サブマリーナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2021年4月24日生
調教師庄野靖志(栗東)
馬主株式会社 NICKS
生産者飛渡牧場
生産地新冠町
戦績 3戦[2-0-1-0]
総賞金2,088万円
収得賞金900万円
英字表記Submariner
血統 スワーヴリチャード
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
ピラミマ
ヒシサブリナ
血統 ][ 産駒 ]
Bernardini
Hishikatsu Ballado
兄弟 ピンクマジック
市場価格
前走 2024/05/11 あずさ賞
次走予定

サブマリーナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/05/11 京都 9 あずさ賞 1勝クラス 芝2000 11551.911** 牡3 57.0 武豊庄野靖志 468
(+8)
1.58.0 -0.133.0⑧⑦⑥⑥インファイター
24/02/17 京都 9 つばき賞 1勝クラス 芝1800 96610.743** 牡3 57.0 岩田望来庄野靖志 460
(-2)
1.47.0 0.133.0⑧⑦メイショウタバル
23/11/26 京都 6 2歳新馬 芝1800 15353.811** 牡2 56.0 岩田望来庄野靖志 462
(--)
1.48.1 -0.134.7⑦⑧メイクユーマイン

サブマリーナの関連ニュース

11日の京都9R・あずさ賞(3歳1勝クラス、芝2000m)は、武豊騎手騎乗の1番人気サブマリーナが勝利。道中は中団後方に控えると、4コーナーから大外に持ち出し、上がり最速の末脚でインファイターとの叩き合いを制した。勝ちタイムは1分58秒0(良)。2着に2番人気インファイター、3着に8番人気ジェロニモス

勝ったサブマリーナは、父スワーヴリチャード、母ヒシサブリナ、母父Bernardiniという血統の3歳牡馬。栗東・庄野靖志厩舎の管理馬で、生産者は飛渡牧場。馬主は株式会社NICKS。通算成績3戦2勝。

■払戻金
単勝 :5   190円(1番人気)
複勝 :5   120円(1番人気)
    11   170円(3番人気)
    2   390円(8番人気)
枠連 :5-8  520円(2番人気)
馬連 :5-11  650円(2番人気)
ワイド:5-11  300円(1番人気)
    2-5  630円(8番人気)
    2-11  1,030円(15番人気)
馬単 :5-11  980円(2番人気)
3連複:2-5-11 2,880円(10番人気)
3連単:5-11-2 9,640円(27番人気)

【京王杯SC2024】乗り替わり勝負度チェック! リーディング騎手を配した上がり馬が連勝をさらに伸ばす! 2024年5月10日(金) 16:30


編集部(以下、編) まずは先週の土曜日から振り返っていきましょう(笑)。

新良(以下、新) 嬉しそうですね(笑)。

編 それはもう、予想関連のコーナーの担当者として、大きな的中が何よりの喜びですから。

新 みなさんに喜びを提供できてよかったです。

編 本当にありがとうございます。勝負レースの京都新聞杯は、新良さん推奨のジューンテイクが見事に優勝。8番人気での勝利で、単勝1,770円、複勝510円のスマッシュヒットとなりました。

新 コース巧者の藤岡佑介騎手が、期待通りのプレーを見せてくれました。

編 好位でじっと脚を溜めて、直線で鮮やかなイン強襲。思わず「行け!」と声が出ましたよ。

新 素晴らしい騎乗でしたね。あまり人気がなかったので、スカッとしました。

編 そして日曜日は新潟大賞典。新良さんの推奨馬はヤマニンサルバムで、こちらは7番人気1着。単勝は1,590円、複勝は460円でした。

新 しっかり逃げて最後まで残した斎藤新騎手には拍手を送りたいですね。馬も頑張ってくれました。

編 このように土日連続重賞的中で、トータルの成績は単勝回収率420.0%、複勝回収率135.0%。まさに文句なしの結果といえるでしょう。

新 できればNHKマイルCも当てて、重賞パーフェクト的中といきたかったですが、それがなくても我ながら納得のいく結果でした。今週もしっかり狙っていきますよ。

編 期待しております。今週は土日にそれぞれ、平地重賞がひと鞍組まれています。土曜日は京王杯スプリングCです。早速、狙い目を教えていただけますか?

