注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

トリップ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  芦毛 2009年4月18日生
調教師松田博資(栗東)
馬主大八木 信行
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績17戦[4-3-0-10]
総賞金9,908万円
収得賞金3,465万円
英字表記Trip
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
ビーポジティブ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
フェアリードール
兄弟 ラルプデュエズシルバーポジー
前走 2014/04/06 ダービー卿チャレンジ G3
次走予定

トリップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
14/04/06 中山 11 ダービー卿T G3 芝1600 166116.6316** 牡5 56.0 横山典弘松田博資510(-2)1.38.8 4.240.9カレンブラックヒル
13/12/14 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 1761110.661** 牡4 56.0 川田将雅松田博資512(0)1.33.6 -0.034.8レッドアリオン
13/11/23 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 185955.2112** 牡4 56.0 横山典弘松田博資512(+4)1.33.2 0.034.1サトノギャラント
13/10/27 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 1144----** 牡4 56.0 和田竜二松田博資---- ------ミヤジタイガ
13/10/05 京都 10 大原S 1600万下 芝2000 10114.121** 牡4 57.0 川田将雅松田博資508(+6)1.59.2 -0.033.8エディン
13/04/07 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 1371016.478** 牡4 56.0 川田将雅松田博資502(0)2.29.3 0.736.7⑤⑦⑤レッドデイヴィス
13/03/24 阪神 11 六甲S OP 芝1600 183515.267** 牡4 56.0 丸山元気松田博資502(0)1.34.5 0.534.2シャイニーホーク
13/03/03 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 16366.245** 牡4 56.0 岩田康誠松田博資502(0)1.47.1 0.435.1⑦⑥エアソミュール
12/12/24 名古 10 名古屋GP G2 ダ2500 11--------5** 牡3 54.0 小牧太松田博資502(--)2.43.0 2.7----エーシンモアオバー
12/11/11 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 162310.757** 牡3 55.0 田辺裕信松田博資504(+8)1.36.9 0.536.0⑥⑥イジゲン
12/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18818100.51516** 牡3 57.0 小牧太松田博資496(+1)3.09.6 6.742.6ゴールドシップ
12/07/11 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 11--------2** 牡3 56.0 小牧太松田博資495(--)2.05.5 0.2----ハタノヴァンクール
12/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18612173.4167** 牡3 57.0 田辺裕信松田博資494(-2)2.24.3 0.534.7⑥⑥⑥⑤ディープブリランテ
12/04/15 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 182338.7712** 牡3 57.0 田辺裕信松田博資496(+4)2.02.4 1.137.0⑥⑥⑤⑥ゴールドシップ
12/03/04 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 15228.332** 牡3 56.0 田辺裕信松田博資492(-8)2.04.1 0.235.3コスモオオゾラ
11/12/24 阪神 11 ラジNIK杯 G3 芝2000 166122.514** 牡2 55.0 岩田康誠松田博資500(-2)2.02.9 0.535.6⑥⑦⑤④アダムスピーク
11/11/26 京都 9 京都2歳S OP 芝2000 11441.611** 牡2 55.0 岩田康誠松田博資502(0)2.01.5 -0.134.7⑦⑦⑦⑥エーシングングン
11/11/06 京都 5 2歳新馬 芝1800 137112.711** 牡2 55.0 岩田康誠松田博資502(--)1.51.7 -0.433.7④⑤アシュケナージ

トリップの関連ニュース

 【札幌5R】母ビーポジティブは交流GIIIクイーン賞の勝ち馬。全兄トリップはGII弥生賞、交流GIジャパンダートダービーでともに2着と早い時期から活躍した。ここまでじっくりと乗り込まれ、馬体は好仕上がり。宮下助手は「牝馬にしては馬格があるし、気性も素直。手脚は軽いけどパワーもある」と初戦から期待をかける。

【うわさの2歳馬】サクレエクスプレス全兄はトリップ2016年09月02日(金) 12:14

 【札幌5R】サクレエクスプレスは、全兄トリップが京都2歳S勝ち、ジャパンダートダービー2着と活躍。目立った時計こそ出していないが、入念に乗り込みを重ねてきた。「古馬との併せ馬でも遅れたことがない。落ち着きがあってゲートも上手」と、長尾厩務員の評価は高い。

(夕刊フジ)

