ディアデラマドレ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ディアデラマドレ
写真一覧
抹消  鹿毛 2010年2月22日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績16戦[6-1-1-8]
総賞金18,822万円
収得賞金6,900万円
英字表記Dia de la Madre
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ディアデラノビア
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポトリザリス
兄弟 ディアデルレイサンマルティン
前走 2015/06/28 宝塚記念 G1
次走予定

ディアデラマドレの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 164821.886** 牝5 56.0 藤岡康太角居勝彦454(-2)2.14.7 0.334.6⑩⑩⑩⑨ラブリーデイ
15/05/17 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 18365.527** 牝5 55.0 藤岡康太角居勝彦456(+4)1.32.5 0.632.8⑭⑭ストレイトガール
15/04/26 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 18366.037** 牝5 54.0 藤岡康太角居勝彦452(-2)1.33.0 0.431.9⑱⑱レッドアリオン
14/12/20 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 187134.111** 牝4 56.0 藤岡康太角居勝彦454(+4)2.04.4 -0.234.9⑯⑯⑮⑭キャトルフィーユ
14/11/16 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1871511.763** 牝4 56.0 藤岡康太角居勝彦450(+6)2.12.5 0.233.1⑭⑭⑫⑫ラキシス
14/10/18 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 13458.041** 牝4 54.0 藤岡康太角居勝彦444(+4)1.45.7 -0.133.2⑨⑫⑫スマートレイアー
14/08/03 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 147126.235** 牝4 55.0 藤岡康太角居勝彦440(-4)1.46.3 0.635.3⑩⑩⑨⑦キャトルフィーユ
14/06/15 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 148133.311** 牝4 53.0 藤岡康太角居勝彦444(+2)1.59.4 -0.233.9⑧⑧⑦⑦コスモバルバラ
14/05/18 京都 9 パールS 1600万下 芝1800 11793.112** 牝4 55.0 藤岡康太角居勝彦442(-4)1.44.9 0.033.3⑨⑧トーセンソレイユ
13/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 181221.789** 牝3 54.0 藤岡康太角居勝彦446(+6)2.17.2 0.634.2⑫⑬⑭⑰メイショウマンボ
13/10/14 京都 10 堀川特別 1000万下 芝1800 10894.131** 牝3 53.0 藤岡康太角居勝彦440(+2)1.47.0 -0.233.1⑨⑨エアジェルブロワ
13/09/17 阪神 7 3歳以上500万下 芝1800 188167.351** 牝3 52.0 藤岡康太角居勝彦438(-6)1.47.0 -0.433.1⑰⑯ディープサウス
13/08/25 小倉 7 3歳以上500万下 芝1800 165910.656** 牝3 52.0 松山弘平角居勝彦444(+8)1.48.1 0.434.5⑥⑥⑨⑫ヤマニンシェリル
13/07/28 小倉 9 筑後川特別 500万下 芝1800 13119.958** 牝3 52.0 中井裕二角居勝彦436(-4)1.46.7 0.735.4⑥④④⑥ウインミーティア
13/04/28 東京 11 スイートピー OP 芝1800 15597.649** 牝3 54.0 横山典弘角居勝彦440(+10)1.48.4 1.333.6⑮⑮⑭リラコサージュ
12/09/09 阪神 6 2歳新馬 芝1400 8771.611** 牝2 54.0 福永祐一角居勝彦430(--)1.22.8 -0.234.3⑤⑤クインポルカ

