会員登録はこちら
マーメイドステークス G3   日程:2015年6月14日() 15:35 阪神/芝2000m

レース結果

マーメイドステークス G3

2015年6月14日() 阪神/芝2000m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

シャトーブランシュ

牝5 53.0 藤岡康太  高橋義忠 472(-6) 2.00.5 15.6 8
2 6 12

マリアライト

牝4 53.0 蛯名正義  久保田貴 428(+2) 2.00.6 3/4 3.5 1
3 7 13

パワースポット

牝7 53.0 大野拓弥  菊沢隆徳 472(-4) 2.00.6 アタマ 20.8 10
ラップタイム 12.5-11.3-12.8-12.6-12.3-12.4-11.9-11.5-11.3-11.9
前半 12.5-23.8-36.6-49.2-61.5
後半 59.0-46.6-34.7-23.2-11.9

■払戻金

単勝 2 1,560円 8番人気
複勝 2 430円 9番人気
12 160円 1番人気
13 430円 8番人気
枠連 1-6 1,200円 5番人気
馬連 2-12 3,650円 13番人気
ワイド 2-12 1,570円 18番人気
2-13 3,210円 45番人気
12-13 1,640円 19番人気
馬単 2-12 8,740円 36番人気
3連複 2-12-13 22,750円 78番人気
3連単 2-12-13 151,990円 509番人気

マーメイドステークスのニュース&コラム

【マーメイドS】藤岡康、8番人気シャトーで連覇!
 第20回マーメイドステークス(14日、阪神11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際(特指)、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3500円=出走16頭)格上挑戦で8番人気のシャトーブランシュが、後方3番手から直線で鮮やかに差し切って重賞初制覇。タイム2分0秒5(良)。藤岡康太騎手は、昨年のディアデラマドレに続く連覇でマーメイドS3勝目を飾った。2着は格上挑戦ながら1番人気に推されたマリアライト、3着には10番人気のパワースポットが入った。 蒸し暑い曇り空の下、53キロのハンデを味方につけてシャトーブランシュが外からグングン伸びる。1600万下からの格上挑戦ながらオープン馬を一蹴し、8度目の挑戦で重賞初制覇を飾った。 「4コーナーの手応えはよかったし、あとはどれだけ伸びてくれるか。期待通りでした」 藤岡康騎手は、汗をぬぐって声を弾ませる。リラヴァティが前半1000メートルを1分1秒5のスローペースで逃げる中、後方3番手を追走。あわてず直線で外に持ち出すと、右ムチに応えてメンバー最速の上がり3ハロン33秒6の末脚を発揮。先に抜け出したウインプリメーラをかわすと、内から伸びるマリアライトを最後は力でねじ伏せた。 「枠もいいところ(〔1〕枠(2)番)が当たったし、内をロスなく回ってしまいにかけようと思っていた。流れは遅かったけどリズムよく走れていたし、外に出せれば、と思っていた」。会心の騎乗に笑みがこぼれた。 高橋忠調教師は「素質のある馬だとわかっていたし、それを潰さないようにやってきた。馬も力をつけてきたし、長めからしっかりやってきました」と喜びを口にする。また師にとっては重賞6勝目にして初の芝&牝馬での勝利。「うれしいですね。カイ食いもよかったし、暑い季節もいいんでしょう」と白い歯を見せた。 再びオープン入りして、秋のGIへ夢が広がった。次走は未定だが、クイーンS(8月2日、札幌、GIII、芝1800メートル)参戦プランもある。昨年のディアデラマドレに続く連覇で、武豊騎手に並ぶマーメイドS最多の3勝目とした藤岡康騎手は「賞金を加算できたし、大きい舞台でも活躍してくれると思う」と力を込めた。5歳の初夏に開いた遅咲きの花が、古馬牝馬路線を盛り上げていく。(渡部陽之助)★14日阪神11R「マーメイドS」の着順&払戻金はこちらシャトーブランシュ 父キングヘイロー、母ブランシェリー、母の父トニービン。鹿毛の牝5歳。栗東・高橋義忠厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績22戦4勝(うち地方1戦0勝)。獲得賞金1億2032万7000円(全て中央)。重賞初勝利。マーメイドSは、高橋義忠調教師が初勝利、藤岡康太騎手は2010年ブライティアパルス、14年ディアデラマドレに次いで3勝目。馬名の意味はフランス語で「白いお城」。
2015年6月15日(月) 05:04

 507

【マーメイドS】10番人気パワースポット健闘3着 
 第20回マーメイドステークス(14日、阪神11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際(特指)、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3500円=出走16頭)10番人気のパワースポットが3着と好走した。スタート後にスッと下げて、最後方をマイペースで追走。3コーナーあたりから徐々に押し上げて、4コーナーでは後方5、6番手。直線では外から脚を伸ばし、3/4馬身、アタマ差の接戦を演じた。 大野騎手は「ペースは遅かったが、瞬発力があるのでむしろよかった。この馬の持ち味が生きました。馬場も緩くてこの馬向きでした」と笑顔。前2走はともに7着だったが、変わり身を見せた。★14日阪神11R「マーメイドS」の着順&払戻金はこちら
2015年6月15日(月) 05:03

