アルティマトゥーレ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2004年4月14日生
調教師奥平雅士(美浦)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績14戦[7-1-1-5]
総賞金19,510万円
収得賞金7,450万円
英字表記Ultima Thule
血統 フジキセキ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ミルレーサー
エアトゥーレ
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
スキーパラダイス
兄弟 キャプテントゥーレクランモンタナ
前走 2010/03/28 高松宮記念 G1
次走予定

アルティマトゥーレの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
10/03/28 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18234.325** 牝6 55.0 横山典弘奥平雅士486(+2)1.08.7 0.134.6⑨⑧キンシャサノキセキ
10/02/07 京都 11 シルクロード G3 芝1200 166125.931** 牝6 55.5 横山典弘奥平雅士484(0)1.08.1 -0.333.5ショウナンカザン
09/11/28 京都 11 京阪杯 G3 芝1200 18232.418** 牝5 55.0 松岡正海奥平雅士484(-4)1.08.1 0.534.9プレミアムボックス
09/10/04 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 16123.715** 牝5 55.0 松岡正海奥平雅士488(+2)1.07.8 0.334.7ローレルゲレイロ
09/09/13 阪神 10 セントウルS G2 芝1200 1681610.651** 牝5 55.0 松岡正海奥平雅士486(-2)1.07.8 -0.433.9スリープレスナイト
09/07/19 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 186124.423** 牝5 54.0 松岡正海奥平雅士488(-4)0.56.5 0.334.3--カノヤザクラ
09/06/27 福島 11 テレビU福島 1600万下 芝1200 167142.311** 牝5 55.0 松岡正海奥平雅士492(+10)1.08.2 -0.434.1タイセイハニー
09/04/11 阪神 10 阪神牝馬S G2 芝1400 185104.8210** 牝5 55.0 横山典弘奥平雅士482(0)1.22.4 1.035.4ジョリーダンス
09/03/21 中京 12 鈴鹿特別 1000万下 芝1200 18481.411** 牝5 55.0 横山典弘奥平雅士482(-8)1.09.0 -0.534.7スペシャルポケット
09/01/17 中京 12 豊橋特別 500万下 芝1200 16232.511** 牝5 55.0 上村洋行奥平雅士490(+2)1.08.4 -0.934.5ブルーデインヒル
08/10/26 福島 7 3歳以上500万下 芝1200 16113.512** 牝4 54☆ 三浦皇成奥平雅士488(+30)1.08.4 0.034.4④④カシノリボン
07/05/19 東京 9 ガーベラ賞 500万下 芝1400 15349.241** 牝3 54.0 柴田善臣森秀行458(-6)1.21.6 -0.134.4メダイヨン
07/03/18 阪神 9 さわらび賞 500万下 芝1600 12685.437** 牝3 54.0 安藤勝己森秀行464(-8)1.35.7 1.536.4スズカコーズウェイ
06/12/16 阪神 6 2歳新馬 芝1400 14582.311** 牝2 54.0 四位洋文森秀行472(--)1.23.6 -0.135.1クレスコワールド

アルティマトゥーレの関連ニュース

 《本紙の狙い》キンシャサノキセキを本命に推す。昨秋のスワンSから、阪神C、オーシャンSまで3連勝。いずれも強さが際立っていた。一時の低迷期を脱し、復調しただけではなく、レースぶりに幅が出たうえ、力強さも増した。完全に本格化したと言っていい。前走後も順調そのもので、仕上がりは万全。馬場状態や展開に特に注文がつかないタイプなのも心強く、待望のGIタイトルを獲得する。文句なしの仕上がりを見せているアルティマトゥーレが相手の筆頭。道悪を回避できたのは大きく、自慢のスピードを存分に生かせる。トウショウカレッジが▲。中京3勝のコース巧者で、状態も絶好だ。直線勝負に徹して上位をうかがう。

★最新ナマ情報

 関東馬で1頭だけ金曜輸送となった(6)キンシャサノキセキ。レース前日は中京競馬場の厩舎周りでひき運動を1時間ほど行った。「中京に到着後もカイバをしっかり食べて、何の問題もありません」と小林厩務員は順調をアピール。「前走は、あんなに折り合ったのは初めてと思うくらいでした。四位騎手と合うんですね。精神的、肉体的に充実していますから、あとはジョッキーにお任せです」と重賞4連勝で悲願のGI制覇を切望している。

