会員登録はこちら
京成杯 G3   日程:2015年1月18日() 15:35 中山/芝2000m

京成杯のニュース&コラム

【京成杯】重賞初V!ベルーフ大外から豪脚一閃!!
 第55回京成杯(18日、中山11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金3700万円=出走17頭)大外(17)番枠からスタートした川田将雅騎乗の3番人気ベルーフが、直線で外から豪快に伸びてゴール前の大激戦を制した。皐月賞と同じ舞台での重賞初勝利に、クラシック制覇へ夢が膨らむ。ハービンジャー産駒も重賞初制覇となった。タイム2分2秒3(良)。2着はハナ差で1番人気のブラックバゴ。2番人気のクラージュシチーは8着だった。 池江厩舎の秘蔵っ子ベルーフが、メンバー最速タイの上がり3ハロン34秒8の豪脚で並みいるライバルをなで切り。ゴール前の大激戦を制して、春の主役に名乗りを上げた。 「レースの流れ的にだいぶ苦しい位置になりましたし、終始楽な展開ではなかったのですが、それをこれだけ強い勝ち方をしてくれたので、改めて力があるなと思います。いい勝ち方で夢が広がります」 コンビを組んだ3戦すべてで勝利に導いた川田騎手が笑顔を見せる。 互角にスタートを出たが、大外枠だけに無理をせず中団のやや後ろへ。ブラックバゴを見ながら冷静に進めた。直線では大外へ進路を取ると一気に加速。ハナ、クビ、ハナ差と4着までタイム差なしの接戦を制し、父ハービンジャーに重賞初勝利をプレゼントした。 「精神面の幼さが出てしまう馬ですが、きょうは隠してくれましたね。道中の雰囲気も真面目になっていました」と鞍上はレースを振り返る。デビュー戦では1、2コーナーで外に行きそうになったり、前走では2コーナーで急に制御不能になったりと若さを見せていた。 オルフェーヴルの全弟アッシュゴールドなど良血馬の宝庫、池江厩舎でも3歳世代の重賞は今回が初勝利。池江調教師は「出入りの激しい競馬でしたが、川田騎手がうまく乗ってくれました。気性面は、スタッフが調教で工夫してくれていますから。今後は気性の成長が課題。調教で克服していければ」と、さらなる進化を願う。この後は栗東トレセン近くのノーザンファームしがらきに放牧。次走は未定だ。 母レクレドールはローズSなど重賞2勝の活躍馬で、伯父にGI香港ヴァーズなどを制したステイゴールドがいる。サッカーボーイなどもいる母系は活躍馬が並ぶが、クラシック制覇はない。ドイツ語で「使命」と名付けられたハービンジャー産駒が、一族の夢に向かって突き進む。 (芳賀英敏)★18日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちらベルーフ 父ハービンジャー、母レクレドール、母の父サンデーサイレンス。鹿毛の牡3歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績4戦3勝。獲得賞金5869万3000円。重賞初勝利。京成杯は池江泰寿調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。馬名の意味は、召命、使命(ドイツ語)。
2015年1月19日(月) 05:07