 339

【マーメイドS】レースを終えて…関係者談話
 ◆和田騎手(ウインプリメーラ4着) 「自分の形で競馬はできた。余力はあったが、つかまったのは距離か阪神かは微妙ですね」 ◆川須騎手(フェリーチェレガロ5着) 「後方から直線にかけた。最後はしっかりといい脚を使ってくれた」 ◆岩田騎手(イリュミナンス6着) 「4角から前が壁になった。外に出せていれば…」 ◆高倉騎手(カノン7着) 「もう少し時計がかかってくれた方がよかった」 ◆松山騎手(リラヴァティ8着) 「道中の感じはすごくよかった。ただ、直線は外が伸びる馬場で(内を進んだ馬には)つらかった」 ◆中谷騎手(アースライズ9着) 「もう少し流れてくれればよかったんですが…。切れ味勝負では分が悪かった」 ◆松田騎手(メイショウスザンナ10着) 「追い出してから少し距離が長いのかなという感じだった」 ◆加藤騎手(ベリーフィールズ11着) 「流れが落ち着いてしまいました」 ◆津村騎手(フィロパトール14着) 「リズムよく運べたが、直線で前があかなかった」 ◆M・デムーロ騎手(バウンスシャッセ15着) 「直線で狭くなりスペースがなかった」 ◆小牧騎手(アドマイヤギャラン16着) 「馬場が緩かったこともあるが、負け過ぎですね」★14日阪神11R「マーメイドS」の着順&払戻金はこちら
2015年6月15日(月) 05:03

 577

【マーメイドS】1番人気マリアライト無念2着 
 第20回マーメイドステークス(14日、阪神11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際(特指)、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3500円=出走16頭)格上挑戦の身ながら関東馬のマリアライトが、1番人気の支持を受けて2着に踏ん張った。中団やや後方から、直線で力強く伸びたが、ゴール寸前で勝ち馬に3/4馬身差された。 「道中は前の馬の手応えが怪しかったので、人気になっていることもあって安全に外を回った。強い競馬はしているんだが…」と、蛯名騎手は悔しそうな表情。それでも「3着馬が来たらもうひと伸び。力もつけている」と、確かな手応えも感じ取っていた。★14日阪神11R「マーメイドS」の着順&払戻金はこちら
2015年6月15日(月) 05:03

 381

マーメイドステークスのニュースをもっと見る >

ロイヤルアスコット開催に挑戦 藤沢和師トーク
 来週16日から行われる英国伝統のロイヤルアスコット開催に、藤沢和雄調教師(63)が昨秋の天皇賞馬スピルバーグを送り込む。未だ日本馬のVがない本場アスコットで快挙に挑戦する名伯楽に手応えを聞いた。 --来週の英ロイヤルアスコット開催にスピルバーグ(プリンスオブウェールズS=17日)、ルルーシュ(クイーンアンS=16日)、スーパームーン(ハードウィックS=20日)が挑戦する 藤沢和雄調教師「3頭とも現地でうまく調整できていますよ。スピルバーグなんかのんびりした馬だから、環境への対応も大丈夫だった」 --スピルバーグは去年から遠征を考えていた 「日本は上半期に古馬2000メートルのGIがないからね。1年にひとつだけ(天皇賞・秋)なんてちょっとおかしいよね」 --アスコット競馬場で日本馬は未勝利 「タフで言い訳なしのコース。力んで走ってしまうと厳しいけど、スピルバーグは引っ掛かるところはない。コースは大丈夫だと思う」 --勝てば98年仏ジャックルマロワ賞(タイキシャトル)以来の海外GI制覇 「年齢的(6歳)にも今年が最後のシーズンだろうし、秋は国内で天皇賞→ジャパンC→有馬記念と使おうと思っているんだ。なので、ぜひいい結果を出して、日本に凱旋できればと思います」 --その前に国内では今週、マーメイドSにバウンスシャッセが挑む 「ヴィクトリアマイルは東京ならマイルでもと思ったけど、甘くなかった。競馬をしていないからダメージはないし、阪神の2000メートルはいい」 --エプソムCではペルーサが復帰 「順調に仕上がっている。期待どおりに走らない面はあるけど、新コンビのウチパク(内田騎手)が何かやってくれないかなと期待してます」 ★ロイヤルアスコット開催 6月中旬に5日間に渡りアスコット競馬場で行われる英国王室主催の開催。エリザベス女王も臨席する格式が高いイベントで、テニスのウィンブルドン、ゴルフの全英OPと並び夏の風物詩とされる。GIはプリンスオブウェールズS(芝2000メートル)、クイーンアンS(芝直線1600メートル)など8レース、GIIはハードウィックS(芝2400メートル)など7レース、GIIIは3レースが組まれている。(夕刊フジ)
2015年6月11日(木) 11:00