新 横山和生騎手から川田将雅騎手に乗り替わる②リュミエールノワルを推奨します。

編 先週、G1を制したリーディングジョッキーですね。今週も、さすがというところを見せてくれそうでしょうか。

新 私はやってくれると信じています。爆発力と安定感を兼ね備えているトップオブトップですからね。

編 具体的な推奨根拠を教えてください。

新 まず、東京芝1400mという舞台がいいですね。2021年以降、コース勝率は12.5%と川田騎手にしては物足りない数字ですが、2023年以降に限ると22.2%にまで上昇します。

編 つまり、最近はよりいっそう乗れていると。

新 そういうことです。ポジション意識が高い騎手なので早仕掛けになることが多く、それもあって成績が伸び悩んでいたんでしょうが、昨年以降は上がり上位の脚を出す騎乗が目立つようになってきました。直線を向いてから追い出しを待つように修正してきている印象です。

編 やはりすごい騎手ですね。トップにいても慢心せず、どん欲に得意条件を増やしていく姿勢を貫いているんでしょう。

新 距離は200m違いますが、先週のNHKマイルCも追い出しを我慢したことによって、ジャンタルマンタルの末脚を引き出していましたからね。その対応力はさすがです。

編 馬は3連勝中ですが、条件クラスを勝ち上がったばかり。いきなりのG2で通用するでしょうか?

新 陣営が厳しいと思っていたら、川田騎手を配すことはないでしょう。川田騎手が騎乗している時点で、可能性ありと判断したいです。馬はマイル以上で鳴かず飛ばずでしたが、千四を使うようになって一気に3連勝を決めました。今の川田騎手ならこの馬のポテンシャルをさらに引き出す騎乗を見せてくれるのではないでしょうか。

編 ここが試金石になりそうですが、鞍上のことを考えると不安より期待のほうが大きくなります。

新 ある程度売れると思いますが、かぶるほどではないので、ここでいい馬券をバシッとしとめたいです。川田騎手ならしっかり決めてくれると思います。


★その他の注目乗り替わり★
東京6R ⑦キャピタルサックス松若風馬→モレイラ)
京都7R ⑧レッドヒルシューズ富田暁坂井瑠星
京都9R ⑤サブマリーナ岩田望来武豊

[もっと見る]

【つばき賞】メイショウタバルが前走除外から巻き返してOP入り 2024年2月17日() 15:04

2月17日の京都9Rで行われたつばき賞(3歳1勝クラス、芝・外1800メートル、9頭立て)は、前走・若駒Sは競走除外だった浜中俊騎手の3番人気メイショウタバル(牡、栗東・石橋守厩舎)が、早め先頭から後続の追撃を封じてオープン入りを決めた。タイムは1分46秒9(良)。

スタートしてすぐに先頭に立ったメイショウタバルは、まくってきたインファイターに一旦は先頭を奪われたが、直線入り口では先手を奪い返し、そのまま後続の追撃を振り切った。

アタマ差の2着にはキープカルム(1番人気)、さらに半馬身差遅れた3着にサブマリーナ(4番人気)が続いた。

メイショウタバルは、父ゴールドシップ、母メイショウツバクロ、母の父フレンチデピュティという血統。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬。馬主は松本好雄氏。戦績は4戦2勝。

浜中俊騎手(1着 メイショウタバル)「前走はレース前に(出走を)取り消していたのですが、厩舎の方でうまくケアしてもらって、レースには影響がなかったです。道中のペースが遅かったこともありますが、ずっと掛かっていましたね。それでも最後までしぶとく勝ち切ってくれたあたりは、ポテンシャルの高さだと思います。テンションや折り合い面が改善できれば、もっとパフォーマンスが上がると思います」

石橋守調教師(同)「よくしのいでくれたが、折り合いに課題が残るね。(今後は)蹄に不安があるので、様子を見てから決めたい」

[もっと見る]

