ドラゴンカップ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年3月8日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主窪田 芳郎
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 9戦[2-1-0-6]
総賞金1,650万円
収得賞金700万円
英字表記Dragon Cup
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
シルヴァーカップ
血統 ][ 産駒 ]
Almutawakel
Ribblesdale
兄弟 シルヴァーグレイスカレンリスベット
前走 2017/10/21 3歳以上1000万下
次走予定

ドラゴンカップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/21 東京 8 3歳以上1000万下 芝2400 116728.899** 牡4 57.0 福永祐一角居勝彦450(-4)2.31.5 1.637.0⑤④④ヘリファルテ
17/09/30 中山 10 習志野特別 1000万下 芝2000 1681624.2712** 牡4 57.0 田辺裕信角居勝彦454(+2)2.00.6 1.135.4⑭⑭⑭⑯オウケンブラック
17/07/16 中京 10 シンガポール 1000万下 芝2000 1561133.61010** 牡4 57.0 松若風馬角居勝彦452(-2)2.00.1 0.534.5⑤⑤⑤⑦キンショーユキヒメ
17/07/01 中京 12 3歳以上500万下 芝2000 11118.141** 牡4 57.0 福永祐一角居勝彦454(+4)2.01.2 -0.134.9コメットシーカー
17/06/10 阪神 8 3歳以上500万下 ダ1800 1661213.272** 牡4 57.0 福永祐一角居勝彦450(+6)1.54.5 0.837.2⑦⑦⑪⑨キクノルア
17/02/18 京都 7 4歳以上500万下 ダ1800 13113.718** 牡4 56.0 C.ルメー角居勝彦444(-8)1.54.3 1.338.1⑦⑥⑧⑦ロバストミノル
16/06/05 阪神 8 3歳以上500万下 ダ1800 156113.328** 牡3 54.0 浜中俊角居勝彦452(+2)1.52.2 0.736.7⑬⑬⑬⑫セプティエーム
16/01/23 京都 10 若駒S OP 芝2000 84413.647** 牡3 56.0 武豊角居勝彦450(+2)2.03.5 1.133.8④④④マカヒキ
16/01/09 京都 2 3歳新馬 ダ1800 16592.811** 牡3 56.0 C.ルメー角居勝彦448(--)1.55.2 -0.737.0メイショウカマクラ

ドラゴンカップの関連ニュース

 ダービーの勝ち馬を探すGI企画『東西現場記者走る』で東京サンスポの板津雄志記者(36)は、栗東トレセンで密着取材を行っている。最終追い切りが行われた連載3日目はリオンディーズに注目した。弥生賞2着、皐月賞5着と連敗中の2歳王者は今回、『舌縛り』によって操作性がアップしている。主戦のミルコ・デムーロ騎手も連覇の手応え十分だ。

 誰もがダービー出走馬の最終追い切りに熱視線を送る。サトノダイヤモンドは最後まで攻めの姿勢を貫き、マカヒキは坂路を余力十分に駆け抜けた。さすが頂上決戦。どの馬も良く映る。

 その中で注目したのはリオンディーズだ。今年に入って弥生賞2着、皐月賞5着(4位入線)と2連敗している2歳王者の復活はあるのか。

 ミルコ・デムーロ騎手を背にCWコースで3頭併せを行った。道中は課題の折り合いはつきリズムも良好。直線でもしばらく僚馬2頭の後ろについたが、鞍上が内へ進路を取って仕掛けるとスーッと反応して1ハロン11秒6(6ハロン85秒4)をマーク。中シャケトラ(3歳未出走)に半馬身、外ドラゴンカップ(3歳500万下)に1馬身先着した。「すごく良かった。この馬はいつも元気」とミルコの表情は明るい。

 実はこの最終追い切りで陣営は『舌縛り』を試していた。「この馬は舌が遊ぶことが多いので、舌を縛ってもらうように頼んだ。さらに折り合いが良くなっていた」とミルコが明かす。舌縛りに求める効果はさまざまだが、リオンディーズにとっては操縦性を高めるための手段で、もちろんレースでも行う。半兄のエピファネイアも3歳秋に舌を縛ることで折り合い面に進境を見せ、菊花賞を制覇。岸本助手も「ミルコは『(手綱を)握った感じが全然違う』と喜んでいた」と話しており、弟にも効果ありだ。