ディアデラマドレの関連ニュース

関連ニュースはありません。

ディアデラマドレの関連コラム

閲覧 141ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、第10回G1ヴィクトリアマイルが17(日)に東京競馬場で行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G1ヴィクトリアマイルヌーヴォレコルトが2.2倍の1番人気、続いて2番人気がディアデラマドレで5.5倍、3番人気レッドリヴェールが7.8倍でここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは大外からミナレットが絶好のスタートを決めて先頭に立ちます。2番手にケイアイエレガント、続いてレッドリヴェールリトルゲルダストレイトガールヌーヴォレコルトと先行集団を形成。中団からはベルルミエールカフェブリリアントハナズゴールショウナンパンドラタガノエトワールウエスタンメルシースイートサルサが追走。そこから2馬身程間があいてアルマディヴァンディアデラマドレバウンスシャッセメイショウマンボと続いて最後方にスマートレイアーの態勢。飛ばして先頭を行くミナレットが刻んだペースは前半600mを34秒3(参考)。緩みにない流れで大逃げの様相となり、馬群は縦長の形で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はミナレットでリードは6馬身、離れた2番手に単独追走するケイアイエレガント、その後ろからはリトルゲルダでその後方は横一線の団子状態。残り400mを通過しても依然逃げるミナレットのリードは5馬身ほどで2番手もケイアイエレガントの形で2頭が完全に抜け出して場内からはどよめきが上がります。残り200mを通過しても逃げるミナレットの脚色はなかなか衰えず、差を詰めてきたケイアイエレガントと2頭での追い比べ。残り100mを通過、ここでようやくミナレットに並びかけたケイアイエレガントが先頭に変わると、エンジンかかったストレイトガールが鋭い差し脚で猛追。抜け出したケイアイエレガントをゴール寸前で捉えて悲願の初GI制覇を飾りました。アタマ差の2着にはケイアイエレガント、そこから1馬身3/4差の3着にミナレットが入っています。勝ちタイムは1分31秒9(良)。
 
公認プロ予想家の中ではスガダイプロサラマッポプロが的中を記録しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
17(日)京都10Rで『折り合い面から1200で新味が出そう。』と評した単勝23倍の◎ジャストドゥイングをはじめ、東京12Rの『1走走ったことのあるダートでの敗戦は外々を回るロスの多い競馬。上手く立ち回れば可能性はある。』と狙った◎メイケイペガスターなど中穴での的中を連発!週末トータル的中率57%、回収率294%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
17(日)東京11RヴィクトリアマイルGIで『昨年のこのレースでは、直線で上手く捌けず、ほとんどまともに追えない状況だったが0.1秒差の3着。条件さえ整えば香港スプリントでも上位を争えるほどの実力馬。』と評価した◎ストレイトガールの単勝、▲ケイアイエレガントとの馬連368.8倍、ワイド54.1倍を的中!17万2940円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
17(日)東京11RヴィクトリアマイルGIで『前走は大敗していますが4角から直線入ってすぐの脚色は悪くなく、着差着順ほど状態が悪いとは思わない、調教の動きもなかなか良くこのオッズは妙味十分』と◎ストレイトガールを本命に抜擢し、×ケイアイエレガントとのワイド54.1倍を的中!京都8Rでは単勝52.1倍の大穴、◎ボールドジャパンからのワイド320.4倍、126.6倍を的中!週末トータル回収率122%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくん
17(日)京都9Rで◎○△の印で3連単258.2倍を2500円的中!64万5500円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率129%、収支プラス21万2300円をマークしています。
 
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


「TCK007」


登録済みの方はこちらからログイン

2015年5月17日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第100回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ヴィクトリアマイル GI
閲覧 311ビュー コメント 0 ナイス 5

みなさんこんにちは!
当コラムも記念すべき第100回を迎えることとなりました\(^o^)/
応援して下さっている皆様にとって少しでもお役に立てればと思っていますので、引き続きお付き合いのほど宜しくお願い致します。

では、本日は東京11R「ヴィクトリアマイル GI」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、スマートレイアーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のストレイトガールまでの2頭。
第2グループ(黄)は、ディアデラマドレから1.0ポイント差(約1馬身差)内のリトルゲルダまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、ケイアイエレガントから同差内のベルルミエールヌーヴォレコルトカフェブリリアントメイショウマンボまでの計5頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、1位→2位間の1.0ポイント差、4位→5位間の1.5ポイント差が目立ち、以下は僅差で続いている状況が特徴として見てとれます。

