会員登録はこちら

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜関屋記念2017〜

第52回 関屋記念 G3

2017年8月13日()新潟11R 芝1600m 16頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 2 3 95.9 マルターズアポジー 牡5 57.0 武士沢友 堀井雅広 美浦 528(0) 12.1 7 1.32.2
2 8 15 94.8 ウインガニオン 牡5 57.0 津村明秀 西園正都 栗東 494(0) 6.6 4 1.32.4 1 1/4
3 5 10 96.8 ダノンリバティ 牡5 56.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 526(0) 9.4 5 1.32.4 クビ
4 6 11 97.9 ヤングマンパワー 牡5 57.0 石橋脩 手塚貴久 美浦 532(+16) 11.0 6 1.32.5 1/2
5 1 1 96.9 ダノンプラチナ 牡5 56.0 蛯名正義 国枝栄 美浦 492(+12) 12.8 8 1.32.5 アタマ
6 7 14 97.0 ロードクエスト 牡4 56.0 池添謙一 小島茂之 美浦 454(-8) 6.1 2 1.32.5 クビ
7 3 5 97.9 ロサギガンティア 牡6 57.0 大野拓弥 藤沢和雄 美浦 534(-4) 100.8 14 1.32.7 1 1/4
8 1 2 97.3 レッドレイヴン 牡7 56.0 北村宏司 藤沢和雄 美浦 516(-4) 167.5 15 1.32.7 アタマ
9 4 7 96.3 ショウナンバッハ 牡6 56.0 柴田善臣 上原博之 美浦 448(+4) 182.5 16 1.32.7 ハナ
10 8 16 96.8 ウキヨノカゼ 牝7 55.0 吉田隼人 菊沢隆徳 美浦 488(-2) 29.0 11 1.32.7 アタマ
11 2 4 95.9 トーセンデューク 牡6 56.0 小崎綾也 藤原英昭 栗東 450(-2) 71.7 13 1.32.9 3/4
12 3 6 98.2 メートルダール 牡4 56.0 M.デムー 戸田博文 美浦 476(+6) 4.2 1 1.33.3 2 1/2
13 4 8 89.6 オールザゴー 牡3 53.0 内田博幸 矢作芳人 栗東 478(-2) 26.3 10 1.33.3 アタマ
14 7 13 97.9 マイネルハニー 牡4 56.0 柴田大知 栗田博憲 美浦 480(+2) 17.2 9 1.33.3 アタマ
15 6 12 98.1 ブラックムーン 牡5 56.0 川田将雅 西浦勝一 栗東 504(+2) 6.4 3 1.33.6 1 3/4
16 5 9 96.2 クラリティスカイ 牡5 56.0 横山典弘 斎藤誠 美浦 500(+4) 36.4 12 1.33.7 3/4
ラップタイム 12.4-11.1-11.7-11.4-11.3-11.1-11.0-12.2
前半 12.4-23.5-35.2-46.6-57.9
後半 57.0-45.6-34.3-23.2-12.2

■払戻金

単勝 3 1,210円 7番人気
複勝 3 500円 9番人気
15 300円 5番人気
10 270円 4番人気
枠連 2-8 5,010円 22番人気
馬連 3-15 7,180円 31番人気
ワイド 3-15 2,480円 32番人気
3-10 2,080円 30番人気
10-15 1,170円 12番人気
馬単 3-15 13,300円 59番人気
3連複 3-10-15 22,140円 80番人気
3連単 3-15-10 131,710円 499番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

関屋記念関連記事

【古馬次走報】マルターズアポジー、京成杯AHを視野
 ★関屋記念を逃げ切ったマルターズアポジー(美・堀井、牡5)は、京成杯AH(9月10日、中山、GIII、芝1600メートル)を視野に調整。ここには3着ダノンリバティ(栗・音無、牡5)と僚馬ブラックスピネル(牡4、吉田隼騎手を予定)、5着ダノンプラチナ(美・国枝、牡5)、6着ロードクエスト(美・小島茂、牡4)などが予定。 ★関屋記念2着ウインガニオン(栗・西園、牡5)は、ビッグレッドファーム鉾田で休養してマイルCS(11月19日、京都、GI、芝1600)へ。鞍上は引き続き津村騎手で。15着のブラックムーン(栗・西浦、牡5)は、富士S(10月21日、東京、GIII、芝1600メートル)を視野に。 ★関屋記念14着マイネルハニー(美・栗田博、牡4)は、放牧を挟んでポートアイランドS(10月1日、阪神、OP、芝1600メートル)へ。 ★アイビスSDを勝ったラインミーティア(美・水野、牡7)は、産経賞セントウルS(9月10日、阪神、GII、芝1200メートル)へ。 ★新潟日報賞勝ちのアポロノシンザン(美・鈴木伸、牡5)は信越S(10月15日、新潟、OP、芝1400メートル)へ。 ★オークス16着ホウオウパフューム(美・奥村武、牝3)とカリビアンゴールド(美・小島太、牝3)は、紫苑S(9月9日、中山、GIII、芝2000メートル)に向かう。 ★レパードS14着イブキ(美・奥村武、牡3)は、セントライト記念(9月18日、中山、GII、芝2200メートル)へ。ここには稲城特別勝ちのサンデームーティエ(美・谷原、牡3)や知床特別勝ちのローリングタワー(美・伊藤伸、牡3)も参戦の可能性がある。 ★エルムS2着のテイエムジンソク(栗・木原、牡5)は、放牧をはさんで、みやこS(11月5日、京都、GIII、ダ1800メートル)を視野に。 ★阿蘇S2着のブライトアイディア(栗・宮、牡7)は、エニフS(9月9日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。 ★ジャパンダートダービー2着から休養中のサンライズソア(栗・河内、牡3)は、神戸新聞杯(9月24日、阪神、GII、芝2400メートル)か、シリウスS(9月30日、阪神、GIII、ダ2000メートル)。 ★HTB賞で3勝目を挙げたディアドラ(栗・橋田、牝3)は、紫苑S(9月9日、中山、GIII、芝2000メートル)から秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)に向かう。
2017年8月16日(水) 05:03