 皐月賞についてミルコは「失敗した」と潔く認める。まれにみる強風で体内時計が狂い、途中でハナに立って自らオーバーペースを作ってしまった。先行策を取ったのは「切れ味ではマカヒキサトノダイヤモンドに対して分が悪いから」と鞍上は言うが、あくまでそれは2000メートルでのこと。「初めての馬が多い東京2400メートルなら」話は別。作戦にこそ触れなかったが、差す競馬の選択肢もあるはずだ。

 ライバルに皐月賞馬などを挙げたミルコだが、それでも「一番乗りたいのはリオンディーズドゥラメンテに負けない能力がある。他の馬も強いけど、最後に1着になりたい」とキッパリ。昨年のダービージョッキーは連覇を視界にとらえたようだ。

★「日本ダービー」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開

【日本ダービー】リオンディーズ折り合って反撃態勢 2016年5月25日(水) 11:21

 皐月賞は4位で入線したが、屈辱の5着降着。その悔しさを晴らしたい2歳王者リオンディーズが、栗東CWコースで力強く動いた。

 ドラゴンカップが先行し、4馬身後方にシャケトラ。その1馬身後ろからM・デムーロ騎手を背に、十分にリラックスして走ることに集中していた。4角で最内へ入り、直線に向いても持ったまま。馬なりに終始して、外ドラゴンに1馬身半、中シャケトラに半馬身先着。ゴールを過ぎてからも、いつものように1Fほどビシッと追われ、しっかり負荷をかけられた。

 「3週続けて乗った。すごく元気なのはいつもと同じだね。でも、先週よりもっと良くなっている」とミルコ。すんなり折り合い、スムーズに脚を伸ばした動きに納得するように、明るく声を弾ませた。

 ハイペースで先行した前走・皐月賞は「だいぶ失敗した」。続けて「強い逆風だった向正面で外に出して引っ掛かり、直線でも馬にかわいそうなことをした。それでもすごく頑張ってくれたね」と、厳しい状況のなか上位に粘った能力を評価していた。

 「どの馬も、どのジョッキーも勝ちたいダービー。皐月賞の上位をはじめライバルは多いけど、そんななかでも、乗りたいと思うのはリオンディーズ」とキッパリ。「何度勝ってもうれしい」ダービーでの3勝目をしっかりと見据えた。(夕刊フジ)

★「日本ダービー」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開

[もっと見る]

【若駒S】良血マカヒキが断然人気に応え無傷V2 2016年1月23日() 15:20

 23日の京都10R若駒ステークス(3歳オープン、芝2000メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気マカヒキ(牡、栗東・友道康夫厩舎)が直線で楽々と抜け出してV。3カ月ぶりの実戦を快勝して、クラシック候補に名乗りを上げた。タイムは2分2秒4(良)。

 内からノーブルマーズが先手を取り、2番手以下を離してマイペースの逃げ。レインボーフラッグが2番手で、アメリカンヘブンもこれと併走する。さらにドラゴンカップが続き、人気のマカヒキは6番手からの競馬となった。ノーブルマーズはマイペースのまま直線に向き、後続を離して逃げ込みを図るが、マカヒキが手応えに余裕を感じさせながら接近。最後まで目いっぱいの脚いろではないにもかかわらず、ノーブルマーズを楽にかわして快勝した。新馬戦のレース後に鼻出血が判明して3カ月ぶりの実戦となったが、文句なしの勝ちっぷり。ウリウリの全弟という良血馬が出世レースを制して、粒ぞろいの牡馬クラシック戦線に加わった。1馬身1/4差の2着には5番人気ノーブルマーズが逃げ粘り、さらに2馬身差の3着には道中最後方だった3番人気のブラックスピネルが入っている。

 マカヒキは、父ディープインパクト、母ウィキウィキ、母の父フレンチデピュティという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 ルメール騎手は「ストライドの大きい走りをする。瞬発力があるけど、長くいい脚も使える。本当に乗りやすい馬だね。きょうの感じなら距離が延びても大丈夫でしょう」と上がり3ハロン32秒6という強烈なパフォーマンスを絶賛していた。