[もっと見る]

【ジャパンC】トリップトゥパリス、スイスイ加速 2015年11月27日(金) 05:09

 メルボルンC4着のトリップトゥパリスは、不良の芝コースで集中した走りを見せた。大きな完歩で水かきがついているかのようにスイスイと加速。最後までしっかりした脚取りで7ハロン98秒6、3ハロン39秒8−13秒8をマークした。

 「白井では元気がなかったが、東京競馬場に来てからは順調。けさの動きは物見することもなくスムーズな調教ができて満足している」とトレヴァージョーンズ助手。枠順は内が希望だったので、ロスなく立ち回れそうな〔1〕枠(2)番なら文句なしだ。

 21日に僚馬レッドカドーが死ぬ悲しい出来事があった。日本にも3度(2012年JC8着、13年天皇賞・春3着、14年天皇賞・春14着)来たことがあり、トリップと一緒に出走したメルボルンCで競走中止(左前脚骨折)。手術を受けたが合併症が出た。陣営のジャパンCにかける思いは強く、天国のレッドカドーに勝利の知らせを届けるつもりだ。

★「第35回ジャパンC」特集 大型馬柱&調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

【POGデータスペシャル(2)】厩舎2013年05月06日(月) 15:33

 POGで勝つためには、さまざまなデータを検証しておきたいところ。この特設ページでは、5週にわたってさまざまな角度からPOGにまつわるデータをご紹介しています。“勝ち組”になるための第2回は厩舎特集。どうぞご活用ください。

        ◇

 本稿の最後に過去3年の厩舎別成績を掲載した。各年の勝利数順のトップ10をチョイスしたわけだが、3年続けてランクインしているのは藤原英昭厩舎だけ。名だたる名門厩舎をもってしても、3世代続けてコンスタントに成績を残すことが困難だということが分かる。

 それだけに、藤原英昭厩舎の実力、ラインアップの充実ぶりが際立つと言えよう。しかも、トップ10どころか、首位だった現4歳世代を含めて3世代すべて5位以内なのだから驚異的だ。出走数も決して多いとは言えず、アベレージも毎年のように上位。まず、POG指名を考慮する際には真っ先にチェックすべき厩舎と言っていい。よく厩舎成績については「1世代が不振になるとリカバリーに3年はかかる」と言われるが、古馬陣も含めてコンスタントな成績が出ている厩舎だけに入厩ラッシュの心配も無用だろう。

 松田博資厩舎、国枝栄厩舎は4歳世代でトップ10入りを逃しているが、むしろ意外な印象だ。事実、この4歳世代でも松田博厩舎からはジョワドヴィーヴルトリップ、国枝厩舎ではパララサルーベストディールはOP入り。とても“不振”とは形容できない。現3歳世代で1、2位の厩舎だけに、今年の2歳世代もスムーズな入れ替えが進むだろう。引き続き上位指名の候補として外せない厩舎だ。

 古馬陣が充実しすぎている影響(?)なのか、池江泰寿厩舎は例年、スロースターターの印象がある。それでも、3歳、4歳世代はトップ10入りしており、アベレージも優秀。きらびやかな良血馬ぞろいだけに成績を残すことが宿命でもあるが、指名からは外せない。ただし、厩舎開業以来、2歳GIはわずか4頭しか出走していないというデータもある。その中からドリームジャーニーという2歳王者も出てはいるが、基本的には前記した通り、若駒の始動は遅めの厩舎。開幕ダッシュを重要視するPOGファンは敬遠するのも1つの手だろう。

 角居勝彦厩舎は3歳世代のトップ10から外れているが、14勝を挙げており12位につけている。連対率37.7%はトップ10のどの厩舎より上で、エピファネイアデニムアンドルビーという大駒もいるだけに不振とは言えないが、競走馬登録されている3歳馬が28頭いることを考えると、14勝が満足いく数字とは言い難い。これから夏にかけて3歳未勝利馬のリカバリーにかかる負担が見込まれるだけに、今年の2歳世代は入厩の遅れがあっても不思議はなく、指名はよく見極めたいところだ。

