会員登録はこちら
ジャパンカップ G1   日程:2000年11月26日() 15:20 東京/芝2400m

レース結果

ジャパンカップ G1

2000年11月26日() 東京/芝2400m/16頭

本賞金:


レコード:
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

テイエムオペラオー

牡4 57.0 和田竜二  岩元市三 476(+4) 2.26.1 1.5 1
2 7 13

メイショウドトウ

牡4 57.0 安田康彦  安田伊佐 504(-4) 2.26.1 クビ 16.1 5
3 5 10

ファンタスティックライト

牡4 57.0 L.デット  S.ビン・ 472(--) 2.26.1 ハナ 8.9 2
ラップタイム 13.1-12.0-12.9-12.5-12.5-12.4-12.1-11.6-11.4-11.9-11.7-12.0
前半 13.1-25.1-38.0-50.5-63.0
後半 58.6-47.0-35.6-23.7-12.0

■払戻金

単勝 8 150円 1番人気
複勝 8 110円 1番人気
13 240円 4番人気
10 210円 3番人気
枠連 4-7 470円 2番人気
馬連 8-13 810円 2番人気
ワイド 8-13 410円 2番人気
8-10 390円 1番人気
10-13 1,100円 11番人気

ジャパンカップステップレース

2000年11月12日() 京都競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 2 ファレノプシス 松永幹夫 2:12.8 6.4倍 101.6
2着 1 フサイチエアデール 横山典弘 1/2 2.8倍 101.1
3着 14 エイダイクイン 二本柳壮 35.7倍 99.5
4着 5 トゥザヴィクトリー 四位洋文 1 1/2 3.1倍 98.5
5着 13 シルクプリマドンナ 藤田伸二 3/4 12.7倍 97.9
2000年11月5日() 東京競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 3 マチカネキンノホシ 岡部幸雄 2:33.9 7.1倍 99.7
2着 16 メジロロンザン 吉田豊 1/2 20.6倍 99.3
3着 12 サンデーセイラ 菅谷正巳 クビ 62.6倍 99.3
4着 5 ユーセイトップラン M.ロバーツ クビ 13.3倍 98.8
5着 11 カートゥーン 勝浦正樹 クビ 15.3倍 98.8
2000年10月29日() 東京競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 13 テイエムオペラオー 和田竜二 1:59.9 2.4倍 106.7
2着 15 メイショウドトウ 的場均 2 1/2 4.4倍 104.3
3着 10 トゥナンテ 幸英明 3/4 12.4倍 103.7
4着 11 イーグルカフェ 岡部幸雄 クビ 22.7倍 103.1
5着 3 ナリタトップロード 渡辺薫彦 アタマ 4.9倍 103.1
菊花賞   G1 
2000年10月22日() 京都競馬場/芝3000m
天候: 馬場:
1着 15 エアシャカール 武豊 3:04.7 2.8倍 103.5
2着 13 トーホウシデン 田中勝春 クビ 10.8倍 103.5
3着 1 エリモブライアン 藤田伸二 25.5倍 100.8
4着 4 ケージージェット 佐藤哲三 クビ 92.7倍 100.4
5着 6 アグネスフライト 河内洋 1/2 1.9倍 100.0
2000年10月8日() 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 1 テイエムオペラオー 和田竜二 2:26.0 1.8倍 104.0
2着 10 ナリタトップロード 渡辺薫彦 アタマ 2.6倍 104.0
3着 3 ロサード 松永幹夫 1 3/4 19.7倍 102.5
4着 7 スエヒロコマンダー 福永祐一 ハナ 42.3倍 102.5
5着 2 ロードプラチナム 四位洋文 3/4 41.5倍 102.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

ジャパンカップの歴史と概要


2017年の優勝馬シュヴァルグラン

日本競馬史上初の国際G1として、古くから東京競馬場を舞台に世界の強豪馬と日本代表との激闘が繰り広げられてきた。第1~3回は外国調教馬の強さに屈したが、第4回(1984年)、カツラギエースが一世一代の大逃げを打って粘り切り、日本調教馬として初制覇を果たす。連覇を成し遂げたのはジェンティルドンナただ1頭(第32、33回)。そのほかの勝利馬を見てもウオッカ(第29回)、ブエナビスタ(第31回)、ショウナンパンドラ(第35回)など牝馬の活躍が目立つ。第26回(2006年)は、凱旋門賞で3位入線(のちに失格)に終わり失意の秋を過ごしていたディープインパクトが復活の勝利。燻る思いを払拭し、引退レースの有馬記念へと向かった。

▼2006年はディープインパクトが復活の勝利をあげた。

歴史と概要をもっと見る >

ジャパンカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る