今回、私の馬券構築はまず総合トップ評価となったスマートレイアーの扱いについてから。
ざっと見渡すと今回前半〜道中に掛けてペースが速くはならなそうなメンバー構成&枠順ということで、この馬にとっては昨年同様スローな流れで展開負けの懸念がありそう。勿論、展開やペースについては蓋を開けてみなければ分からない部分ではありますが、スローを想定していながらやっぱり...という結果は悔しいので△評価に止めます。
そうなると、次の大きな差4位→5位間の1.5ポイント差に着目し、ストレイトガールディアデラマドレリトルゲルダの3頭から中心をということになりますが、決して勢いがあるとは言えない6歳馬2頭+△スマートレイアー同様スローに泣く懸念材料を抱える▲ディアデラマドレという困った状況。
というわけで、混迷の果てに(苦笑)辿り着いた答えは、◎カフェブリリアント。○ヌーヴォレコルト
本命ヌーヴォレコルトでもいいのですが、1番人気確実で凄馬出馬表では6位タイ評価なので、それならということで◎カフェブリリアントとしました。
その◎カフェブリリアントはそれまで後方からになりがちだったのが前走1400mで好位追走から好走し3連勝中。その勢いに加え、今回好枠を引いたこと、前走から距離短縮で且つスローになりそうなメンバー構成で、今回もある程度前目の位置取りを確保できそうな点など、好材料が揃ったことからこの馬の4連勝に期待してみたいと思います。
以下、印は☆スイートサルサ、△スマートレイアーレッドリヴェールタガノエトワールバウンスシャッセあたりに打ち、◎○3連単2頭軸マルチで勝負です。


【3連単2頭軸マルチ】

◎○⇔印馬
2,15=1,3,4,6,8,11 (36点)

[もっと見る]

2015年4月26日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第94回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜読売マイラーズカップ GII
閲覧 154ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「読売マイラーズカップ GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エキストラエンドから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフルーキーフィエロクラレントまで。
第2グループ(黄)は、ディアデラマドレから1.0ポイント差(約1馬身差)内シャイニープリンスサンライズメジャーヒストリカルテイエムタイホーまでの5頭。
第3グループ(薄黄)は、マイネルメリエンダから同差内のロサギガンティアミッキードリームまでの3頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、第1G→第2G間の1.0ポイント差、第2G→第3G間の1.0ポイント差がやや目立つ以外は下位グループまで含めても大きな開きが見られない点が特徴として見て取れる配置になっています。

今回、私の馬券は、ここにきてややはっきりしてきていますが元々人気も割れ加減だった上位4頭のうちフルーキーフィエロの2頭を上位評価し勝負してみたいと思います。
その2頭の中から、◎はフルーキー。総合評価上位勢の中でも特に今週の追切りが良く見えたこの馬を一番手評価したいと思います。因みに、サンスポ紙面でも出走馬中唯一の調教評価「S」となっています。また、以前からこのレースはマイル勝ち実績だけでなく1800m勝ち実績も必要とみて予想しているので、その点にも合致するこの馬に期待してみます。
ということで○はフィエロ。こちらも決して悪い調教過程というわけではなく、時計勝負になれば◎よりも適性は高いと見ていますが、間隔が空いた点がやや気になり、それでいて1番人気濃厚ということで○評価に止めました。
以下は、▲に総合ポイント7位サンライズメジャー、☆に第4Gから昨年4着レッドアリオン。△にテイエムタイホーディアデラマドレヒストリカルクラレントまで印を回し、馬券は◎からの3連複流しとします。


【3複流し】

◎=印馬
9=2,4,6,7,15,16,18 (21点)

[もっと見る]

2014年12月22日(月) 12:53 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』12月20日-12月21日の結果
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 5

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

まずは12月21日(日)に行われました阪神11Rの「朝日杯フューチュリティステークスGI」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】◎ダノンプラチナ(4.6倍)
2着:総合ポイント【9位】アルマワイオリ(64.7倍)
3着:総合ポイント【6位】○クラリティスカイ(5.3倍)

第1グループの総合ポイント2位ダノンプラチナが1着、第3グループの総合ポイント9位アルマワイオリが2着、第2グループの総合ポイント6位クラリティスカイが3着という結果でした。馬券は◎ダノンプラチナクラリティスカイ流しの3連複が的中しました。アルマワイオリは指数、総合ポイントも高かったのですが、かなりの人気薄となっていましたので思わぬ高配当でしたね。人気からヒモ穴狙いが上手くはまりました(^^)/