 同様に藤沢和雄厩舎も3歳世代でトップ10から名前が消えた。こちらは登録頭数が21頭で10勝。物足りない印象はぬぐえないが、連対率31.4%、複勝率49.0%の数値はさすがと言える。以前に比べると預託頭数が減っているだけに、入れ替えの心配はなさそうだ。ただし、牝馬の成績になると勝率、連対率、複勝率すべてにおいて厩舎平均をかなり下回っている。指名は牡馬をおすすめしておきたい。

 トップ10のランキング表だけでは分からない特筆データとしては、堀宣行厩舎が挙げられる。何と言っても、過去3年すべて複勝率は全国首位。出走させる馬を厳選して臨む厩舎スタイルを思えば、ある程度の好成績は納得できるところだが、3年連続で複勝率が全国一となると尋常なことではない。当然ながら勝率や連対率もトップを争う成績。デビューできる馬さえ指名すれば、かなりの高確率で賞金を稼いでくれるはずだ。

 矢作芳人厩舎、清水久詞厩舎は近年の躍進が目立つ厩舎。出走回数が多いことが特徴で、毎週のように指名馬のレースを見たいというPOGファンにはおすすめできる。長く続いた不振から脱却して3歳世代7位にランクインした山内研二厩舎も同様の傾向。尾関知人厩舎、鈴木孝志厩舎は現3歳世代で好成績を収めており、注目していきたい若手トレーナーだ。

過去3世代のPOG期間厩舎成績(数値は左から1着、2着、3着、4着以下、勝率、連対率、複勝率の順)

現3歳世代(2010年生まれ)1.松田博資  27・13・15・72 21.3 31.5 43.32.国枝栄  22・15・8・74 18.5 31.1 37.83.安田隆行  21・20・10・79 16.2 31.5 39.24.西園正都  20・20・7・81 15.6 31.3 36.75.藤原英昭  18・11・8・50 20.7 33.3 42.56.池江泰寿  17・7・7・35 25.8 36.4 47.07.山内研二  16・18・12・114 10.0 21.3 28.88.佐々木晶三 16・6・7・70 16.2 22.2 29.39.尾関知人  16・5・4・85 14.5 19.1 22.710.清水久詞  15・5・11・109 10.7 14.3 22.1

現4歳世代(2009年生まれ)1.藤原英昭  25・19・17・56 21.4 37.6 52.12.藤沢和雄  25・15・20・74 18.7 29.9 44.83.矢作芳人  21・26・15・108 12.4 27.6 36.54.堀宣行  21・7・10・25 33.3 44.4 60.35.角居勝彦  20・10・9・69 18.5 27.8 36.16.石坂正  20・8・9・52 22.5 31.5 41.67.池江泰寿  19・13・12・48 20.7 34.8 47.88.池上昌弘  17・10・10・70 15.9 25.2 34.69.藤岡健一  17・10・5・58 18.9 30.0 35.610.安田隆行  16・17・16・82 12.2 25.2 37.4

現5歳世代(2008年生まれ)1.角居勝彦  24・13・13・87 17.5 27.0 36.52.中竹和也  21・16・19・81 15.3 27.0 40.93.松田博資  20・17・6・49 21.7 40.2 46.74.藤原英昭  20・16・12・61 18.3 33.0 44.05.藤沢和雄  20・9・7・47 24.1 34.9 43.46.橋口弘次郎  19・16・15・84 14.2 26.1 37.37.国枝栄  18・18・11・56 17.5 35.0 45.68.音無秀孝  16・17・12・69 14.0 28.9 39.59.矢作芳人  16・15・19・116 9.6 18.7 30.110.浅見秀一  16・14・6・78 14.0 26.3 31.6

※注…ランクは勝ち鞍順。集計期間は各世代とも2歳戦開始から3歳時の春競馬終了時まで。現3歳世代は5月5日現在の成績

[もっと見る]

【大阪−ハンブルクC】レッドデイヴィス復活V 2013年04月07日() 15:11

 7日の阪神10R大阪−ハンブルクC(4歳上オープン、芝2400メートル)は、浜中俊騎手騎乗の5番人気レッドデイヴィス(セン5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が直線で内から差し切り、一昨年の鳴尾記念以来、久々の勝利を飾った。タイムは2分28秒6(良)。

