賞・秋、菊花賞有馬記念)の完全制覇を果たしている。

 ラブリーデイは、父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、母の父ダンスインザダークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、金子真人ホールディングス(株)の所有馬。通算成績は25戦9勝。重賞はGIII中山金杯、GII京都記念、GIII鳴尾記念、GI宝塚記念、GII京都大賞典(2015年)に次いで6勝目。池江泰寿調教師は2011年トーセンジョーダンに次いで天皇賞2勝目、浜中俊騎手は初勝利。

ナイス (3)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月18日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月17日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る