★23日京都10R「若駒ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳戦結果】ソロダンサー、新馬戦V2016年1月10日() 05:02

 【中山】3R新馬(牝馬、ダ1200メートル)=ソロダンサー(美・武藤、父ゴールドアリュール

 ◆内田騎手 「ゲートの出はよくなかったが、いったん下げて外に出すと自分からどんどん上がっていった。能力は高いね」

 6R500万下(芝・外1200メートル)=レッドラウダ(栗・音無、牡、父ダイワメジャー

 ◆石川騎手 「音無先生からは、差すイメージでと。スタートがよかったですし、いろいろな競馬ができそうなタイプです。力が違いましたね。距離は1400メートルでも大丈夫そうです」

 【京都】2R新馬(ダ1800メートル)=ドラゴンカップ(栗・角居、牡、父ステイゴールド

 ◆ルメール騎手 「とても乗りやすく、最後のスピードがよかった。距離もちょうどいい。芝でも同じくらい走れそう」

 4R500万下(ダ1200メートル)=コージェント(栗・羽月、牡、父ファスリエフ)

 ◆小牧騎手 「ハナを切れたら強いね。クラスに上がっても同じような競馬ができるかでしょう」

 5R未勝利(牝馬、芝・内1600メートル)=レッドアヴァンセ(栗・音無、父ディープインパクト

 ◆Mデムーロ騎手 「めちゃくちゃ強かった。もう少し距離が延びても大丈夫だと思う」

 *全兄に昨年の京阪杯優勝馬サトノルパン、半兄に重賞6勝のクラレント(父ダンスインザダーク)、重賞2勝のリディルレッドアリオン(ともに父アグネスタキオン)。

[もっと見る]

【3歳新馬】人気のドラゴンカップが直線突き抜けてV 2016年1月9日() 10:52

 9日の京都2R3歳新馬(ダート1800メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気ドラゴンカップ(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が直線力強く抜け出して完勝した。タイムは1分55秒2(良)。

 2番人気のグランセノーテが出遅れて離れた最後方という波乱の幕開け。外からピナクルズが先手を取って、イイデエクセレントが2番手に続く。人気のドラゴンカップは3番手につけたが、流れが落ち着いた向こう正面でタマモアルムが後方から押し上げて3番手へ。勝負どころでも後続が次々と差を詰めてきて激しい展開となる。4コーナーで外から一気に先頭に立ったのはメイショウカマクラ。しかし、出入りの激しい勝負どころでじっと我慢していたドラゴンカップが冷静に外に持ち出されると一気の伸び脚を見せる。あっという間に加速してメイショウカマクラを差し切り、終わってみれば4馬身差をつける完勝劇。当歳時にセレクトセールで5880万円(税込み)の値が付いた期待馬が見事にデビュー勝ちを飾った。2着には9番人気のメイショウカマクラが粘り、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気のマーキークラブが入っている。

 ドラゴンカップは、父ステイゴールド、母シルヴァーカップ、母の父Almutawakelという血統。母は米GIIサンタアナHなど重賞4勝。

 ルメール騎手は「とても乗りやすくて、最後のスピードがよかった。距離もちょうどいい。芝でも同じくらい走れそう」と芝適性にも期待を寄せていた。

★9日京都2R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ドラゴンカップの関連コラム

関連コラムはありません。

ドラゴンカップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 7

先週の菊花賞はとんでもない道悪馬場になりましたが、
そんな馬場をもろともしない走りを見せたキセキがG汽織ぅ肇襪鮹ゼ茵

直線入り口付近ではクリンチャーが抜け出しそうになっていましたけど、
キセキが馬群の外から一気にクリンチャーを交わし切り、そのまま押し切りました。

週中の展望で「キセキは道悪不向き」と書いてしまい、
恥ずかしい思いをする一方、
ルーラーシップ産駒がタフな馬場を得意としている事を再確認する良い機会となりましたので、
今後の馬券検討の材料にしていかねば、と決意を新たにしています。

