会員登録はこちら
安田記念 G1   日程:2018年6月3日()  東京/芝1600m

安田記念データ分析

コース図東京芝1600m

春のマイル王者決定戦として、東京G1連続開催のトリを飾る安田記念。ステップ別では、前走G1組(海外含む)の好走率が高く、2008年以降は5勝を含む8連対という高値安定の成績を誇る。なかでも、当日1番人気に推された馬は【3.1.0.1】。軸馬の最有力候補となる。ただし、ヴィクトリアマイルを経由してきた馬は不振で、好走例は2008〜2009年に連覇を果たしたウオッカ1頭しかいない。同馬は牝馬でありながらダービーを制した傑出馬であり、レアケースととらえたほうが賢明。牝馬限定戦をステップに臨んだ馬は、割り引いて然るべきだろう。レースが行われる東京1600mは、最初のコーナーまでの距離が500m以上と長く、ポジション争いはそれほど激しくならない。ゆえに、展開的な紛れの少ないコース形態と言えよう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
1998年以降、1番人気はわずか5勝。その顔ぶれを見ると、タイキシャトル、ウオッカ、ロードカナロア、ジャスタウェイなどの名馬がズラリ。それ相応の実績もしくは能力を備えた馬でなければ、勝ちきるまでには至らない。人気サイドの信頼度は決して高くはなく、1〜3番人気の複勝率はいずれも50%割れの低空飛行。6番人気以下が9勝もしていることからもわかるように、波乱傾向の強さはかなりのものである。なかでも目立つのは、中穴ゾーンである6〜9番人気の強さ。単勝&複勝回収率が100%超のうえ、勝率、連対率、複勝率も好水準を誇る。買い材料のある馬がいれば、積極的に狙っていきたい。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 5-2-1-12 25.0% 35.0% 40.0% 62.5% 57.5%
2番人気 3-2-0-15 15.0% 25.0% 25.0% 76.0% 48.5%
3番人気 1-3-4-12 5.0% 20.0% 40.0% 32.0% 113.0%
4番人気 2-1-1-16 10.0% 15.0% 20.0% 135.5% 56.0%
5番人気 0-2-3-15 0.0% 10.0% 25.0% 0.0% 96.5%
6〜9番人気 8-5-5-62 10.0% 16.3% 22.5% 190.0% 117.6%
10番人気以下 1-5-6-155 0.6% 3.6% 7.2% 23.9% 74.5%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 3-2-0-0 60.0% 100.0% 100.0% 96.0% 114.0%
2.0〜2.9倍 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
3.0〜4.9倍 4-1-1-13 21.1% 26.3% 31.6% 85.3% 57.4%
5.0〜7.9倍 2-4-2-26 5.9% 17.6% 23.5% 38.5% 63.2%
8.0〜14.9倍 5-5-6-39 9.1% 18.2% 29.1% 107.8% 106.2%
15.0〜19.9倍 2-3-1-23 6.9% 17.2% 20.7% 115.5% 103.1%
20.0〜49.9倍 4-3-8-86 4.0% 6.9% 14.9% 125.0% 99.5%
50.0倍以上 0-2-2-98 0.0% 2.0% 3.9% 0.0% 64.6%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 3,690円 170円 1,145円
複勝 2,200円 110円 477円
枠連 8,630円 290円 1,907円
馬連 18,730円 290円 7,304円
ワイド 25,990円 170円 3,666円
馬単 26,640円 460円 13,037円
3連複 92,530円 4,100円 43,478円
3連単 468,600円 10,000円 230,865円

【脚質】
脚質別の成績を見ると、先行と差しがおおむね互角の成績。2008年以降は4角10番手以下で通過した馬が14頭も馬券に絡んでいるので、後方待機勢にもチャンスはある。それを裏付けているのが、前走の上がり3ハロン1〜2位馬の成績だ。3着以内馬30頭のうち過半数の15頭を該当馬が占めている。差し優勢の東京コースらしく、決め手の鋭い馬が幅を利かせる舞台と言えよう。逃げの連対率と単勝回収率は頭ひとつ抜けているが、これは2016年1着→2017年2着のロゴタイプが大きく引き上げたもの。1998年以降、同馬以外で馬券に絡んだ逃げ馬は1頭しかいない。こうした傾向を鑑みると、逃げ脚質はマイナス材料と考えたほうが無難である。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 1-2-0-17 5.0% 15.0% 15.0% 184.5% 64.0%
先行 5-5-5-56 7.0% 14.1% 21.1% 80.7% 121.8%
差し 11-8-7-135 6.8% 11.8% 16.1% 71.5% 78.2%
追込 3-5-8-79 3.2% 8.4% 16.8% 46.1% 71.2%