 メイショウカドマツがゆったりと先頭に立ち、ビッグウィークユニバーサルバンクなどが好位を追走。流れは落ち着いたが、向こう正面で後方にいたユウキソルジャーが一気に仕掛けて2番手まで押し上げる。直線は横に大きく広がっての叩き合い。外から進出したトリップが粘るメイショウカドマツらと競り合っていたが、内に進路を取ったカフナが抜け出すと、さらにその内に潜り込んだレッドデイヴィスが鋭く脚を伸ばし、ゴール前で差し切った。2着は2番人気のカフナで、3着には大外から追い込んだ12番人気の伏兵トップゾーンが入っている。

 レッドデイヴィスは、父アグネスタキオン、母ディクシージャズ、母の父トニービンという血統。通算成績は19戦5勝となった。

 浜中騎手は「ゲートがうるさくて出負けしてしまったけど、道中はじっとしてしまいに賭けました。最後はいい脚を使ってくれたし、距離もこなせたので、今は長い距離の方が良いのかもしれません」と新境地を開拓した愛馬に目を細めていた。

阪神10R「大阪−ハンブルクC」着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】ジョワドは中日新聞杯へ2013年02月14日(木) 04:01

 ★…マイルCS10着アイムユアーズ(美・手塚、牝4)は、サンスポ杯阪神牝馬S(4月6日、阪神、GII、芝1400メートル)で戦列に復帰して、、ヴィクトリアマイル(5月12日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう。いずれも短期免許で来日するA・シュタルケ騎手(39)=ドイツ=とコンビを組む。

 ★…京都記念5着ジャスタウェイ(栗・須貝尚、牡4)、7着ジョワドヴィーヴル(栗・松田博、牝4)は、中日新聞杯(3月9日、中京、GIII、芝2000メートル)に出走。

 ★…北九州市制50周年記念で破竹の4連勝を飾ったジョヴァンニ(栗・千田、牡4)は、マーチS(3月24日、中山、GIII、ダ1800メートル)に挑む。

 ★…阪神C12着マルセリーナ(牝5)は、ダービー卿CT(3月31日、中山、GIII、芝1600メートル)か、サンケイスポーツ杯阪神牝馬S。同厩の名古屋グランプリ5着トリップ(牡4)は、大阪城S(3月3日、阪神、OP、芝1800メートル)へ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリップの関連コラム

閲覧 1,268ビュー コメント 0 ナイス 5

第341話 「弥生賞」


11年 36.3-50.0-34.7 =2.01.0 ▼4▼6△5 瞬発戦
12年 36.2-52.3-35.4 =2.03.9 ▼4▼4△5 平坦戦 稍重
13年 36.5-49.3-35.2 =2.01.0 ▼1▼2△8 平坦戦
14年 35.6-49.4-36.4 =2.01.4 △4▼4△3 平坦戦
15年 36.2-49.2-36.4 =2.01.8 ±0▼2△5 平坦戦 稍重

近年は平坦戦がスタンダードになってきた弥生賞。
しかし、やはりトライアルではあるので本番に向けてダメージは残したくない。
なので前半はゆったり流れて後半の1000mでレースをする、というイメージの内容でいいと思います。
過去5年では前半1000mが後半1000mよりも1〜2秒程度遅くなっています。
(ちなみに皐月賞ではもちろん年よって違いますが平均すれば前半の方が速くなっています)
つまり、このレースでは瞬発力よりは先行力と小回り適性が重要になってくると思われます。
2着3着になると差し馬も十分届きますが過去5年の勝ち馬は4コーナー5番以内のポジションにいました。
但し、予想する上で問題となるのは今まで差し馬だったからといって今回も差しとは限らないということ。
実際、サダムパテックカミノタサハラサトノクラウンの勝ち馬は前走では差しでのポジションでした。
前半スローで流れる分、前に行こうと思えば行けるのもポイントでしょう。

過去5年の連対馬を並べてみます。

1着馬
サダムパテック  【瞬2平1消0】
コスモオオゾラ  【瞬3平0消0】
カミノタサハラ  【瞬2平0消0】
トゥザワールド  【瞬2平2消0】
サトノクラウン  【瞬2平0消0】
2着馬
プレイ      【瞬4平1消0】
トリップ     【瞬2平0消0】
ミヤジタイガ   【瞬1平1消0】
ワンアンドオンリー【瞬4平0消0】
ブライトエンブレム【瞬1平1消0】