 土曜輸送の関東馬は午前11時半から続々と到着した。引退レースとなる(3)アルティマトゥーレは、中京への輸送も3度目で慣れたものだ。「渋滞で少し混んでいましたが、(輸送で)10キロ減ることを目安に体を作っています。ちょうどいいくらいでしょう」と三浦厩務員は仕上がりに抜かりがない。この舞台は2戦2勝。「引退の花道を飾らせてあげたい」と得意コースでのラストランに寄せる期待は大きい。

 大型馬で叩き3走目の良化が著しい(5)トウショウカレッジは、角馬場からCWコースをキャンターで1周し、最終調整を終えた。坂井調教助手は「自分で体を作るタイプだから、レースが近いのを分かっているみたいだね。カイバは食い過ぎているくらいだけど、太め感は全くないです」と好仕上がりだ。中京芝1200メートルで3勝を挙げ、昨年はローレルゲレイロから0秒3差の4着。今年のメンバーなら昨年より上の着順を狙いたい。

 3戦連続で関西圏へ輸送している(13)サンカルロは、中京への輸送も問題なし。神原調教厩務員は「追い切り後も落ち着いていますし、体調は変わらずいいですね」と大一番へ向けて不安がない。今回は初の1200メートル。「この距離は合うと思いますが、1400メートル以上しか走っていないので、戸惑いが心配。ついて行けるかがカギですね」とポイントを挙げた。

 安定した末脚を発揮している(15)プレミアムボックスも中京は3度目となる。「輸送は全く問題ないです。本当に順調にここまで来れました」と松本厩務員は馬房に入っても落ち着いた愛馬の姿に安堵の表情。「あとはとにかく展開が向いてほしい。今の状態なら、最後は必ずいい脚を使ってくれると思いますから」と持ち味の末脚が生きる流れを願っていた。

 阪急杯を勝って勢いに乗る(16)エーシンフォワードは、坂路1本の最終調整。追い切り後も気負いを見せず、この日もリラックスした姿を見せた。「本当に何も心配がない。ここまで順調にこれたよ」と西園調教師は改めて自信を深める。「距離短縮は気にならないし、あとは乗り役に任せる。一点の曇りもないので、運だけ」と初コンビの前回で優勝に導いた岩田康騎手に託す。

 一昨年の覇者(9)ファイングレインが、上昇カーブを描いている。25日に不良のCWコースで、終い重点ながら迫力満点の追い切りを披露。前日はポリコースで気合乗り満点のフットワークで駆け抜けた。長浜調教師は「一昨年の状態に近づいてきたと思う。勝浦騎手も2回目だし、とにかくスムーズな競馬をしてほしい」とV奪回へ手応えをつかんでいる。

【高松宮記念】キンシャサ悲願GI制覇だ 2010年3月27日() 05:11

 《本紙の狙い》キンシャサノキセキを本命に推す。昨春のオーシャンSから3戦続けて2ケタ着順が続いたが、スワンSで復活を遂げると、阪神C、オーシャンSを連勝。いずれも圧巻の内容で、力の違いを印象付けた。いい頃の状態を取り戻したうえ、以前よりもパワーアップした姿を見せている。ここ目標に順調に乗り込まれ、仕上がりは万全。道悪のオーシャンSを快勝しているように、晴雨兼用タイプなのも心強い。一昨年2着の借りを返し、待望のGI優勝を成し遂げる。アルティマトゥーレが相手の筆頭。良馬場での高速決着が理想だが、荒れた馬場にもそれなりに対応できる。トウショウカレッジが▲。中京3勝のコース巧者で、状態も絶好だ。

★最新ナマ情報

 重賞3連勝中のキンシャサノキセキは、関東馬で唯一の金曜輸送。午前4時に美浦トレセンを出発し、同10時50分に中京競馬場入りした。「カイバもバリバリ食べて元気いっぱいです」と菅沼調教助手。3枠6番については「ちょうどいいですね。内側に行きたい馬が揃っていますし、この馬もスタートが速いからいい位置を取れそう。外差しが利く馬場といっても、ある程度は内にいないと厳しい面もありますからね」と納得の表情。最後に「パドックで元気よく引っ張っていれば大丈夫ですよ」と付け加えて、笑顔で締めた。