【枠順】
枠順別成績では2枠が勝率トップだが、他枠との差はわずか。連対率と複勝率は分散されている印象が強く、「枠順の有利不利は少ない」というのが結論になる。ただし、1〜4枠の単勝&複勝回収率が妙に低いのは気になるところで、対する5〜8枠はいずれも高水準で推移している。こうした傾向を考慮すると、期待値の面では内枠よりも中〜外枠が上位と認識できる。ゆえに、取捨に迷った場合は中〜外枠を重視するスタンスのほうが、好結果につながる可能性は高くなりそうだ。「中〜外枠から中団〜好位のポジション→速い上がりを繰り出せそうな馬」は、人気薄でも必ず押さえておきたい。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 2-2-2-32 5.3% 10.5% 15.8% 15.0% 41.6%
2枠 4-1-3-30 10.5% 13.2% 21.1% 63.9% 88.9%
3枠 2-2-1-34 5.1% 10.3% 12.8% 20.0% 30.5%
4枠 1-0-3-35 2.6% 2.6% 10.3% 31.5% 69.7%
5枠 3-5-1-31 7.5% 20.0% 22.5% 106.5% 122.8%
6枠 1-4-3-32 2.5% 12.5% 20.0% 99.8% 153.5%
7枠 4-2-2-47 7.3% 10.9% 14.5% 128.5% 59.6%
8枠 3-4-5-46 5.2% 12.1% 20.7% 85.9% 104.8%

【血統】
血統面については、ハッキリ優秀と言える種牡馬の存在が皆無の状況。従って、ここでは好走率の高い系統をピックアップしていきたい。2008年以降は、父ロベルト系の活躍が顕著で、2007〜2008年のウオッカ(父タニノギムレット)、2012年のストロングリターン(父シンボリクリスエス)、2015年のモーリス(父スクリーンヒーロー)と4勝。2〜3着も5回を数える盛況ぶりだ。当然ながら、父サンデーサイレンス系の好走例も多い。とりわけ母父ノーザンダンサー系との相性は抜群で、2勝を含む3着以内馬8頭を輩出。2013年以降は5年連続で馬券に絡んでおり、安定度という面では前述した父ロベルト系を上回る。ほかでは、サクラバクシンオーなどが属する父プリンスリーギフト系も侮れない。馬券に絡んだ馬はすべて8番人気以下で、2桁人気の激走も2回を数える、穴党にとっては垂涎の的。該当馬の出走があれば、必ずマークしておきたい。

◆同コース種牡馬別成績(東京競馬場/芝/1600m/過去5年)集計期間:2012/11/26〜2017/11/26

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ディープインパクト 68-53-40-288 15.1% 26.9% 35.9% 57.7% 83.6%
2 ダイワメジャー 29-21-25-190 10.9% 18.9% 28.3% 74.3% 80.1%
3 ハーツクライ 23-14-8-161 11.2% 18.0% 21.8% 72.2% 58.3%
4 キングカメハメハ 17-20-12-177 7.5% 16.4% 21.7% 46.2% 58.0%
5 ステイゴールド 16-12-22-134 8.7% 15.2% 27.2% 102.8% 93.2%
6 クロフネ 12-8-4-65 13.5% 22.5% 27.0% 121.0% 105.2%
7 ネオユニヴァース 10-10-13-108 7.1% 14.2% 23.4% 63.6% 73.3%
8 シンボリクリスエス 9-10-11-101 6.9% 14.5% 22.9% 95.9% 77.6%
9 ハービンジャー 8-4-12-54 10.3% 15.4% 30.8% 35.0% 57.2%
10 メイショウサムソン 7-7-3-48 10.8% 21.5% 26.2% 236.8% 108.3%

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る