そして4着以下に敗退した馬には
ウインバリアシオン【瞬1平1消0】
フェノーメノ   【瞬2平0消0】
エピファネイア  【瞬2平1消0】
キズナ      【瞬2平0消0】
などがいます。
トゥザワールドワンアンドオンリーといった馬もいますがその後春のクラシック(特にダービーで)馬券になりそうな馬は弥生賞では敗退しやすいと思った方がいいかもしれません。

今年ははっきりいって3強のレース。
これで他のレースに流れた有力馬も多いんじゃないでしょうか?
それほど3強とその他では現状差があるメンバー構成だと思います。

【エアスピネル】
先行力と瞬発力を兼ね備えた馬。
抜け出す時の脚はかなりのモノで前走朝日杯FSでリオンディーズに負けはしましたが3着馬には4馬身離しての2着で悲観する内容ではなかったでしょう。
最後で差されたのは馬の強さもあるかもしれませんが適性の差ということも十分考えられます。
エアスピネルは母エアメサイヤ、母母がエアデジャヴーで本質的には小回り向きと思えます。
舞台は中山となればここはリオンディーズと着順が逆になるかも。

マカヒキ
2戦2勝のディープ産駒でノーステッキでまだ本気度100%の走りをしたことがない大器。
相手強化、京都以外は初めて、と課題はあるものの難なく突破出来る可能性は十分あります。
中山も問題ないと思いますがどちらかといえばダービー向きの馬なので上記の傾向からすればここは負けてもOKかも。
ディープ産駒は弥生賞では1-0-2-8(複勝率27.3%)とデータ的にはイマイチです。
とはいえここで賞金加算出来なかったらダービーに出走出来なくなる可能性もあるので春盛り上がるためにもここは上位を期待したいところ。
それよりこの馬の最大の問題は本番で騎乗する騎手が決まっていないことでしょうね。

リオンディーズ
エピファネイアに負けず劣らずダイナミックな素質馬。
前走朝日杯FSはミルコらしい豪快な差し切りで2戦2勝でG誼ゼ茵
但し、同じ中山2000mでも皐月賞>弥生賞という適性で前走後方一気というレース内容も弥生賞に限ってはマイナス材料。
成長力とは馬の調子などは不明ですが昨秋に中山2000mでレースをすればエアスピネルより着順は下だったと思います。
適性とはそういうことですから。

日曜雨予報で馬場次第ではタイセイサミットが一角と崩す可能性もありますがとりあえずやっぱりこの3頭で。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
エアスピネルマカヒキリオンディーズ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年03月04日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第311話弥生賞(謎解き編)
閲覧 303ビュー コメント 0 ナイス 4

第311話 「弥生賞」


10年 37.1-52.2-36.8 =2.06.1 ▼2▼4△1 平坦戦 重
11年 36.3-50.0-34.7 =2.01.0 ▼4▼6△5 瞬発戦
12年 36.2-52.3-35.4 =2.03.9 ▼4▼4△5 平坦戦 稍
13年 36.5-49.3-35.2 =2.01.0 ▼1▼2△8 平坦戦
14年 35.6-49.4-36.4 =2.01.4 △4▼4△3 平坦戦

