イーグルカフェ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1997年2月10日生
調教師小島太(美浦)
馬主西川 清
生産者E. J. Hudson, Jr. Irrevocable Trust & W. S. Kilroy
生産地
戦績46戦[5-4-4-33]
総賞金48,057万円
収得賞金9,125万円
英字表記Eagle Cafe
血統 Gulch
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Prospector
Jameela
Net Dancer
血統 ][ 産駒 ]
Nureyev
Doubles Partner
兄弟 ハセノガルチ
前走 2004/11/28 ジャパンカップダート G1
次走予定

イーグルカフェの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
04/11/28 東京 10 JCダート G1 ダ2100 163657.21010** 牡7 57.0 田中勝春小島太476(+6)2.11.5 2.839.3⑪⑬⑮⑪タイムパラドックス
04/10/23 東京 11 富士S G3 芝1600 143318.3713** 牡7 58.0 五十嵐冬小島太470(+6)1.34.3 1.135.1⑬⑫アドマイヤマックス
04/06/06 東京 11 安田記念 G1 芝1600 184850.0136** 牡7 58.0 蛯名正義小島太464(-2)1.33.0 0.434.2⑰⑯ツルマルボーイ
04/04/25 京都 11 アンタレスS G3 ダ1800 134418.258** 牡7 59.0 赤木高太小島太466(-6)1.52.8 1.338.0⑦⑦④タイムパラドックス
04/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 162328.087** 牡7 57.0 岡部幸雄小島太472(-2)1.37.3 0.536.2アドマイヤドン
04/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1661119.1812** 牡7 59.0 藤田伸二小島太474(+6)1.34.0 0.735.3⑪⑪マイソールサウンド
03/11/23 京都 11 マイルCS G1 芝1600 184841.9136** 牡6 57.0 藤田伸二小島太468(+4)1.33.8 0.534.4⑩⑩デュランダル
03/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1881652.2139** 牡6 58.0 田中勝春小島太464(+2)1.59.0 1.034.5⑩⑧⑩シンボリクリスエス
03/10/13 盛岡 10 南部杯 G1 ダ1600 14--------4** 牡6 57.0 藤田伸二小島太462(--)1.36.4 0.0----アドマイヤドン
03/09/06 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 13574.0210** 牡6 59.0 藤田伸二小島太470(+6)1.46.7 2.939.0⑩⑩⑧⑨アドマイヤドン
03/06/29 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 174887.21214** 牡6 58.0 吉田稔小島太464(-4)2.13.7 1.737.4⑬⑬⑬⑭ヒシミラクル
03/06/08 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1871426.1104** 牡6 58.0 D.オリヴ小島太468(-10)1.32.2 0.133.6⑭⑫アグネスデジタル
03/04/27 京都 11 アンタレスS G3 ダ1800 162410.242** 牡6 59.0 田中勝春小島太478(-6)1.51.0 1.337.3⑨⑨⑦⑥ゴールドアリュール
03/02/23 中山 11 フェブラリー G1 ダ1800 16478.843** 牡6 57.0 M.デムー小島太484(-2)1.51.5 0.638.5⑧⑧⑤④ゴールドアリュール
02/12/22 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1461029.3914** 牡5 57.0 田中勝春小島太486(+14)2.34.9 2.336.7⑪⑪⑫⑭シンボリクリスエス
02/11/23 中山 11 JCダート G1 ダ1800 165920.851** 牡5 57.0 L.デット小島太472(--)1.52.2 -0.238.3⑧⑨④リージェントブラフ
02/10/05 フラ   ドラール賞 G2 芝1950 11--------3** 牡5 57.0 田中勝春小島太---- ------DANO MAST
02/08/18 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 166129.658** 牡5 57.0 田中勝春小島太464(0)2.00.2 0.734.6⑫⑮⑭⑫テイエムオーシャン
02/07/07 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 14336.931** 牡5 57.0 田中勝春小島太464(0)1.59.2 -0.236.2⑬⑬⑨⑤ロードクロノス
02/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 183647.4146** 牡5 58.0 田中勝春小島太464(-4)1.33.7 0.435.2⑫⑪アドマイヤコジーン