 前哨戦のシルクロードSを快勝したアルティマトゥーレは、角馬場からポリコースを軽くキャンターで流して調整を終えた。「ちょっとハミを噛む場面もあったけれど、とてもいい状態で送り出せるよ」と奥平雅調教師。同馬は引退レースのため、調教もこれが最後。「ここまでよく頑張ってくれた。感慨深いね」と、トレーナーは目を潤ませる。2枠3番に決まったと聞いて「うん。これでレースが面白くなりそうだ。頑張ろう。最短距離を走ろう。よっしゃ!!」と自ら気合を入れた。

 昨年は出遅れながらも4着に食い込んだトウショウカレッジは、2年連続で3枠5番からのスタート。「この枠だから、内からうまくさばければいいね」と池添調教師は昨年同様のレースを望む。金曜はCWコースをキャンターで1周。「状態は平行線。今回はある程度前々で競馬して、勝ちにいく」と先行策をとらせる構えだ。中京1200メートルではメンバー最多の3勝を挙げており、得意コースでアッと言わせたい。

 当初は北Cコースで調整する予定の(15)プレミアムボックスだったが、馬場状態が良くないと判断して、角馬場で体をほぐしてからゲート練習に時間を回した。上原調教師は7枠15番の枠順を聞くと、「おっ、いいじゃないか!!」と満面の笑み。「後入れの(14)が良かったけどね。前2戦が内枠で、外に出すまでにロスがあった。これなら心配ない。展開次第だが、チャンスはあるよ」とトレーナーは一発を狙う。

 2年前の覇者ファイングレインは、叩き2戦目の上積みは十分で、斤量が1キロ減とプラス材料がそろった。枠順は5枠9番に決まったが、長浜調教師は「枠はどこでも良かったよ」と意に介していない。追い切り翌日の金曜は運動のみ。「使って気配は上向いている。勝浦騎手も2回目だし、とにかくスムーズな競馬をしてほしい」とトレーナーは2年ぶりの春のスプリント王奪回へ意欲たっぷりだ。

 サンカルロはいつもと同じく坂路を3本、ゆったりと駆け上がって体調を整えた。7枠13番の枠順に「可もなく不可もなくってところだな」と大久保洋調教師。「少し外めになったが、内の強豪を目標に進められる。荒れてきた馬場も向く。今は外差しが利くが、それが全てと決めつけずに挑みたい。初の1200メートルで不安な面はあるが、楽しみも大きい」と期待も口にした。

 阪急杯で重賞初制覇を決めたエーシンフォワードが、勢いに乗ってGI制覇に挑む。枠順は8枠16番に決まり、西園調教師は「もう少し内が欲しかったが、極端な内よりはここの方がいいだろう」と前向きに受け止める。金曜は坂路1本の調整で気負うことなくゆったりと駆け抜けた。「万全の状態だし、あとは自分の競馬をするだけです」と3頭出しのトレーナは最も力が入っている。他の2頭はともに「ちょうどいい枠に入った」と話すように、6枠11番のエイシンタイガーと5枠10番のヘッドライナーに関しては文句ない枠順となった。

 阪急杯7着からの巻き返しを期すビービーガルダンは8枠17番。領家調教師は「スタートのいい馬だし、この枠なら包まれる心配もない。中途半端な競馬はできないので、行くか下げるかになると思う。あとはジョッキー(安藤勝騎手)に任せる」とベテランの手綱さばきに期待する。金曜は角馬場からポリコースをキャンターで1周。「元気はいいな」とトレーナーはデキの良さをアピールしていた。

[もっと見る]

【椋木宏】アルティマトゥーレ有終Vだ2010年3月26日(金) 19:33

 【高松宮記念】本命のアルティマトゥーレは前哨戦のシルクロードSを快勝。僕の見立てではまだ8分程度と見ていただけに、あの圧勝劇には驚きました。実際、レース後に横山典騎手もベストの状態とは言っていませんでしたから。追い切りはそう良く見せる馬ではないのですが、今週は捌きにそう硬さも見られず、明らかに体調は前走以上。中京コースも得意で、引退レースを鮮やかに飾れるとみました。