 2,229

【関屋記念】アポジー、マイルでも逃げ切った!
 第52回関屋記念(13日、新潟11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)サマーマイルシリーズ第2戦は、中距離からマイル路線へ矛先を向けてきた7番人気のマルターズアポジーが鮮やかに逃げ切って重賞3勝目を飾った。タイム1分32秒2(良)。4連勝を狙った4番人気ウインガニオンが1馬身1/4差の2着。1番人気メートルダールは末脚不発に終わり、12着に敗れた。 混戦のマイル界に新星の誕生だ。現役きっての快速馬マルターズアポジーが、初挑戦のマイル重賞を圧倒的なスピードで支配。日本一長くて過酷な新潟の直線も、後続に並びかけることすら許さず逃げ切った。 「同型との兼ね合いがあったけど、うまくいった。2000メートルでは展開やコース形態に助けられたこともあったけど、マイルで本領発揮でした。(自身も)また新潟で重賞を勝ててうれしい」 相棒の強いレースぶりを笑顔でたたえた武士沢騎手。新潟では2008年新潟記念(アルコセニョーラ)以来2度目の重賞Vとなった。 前走の七夕賞では序盤に競りかけられて11着に大敗したが、今回は抜群のスタートダッシュで他の同型を黙らせた。前半3ハロン35秒2と遅めのペースで入り、そこから鞍上がジワジワとペースアップする絶妙なリードを披露。後続との差を広げて直線に向くと、ラスト1ハロンは右ムチの叱咤(しった)に応えて、ウインガニオンの追撃を1馬身1/4差で振り切った。 満面の笑みで人馬を迎えた堀井調教師も「もともと1600メートルが最適の距離だと思っていた。ベストの舞台で実力を発揮できた」と路線転向に確信を得た様子。全22戦で一度も他馬にハナを譲ったことがない愛馬に「スピード自体が他と違いすぎる。その持ち味はフルに生かした方がいい」と今後も小細工なしで、身上の速力を存分に発揮させるつもりだ。 「これからメンバーが強くなっていくけど、克服してほしい」と武士沢騎手。次走は未定だが、今後もマイル路線を歩むことは決定済み。ターゲットとなるのはサマーマイルシリーズ最終戦の京成杯AH(9月10日、中山、GIII、芝1600メートル)あたりか。 マルターズアポジーという新風が吹き込んだマイル界は、ますます盛り上がりそうだ。 (板津雄志)★13日新潟11R「関屋記念」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年8月14日(月) 05:05

 2,045

【関屋記念】ガニオン、重賞連勝ならず2着
 第52回関屋記念(13日、新潟11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)4番人気ウインガニオンが2着。中京記念に続く重賞連勝はならなかった。レースはマルターズアポジーを行かせてマイペースの2番手。直線はジワジワと差を詰めてきたが、なかなか差が詰まらず1馬身1/4差で涙をのんだ。「いい展開だと思ったが、最後はこちらが止まってしまった。頑張っているんですけどね」と津村騎手。西園調教師は「(春から)4回も使ったからね。これで放牧に出して少し休ませます」と話していた。★13日新潟11R「関屋記念」の着順&払戻金はこちら
2017年8月14日(月) 05:04

 1,496

【関屋記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆石橋騎手(ヤングマンパワー4着) 「いいポジションで競馬ができた。直線に向いて一瞬、捕らえられるかという感じだった」 ◆蛯名騎手(ダノンプラチナ5着) 「直線は突き抜けるかと思ったが、あと100メートルで止まった。それでも地力は見せたし、順調に使っていければ」 ◆池添騎手(ロードクエスト6着) 「返し馬からいい雰囲気で、いつもより攻める競馬で中団から。ただ、前が残る展開ではつらい」 ◆大野騎手(ロサギガンティア7着) 「スパッと切れる脚はないが、最後はジリジリ伸びている」 ◆北村宏騎手(レッドレイヴン8着) 「スタートがうまく決まって、スムーズに回って来られた。だいぶ復調している」 ◆柴田善騎手(ショウナンバッハ9着) 「しっかりと脚を使って、マイルにも対応できている」 ◆吉田隼騎手(ウキヨノカゼ10着) 「具合はよかったし、しまい勝負に徹したが、前が残る流れでは…」 ◆小崎騎手(トーセンデューク11着) 「馬群を縫っていく競馬をした方がよかった」 ◆内田騎手(オールザゴー13着) 「3〜4コーナーで他馬に寄られてぶつかりそうになった」 ◆柴田大騎手(マイネルハニー14着) 「いい位置で折り合えたが、仕掛けてからがさっぱり。敗因がわからない」 ◆川田騎手(ブラックムーン15着) 「3〜4コーナーで外に逃げていて、直線は一瞬伸びたがすぐに止まってしまいました」★13日新潟11R「関屋記念」の着順&払戻金はこちら
2017年8月14日(月) 05:04

 2,284

関屋記念のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る