⇒もっと見る


イーグルカフェの関連ニュース

関連ニュースはありません。

イーグルカフェの関連コラム

関連コラムはありません。

イーグルカフェの口コミ


口コミ一覧
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 1

【馬ニアな話】黄金の魅力─競馬HEADLINE/ 2017年5月3日 18時30分
http://keiba-headline.com/gold-allure-13144/

日本競馬界を根底から変えた大種牡馬、サンデーサイレンス。一期生達からダービー馬を誕生させたそのDNAは、ホースマン、そして我々をファンも熱狂させた。

サンデーサイレンスの子ならダービーも!天皇賞も!有馬記念も!と夢を見た。馬主さんと言われる親分達は、それまで夢の世界でしか考えられなかった眩い名誉を現実にすべく、サンデーサイレンスの子を求めた。

しかし、サンデーの子とて負ける時はあっさり負ける。勝てなかった者、一度も競走馬として競馬場に足を踏み入れられなかった者も数多くいるのだ。あくまでも、夢が叶う可能性が高いというだけで、必ずダービーや有馬記念を勝てる保証はされていない。

サンデーサイレンスに世界の大種牡馬として名を馳せていたヌレイフの肌を掛け合わせて生まれた仔馬がいた。遮光率の高いサングラスをかけても、眩しさすら感じるような超良血馬だ。まだこのトネがニキーヤの99と呼ばれていた頃、取り巻く人々はおそらくダービーを強く意識していたと思う。

金色に輝く栗毛の馬体、その毛色と同じく眩い魅力を生まれながらに持っていたトネっ仔は黄金の魅力という意味を持つゴールドアリュールという名を与えられた。

立派な名前を貰い、栗東の池江泰郎厩舎に入厩したゴールドアリュールは2001年11月の京都でデビュー。初陣の舞台は芝の1800mだった。クラシックを意識された出陣だ。結果は2着に敗れたが、中2週の間隔で再び同じ舞台に挑み初勝利をあげる。ここから黄金の道を…と思われたが2勝目は年が変わった2002年4月だった。舞台は阪神の平場条件戦で、ダートの1800m。この時期といえばクラシック候補の馬達は皐月賞の舞台に立っていなくてはならない時期だが、やや後れをとったゴールドアリュールは京都で行われるダートのオープン競走、端午Sを勝利し3勝目を挙げ、何とかダービーへ間に合ったかたちとなった。

バリバリの良血馬がダートで勝ちを積み重ねクラシックへ。王道を行く馬達と比べれば少し格が落ちる道のりだが、このダート実績は後に彼を待ち構えている輝かしい未来への鍵だった。

夢に見たダービーは、2勝目と3勝目をもたらしてくれた上村洋行を背に挑んだ。直線ではそれが現実になると思わせる瞬間があったが、大外から戦車の如く逞しい脚で伸びてきたタニノギムレットに及ばず5着に敗れた。勝てはしなかったが、99年に生を受けた9679頭のサラブレッドの中で5番目に強いと考えれば、立派な成績だと思う。

一つの目標を終えたゴールドアリュールとホースマン達は、目先を芝からダートへ変えた。2002年7月4日、ゴールドアリュールの姿は公営大井競馬場にあった。ここで開催される3歳ダート決定戦、ジャパンダートダービーに挑むことになる。鞍上が上村から武豊へと替わったこの一戦で、栗色のサンデー産駒は驚くようなパフォーマンスを披露することになるのだった。

レースはやや押して主導権を取りに行く競馬で進められた。外からは的場文男が手綱を握るノムラリューオーが競る素振りをチラつかせたが、1角までに振り切りハナに立った。ここからは悠々独り旅。4角を迎えても競りかける、或いは並びかける馬はいなかった。余裕たっぷりで武が追い出すと、グングンとリードを広げていった。付いて行こうとした藤田のエイシンセダンは潰され、後方から飛んできた石崎隆之のプリンシパルリバー、秋山のインタータイヨウは影も踏めなかった。