それにしてもキセキは圧巻のパフォーマンスでしたよね。
あの道悪で勝ち切るのですから、
来年の凱旋門賞に遠征するような事があれば、大きな期待を懸けられるのでは?と思っています。

それでは、先週の本命馬の回顧をしていきましょう。


【4回京都6日】

■1R アップファーレン 1人気9着

ペース自体はそんなに速くなかったんですけど、
外からずっとプレッシャーをかけられる展開になった事で根負けしてしまいました。
過剰人気馬に手を出してしまいました。

■2R タガノプレトリア 3人気2着

好位のポジションから上手くレースを運んでいたんですが、
勝ち馬のスピードに屈する形になりました。
ウマニティPOGの指名候補に入れていた馬ですから、そろそろ勝ち上がって欲しいんですけどね…。

■7R ダイシンカレラ 5人気9着

スタートで後手を踏んでしまった事が痛かったです。
でも、完璧なレース運びをしていたとしても勝ち負けできていたかどうか…。
中央場所だとしんどいかもしれませんが、ローカルなら何とかなるかもしれません。

■9R ワンダーアツレッタ 2人気1着

最内枠からハナを奪い、そのまま押し切りました。
この日の京都芝コースは行った行ったの決着が多かったですから、
馬場傾向を熟知した川田騎手の判断も見事だったと思います。

■10R リッチーリッチー 1人気5着

道悪馬場は大得意だったはずなんですけどね…。
得意の馬場でも、57kgのハンデじゃ厳しかった、という事なんだと思います。

■11R ウインオスカー 2人気16着

レース序盤で流れに乗れなかった事が全てですね。
オープンの壁は予想以上に高かったようです。

■12R テルペリオン 5人気1着

プラス22kgという馬体重でしたけど、
楽な感じで先行して、最後まで粘り切る、という内容の濃い勝ちっぷりでした。


【4回東京6日】

■1R ユメイチズ 2人気2着

今回も後方からの競馬になってしまいました。
直線で良い脚を使っているんですけど、
もう1列前のポジションを取る事ができれば、未勝利は勝ち上がれるレベルの馬だと思います。

■4R デルタバローズ 1人気1着

先週のダート戦を狙っていたぐらいの馬ですし、
外国産馬でもありましたから、道悪馬場が上手くフィットしましたね。
芝の高速決着では厳しそうなので、ダート替わりで今一度狙いたいです。

■8R ドラゴンカップ 9人気9着

道悪適性の高さを見込んでの◎でしたが、
早い段階でガス欠していたので、2400mという距離が長かったんだと思います。

■9R フラットレー 1人気5着

厳しい馬場状態でも、能力の違いで何とかしてほしかったんですけどね…。
今回はノーカウントで良いと思うので、次走の走りに注目です。

■10R ドラゴンシュバリエ 3人気13着

差し馬向きの展開になったとはいえ、13着というのは負けすぎです。
東京コースだと難しいのでしょうか。

■11R(富士S)エアスピネル 1人気1着

瞬発力勝負だと厳しいタイプなので、道悪は合うと思っていました。
武豊騎手のエスコートも見事でしたし、完璧な勝利だったと思います。

■12R アフターバーナー 6人気5着

良い末脚で追い込んできているんですけどね…。
さすがに脚抜きの良い馬場では難しかったようですね。


【3回新潟3日】


■10R フォイヤーヴェルク 1人気1着

着差はわずかでしたけど、レベルの違いを見せつける形での勝利だったと思います。
派手さこそありませんが、上手く軌道に乗れれば、オープンでも戦える馬なので、
今後の動向にも注目したいです。