一昔前の弥生賞はもっと中盤が緩んでの瞬発戦が多かったのですが近年では中盤が速く流れての平坦戦が多くなり過去5年でも4回の平坦戦となっています。
但し、それでも本番の皐月賞よりは中盤は緩んでいるとは言えます。
→添付画像参照
青い線が弥生賞、赤い線が皐月賞です。
馬場状態が異なるのではっきりとは言い切れませんがテン〜中盤は弥生賞の方が緩んでいるというのが分かると思われます。
過去5年の平均ラップは以下の通りです。
・弥生賞平均ラップ
36.34-50.64-35.70 =2.02.68
・皐月賞平均ラップ
35.23-48.31-36.38 =1.59.92
流れの異なる両レースを共に制しているのは過去10年ではディープインパクトヴィクトワールピサのスーパーホースの2頭。
弥生賞馬の皐月賞成績は2-2-1-5(弥生賞出走馬は3-4-4-32)なのでまずまずの成績ですが10頭のうち8頭が皐月賞で1番人気だったということを考えると馬券的な妙味あまりないでしょう。
弥生賞を勝った馬は皐月賞では若干評価下げるぐらいの感じがいいのかもしれません。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ヴィクトワールピサ【瞬3平1消0】▼ 6▼2△ 4 ▼ 2± 0△ 6 ▼ 2▼ 8△ 1
サダムパテック  【瞬2平1消0】▼ 2▼3△ 4 △ 2▼ 8△ 1 ▼10▼ 8± 0
コスモオオゾラ  【瞬3平0消0】▼ 2▼5△ 1 ▼10▼ 4△11 ▼11▼ 3△ 3
カミノタサハラ  【瞬2平0消0】▼13▼6△ 3 ▼11△ 1△ 2
トゥザワールド  【瞬2平2消0】▼ 4▼2△ 2 ▼ 8▼10△ 5 ▼11▼ 5△ 3
2着馬
エイシンアポロン 【瞬2平2消0】± 0▼6▼ 1 ▼ 3▼ 4△11 ▼ 6± 0△ 5
プレイ      【瞬4平1消0】▼ 9▼4△ 5 ▼ 2▼ 3△ 5 ▼15▼ 7△ 3
トリップ     【瞬2平0消0】▼ 6△1△ 1 ▼12▼ 8▼ 1
ミヤジタイガ   【瞬1平1消0】± 0▼6△13 ▼ 2▼ 2△ 4
ワンアンドオンリー【瞬4平0消0】▼ 9±0△ 5 △ 1▼ 6▼ 1 ▼10▼10△10

瞬発戦実績と連続加速実績は必須といった感じです。
今年の登録馬では
クラリティスカイコメートサトノクラウンシャイニングレイタガノエスプレッソトーセンバジルベルラップ
の7頭が該当します。

弥生賞は皐月賞TRで有力馬が集まりやすいレースです。
休養明けの馬であれ使っている馬であれ前走6着以下に敗退している馬でなかなか勝負になりません(0-0-0-11)
→上記の7頭からはタガノエスプレッソが該当します。

テン〜中盤がソコソコ緩む流れで中山の小回りコースなので直線だけでごぼう抜きというのはなかなか難しい芸当です。
前走4角10番手以下の馬は割り引きが必要でしょう(0-0-1-6)
→残りの6頭からはサトノクラウンが該当します。

クラリティスカイ
前走朝日杯FS組は過去5年では1-1-1-1とまずまず好走しています。
馬券になった3頭には朝日杯以前に1800m戦で勝利経験があったというのも共通しています。
クラリティスカイも1800m戦で勝利して朝日杯FS3着なので十分有力候補になるでしょうが昨年から朝日杯FSは阪神開催に替わったのがどうなるか?でしょう。
小回りコースに不安ありかなと。

コメート
瞬発力がある方ではないので先行して粘るレースが身上でしょう。
前走以上となると流石に厳しいか。

シャイニングレイ
デビュー2戦目で(G兇乏幣紊欧痢縫曄璽廛侫襭咾魏9冒衙个粘鮎 
大物感たっぷりの内容。
今回大幅なメンバー強化、道中のペースUPという2つの課題があると思われますがあっさりクリアするようなら今年の主役となるかもしれません。

トーセンバジル
ハービンジャー産駒は2勝目をあげれない馬が多いですが京成杯を勝利したベルーフとこのベルーフの2頭が2勝以上をあげています。
サンデー産駒に比べるとやはり瞬発力が足りないのかなという印象。
ベルーフは【瞬1平3消0】、トーセンバジルは【瞬2平2消0】となっていてトーセンバジルは2勝ともに平坦戦でした。
どちらかといえば本番向きと感じますがこのレースで権利を得ないと出走は厳しいか。
道中速く流れれば出番ありかなと思います。

ベルラップ
先行脚質で2000mを連勝。
大型馬でパワーもありそうでレース適性は十分あるでしょう。
あとは相手関係。
成長力のあるハーツ産駒なので前走よりレベルUPしていれば。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
シャイニングレイベルラップクラリティスカイ