逃げて10馬身のV。前年、志半ばで錨を下ろしたクロフネを彷彿とさせる圧巻の走りであった。道は開けた。ここからゴールドアリュールは自身に用意されていた輝かしい未来へと爆走して行く。

夏を越し秋。同期生達が菊花賞、或いは天皇賞秋へと進路を悩む中、彼は岩手の盛岡にいた。挑むレースは当時交流GIだったダービーグランプリ。ダービーは生涯一度しか走れない貴重なレースだが、ゴールドアリュールは、東京優駿、JDD、ダービーGPと3度ダービーの舞台に立った。全く幸せな馬である。

馬体重は大井のレースから12kg減ったが、そんなものは関係なかった。ここでもスタートからハナに立ち、後に東京大賞典を制するスターキングマンをいとも容易く10馬身突き放して快勝。2つ目のダービータイトルを手に入れたのだ。私はこの時、勝手にドバイやアメリカで大差勝ちをするゴールドアリュールを想像した。

次ページへ

その後はダート界に現れた新星はまだ出来たてホヤホヤの世界戦、ジャパンカップダートに挑んだ。人気はアドマイヤドンに続く2番人気。自身と同じく良血馬の期待を背負わされ、ダートに矛先を変えて光を掴んだ先輩との対決だったが、奴が乗れば馬が変わると世界中の競馬界から神のように崇められているフランキー・デットーリ騎乗のイーグルカフェに2頭ともやられてしまった。アリュールは5着、ドンは3着だった。

この時のフランキーの騎乗は確かに神であった。こう言ってはイーグルカフェファンにシバかれるかも知れないが、まさかこの馬がここで勝つとは、夢にも思わなかった。

人間の世界も馬の世界もなかなか理想通り行かないということだ。ダートで初めての敗戦を喫したゴールドアリュールだったが、休むことなく再び大井に向かった。12月29日、東京大賞典だ。中央で散財した競馬ファン達が最後の望みをかけるこのレースは、ともすると有馬記念より熱いのではなかろうか?

寝ても覚めても、馬の尻を追いかけるしがないファン達は、ゴールドアリュールを1.5倍の単勝支持率で迎えた。暮れも押し迫る大井の馬場を逃走し、3つ目のダートG1タイトルを獲得し、ファンに餅代を渡し、2002年を締めくくったのだった。

明けて2003年。JRA最優秀ダート馬、NARグランプリ特別表彰馬という勲章を携え古馬になったゴールドアリュールは、ステップレースを使わずいきなり大一番のフェブラリーSへ挑んだ。まだ、府中が改装工事中だったので、前年のJCDと同じく、中山での開催だった。

ぶっつけ本番で、唯一敗れた中山のダート。この不安要素が買われ、3.1倍というオッズを作り上げたのだと思う。まぁ馬は我々のようにオッズ板を見てアレやこれやと騒がないし、自分が本命馬か穴馬かなんて、そんなものは知ったこっちゃない(笑)数字がコンマ1上下するだけで、騒つく我々を、馬達は嘲笑いの気持ちで見ているのかもしれない。

そんなわけで始まったフェブラリーS。ハナを叩いたのは、アリュールではなくカネツフルーヴと中舘。川崎競馬が生んだ怪物、ロジータの息子は逃げの名手に導かれアリュールの出鼻を挫いた。いつものポジションを取れなかったゴールドアリュールだったが、鞍上の武豊は騒がず冷静にイン3番手位に付けさせた。それをピタリとマークしたのはビワシンセイキと横山典弘。昨年の夏に急成長を遂げると、一気の5連勝で東京大賞典まで登り詰め2着。敗れはしたが、逃げを打てば必ず大差勝ちだったゴールドアリュールに1馬身半まで詰め寄った。 動画 Yotube https://www.youtube.com/watch?v=MyC095c9COg

