会員登録はこちら

小倉記念 G3

日程:2023年8月13日()  小倉/芝2000m

小倉記念データ分析

コース図小倉芝2000m

ハンデについては「適度に軽い馬」が強く、53~55キロが2008年以降6勝を含む13連対と活躍している一方、対照的にトップハンデは苦戦を強いられている。ステップ別では、4~5月のレースを使われたあと、間隔をあけて小倉記念に臨んできた馬が活躍傾向にある。2009年~2018年と10年連続して馬券絡みを果たし、16番人気1着や15番人気2着など激走例は数知れない。該当馬の単勝全通り買いでもプラス計上なのだから、狙わない手はないだろう。舞台となる小倉芝2000mはコーナーのキツい小回りコース。追い込み一手の馬は苦しい戦いになる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
2009年(3連単97万円強)や2011年(3連単87万円強)、2020年(3連単137万円強)のように、時に大波乱となるのが小倉記念。その影響もあって、平均配当はいずれの券種も非常に高い。人気別で見ても、中穴ゾーンである6~9番人気が毎年のように上位を賑わせ、2桁人気の激走も珍しくはない。2008年以降の1番人気の成績は【2.3.2.7】。複勝率こそマズマズだが、とにかく勝ちみに遅い点が引っかかる。当然、波乱前提で馬券を組み立てるべきである。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 4-4-3-9 20.0% 40.0% 55.0% 48.0% 81.5%
2番人気 2-5-1-12 10.0% 35.0% 40.0% 46.0% 73.0%
3番人気 3-0-2-15 15.0% 15.0% 25.0% 98.5% 51.0%
4番人気 4-2-0-14 20.0% 30.0% 30.0% 157.5% 88.0%
5番人気 0-2-2-16 0.0% 10.0% 20.0% 0.0% 57.0%
6~9番人気 4-5-9-62 5.0% 11.3% 22.5% 57.8% 116.1%
10番人気以下 3-2-3-89 3.1% 5.2% 8.2% 131.5% 80.8%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0% 170.0% 110.0%
2.0~2.9倍 2-2-0-4 25.0% 50.0% 50.0% 57.5% 68.8%
3.0~4.9倍 3-5-4-15 11.1% 29.6% 44.4% 45.9% 73.7%
5.0~7.9倍 6-5-2-25 15.8% 28.9% 34.2% 108.9% 82.9%
8.0~14.9倍 4-3-4-34 8.9% 15.6% 24.4% 80.9% 74.9%
15.0~19.9倍 1-2-1-24 3.6% 10.7% 14.3% 70.4% 71.8%
20.0~49.9倍 2-3-5-51 3.3% 8.2% 16.4% 103.1% 124.8%
50.0倍以上 1-0-4-64 1.4% 1.4% 7.2% 93.8% 77.5%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 3,660円 260円 1,111円
複勝 970円 130円 329円
枠連 8,240円 400円 2,790円
馬連 15,060円 790円 5,323円
ワイド 10,160円 320円 1,964円
馬単 35,060円 1,500円 10,984円
3連複 253,190円 2,880円 33,950円
3連単 1,374,190円 10,700円 200,707円

【脚質】
脚質については、先行勢と中団待機組がほぼ互角の成績。馬場の内目が荒れていれば差し優勢、道悪や前半スローペースの場合は前有利というように、極端な決着になりやすい。よって、先行勢の多寡や当日の馬場状況については十分な精査が必要だ。ただし、4角13番手以下の追い込み勢と、逃げ馬は不振。ともに2008年以降の連対馬は皆無で、信頼度はかなり低い。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 0-1-2-20 0.0% 4.3% 13.0% 0.0% 26.1%
先行 9-7-8-48 12.5% 22.2% 33.3% 125.3% 117.6%
差し 7-7-6-82 6.9% 13.7% 19.6% 129.9% 103.3%
追込 4-5-4-67 5.0% 11.3% 16.3% 26.4% 56.6%

