会員登録はこちら
U指数コラムを見る

レース動画

動画はまだ公開されていません

安田記念関連記事

昨年の安田記念馬サトノアラジンが引退、種牡馬に
 2017年のGI安田記念を制したサトノアラジン(栗東・池江泰寿厩舎、牡7歳、父ディープインパクト)が1月5日付でJRAの競走馬登録を抹消した。通算成績は29戦8勝(うち海外3戦0勝)。重賞は2016年GII京王杯SC、GIIスワンSも勝ち、計3勝。獲得賞金は4億5090万3000円(すべて国内)。今後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。★サトノアラジンの競走成績はこちら
2018年1月5日(金) 21:06

 252

サトノアラジン引退…10日香港マイルがラストラン
 【香港6日=山口大輝】10日に香港国際競走がシャティン競馬場で行われる。香港マイル(GI、シャティン、芝1600メートル)に出走予定の安田記念の勝ち馬サトノアラジン(栗・池江、牡6)が、このレースを最後に引退することがわかった。ラストランへ向け、7日に最終追い切りを行う。 現役屈指の豪脚の持ち主がターフを去る。今年の安田記念を差し切ってGI初制覇を成し遂げたサトノアラジンが香港マイルを最後に引退し、種牡馬入りすることが池江調教師から発表された。 「今回が引退レースとなるのでアラジンらしいレースをしてもらいたい。無事にというだけでなく、最後に勲章をあげられたらいいですね。ステイゴールドのときのように、有終の美を飾れるようにと思っています」 指揮官がラストランへの意気込みを語った。ステイゴールドは父の池江泰郎元調教師の管理馬で引退レースの香港ヴァーズでGI初V。名馬を引き合いに出して“有終V”への思いを強くする。 引退後の繋養先は未定だが、明るい種牡馬生活を送るためにも「この1戦で(種牡馬としての価値が)大きく変わってくると思います」と大事なレースであることを強調した。この日はAWコースを1周。雄大なフットワークで、好調をアピールし、7日に芝コースで行われる最終追い切りに備えた。★サトノアラジンの競走成績はこちら
2017年12月7日(木) 05:07