淡々と流れる真冬のダート王決戦in下総。レースが動いたのは3〜4角。内から栗毛の馬体が音もなくスルスルと浮上を開始。ついに来たかと鞍下の相棒にサインを送る中舘。マークしていたビワは少し押し気味。後ろから北村のマイネルブライアン、更にはJCDで自身を負かしたイーグルカフェが、イタリアの名手ミルコ・デムーロと共に追い上げてきた。

ゴールまで残り308m。気分良く逃げていたカネツフルーヴをあっという間に捕らえて、ゴールドアリュールは先頭に立った。1馬身、2馬身と抜け出しを図ろうとした時、ノリがステッキを抜いた。手応えが悪そうに見えたビワシンセイキが鞍上のアクションに応え力強く伸びる。差が開かずジワリジワリと詰め寄るビワとノリ。懸命の粘り込みを図るアリュールと武。身も凍るような真冬の競馬場が、熱く燃え上がっていた。

坂を上る。勢いは完全にビワシンセイキが優勢だった。1馬身、半馬身。さあ!あと一歩!というところがウイニングポストだった。着差はクビ。軍配はダート王、ゴールドアリュールに上がった。G1を勝ってもクールな武豊が、いつぞやの菊花賞と同じくらいのガッツポーズをして喜びを爆発させた。

次ページへ

もう不安は何もない。自信と希望を持って世界へ飛び出す時がやってきた。向かう場所はUAEだ。世界最高額の賞金を誇るドバイワールドカップへの参戦が決まった。ところがその道は人々の争いによって閉ざされた。イラク戦争の余波を受け、ドバイ遠征は白紙となったのだ。海の向こうに広がる新しい景色を眺めることはこの後も叶うことはなかった。

春。不本意な形で国内に留まったゴールドアリュールは京都のアンタレスSに出走する。距離はダートの1800m。ダービーへのチケットを獲った思い出のコースで、彼は逞しく成長した姿を池に浮かぶ白鳥たちに見せ付けた。

ここも無理にハナへ拘らなかった。知る人ぞ知る渋い名コンビだった人馬、スマートボーイと伊藤直人に主導権を譲り、番手から進んだ。京都のダート9Fの逃げ切り方を熟知しているコンビも、アリュールの目には映らなかった。3角過ぎからジワジワと差を詰め、4角出口で並びかける。ここからが圧巻だ。コーナーを回った瞬間に、ポンと2馬身突き離すと、例の大差ブッチギリ態勢に入る。後方からイーグルカフェ、ディーエスサンダー、若かりし頃のタイムパラドックスが脚を伸ばして来たが、グングン飛ばす黄金のダート王の影は踏めなかった。

8馬身差の圧勝劇。久しぶりにらしさを見せ、萎んだ夢に再び活力が戻った。ダートの競馬はドバイだけではない。アメリカもある。新たな目標へ向かうため、彼は大井の帝王賞へ進んだのであった・・・。

この場所も彼にとってはもう庭のようなものだ。普通に走れば結果はついてくる。しかし、ゴールドアリュールの体は異変を来し始めていた。この時調教に騎乗した武は、いつものゴールドアリュールではないという違和感を感じていたという。

そんな名手の予感は最悪の形で的中する。番手を進み、3角過ぎで前を捕らえる。道中はいつも通りのゴールドアリュールだった。しかし、4角。武が懸命に押しても、全く進まない。逃げたネームヴァリューは、その間にリードを広げた。追いつけない悔しさ。屈辱を味わったゴールドアリュールは、11着に敗戦したのだ。生涯を通じて最低の着順だった。

一体何がゴールドアリュールの身に起こったのか?彼を襲った病、それは喉鳴りだった。咽頭の軟骨が十分に開かず呼吸運動に異常をもたらすこの病は、安静にしていれば症状は治まる。しかし、激しい運動を行うと呼吸困難に陥る病気だ。競走馬にとって屈腱炎と並び致命的な病である。