 638

【京成杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆戸崎騎手(ソールインパクト4着) 「ゴチャついた後ろに入って厳しい競馬。最後はいい脚を使っていただけにスムーズだったら…」 ◆和田騎手(ダノンリバティ5着) 「理想的な形でレースを運べて、4コーナーでは差し切れるかと思った。次につながる競馬はできた」 ◆田中勝騎手(フォワードカフェ6着) 「最後にようやくエンジンがかかったが、もう少し早ければ、いい勝負になった」 ◆江田照騎手(オトコギイッポン7着) 「スタートがよくハナへ。直線でもうひと伸びしたが、外から来た馬がそれ以上に伸びた」 ◆横山典騎手(タケルラムセス9着) 「内々でロスなく立ち回れた。まだ成長途上だし、体がしっかりすれば楽しみだ」 ◆後藤騎手(ナスノセイカン10着) 「4コーナーでいい感じだったが坂を上がって脚が止まった」 ◆大野騎手(ディアコンチェルト11着) 「(上位とも)それほど差はないし、体がパンとしてくれば…」 ◆吉田豊騎手(イーデンホール12着) 「最後は脚が上がったが、芝でもやれる」 ◆三浦騎手(コスモナインボール13着) 「左手前はスムーズだったが、右手前だと手応えが物足りなくなった」 ◆柴田大騎手(マイネルシュバリエ14着) 「2コーナーで内からぶつけられて、掛かってしまいハミが抜けなかった。きょうは参考外」 ◆ブノワ騎手(ザイディックメア15着) 「外枠が痛かった」 ◆柴山騎手(バルビエール16着) 「楽に2番手を追走したが、4コーナーでエンジンがかからなくなった」 ◆ベリー騎手(ブライトバローズ17着) 「外からマクられると嫌気がさしたようだ。能力はあるが、気の悪い面もある」★18日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら
2015年1月19日(月) 05:06

 920

【京成杯】クルーガー、狭い中団抜け出し3着!
 第55回京成杯(18日、中山11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金3700万円=出走17頭)クルーガーは中団の窮屈な位置から、追われるごとにグイグイ伸びて大接戦の末の3着。ダートで勝ち上がって出走した前走のエリカ賞2着に続き、改めて芝適性の高さを示した。 内田騎手は「スタートしてから前が狭くなってゴチャつき、厳しい競馬になった。それでもへこたれずに走ってくれたし、力のあるところを見せてくれた」と初騎乗で能力の高さを感じとった。★18日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら
2015年1月19日(月) 05:06

 430

【京成杯】クルーガー、狭い中団抜け出し3着!
 第55回京成杯(18日、中山11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金3700万円=出走17頭)クルーガーは中団の窮屈な位置から、追われるごとにグイグイ伸びて大接戦の末の3着。ダートで勝ち上がって出走した前走のエリカ賞2着に続き、改めて芝適性の高さを示した。 内田騎手は「スタートしてから前が狭くなってゴチャつき、厳しい競馬になった。それでもへこたれずに走ってくれたし、力のあるところを見せてくれた」と初騎乗で能力の高さを感じとった。
2015年1月19日(月) 05:06

 355

京成杯のニュースをもっと見る >

【京成杯】バルビエール、鋭伸4馬身先着
 今回と同じ中山芝2000メートルで未勝利を勝ったバルビエールは、美浦Wコースでリアルエンブレム(1000万下)を追走して直線で内に併せた。鞍上がゴーサインを出すと鋭く伸びて、6ハロン82秒5、3ハロン38秒8−13秒4で4馬身先着。格上馬をあおる動きを見せた。「ゴールを過ぎてからも少し(脚を)伸ばした。前走でも抜け出してフワッとする余裕があったし、使いながら順調に成長している。ここでもやれないか、と楽しみにしているんです」と重賞初挑戦となる武井調教師は期待に胸を膨らませる。
2015年1月15日(木) 05:03

 404

【京成杯】フォワードカフェ、一番時計50秒1
 ホープフルSで13着に敗れたフォワードカフェは、田中勝騎手を背に坂路へ。単走だが前半からスピードに乗って4ハロン50秒1の一番時計をマークした。ラストも強めに追われて1ハロン13秒4でフィニッシュ。田中勝騎手は「跳びが大きくて、こんなに時計が出ているとは思わなかった」と苦笑い。だが「乗り味がいい馬だね。変な癖もないし、がんばってほしい」と、1勝馬でも重賞挑戦を楽しみにしていた。
2015年1月15日(木) 05:03