 673

【マーメイドS】アースライズ、好気配アピール!
 ただ1頭の3歳馬アースライズは、坂路で馬なりだったが、キビキビした脚さばきでラスト1ハロン12秒7(4ハロン55秒3)をマーク。前走のオークスで4着と好走したが、反動もなく好気配をアピールした。 「先週しっかりやっているので上がり重点。オークスの時よりカイバを食べているのは大きなプラス。能力は高いし根性もある」と安藤助手は笑顔。重賞初勝利がかかる初騎乗の中谷騎手は「49キロですし間違いなくチャンスはある」と力を込める。★マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年6月11日(木) 05:05

 303

【マーメイドS】本格マリア、軽め追いも体質強化実感
 マーメイドSの追い切りが10日、東西のトレセンで行われた。美浦では連勝中のマリアライトが好気配をアピール。弱かった体質が強化され本格化。重賞初挑戦となるが、陣営は好感触をつかんでいる。栗東ではオークス4着のアースライズの元気の良さが目立った。 重賞初挑戦でも勝算はある。潮来特別(1000万下)→緑風S(1600万下)を連勝したマリアライトが、体調の良さを見せつけた。厩舎の期待馬がようやく本格化してきた。 ソフトな仕上げだったが、気負う面を見せず雰囲気は上々。長距離輸送を控えているためWコースで5ハロン71秒5、3ハロン40秒4-13秒0と軽めだったが、フットワークは力強い。体(前走時426キロ)を数字以上に大きく見せており、デキのよさは一目瞭然だ。 「先週、しっかりやっている(3日美浦Wコース6ハロン81秒2)ので今週は単走。だいぶ体がしっかりとして、ひ弱さがなくなった。ちゃんと調教もできるようになったしね」と久保田調教師は体質強化を口にする。 もともと期待は大きかったディープインパクト産駒だが、3歳時は馬体重の増減が激しく、様子を見ながらの調整を余儀なくされた。しかし、年齢とともに不安が徐々に解消。思い通りの調教ができるようになり、陣営も自信を持って勝負にいく。 前走の緑風Sは、鋭い瞬発力で牡馬を一蹴。直線で前が壁になり外に持ち出すロスがあっただけに、強さが際立つ内容だった。主戦の蛯名騎手は「食べたものがしっかりと実になって、体重が減らなくなったのが大きい」と、成長を口にする。 「今年になってひと皮むけた感じ。阪神の内回り2000メートルは競馬がしやすいと思う。ハンデも53キロだし、今の勢いでどこまで通用するか、楽しみだね」とトレーナー。 昨年のディアデラマドレをはじめ、過去10年の勝ち馬のうち7頭が重賞未勝利だった。抜けた馬がおらず、ハンデ戦ならチャンスは十分。たくましくなったマリアライトが、3連勝で一気に重賞タイトルを手にする。 (片岡良典)★マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年6月11日(木) 05:05

 320

【マーメイドS】ウインプリメーラ、馬なり51秒7
 前走のパールSを勝ちオープンに返り咲いたウインプリメーラは、坂路の併せ馬で仕上げられた。テンから14秒0、13秒3、12秒3。1ハロンごとに速くなるリズムのいいラップで、ラストも12秒1とまとめた。馬なりで全体時計は4ハロン51秒7。スマートレイアー(OP)と併入した。 和田騎手は「先週もよかったけど今週もよかった。馬なりだったが、すごくいい時計が出たからね。状態はすこぶるいい。あとは距離より馬場。良馬場でやりたいね」と週末の空模様を気にしていた。★マーメイドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年6月11日(木) 05:05

 289

マーメイドステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

マーメイドステークス過去10年の結果

2014年6月15日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ディアデラマドレ 藤岡康太 1:59.4 3.3倍 100.1
2着 コスモバルバラ 岩崎翼 1 1/2 76.6倍 98.9
3着 フーラブライド 酒井学 1/2 4.4倍 98.3
2013年6月9日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 マルセリーナ 川田将雅 1:59.4 12.4倍 102.5
2着 アグネスワルツ 国分恭介 1/2 28.8倍 101.9
3着 アロマティコ 浜中俊 クビ 2.8倍 101.9
2012年6月17日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

マーメイドステークスの歴史と概要


2013年の優勝馬マルセリーナ

1996年に新設された牝馬限定重賞。当初は実績馬の参戦しやすい別定戦だったことから、歴代の勝ち馬には第2回(1997年)のエアグルーヴ、第5回(2000年)のフサイチエアデール、第9回(2004年)のアドマイヤグルーヴ、第10回(2005年)のダイワエルシエーロなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。ハンデ戦となった2006年以降はメンバーの質は落ちたが、時に大物が出走することもあり、第18回(2013年)は2年前の桜花賞マルセリーナが復活勝利を挙げている。

歴史と概要をもっと見る >

マーメイドステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る