■11R ソレイユフルール 3人気13着

レッドラウダ相手にガチンコ勝負を挑みましたが、完敗でしたね。

■12R ウインソワレ 3人気1着

外枠だったのが気掛かりでしたが、
津村騎手が積極的なレースをしてくれて、良い形で逃げ切る事ができました。


【4回京都7日】

■1R スーブレット 1人気6着

新馬戦でもスタートで遅れましたが、今回は前回以上の出遅れ…。
馬場が合わなかった、という一言で片づけられちゃいそうですけど、単純に力不足という感じもします。

■4R アントーニオ 1人気1着

追い切りで凄い時計を出していたので、
圧倒的人気になるのは分かっていましたが、人気に違わない勝ちっぷりでした。

■5R グレイル 1人気1着

こちらも追い切りで凄い動きを見せていました。
緩い馬場もこなしてくれましたし、レースセンスも高く、今後の出世が見込めそうです。

■7R エンゲルヘン 1人気12着

道悪が敗因、という事なんでしょうけど、
セレッソブランコの速い逃げにつられてしまった事も敗因だと思います。

■9R フロムマイハート 5人気5着

とにかく詰めの甘い馬なので、
キレ味がそがれる道悪馬場なら勝てるかも…と思っていましたが、
上位人気馬に地力の違いを見せつけられました。

■10R オーヴィレール 1人気3着

2番手の位置からレースを進めましたが、ニシオボヌールに並ばれたところでジ・エンド。
オープンで2着に入っていた馬なんですけどね…。

■11R(菊花賞)ウインガナドル 7人気16着

マイスタイルとアダムバローズにリズムをかき乱された事がかなり痛かったです。
でも、マイペースで逃げていても、スタミナ負けしていたと思います。

■12R オウケンビリーヴ 1人気1着

不良馬場で差し切れるのかどうか微妙…と考えていましたが、
道中の位置取りはいつもより前めでしたし、直線でもしっかりとした脚を使ってくれました。
福永騎手とのコンビでパフォーマンスを上げるタイプですから、今後も福永騎手が騎乗した時に狙いたいです。


【4回東京7日】

■1R ワンダーツー 1人気2着

大事に乗りすぎた感じがしますけど、
追い出しを待ったわりには全然伸びていませんからね。
着差以上に勝ち馬との実力差を感じる敗戦でした。

■7R アオテン 2人気11着

道中で行き脚がつかず、何もできないまま凡退。
地方で勝ち上がってきたとはいえ、JRAで未勝利に終わった馬ですからね。
砂を被らない外枠だったら変わり身があるかもしれませんけど、まだまだクラス慣れが必要だと思います。

■8R エメラルスター 3人気6着

道悪実績があるこの馬で勝負したんですけど、どうにもならなかったですね。
馬体重が絞れていなかったので、調子自体も悪かったんでしょうし、
1000万下で通用する地力も備わっていないようです。

■10R ショウナンマルシェ 4人気6着

こちらも道悪適性を見込んでの本命抜擢でしたが、
2番手の位置から全く伸びませんでしたね。
道悪でもよーいドンの末脚勝負になると、さすがに苦しいです。

■11R サンライズソア 1人気3着

オープン特別で2戦連続3着。
現3歳ダート路線のレベルが微妙なのは分かっていましたが、
今回のメンバーで勝ち切れないとなると、オープンではちょっと厳しいかもしれませんね。
よく頑張った3着ではなく、残念な3着、という認識です。

■12R リヴェルディ 1人気2着

吉田兄弟の叩き合いになりましたが、弟の隼人騎手が騎乗したリヴェルディは惜敗の2着。
相手も強かったですし、1000万下ならいつでも勝ち上がれる器だと思います。


【3回新潟4日】

■7R モズアトラクション 1人気1着

前走の1000万下で凄い追い込みを見せていましたから、
500万下なら楽に勝ち切れる、と考えていました。

■10R フィーリングハート 8人気10着

前残りの展開を願って、先行馬のこの馬を本命にしましたが、
直線に向く前に手応えがなくなり、タイムオーバーになってしまいました。

■11R ゼンノサーベイヤー 2人気7着

果敢に先行しましたけど、他馬との実力差を感じざるを得ない負け方でした。
クラス慣れが必要ですね。

■12R ブロワ 6人気1着

道中で他馬に絡まれる場面こそありましたが、
こちらの思惑通りの逃げ切り勝ちを決めてくれました。


二桁着順に敗れた馬が目立っていますね。

道悪適性を徹底的にリサーチしてこの結果ですから、
反省が残る週末になってしまいました。

今週こそは良いお天気で競馬をやってほしいんですけど、
また台風が来ていますからね。
今週も道悪馬場になってしまうかもしれません。

 馬券のAエース 2017年10月20日(金) 19:39
【土曜の格上馬】+富士S♪ 
閲覧 192ビュー コメント 0 ナイス 6

吉田 豊≪騎手≫〔通算1200勝〕
中内田 充正≪調教師≫〔通算100勝〕※史上最速記録
ノースヒルズ≪馬主≫〔通算200勝〕
メモリアル達成♪♪おめでとうございますm(_ _)m