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年04月08日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜夢月プロ、はははふほほほプロ、“帰ってきた”凄馬勝子プロが週末10万超プラス!
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、6(日)に阪神競馬場でG2産経大阪杯が、中山競馬場ではG3ダービー卿チャレンジトロフィーがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G2産経大阪杯は、カレンミロティックを先頭にトウカイパラダイスビートブラック、10馬身ほど開いてショウナンマイティエピファネイアフラガラッハメイショウマンボキズナという隊列で直線へ突入。後続各馬を大きく離してレースを引っ張った3頭の先行馬の中からトウカイパラダイスが先頭へ。後方からは、エピファネイアをマークするように4角を出たキズナが手応え良く伸び、残り200mを過ぎてエピファネイアを捉えトウカイパラダイスを射程圏に。ゴール直前で粘るトウカイパラダイスを差し切ったキズナがV。重賞5勝目(海外G2勝ち含む)を上げています。1馬身1/2差の2着にはトウカイパラダイスが入り、エピファネイアは3着に敗れています。
公認プロ予想家の中では、霧プロはははふほほほプロ導師嵐山プロら4名が的中を記録しています。
一方のG3ダービー卿チャレンジトロフィーは、道中カレンブラックヒルが逃げる展開を、3角手前からトリップカオスモスダイワファルコンらが早めに並び掛けていき、先団ひと塊の状態で直線へ。2、3番手からカオスモスが先頭に立ち、残り200mを通過。後続からはコディーノエールブリーズらも迫りますが、一旦位置取りを下げていたカレンブラックヒルがここから再度の盛り返しを見せて最内を突き抜けV。クビ差2着はカオスモス。そこから1/2馬身差の3着には中団から伸びたインプロヴァイズが入っています。
こちらは、はははふほほほプロスガダイプロ他計4名が的中を披露しています。

その他では、夢月プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロきいいろプロ佐藤洋一郎プロ3連単プリンスプロスガダイプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
5(土)の中山6Rで本命◎マイネプレセアの単勝を的中!33万6000円払戻しのビッグヒットとなっています。6(日)には中山2Rで16万1000円の払戻しをマークしています。土日ともにプラス収支を記録した先週は、トータル回収率173%・収支35万5000円プラスをマークしています!

☆☆☆注目プロ → はははふほほほプロ
6(日)の阪神8Rでは本命◎ヤマノレオの単・複勝負の予想で計10万9000円を払戻すスマッシュヒット予想を披露!G2産經大阪杯は◎キズナの単勝1万円一点勝負で、G3ダービー卿チャレンジトロフィーは◎カレンブラックヒルの単・複勝負で両重賞ともにきっちり的中してみせた先週は、トータル回収率123%・収支11万1800円プラスをマークしています!

☆☆☆注目プロ → “帰ってきた”凄馬勝子プロ
6(日)の中山2Rで馬連167倍&3連複290倍を的中!計21万6560円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。中山10Rでも馬連&3連複的中で計13万8240円の払戻しをマークした先週は、週末トータルでは、回収率121%・収支10万5400円プラスの好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
5(土)の阪神5Rで、ワイド321.4倍を▲○的中し25万7120円払戻しのスマッシュヒットを記録しています!週末2日間のトータルでは、回収率111%をマークしています。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
5(土)の中山10Rで本命◎ケンブリッジサンの単勝を的中し、12万5000円の払戻しをマークしています!

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
5(土)の阪神6Rで、ハギノブシドウからの3連単828.9倍+複勝を的中!計10万9690円の払戻しを記録しています!

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
6(日)の中山2Rで3連単18万5670円馬券的中のスマッシュヒットを披露しています!週末トータルでは、回収率104%をマークしています。

☆☆☆注目プロ → スガダイプロ
6(日)の阪神10Rの▲○◎的中(7万2130円払戻し)やG3ダービー卿チャレンジトロフィーの◎インプロヴァイズ的中など、随所に好調予想を見せた先週はトータル回収率119%を達成しています!


※全レースの結果速報はこちら


他には、霧プロ(141%)、馬単マスタープロ(140%)が週末トータル回収率100%オーバーの活躍を見せています。

今週はG1桜花賞(スペシャルコラムなど予想に役立つ情報満載の桜花賞特集はこちらからどうぞ)!
競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。


「ユータ」

[もっと見る]

2014年04月01日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2014年04月01日号
閲覧 246ビュー コメント 0 ナイス 4

▼2014年04月05日(土) 阪神11R コーラルステークス
【前走が平地競走だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2008年以降)】
●5番手以内 [6-5-3-28](複勝率33.3%)
●6番手以下 [0-1-3-48](複勝率7.7%)
→前走で先行していた馬が優勢。差し馬は評価を下げるべきでしょう。