ゴールドアリュールの症状はかなり重い部類だった。完治させるには手術と長期休養を要する。この診断を下されたホースマン達は、アリュールの引退を決めた。通算16戦8勝。もし、あのフェブラリーSの後、ドバイへ行けていたなら。空想でしかそれを描けないのが、本当に残念である。

サンデーサイレンス王国にダートのカテゴリーを創設したゴールドアリュールは、父としてもダートの活躍馬たちを競馬場へ送り込んだ。JCD、フェブラリーSを制したエスポワールシチー、自信を彷彿とさせる圧勝劇を繰り広げたスマートファルコン。追込み馬フリークの私としては、シルクフォーチュンの存在も忘れられない。

次はどんな砂王を?と期待していた、2017年2月18日。ゴールドアリュール急逝の一報が届いた。

翌日、行われたフェブラリーS。恐らく、天国へ昇る途中で、アリュールも見ていたであろうこの一戦を制したのは、息子のゴールドドリームだった。フェブラリーを制した息子は、父が直前で断念させられたドバイへ挑戦した。世界最強の評価を受けるアメリカのアロゲートに人気が集まっていたが、私は迷うことなくゴールドドリームの単勝を購入。結果は、アロゲートが圧倒的な走りを見せV。ゴールドドリームは14着に敗れた。父が果たせなかったドバイでは勝利をあげることはできなかったが、黄金の魅力溢れる夢をまだ見られると思えば、馬券が外れたことは取るに足らないことだ。

ドバイがダメでもアメリカがある。あの日、アリュールに見た夢は、息子に託された。

 TERAMAGAZI 2013年2月20日(水) 03:48
フェブラリー◎△○3連単111,300円的中キタ――(゚∀゚)――!! 
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 2

カレンブラックヒルは予想通り惨敗しました。







同じNHKマイルCを勝って臨んだシンボリインディ14着、グランプリボス12着よりも悪いブービー15着。同じく初ダートのガルボにも負けています。







カレンブラックヒル程の素質馬がこんな無茶な使い方されて惨敗。相当傷ついたでしょうね。スランプに落ち込まなければよいのですが。サラブレッドは繊細な生き物なので心配です。シンボリルドルフは天皇賞秋でギャロップダイナに負けた後、馬房で泣いてたと言います。フェブラリーS出走を自信たっぷりに進言した秋山騎手の責任は重いですね。










カレンブラックヒルがもがき苦しみ、直線でズルズルとスローモーションのように沈んで行く惨めな姿を見た時は哀しくなりました。予想と馬券的にはソレでいいはずですが、府中のターフを颯爽と駆け抜けた5連勝めのG2毎日王冠。あの強くてカッコよかったカレンの姿は何処にもありませんでした。やっぱり秋山の過失は重大過ぎる。










秋山騎手は「ゲートで暴れている馬がいて(イジゲン?)、それに驚き態勢を戻した時にスタート。いつものスタートが出来なかった。好位に取り付くまでに脚を使ってしまった」とコメント。




東京ダートマイルはスタートして150m程が芝なので、ココでダッシュを決めて先行する作戦だったはず。「好位に取り付くまでに使った脚」はもうダートの上だったということですね。やっぱりダート適性無いじゃない。







しかもスタートの失敗を「暴れてる馬のせい」にするみっともない言い訳コメント。秋山、恥を知れ!!!













同じようなステップで、フェブラリーSを勝った馬にメイショウボーラーがいます。




しかしメイショウボーラーはきちんと手順を踏みました。







新馬戦から重賞2勝を含む4連勝で臨んだG1朝日杯FSを1番人気で2着、弥生賞も2着、G1皐月賞は3着(勝ち馬はダイワメジャー!!!)、G1NHKマイルも3着(勝ち馬はキングカメハメハ!!!)、3歳G1は相手が強すぎました。ダービーをあきらめマイル路線に向かうも古馬のカベは厚く、ダートに路線変更。







ダート初戦はG3ガーネットS。3番人気で迎えたこのレースを0秒5差で楽勝し、次走G3根岸Sも1秒1差圧勝。そしてダート3戦目で迎えたG1フェブラリーSを1番人気で勝利します。