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
川島 信二≪騎手≫〔現在299勝〕
高倉 稜≪騎手≫〔現在199勝〕サイタスリーレッド・ノーブルマーズ
中村 均≪調教師≫〔現在699勝〕
大久保 龍志≪調教師≫〔現在399勝〕ブルミラコロ ダノンブライト
島川 隆哉≪馬主≫〔現在499勝〕
岡田 牧雄≪馬主≫〔現在399勝〕マラードザレコード ノーモアサイレンス

///////////////

【土曜の格上馬】
京都1R…アップファーレン
京都2R…バイラ
京都3R…アドマイヤアルバ
東京3R…エスターテ
京都8R…レッドコルディス

【厩舎&騎手】高確率メソッド
東京2R:◆マリームーン  ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京4R:◆マルケッサ  ルメ&池江〔複勝率〕52.2%
東京5R:◆オブセッション  ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京7R:◆ラボーナ  ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京8R:◆アジュールローズ ルメ&古賀〔複勝率〕75.0%
東京8R:◆アドマイヤロブソン 戸崎&友道〔複勝率〕47.8%
東京8R:◆ドラゴンカップ 福永&角居〔複勝率〕47.4%
東京8R:◆ヘリファルテ デム&堀〔複勝率〕42.0%
東京9R:◆タニノフランケル 福永&角居〔複勝率〕47.4%
東京9R:◆フラットレー  ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京10R:◆ガンサリュート 福永&安田〔複勝率〕49.3%
東京10R:◆シャドウチェイサー  ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
東京12R:◆メイショウジーク 福永&中内田〔複勝率〕45.7%
東京12R:◆レレマーマ  ルメ&国枝〔複勝率〕64.5%

ルメール&藤沢で5鞍(*^^*) 東京コースではここぞとばかりに有力馬投入!
ほとんど専属契約ですね(笑)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【富士S】東京1600m

≪馬指数≫
1位:〔90〕イスラボニータ
2位:〔86〕ゥ撻襯轡▲鵐淵ぅ
3位:〔85〕.汽肇離▲譽
※3歳補正含むなので、通常なら84でΕ┘▲好團優襪2位

≪タイム指数≫
1位:〔67.9〕クルーガー
2位:〔68.0〕イスラボニータ
3位:〔68.4〕Ε┘▲好團優

≪LAP一致度≫
ブラックムーン ぅリバルディ

※10/18に≪攻略ポイント≫更新しています。
過去13年で3連単100万以上2回、10万以上7回と『荒れる』傾向
ですが、近年はG亀蕕稜呂僚仭馬が増え、割と固め。
今年もそんなメンバー構成ですが、どうなりますかね?
近5年は3・4・5歳での決着!6歳イスラボニータがポイント(=^o^=)b
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今週もメモリアルが面白そう\(*⌒0⌒)b♪
台風や馬場コンディションは今考えても仕方ない。
その場の判断、経験で乗り切りましょう♪

[もっと見る]

 ベスト タイムズ 2017年7月12日(水) 04:39
712 シンガポールターフクラブ賞
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 4

2017年7月16日(日)3回中京6日目

10R シンガポールターフクラブ賞

芝・左 2000m サラ系3歳以上1000万下 (混合)(特指) 定量

カラビナ

タニノアーバンシー

ドラゴンカップ

.

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドラゴンカップの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ドラゴンカップの写真

投稿写真はありません。

ドラゴンカップの厩舎情報 VIP

2017年10月21日3歳以上1000万下9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドラゴンカップの取材メモ VIP

2017年7月1日 3歳以上500万下 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。