【3連複フォーメーション】
2

8,9,14

6,7,8,9,12,13,14,16

計18点 払い戻し20560円


続い12月20日(土)に行われました中京11Rの「愛知杯 GIII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】ディアデラマドレ(4.1倍)
2着:総合ポイント【1位】キャトルフィーユ(5.7倍)
3着:総合ポイント【7位】スイートサルサ(23.5倍)

第1グループの総合ポイント2位ディアデラマドレが1着、第1グループの総合ポイント1位のキャトルフィーユが2着、第3グループの総合ポイント7位のスイートサルサが3着という結果でした。馬券は◎シャトーブランシュからでしたので的中とはなりませんでした。ポイント上位馬がワンツースリーと凄馬出馬表は正解に導いてくれていたのですが、買い目で欲ボケしてしまいました・・・。反省です(>_<)

【3複フォーメーション】

◎○▲☆=◎○▲☆=◎○▲☆+2,11,12,13
4,5,7,10=4,5,7,10=2,4,5,7,10,11,12,13(28点)

【馬連BOX】

◎○▲☆
4,5,7,10(6点)

計34点 払い戻し0円


今週も週末重賞の凄馬出馬表を公開致します。宜しくお願い致します!

[もっと見る]

2014年11月18日(火) 17:20 【ウマニティ】
先週の回顧〜サラマッポプロが◎ラキシスなど的中連発!週末トータル221%をマーク!
閲覧 204ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、16(日)に京都競馬場でGIエリザベス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
GIエリザベス女王杯は1番人気のヌーヴォレコルトが3.3倍、2番人気メイショウマンボが5.6倍、以下ラキシス6.8倍、ショウナンパンドラ8.9倍、スマートレイアー9.3倍と5頭が10倍を切る混戦模様のレースとなりました。
 
古馬らしく各馬順調にゲートインが完了し、発走を迎えます。アロマティコが出遅れるも各馬、ますまずのスタート。注目の先行争いは中からヴィルシーナが叩きながら出していきますが、内からサンシャインも譲らず、結局サンシャインがハナを奪って第1コーナーへ差し掛かります。先頭はサンシャインで3馬身のリード、2番手にヴィルシーナが付けて、そこから1馬身ほど空いてメイショウマンボ、その内に1番人気のヌーヴォレコルト。直後にキャトルフィーユグレイスフラワーラキシスと続いて先行集団を形成。その後ろからホエールキャプチャブランネージュフーラブライドレッドリヴェールショウナンパンドラディアデラマドレが続いて中団グループ。後方からはオメガハートロックスマートレイアーコウエイオトメサングレアル、最後方にアロマティコといった態勢。
 
サンシャインが快調にレースを引っ張って前半の1000mを1分00秒3ほど(参考)のペースで通過し、各馬第3コーナーへ差し掛かります。第3コーナを過ぎるとヴィルシーナメイショウマンボの好位勢が徐々に先頭を行くサンシャインとの差を詰めていき、ペースアップ。後方集団からも外からスマートレイアーディアデラマドレが進出を開始し、馬群がギュッと詰まって直線コースへ。
 