【枠順】
枠順別成績を確認すると、1枠の数値の低さが目立つ一方、それ以外の連対率と複勝率はおおむね横並び。3枠の単勝回収率が高いが、これは2009年1着ダンスアジョイ(16番人気)と2016年1着クランモンタナ(11番人気)、2020年1着アールスター(10番人気)の大駆けが引き上げたもの。3頭を除くとかなり低い水準まで下がってしまう。従って、「1枠を除き、枠順の有利不利はなし」ととらえたほうがいいだろう。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 1-1-3-20 4.0% 8.0% 20.0% 20.0% 43.6%
2枠 3-0-3-22 10.7% 10.7% 21.4% 69.3% 51.4%
3枠 4-2-2-22 13.3% 20.0% 26.7% 448.3% 187.3%
4枠 0-4-2-26 0.0% 12.5% 18.8% 0.0% 91.9%
5枠 1-4-2-29 2.8% 13.9% 19.4% 5.6% 90.6%
6枠 2-6-1-30 5.1% 20.5% 23.1% 19.2% 61.0%
7枠 2-2-3-36 4.7% 9.3% 16.3% 34.4% 78.1%
8枠 7-1-4-32 15.9% 18.2% 27.3% 137.7% 92.0%

【血統】
小倉芝2000mは瞬発力よりもスピードの持続力を求められるコースで、ナスルーラ系やノーザンダンサー系の種牡馬を父もしくは母の父に持つ馬が強い。なかでも、母の父にグレイソヴリン系(大系統ナスルーラ系)種牡馬を持つ馬の激走が目立ち、2桁人気で馬券絡みを果たした馬は2008年以降だけでも4頭を数える。ほかでは、ダンチヒの系統が狙い目。とりわけ、ハービンジャー×サンデーサイレンス系の配合馬は、2015~2017年と3年連続して連対圏に食い込む活躍を見せた。該当馬がいれば積極的に狙いたい。

◆同コース種牡馬別成績(小倉競馬場/芝/2000m/過去5年)集計期間:2018/02/05~2023/02/05

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ディープインパクト 22-26-19-132 11.1% 24.1% 33.7% 60.7% 84.1%
2 ハーツクライ 22-19-20-138 11.1% 20.6% 30.7% 71.3% 80.5%
3 ルーラーシップ 18-15-11-122 10.8% 19.9% 26.5% 61.7% 60.1%
4 ハービンジャー 12-17-15-117 7.5% 18.0% 27.3% 32.7% 74.2%
5 エピファネイア 9-8-5-68 10.0% 18.9% 24.4% 71.4% 65.9%
6 キズナ 8-8-5-49 11.4% 22.9% 30.0% 48.4% 54.9%
7 オルフェーヴル 7-9-8-81 6.7% 15.2% 22.9% 31.1% 62.0%
8 ロードカナロア 7-5-4-47 11.1% 19.0% 25.4% 138.1% 79.4%
9 モーリス 7-2-7-22 18.4% 23.7% 42.1% 288.9% 166.3%
10 キングカメハメハ 6-7-5-34 11.5% 25.0% 34.6% 60.6% 83.7%
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2023年2月11日(
クイーンC  G3
2023年2月12日(
京都記念  G2
共同通信杯  G3

競馬番組表

2023年2月11日(
1回東京5日目
1回阪神1日目
2回小倉1日目
2023年2月12日(
1回東京6日目
1回阪神2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
80,660万円
2 タイトルホルダー 牡5
79,311万円
3 エフフォーリア 牡5
77,664万円
4 デアリングタクト 牝6
61,092万円
5 ソダシ 牝5
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
7 シャフリヤール 牡5
54,685万円
8 ディープボンド 牡6
54,083万円
9 レシステンシア 牝6
44,953万円
10 ジェラルディーナ 牝5
39,945万円
» もっと見る

3歳
1 ドルチェモア 牡3
11,154万円
2 リバティアイランド 牝3
8,543万円
3 ドゥラエレーデ 牡3
8,497万円
4 キタウイング 牝3
7,528万円
5 トップナイフ 牡3
6,757万円
6 フリームファクシ 牡3
5,609万円
7 ブトンドール 牝3
5,059万円
8 ダノンタッチダウン 牡3
5,045万円
9 ソールオリエンス 牡3
4,732万円
10 ライトクオンタム 牝3
4,731万円
» もっと見る