【2歳次走報】ナナオは葵S目標に1戦する予定 2023年12月13日(水) 15:56

阪神JF12着ナナオ(栗・小栗、牝)は、葵S(5月25日、京都、GⅢ、芝1200メートル)を目標に、どこかで1戦を挟む予定。僚馬で9日中京の未勝利戦(芝1600メートル)を勝ち上がったナムラエデン(牝)は、紅梅S(1月13日、京都、L、芝1400メートル)に向かう。

★11月4日京都の新馬戦(ダ1800メートル)を勝ったエイカイソウル(栗・藤原、牡)は、28日阪神の1勝クラス(ダ1800メートル)へ駒を進める。

★11月26日京都の新馬戦(芝1800メートル)を勝ったサブマリーナ(栗・庄野、牡)は、つばき賞(2月17日、京都、1勝、芝1800メートル)へ。




[もっと見る]

【2歳新馬・京都6R】サブマリーナが抜け出してデビューV! 2023年11月26日() 13:10

11月26日の京都6R(2歳新馬、芝・外1800メートル、15頭立て)は、岩田望来騎手の1番人気サブマリーナ(牡、栗東・庄野靖志厩舎)が中団で脚をためると、直線で馬場の真ん中から力強く抜け出し、デビュー勝ちを果たした。タイムは1分48秒1(良)。

3/4馬身差の2着はメイクユーマイン(4番人気)、さらにクビ差遅れた3着にレッセパッセ(5番人気)が入った。

サブマリーナは、父スワーヴリチャード、母ヒシサブリナ、母の父Bernardiniという血統。

岩田望来騎手(1着 サブマリーナ)「スタートを出て、いいポジションでじっくりと構えて、追ってからの反応も良かったです。新馬戦としては、いうことのない競馬でした。いい方に成長してくれれば、上のクラスでもやれるんじゃないかと思います」

庄野靖志調教師(同)「いい内容でした。前も流れてくれて、目標とする馬がいて、ジョッキーもいい位置で運んでくれました」

※次走は未定

[もっと見る]

サブマリーナの関連コラム

関連コラムはありません。

サブマリーナの口コミ


口コミ一覧

土曜のMy注目馬

 ザンダカゼロ 2024年5月10日(金) 22:18

閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 7

土曜はマンションの総会に出席のため(予想コロは)お休みします。

☆東京
  11R12メイショウチタン 注 左回り走る

☆京都
   1R 2タガノエクレール ◎ 次も減量なら
   2R 7フェールブリエ ▲ 次、強い
   3R11クリティカルヒット △ 長くいい脚
   9R 5サブマリーナ △ 良い脚
     10ナムラブーニン × 雑賀は流す余裕
  11R 2ダノンテインパニー △ 「良」でどうか
      5ワールドウインズ × 「重」でいい脚
      8ショウナンマグマ △ 僅差

☆新潟
   1R 6ナックアテナ △ 粘り穴
   7R 2アランヴィルテ × 粘り中々
   9R 9ネイルノン ▲ 外枠なら
  11R 8カフジアスール △ 一瞬鋭い

※メモリアルにリーチのかかった大久保師(京都10R2)・藤沢師(東京11R5、京都6R14、7R11、新潟8R4)・南田師(東京6R14)に要注意!

 軸馬狙い撃ち 2024年5月10日(金) 20:39
5月11日の軸馬候補
閲覧 100ビュー コメント 1 ナイス 8

外厩初戦で好走が期待でき、軸馬に最適な馬は以下の通りです。

東京 9R  3番ルージュカルミア  (C.ルメール騎手)ノーザンF天栄

京都 9R  5番サブマリーナ    (武豊騎手)   ドラゴンファーム

新潟 9R 10番パレスドフィーヌ  (菊沢一樹騎手) ノーザンF天栄

以上になります。

[もっと見る]

サブマリーナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サブマリーナの写真

投稿写真はありません。

サブマリーナの厩舎情報 VIP

2024年5月11日あずさ賞1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サブマリーナの取材メモ VIP

2024年5月11日 あずさ賞 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。