 357

【京成杯】マイネルシュバリエ、感触上々12秒6
 マイネルシュバリエは美浦Wコースで6ハロン85秒0、3ハロン40秒0−12秒6と、しまい重点のソフトな仕上げ。「長めからジワッと行って、最後に脚を使わせる感じ。落ち着いた走りで状態面はいい」と手綱をとった柴田大騎手の感触は上々だ。 昨夏は新馬→札幌2歳S2着と順調な滑り出しだったが、ここ2走の東スポ杯2歳S、ホープフルSはともに12着。「前走は折り合いがつかず、ふがいない結果。今回はメンコを着用して、ハミも(あたりが柔らかく、行きたがる馬に効果的な)トライアビットに替えて臨む。力を出し切れれば、ここでも通用すると思う」と主戦はリベンジを誓う。
2015年1月15日(木) 05:03

 279

【京成杯】唯一の3勝馬ナインボールを侮るな!
 京成杯の追い切りが14日、東西のトレセンで行われた。朝日杯FS9着から巻き返しを期すコスモナインボールはWコースで軽快な脚さばきを披露。状態の良さをアピールした。フォワードカフェ、マイネルシュバリエ、バルビエールも好仕上がりを見せている。今週は変則日程でほとんどの馬は15日に追い切りを行う。 軽やかに併走馬を突き放す反応に、思わずジョッキーの顔から笑みがこぼれた。メンバー唯一の3勝馬コスモナインボールが重賞初Vに向けて態勢を整えた。 「反応をみる程度でしたけど、仕掛けてスーッと動いたし、いい感触をつかめました」 初コンビを組む三浦騎手は、追い切りを終えて手応えを感じ取った様子だ。氷点下3度だった馬場開場の午前7時より気温が上がりだした9時30分すぎにWコースへ登場。ハッピーチャート(500万下)を追走して3コーナーで内に入ると直線でゴーサイン。並ぶ間もなく相手をかわして2馬身先着してのフィニッシュだ。6ハロン81秒6のタイムは優秀で、ラスト3ハロンも38秒0−13秒4としっかり伸びた。 見届けた和田雄調教師は「ジョッキーが(柴田大騎手から)乗り替わるので仕掛けて感触を確かめてもらいましたが、思った以上に楽に動けましたね」と満足の内容だ。 デビュー2戦目から3連勝で臨んだ朝日杯FSは内で包まれて動けない展開。流れ込むような競馬で9着に敗れた。それまでは先行して押し切る競馬だっただけに、自分の形に持ち込めなかったことが敗因だが、三浦騎手は「位置取りとか先入観を持たずにリズムを大事に乗りたい。中山の2000メートルはイメージとしては合っているし、リズムさえ良ければラストは反応すると思う」と、距離延長での巻き返しに自信を見せた。 3連勝は12番人気、4番人気、7番人気と勝っても人気にならないタイプだが、それだけ勝負強いともいえる。軽快な動きで順調さをアピールしたコスモナインボールを侮ると痛い目に遭いそうだ。(柴田章利)★サマーセール出身 コスモナインボールは2013年のサマーセール(日高軽種馬農協主催)出身で、105万円(税込み、以下同)で落札された。同年の同セールからは、活躍馬が多数出ており、シンザン記念を勝ったグァンチャーレ(210万円)、ファンタジーSを勝ったクールホタルビ(189万円)がいる。ちなみにフェアリーSを勝ったノットフォーマルは、昨年の千葉サラブレッドセール出身(540万円)。
2015年1月15日(木) 05:03

 367

京成杯の直前追い切り情報をもっと見る >

京成杯過去10年の結果

2014年1月19日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2013年1月21日(月) 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2012年1月15日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京成杯の歴史と概要


2013年の優勝馬フェイムゲーム

牡馬が出走できる年明け最初の関東圏の3歳重賞。第45回(2005年)の勝ち馬アドマイヤジャパンはその後に皐月賞3着、菊花賞2着と健闘。第47回(2007年)を制したサンツェッペリンは、皐月賞ヴィクトリーの2着に好走。第50回(2010年)の覇者エイシンフラッシュは、日本ダービー天皇賞(秋)の2つG1タイトルを獲得するに至った。また、第53回(2013年)を勝ったフェイムゲームは、古馬になっても息長く長距離路線のトップホースとして活躍している。

歴史と概要をもっと見る >

京成杯の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る