先頭を行くサンシャインの脚色は衰えず、リードは2馬身。ここで先行していたヴィルシーナメイショウマンボは脚色一杯になって後退していきます。直後、内で脚を溜めていたヌーヴォレコルトが追い出されると一気の脚でサンシャインを捕えて先頭に躍り出ます。残り200mを通過し、逃げ込みを図るヌーヴォレコルトですが、中からは馬群を捌いて伸びてきたラキシス、外からキャトルフィーユディアデラマドレが脚を伸ばしてきます。残り100mを通過すると、ラキシスヌーヴォレコルトに一間歩ごとに詰め寄って激しい叩き合いに。ゴール前、ラキシスヌーヴォレコルトとの接戦を制し、GI初制覇を飾りました。勝ちタイムは2分12秒3。クビ差の2着にラキシス、そこから1馬身1/4差の3着にディアデラマドレが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロスガダイプロジョアプロ河内一秀プロ馬っしぐらプロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
16(日)京都11Rエリザベス女王杯GIで『ディープ産駒らしく切れ味が武器。最内枠なら良さ生かせる。』と◎ラキシスから勝負!単勝、馬連、ワイドを仕留め、4万6650円を払い戻しました。15(土)も東京7R京都8R福島12Rを本線的中!週末トータル的中率60%、回収率221%、収支プラス7万8980円を達成しました!
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
16(日)京都10Rで◎アルバタックスブレークビーツの馬連64.4倍を1万円1点勝負!64万4000を払い戻しました!福島11Rでも◎ミトラフラアンジェリコの馬連209.6倍を1600円的中させ、33万5360円を払い戻し!週末トータル回収率171%、収支プラス51万6740円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
16(日)京都2Rで『ダート替わり○』と評した単勝42.1倍のヒルノデンハーグの単勝を1万円的中させ、42万1000円を払い戻しました!この他にも15(土)東京1R東京2Rと10万円以上の払い戻しを記録!週末トータル回収率129%、収支プラス17万4000円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
16(日)京都1Rで◎タイユールタマモワカサマの2頭軸流しで3連複2点勝負!相手に選んだ単勝58.3倍ウエスタンラムールが2着に突っ込み、3連複9470円を5000円的中!47万3500円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
16(日)京都2R、◎▲△で3連単2317倍を的中!25万2840円のビッグヒットとなりました!15(土)東京1Rでは本命に36.1倍の◎ポルトボナールからの3連複437.4倍を400円的中させ、17万4960円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
勝負レースに選んだ13(土)東京7Rで単勝126倍の大穴クリノエビスジンを『園田の実績からは500万下なら勝負になる。ゆったり進むこの距離は良い。』と評価して本命に抜擢!複勝2720円を7000円的中させ、19万400円を払い戻しました!

※全レースの結果速報はこちら
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2014年11月17日(月) 16:02 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』11月15日-11月16日の結果
閲覧 339ビュー コメント 0 ナイス 2

本日は先週の凄馬出馬表の結果をお伝えいたします!

まずは11月16日(日)に行われました京都11Rの「エリザベス女王杯 GI」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】△ラキシス(6.8倍)
2着:総合ポイント【6位】○ヌーヴォレコルト(3.3倍)
3着:総合ポイント【5位】△ディアデラマドレ(11.7倍)

第1グループの総合ポイント2位、ラキシスが1着、第3グループの総合ポイント6位ヌーヴォレコルトが2着、第2グループの総合ポイント5位ディアデラマドレが3着という結果でした。

馬券は第1グループのスマートレイアーラキシスで悩んだ末にスマートレイアーを選んでしまい、的中とはなりませんでした。結果的に総合ポイント上位馬同士での決着となり、非常に悔しいところです。近年の傾向から3歳馬ヌーヴォレコルトを評価を上げて対抗にしたまでは良かったのですが、本命選びで1/2を間違えてしまいました。馬券上手の方なら的中されている事でしょう(>_<)

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印全馬へ 16=5,6=1,2,3,5,6,9,10,13,15,18

計17点 払い戻し0円


続いて11月15日(土)に行われた京都11R「デイリー杯2歳ステークス GII」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】△タガノエスプレッソ(7.9倍)
2着:総合ポイント【4位】△アッシュゴールド(4.0倍)
3着:総合ポイント【1位】◎ナヴィオン(2.2倍)


第2グループの総合ポイント3位、タガノエスプレッソが1着、同じく第2グループの総合ポイント4位、アッシュゴールドが2着、総合ポイント1位のナヴィオンが3着という結果となりました。

馬券は◎ナヴィオンアルマワイオリの1点勝負で構築してしていましたので的中とはなりませんでした。凄馬出馬表からは難しい結果です(._.)