 395

【香港国際競走】レースの注目点
★今年は菊花賞馬キセキなど計8頭の日本馬が出走予定  10日、香港のシャティン競馬場では香港国際競走が実施される。日本からは8頭が、4つのレースに登録している。芝2000メートルのGI香港カップには、春のクイーンエリザベスII世C(香港)に続く海外GI・2勝目を狙うネオリアリズム(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)など3頭が出走を予定している。 この他にも芝1200メートルのGI香港スプリントには、春秋のスプリントGIで2着に入ったレッツゴードンキ(牝5歳、栗東・梅田智之厩舎)など2頭、芝1600メートルのGI香港マイルには、今年の安田記念を制したサトノアラジン(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)、芝2400メートルのGI香港ヴァーズには、菊花賞馬キセキ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)など2頭が出走を予定している。 また、香港国際競走は、日本国内で勝馬投票券の発売が実施される。発売はインターネット投票に限定して行われ、「A・PAT会員」および「即PAT会員」が対象。発売開始時刻は10日の午前10時、締切時刻は各競走の発走予定時刻の4分前となる。★【香港C】日本馬が2年連続で優勝 今年はネオリアリズムなど3頭が出走予定 香港カップでは、2015年エイシンヒカリ、2016年モーリスと日本馬が2年連続で優勝。今年はネオリアリズム(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)、ステファノス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)、スマートレイアー(牝7歳、栗東・大久保龍志厩舎)の3頭が出走を予定しているが、日本勢は3年連続で香港Cを制すことができるだろうか。 4月のクイーンエリザベスII世C(香港)に続く海外GI制覇がかかるネオリアリズムを管理する堀宣行調教師は、歴代トップの海外GI・6勝をマークしており、香港国際競走では2015年に香港マイル、2016年には香港ヴァーズと香港Cを制している。 また、ステファノスは今回が4度目の香港遠征となる。2015年にはクイーンエリザベスII世Cで2着、昨年は香港C3着という成績を挙げているが、悲願のGI制覇を海外で遂げることができるだろうか。Vなら、同馬を管理する藤原英昭調教師は海外GI初制覇となる。 スマートレイアーには武豊騎手が騎乗する予定で、同馬が勝てば、日本の7歳馬による海外GI制覇はステイゴールド(2001年香港ヴァーズ)、リアルインパクト(2015年ジョージライダーS)以来3頭目、武騎手は海外GI・10勝目となる。★【香港C】地元・香港勢は前年2着馬など4頭が参戦 欧州からも6頭が遠征 香港Cは2015・16年と日本馬が2連勝中だが、2011〜14年にかけては地元・香港勢が4連勝を遂げている。今年の香港勢は、昨年2着のシークレットウェポン(セン7歳、C・イプ厩舎)、前哨戦のGIIジョッキークラブCを制したワーザー(セン馬6歳、J・ムーア厩舎)など4頭が出走を予定している。 なお、前走・ジョッキークラブC組は、前身のインターナショナルカップトライアル時代も含めると、過去10年間で4勝、2着6回という成績を挙げている。また、今年の香港Cには、欧州からドーヴィル(牡4歳、愛・A・オブライエン厩舎)など6頭が参戦する予定で、Vなら、欧州勢の香港C制覇は2010年スノーフェアリー(英)以来7年ぶりとなる。★【香港マイル】3年連続の香港遠征サトノアラジン、春のマイル王の実力示せるか 今年のGI安田記念勝ち馬サトノアラジン(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)が、海外 GI初制覇を狙う。同馬は秋初戦の毎日王冠では2着に入ったが、その後は天皇賞・秋18着、マイルCS12着と二桁着順が続いている。 サトノアラジンは3年連続の香港国際競走参戦で、2015年は香港Cに出走して11着、2016年は香港マイルに出走して7着という成績だが、三度目の正直で海外GI初制覇を遂げることができるだろうか。Vなら、同馬を管理する池江泰寿調教師は海外GI初制覇で、父・池江泰郎元調教師(2001年香港ヴァーズ優勝)に続き親子での海外GI制覇となる。★【香港マイル】過去10年で地元・香港勢が9勝 連覇狙うビューティーオンリーなどが出走 GI香港マイルの過去10年の優勝馬を見ると、地元の香港勢が強さを誇っており、遠征馬の優勝は2015年のモーリスのみとなっている。今年の香港勢は、連覇を狙うビューティーオンリー(セン6歳、A・クルーズ厩舎)、前哨戦のGIIジョッキークラブマイルを制したシーズンズブルーム(セン5歳、C・シャム厩舎)などが出走予定だが、今年も香港勢は勝利を挙げることができるだろうか。 ビューティーオンリーを管理するクルーズ調教師は香港国際競走で歴代トップの8勝を挙げており、香港マイルでも3勝をマークしている。
2017年12月5日(火) 16:58

 1,471

【マイルCS】豪華2頭出し!池江師「良馬場でやりたい」
 秋のマイル王決定戦「第34回マイルCS」は、春の安田記念好走馬に上がり馬&3歳勢が加わり、見どころたっぷりのレースとなりそうだ。その安田記念を制したサトノアラジンで春秋GIのタイトル奪取を目指す池江泰寿調教師(48)は、皐月賞2着ペルシアンナイトと豪華2頭出し。ともに前走は道悪で能力を発揮できなかっただけに、良馬場での逆襲を期待している。 −−安田記念馬サトノアラジンは毎日王冠2着から、極悪馬場の天皇賞でしんがりの18着 池江泰寿調教師「少しでも雨が降るとダメ。道中ノメって危ないシーンがあったので、無事に回ってこれただけで安心した。運がなかったとしかいえません」 −−この中間は 「目一杯のパフォーマンスができなかったのであまりダメージはなかった。中2週だし少し慎重な調整になったけど、もう少しやっても良かったかな、と思っているくらいです」 −−最終追いはCWコースでラスト1F11秒7をマークして最先着 「3頭併せで予定どおり。前走が生涯最高のデキじゃないかと思っていたけど、その状態をキープしています。いつものアラジンという感じ」 −−昨年は5着。その間に待望のGIホースとなった 「メンタルな部分はもともと大人びていたけど、1年前はまだ背中や腰に疲れが残るところがあった。そのへんが強くなりました」 −−春秋マイル王の可能性は 「天皇賞は苦手な(道悪)馬場で期待を裏切った。今週も土曜は雨予報だけど、日曜は好天のようなので、何とか良馬場でやりたい。アラジンの競馬を見せたいと思っています」 −−3歳の皐月賞2着馬ペルシアンナイトはダービー以来だった前走の富士Sが、古馬相手、道悪、久しぶりのマイル戦だった 「それに休み明けでしたから。それで5着だったので、改めて“走るな”と思いました。こちらが思っていた以上の競馬をしてくれたと思う」
2017年11月16日(木) 11:19

 2,612

安田記念のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る