ココがカレンブラックヒルとの違い。

「大目標は安田記念。ココはステップレース」と明言した馬と、クラシックをあきらめ、マイル路線をあきらめ、背水の陣、最後のチャンスとしてダートに来た馬との違いです。










クロフネはNHKマイルCを勝ち、ダービーも5着(勝ち馬はジャングルポケット!!!)と健闘したが距離適性を考え、天皇賞秋を目標にしたが除外となり(当時、天皇賞の外国産馬は2頭までと制限。アグネスデジタルが急きょ参戦したため)、同じ週のG3武蔵野Sに出走することになる。







この時、松田調教師は「元々、ダートの適性もあると思っていた」とコメントしてますが、コレはどうも後付けっぽいような気がしますね。







初ダートの武蔵野Sを日本レコードの1分33秒3で圧勝。9馬身離された2着は後にJCダートの勝ち馬となるイーグルカフェ







このままダート路線を進むことになり、G1JCダートを今度は世界レコードの2分5秒9で7馬身差圧勝。







一方、アグネスデジタルは天皇賞秋を快勝し「コレでクロフネ陣営も文句は言えないだろう」とコメントしました。







ちなみにJRAの芝、ダートの両G1を制した馬は、

クロフネ(NHKマイルC、JCダート)
アグネスデジタル(マイルCS、天皇賞秋、フェブラリーS、安田記念)
イーグルカフェ(NHKマイルC、JCダート)

アドマイヤドン(朝日杯FS、フェブラリーS)



の4頭だけです。

(もちろんダート初戦がG1だった馬はいません)













【第30回フェブラリーS】G1東京ダート1600m定量







【予想と人気と着順】

◎02グレープブランデー(3番人気)→1着

○10ワンダーアキュート(7番人気)→3着

▲14テスタマッタ(4番人気)→6着

注16シルクフォーチュン(5番人気)→5着

△04ナムラタイタン(8番人気)→8着

△06エスポワールシチー(9番人気)→2着

△08イジゲン(2番人気)→12着










レース展開は、予想通り、カレンブラックヒルを離してエスポワールシチーが先行。グレープブランデーも内をロス無く進んでます。よし、いいぞ。エスポは逃げたタイセイレジェンドを4コーナーで交わし、完全に1頭抜け出す。この時、「勝ったと思った」と松岡騎手はコメントしています。僕も鮮やかに抜けたエスポを見て「エスポ、勝った」と思いました。







おおおおおおおおおおおおおおー!!!!と叫びました。エスポキタ――(゚∀゚)――!! グレープはどうした? と探したら、狭いスペースを上手く見つけ抜け出して来ます。グレープ゚+。゚☆キタ──*・゚・( ゚∀゚ )・゚・*──!!☆゚。+゚ ワンダーもキタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!! グレープに◎を打っておきながら、エスポがアタマなら配当がハネる!!!と密かにエスポの粘りを期待する間もなくグレープがエスポをきっちり差してゴール。










エスポは力落ちてませんでした。JCダート10着は距離が1ハロン長かっただけ。東京大賞典はスタートでつまづき逃げられなかっただけ。それだけで、G1・7勝のエスポが9番人気とはナメられ過ぎです。とはいっても僕も印は△なのでエラそうなコトは言えませんが。







ベスト条件の根岸Sを勝ち切れなかった時点でガンジスは見切ってましたが(今回は斤量+2キロだし)、東京ダートマイル2戦2勝でG3武蔵野Sを勝ってるイジゲンは消せませんでした。あれだけ出遅れたらG3は勝ててもG1は無理なんですね。とするといつも出遅れてたのにG1で3着に来ていたルーラーシップはとんでもなく強い馬だったんですね。







3連単◎△○111,130円的中。

[もっと見る]

イーグルカフェの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イーグルカフェの写真

投稿写真はありません。

イーグルカフェの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

イーグルカフェの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。