【馬連1点勝負】
2-3

【3連単フォーメーション】
2,3

2,3

1,5,9,8

計9点 払い戻し0円


今週も週末重賞の凄馬出馬表を公開致します。宜しくお願い致します!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアデラマドレの口コミ


口コミ一覧
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 5

今日は、POG2017−2018シーズンの人気馬を物色して、いいな〜と思う馬がいたらいろんなところで開催されてるPOG大会の指名馬に決定しようと思います。

2歳馬に関しての知識は本当に少ないので、ただただPOG初心者が知識もないまま指名馬を探ってるだけという、読んでも何も得しない非常に薄っぺらい内容ですが許してくださいね。

と、最初に毎回恒例の言い訳のような謝罪を済ませたので、早速やっていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

牡馬 レイエンダ(父キングカメハメハ 母ラドラーダ 藤沢和厩舎)
2017年のダービー馬レイデオロの全弟、厩舎も同じく藤沢和雄厩舎、馬主もキャロットファームなんで勝負服も兄と同じ。
全兄レイデオロが今年のダービーを勝ったんで、この馬への期待はかなり高くなっちゃっいましたが、陣営のコメントによると「現時点では兄レイデオロよりもしっかりしてるし、いいものを持っている」と高評価されてるみたいなんで兄と同じように大活躍できるといいですね〜。
すでに入厩して順調に調教もこなしてて、7月30日の札幌でルメール騎乗でデビューするそうです。

牡馬 ルーカス(父スクリーンヒーロー 母メジロフランシス 堀厩舎)
日本と香港のマイル界を統一したアジアのマイル王モーリスの全弟。
兄モーリスは転厩して堀厩舎にきてから大活躍しましたが、この馬は最初から堀厩舎ってことでデビューからガンガン活躍できるといいですね〜。
距離的に2400mのダービーは未知数でわからないけど、モーリスが天皇賞秋を勝ってるんで皐月賞までは全然問題ないかも。
当初は秋デビューの噂があったんですが、8月の札幌デビューの可能性もあるそうで楽しみですね。

牡馬 プロトスター(父ネオユニヴァース 母マルバイユ 戸田厩舎)
半姉に桜花賞馬マルセリーナ、半兄にスプリングSなど重賞3勝のグランデッツァと、クラシック戦線で活躍した兄・姉がいるのはいいですね〜。
ネオユニヴァース産駒って中距離の持久力勝負に強いイメージなんで皐月賞が1番向いてるのかな〜?
父・兄・姉から想像すると、距離は2000mまでかな〜って感じで、ダービーは距離がやや長いかも?
調教の時計などはあまりぱっとしない感じらしいですが、8月13日の新潟芝1600mでデムーロ騎乗でデビュー予定ってことで、なんだかんだで社台ファームもけっこう期待してる感じなのかな〜。
個人的には、直線長いコースのマイルよりも小回りの札幌か中山の1800m辺りで見たかったですが・・・。

牝馬 エルディアマンテ(父キングカメハメハ 母ディアデラノビア 国枝厩舎)
母はGI勝てませんでしたがGI3着が3回、重賞3勝など活躍したし、極上の切れ味と言っていいぐらいキレキレの末脚を持っていたディアデラノビア。
産駒もまだGIは勝ってませんけど、全姉のディアデラマドレがGI3着1回、重賞3勝と活躍したし、半兄のドレッドノータスは京都2歳Sで重賞勝ちあり。
ここ3年はハービンジャーとの配合の仔がデビューしてましたが、久しぶりのキングカメハメハとの配合でしかも全姉のディアデラマドレと同じ牝馬なんですごく楽しみです。
関係者のコメントによると、「秋のデビューに向けて馬体的にも精神的にも成長してるし、瞬発力もあって切れる脚を使いそう。」ということで、母や姉と同等もしくはそれ以上の活躍が期待できるかもしれませんね。

牝馬 ミカリーニョ(父ハーツクライ 母ミスエーニョ 木村厩舎)
去年の朝日杯FSで牝馬なのに1番人気に支持されたミスエルテの半妹。
姉はGI勝てませんでしたけど、父がフランケルからハーツクライに替わったんでまた全然違った感じになるのかな?
ハーツクライ産駒はスタミナと瞬発力があるイメージなんで、能力が高かった場合は桜花賞もオークスも楽しみかも。
調教も順調にこなしてて8月の札幌でデビュー予定だそうです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆今回のまとめ☆
POG2017−2018の指名決定馬
・シーリア(毎年の固定枠)
・ダイワメモリー(毎年の固定枠)
・シーイズドーター(2歳戦からバリバリ活躍してほしい馬枠)
・タニノフランケル(なんでも選べる自由枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・イルーシヴグレイス(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(新種牡馬のロマン枠)
・?????(なんでも選べる自由枠)

