最新競馬ニュース

【共同通信杯】レースの注目点

SANSPO.COM:2018年2月7日(水) 17:54

 756

★連覇かかるハーツクライ産駒 グレイルゴーフォザサミットが登録



 昨年の共同通信杯(GIII)は、ハーツクライ産駒のスワーヴリチャードが勝ち、同馬はその後 日本ダービーで2着に善戦した。今年の共同通信杯にはグレイル(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎)、ゴーフォザサミット(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)とハーツクライ産駒が2頭登録しているが、今年も同産駒が共同通信杯を制してクラシックの有力候補に名乗りを挙げることができるだろうか。



 グレイルは新馬→京都2歳S(GIII)を連勝しており、登録馬の中で唯一の重賞勝ち馬。同馬は京都2歳Sで、後にホープフルS(GI)を勝つタイムフライヤーにアタマ差競り勝って重賞タイトルを手にしたが、共同通信杯で重賞連勝を遂げることができるか注目だ。



 また、ゴーフォザサミットは百日草特別(500万下)を勝って以来、約3カ月ぶりの出走となる。百日草特別の連対馬は、その後に重賞を勝つ馬が数多く出ており、2016年の1、2着馬はともに重賞勝ち馬となっている。



 なお、グレイルには武豊騎手、ゴーフォザサミットには田辺裕信騎手が騎乗する予定となっている。

★重賞初V狙う21年目の中谷騎手 ホープフルS3着ステイフーリッシュに騎乗



 デビュー21年目の中谷雄太騎手が、共同通信杯(GIII)で重賞初制覇を狙う。同騎手は1998年デビューで、同期には池添謙一騎手、太宰啓介騎手などがおり、2月5日現在、JRA通算3953戦157勝という成績を挙げている。



 中谷騎手は、今年すでに5勝を挙げる好スタートを切っており、共同通信杯ではホープフルSで3着に善戦したステイフーリッシュ(牡3歳、栗東・矢作芳人既舎)に騎乗する予定。中谷騎手はJRA通算157勝の約1/5にあたる31勝を矢作調教師の管理馬で挙げているが、悲願の重賞初制覇を遂げることができるだろうか。



共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

ナイス (2)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月18日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月17日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る