 対抗のキンシャサノキセキはテンションを上げずにうまく調子を上げてきました。昨年の参戦時とは全く体調が違います。逆転があってもうなずける出来。

 3番手のショウナンカザンの前走は道悪が敗因。柴田善騎手も、「馬場さえ乾けば、結構やれると思いますよ」と結構強気でした。枠も良し。

 サンカルロは先行馬が多いので、先行争いが激化した時の出番。左回りのほうがベターな馬なので、大駆けがあっても不思議ではありません。この馬にとっての13番枠は好枠。

確定枠順へGallop ONLINEでより詳しく!競馬エイト・椋木宏TM

昭和36年1月26日生まれ、バツイチの独身です。ちなみに元妻と同居する息子は僕以上に男前です。血液型はA。故郷は島根の益田市。大学は3年でドロップアウト。トラックマンの採用に運良く受かり、想定班(厩舎取材)の仕事を続けています。

[もっと見る]

【シルクロードS】アルティマトゥーレ快勝 2010年2月7日() 15:51

 第15回シルクロードステークス(7日、京都11R、GIII、4歳上OP、芝1200m)前走の京阪杯で8着と大敗していた横山典弘騎乗の3番人気アルティマトゥーレ(牝6、美浦・奥平雅厩舎)が好位から直線鋭く抜け出し、重賞2勝目を飾った。タイムは1分8秒1(良)。勝利した横山典騎手は自身初の4週連続重賞制覇となった。

 1馬身3/4差の2着に4番人気のショウナンカザン(牡5、美浦・本間厩舎)が入り、3着には6番人気のシンボリグラン(牡8、美浦・畠山吉厩舎)が入った。1番人気のエイシンタイガー(牡4、栗東・西園厩舎)は8着、2番人気のレディルージュ(牝4、栗東・安田隆厩舎)は15着に敗れた。

 アルティマトゥーレは父フジキセキ、母エアトゥーレ、母の父トニービンという血統。通算13戦7勝で、重賞は2勝目。騎乗した横山典騎手、管理する奥平雅調教師はこのレース初勝利となった。

[もっと見る]

【シルクロードS】アルティマトゥーレが人気2010年2月6日() 18:33

 第15回シルクロードステークス(7日・京都11R1200メートル芝16頭、GIII)前日発売の最終オッズ(午後5時30分現在)が6日発表され、単勝はアルティマトゥーレが4・9倍で1番人気となった。レディルージュが5・0倍、エイシンタイガーが5・3倍で続く。

 馬連は(13)−(16)が9・2倍、馬単は(16)−(13)が17・6倍、3連単は(16)−(13)−(3)が69・6倍で人気を集めている。

[もっと見る]

【シルクロードS】アルティマトゥーレ13秒12010年2月4日(木) 05:03

 アルティマトゥーレはPコースを単走で、5ハロン66秒8、3ハロン37秒4−13秒1を馬なりでマーク。2カ月半ぶりの実戦になるが、気負いを見せずに集中した走りで仕上がりは良好だ。「終い重点との指示でしたが、いい動きだったと思います。ここまでしっかり乗っていますし、休み明けでも走ってくれるでしょう」と騎乗した藤原調教助手。コンビを組む横山典騎手は4週連続重賞制覇がかかるが、「4週連続? 馬任せだからね。いい状態で出てきてくれればそれでいい」と自然体でレースに臨む。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アルティマトゥーレの関連コラム

関連コラムはありません。

アルティマトゥーレの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

アルティマトゥーレの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  シンちゃん   フォロワー:19人 2010年2月23日(火) 19:45:52
松岡正海。横山典弘。中山X.
1:
  hironish   フォロワー:3人 2009年3月26日(木) 15:59:53
3/21のレースは強かった。逃げ切り大楽勝!!
左回り◎。1200〜1400。

アルティマトゥーレの写真

投稿写真はありません。

アルティマトゥーレの厩舎情報 VIP

2010年3月28日高松宮記念 G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アルティマトゥーレの取材メモ VIP

2010年3月28日 高松宮記念 G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。