今回は、即決で指名!!って馬はいなかったので指名馬は5頭のまま変わらずですが、まあ、ボチボチ行きましょう。

グランデッツァは好きな馬だったし、ネオユニヴァース産駒っていうのも渋いし、皐月賞に参戦できれば楽しめそうなプロトスター。

ディアデラマドレの全妹ということで、オークスに参戦できれば楽しめそうなエルディアマンテ。

この2頭はキープしておきます。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
ホテルのフロント係の女性の指をなめたとして、兵庫県警は静岡県焼津市議会議員69歳を強制わいせつの疑いで逮捕されたそうです。

ほんとにもう・・・。なめたことしやがって!

 landr 2015年7月28日(火) 09:04
2015_クイーンS
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 3

◎メイショウスザンナ
○ディルガ
▲ブランネージュ
△レッドリヴェール、フーラブライト

OP馬が、レッドリヴェール、フーラブライト、メイショウスザンナ、フレイムコード、ノットフォーマルの5頭だけ。しかも、フレイムは準OP勝ち上がり直後、ノットは来年には2階級降級になることを考えたら、実質は3頭だけ。

何もレッツゴードンキとかヌーヴォレコルトに出てこいとまでは言わないが、これは何とかならなかったのか。ローズマンブリッジとかカゼノサファイアとかびっくりだよ!

そんなにメンバー集まらない重賞だったかなあ、と過去をひも解いてみると。

2014 キャトルフィーユ アロマティコ スマートレイアー
2013 アイムユアーズ スピードリッパー オールザットジャズ
2012 アイムユアーズ ラブフール ミッドサマーフェア

少なくとも、昨年は着外にディアデラマドレや準OP勝って挑戦してきたのぼり馬(フィロパトールやアンアヴェンジト)がいる。
一昨年も頭数こそ少ないものの、最低人気2着のスピードリッパーは実質はOP馬。
2012年も1000万下のラブフールが穴を空けているものの、面子はそろっている。

だったら、やっぱり「格下馬なめんな」に心情的に張りたくなります。

フーラブライト頑張れ、チョーがんばれ!
ですが、天皇賞春から直行のローテてどうなのだろう。どう考えても、札幌記念への叩きとしか思えない。長距離特化型になってきているので、休み明け含めて仕掛けどころで鈍くなっていそうな。

こうなったら、ヴィクトリアマイルから直行のレッドリヴェールが強いに決まっている。去年の札幌2歳Sの勝ち馬ですよ。
ただ、当時の札幌は極悪馬場。小柄な馬体でハープスターと張り合ったようにキレを生かすタイプに思うし、案外と洋芝では伸びないのではないか、と言う気がしないでもないです。

と言うわけで、すごく影が薄いオープン馬、メイショウスザンナ。戦績から短距離馬の印象かもしれませんが、デビュー時と比較してプラス30キロで身が入ってきて、パワーもあるかと。福島最終週で穴を空けたように重い芝も合うかもしれません。中団からじわじわ伸びてこい。

あとは、かもめ島特別勝ち切ったブランネージュはやっぱり必要。函館を2回使って「私はここを勝つために闘ってきた」とヒーローインタビューでおっしゃりそうなローテーション。

フレイムコードやレイヌドレージュはどうかと思うので、忘れな草賞を勝ち切っているディルガでどうか。前走1000万負けも、相手が洋芝の鬼ヤマイチパートナーや、ドゥラメンテがリタイアした今、菊花賞最大の惑星に浮上したサトノメサイア(大げさ)ならば仕方がない。逆にここに出ているメンバーで、洋芝の長距離でヤマイチパートナーを下せる馬がいるのか?てか、なんでまだ条件馬なんだ、ヤマイチパートナー。
馬体もパワーアップしており、これは期待できます。・・ただねえ、ハンデ戦じゃないのよ、ここは。

心情的には、書いてきた通り、フーラブライトを買いたいところ。定量の牝馬限定戦なら負ける気がしない。ただ、「調教代わりに回ってきておくか」くらいにしか感じないところがネック。
ディルガやブランネージュの一発も魅力なのですが、ここはOP馬の意地をメイショウスザンナに見せてほしいところです。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2015年6月28日() 16:41
ラブリーデイ 混戦断つ快勝でG1タイトル奪取
閲覧 108ビュー コメント 6 ナイス 32

【宝塚記念 回顧】

1着  ラブリーデイ
2着△デニムアンドルビー
3着  ショウナンパンドラ
-----------------------------------------
6着◎ディアデラマドレ
8着○ラキシス
11着▲ワンアンドオンリー

TV中継はゴールドシップ一色。
ゴールドシップの行動に注目する中での宝塚記念。

今日の阪神・芝は、とにかく前が止まらない状況。
近2年とほぼ同じような馬場状態。
これならゴールドシップの3連覇は確実だろう、と考えて、
事前の印とは全く違う馬券(ゴルシ・カレンの2頭軸)で勝負しました。

ゴールドシップの課題はスタートでした。
今回はゲート入り前に黒いメンコを着用して、ゲートに入ったらメンコを外す、
という作戦で3連覇に挑みました。
僕はこの作戦はゴールドシップに味方する、と考えていたんですけど、
完全に裏目に出てしまったようで、ゲート内で何度も立ち上がり、大出遅れ。
ゴールドシップ自身、これまでに何度もスタートで出遅れていましたが、今回ほどの出遅れは初めて。
ああなってしまったら、どうしようもないですよね…。

ゴールドシップらしい負け方といったらそれまでなんですけど、
今回のような負け方は想定出来ないですよね。
苦手だった京都で勝って、得意なはずの阪神で惨敗。
本当に分からない馬です。


勝ったのは、今年に入って重賞を3勝しているラブリーデイ。
昨日の日記で阪神内回りの重賞を勝っている馬を上位視した、と書いたんですが、
なぜかこの馬は無印。
枠順と馬場状態を嫌って評価を下げてしまいました。
重い馬場でも踏ん張り切りました。相当成長してますね。

鞍上・川田騎手は、安田記念に続いての今年G1・2勝目。
安田記念も乗り替わりで今回も乗り替わり。
乗り替わり直後でしっかりと結果を出すあたりはさすがです。


2着にデニムアンドルビー。
後方待機組ではただ1頭この馬だけ上位に入ってきました。
昨年は内ラチ沿いを追走する形だったんですが、今年はコースロス覚悟で大外から追い込む形。
やはり今回のようなレーススタイルがこの馬には合ってるんでしょう。

ショウナンパンドラは、内ラチ沿いをスルスル上がっていって3着を確保。
昨年も夏場に調子を上げていたので、“夏女”なのかもしれません。

トーホウジャッカルが4着。
外から差し切るか!という場面もあったんですけど、休み明けの分、止まってしまいました。

本命・ディアデラマドレが6着。
いつもよりも前めの位置で勝負しました。
勝ちに行くならああいう競馬をしなきゃいけませんからね。馬場も厳しかったです。

ラキシスはもっと伸びても良かったと思うんですが8着。
カレンミロティックは本来の先行策が叶わず凡退。



春のG1戦線。無事に終了しました。
桜花賞のルージュバック、天皇賞・春のキズナ、ヴィクトリアマイルのヌーヴォレコルト、
と、ことごとくG1の1番人気が馬券圏外に飛ぶ時もありましたし、
ダービーのドゥラメンテ、安田記念のモーリス、と堂々たるレースっぷりで1番人気に応えた時もありました。
そして、最後の宝塚記念でゴールドシップも華麗に吹っ飛びました。

色んな事があった春競馬ももう終わり。
夏競馬に向けて気持ちを切り替えていきたいところです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアデラマドレの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ディアデラマドレの写真

ディアデラマドレ

ディアデラマドレの厩舎情報 VIP

2015年6月28日宝塚記念 G16着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディアデラマドレの取材メモ VIP

2015年6月28日 宝塚記念 G1 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。