▼2014年04月06日(日) 阪神10R マーガレットステークス
【JRA、かつ芝の重賞、オープン特別、500万下における連対経験の有無別成績(2009年以降)】
●あり [5-5-4-31](複勝率31.1%)
●なし [0-0-1-30](複勝率3.2%)
→実績馬が強いレース。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ芝の重賞、オープン特別、500万下において連対経験があるのは、ウインスプラッシュキンシノキセキコウエイタケルサクラエールダンツキャンサーの5頭だけです。

▼2014年04月06日(日) 中山10R 伏竜ステークス
【枠番別成績(2005年以降)】
●1〜4枠 [0-1-1-34](複勝率5.6%)
●5〜8枠 [8-7-7-37](複勝率37.3%)
→圧倒的に外枠有利。内めの枠に入った馬は評価を下げるべきでしょう。

▼2014年04月06日(日) 阪神11R 産経大阪杯
【芝2000m未満のJRA重賞における連対経験の有無別成績(2006年以降)】
●あり [8-5-4-25](複勝率40.5%)
●なし [0-3-4-50](複勝率12.3%)
→今回よりもやや短い距離のレースに実績がある馬を重視したいところ。特別登録を行った馬のうち、芝2000m未満のJRA重賞において連対経験があるのは、キズナショウナンマイティダークシャドウフラガラッハメイショウマンボの5頭だけでした。

▼2014年04月06日(日) 中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー
【前走の着順別成績(2009年以降)】
●5着以内 [5-4-2-25](複勝率30.6%)
●6着以下 [0-1-3-41](複勝率8.9%)
→前走内容が重要なポイント。特別登録を行った馬のうち、前走で5着以内に好走しているのはインプロヴァイズエピセアロームカオスモスコディーノトリップマウントシャスタレッドアリオンの7頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、『グリーンチャンネル』などさまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。最新刊『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)が2014年04月10日に発売予定。

[もっと見る]

2012年12月11日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2012年12月11日号
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 3

▼12月15日(土)中京11R 愛知杯
【前走がエリザベス女王杯以外だった馬の、前走着順別成績(2006年以降)】
●3着以内 [1-4-1-14](複勝率30.0%)
●4着以下 [0-0-0-51](複勝率0.0%)
→前走がエリザベス女王杯だった馬は2006年以降[5-2-5-18](複勝率40.0%)と堅実。ただし、前走がエリザベス女王杯以外でも、前走内容が良かった馬はまずまず健闘しています。

▼12月16日(日)中山11R 朝日杯フューチュリティステークス
【前走がJRA重賞、かつその前走で2着以内だった馬の、枠番別成績(2002年以降)】
●1〜4枠 [3-3-4-13](複勝率43.5%)
●5〜8枠 [2-4-2-12](複勝率40.0%)
→1〜4枠の馬は2002年以降[8-6-8-56](複勝率28.2%)、5〜8枠の馬は2002年以降[2-4-2-70](複勝率10.3%)。基本的に内枠有利なレースです。ただし、前走がJRA重賞、かつその前走で2着以内だった馬の好走率は1〜4枠も5〜8枠もほとんど同じ。近年は内枠というだけで過剰人気になる例や外枠というだけで人気を落としてしまう例が目立つので、あまり絶対視せず柔軟に判断すべきかもしれません。

▼12月16日(日)阪神11R ベテルギウスステークス
【JRA重賞で3着以内となった経験の有無別成績(2007年以降)】
●あり [4-4-4-19](複勝率38.7%)
●なし [1-1-1-36](複勝率7.7%)
→とにかく実績馬が強いレース。JRA重賞で3着以内となった経験があり、なおかつ単勝オッズ50倍未満だった馬は2007年以降[4-4-4-10](複勝率54.5%)と非常に安定しています。特別登録を行った馬のうち、JRA重賞で3着以内となった経験があるのはオースミイチバン、キングスエンブレムトリップハートビートソングボレアスホワイトピルグリムマカニビスティーモンテクリスエスの8頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、昨春からはWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

2012年11月10日() 16:11 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 エリ女・武蔵野S編
閲覧 134ビュー コメント 0 ナイス 19

みなさん、こんにちは。

重賞では1番人気に◎を付けないよう心がけてますが、
それでいいのか?と最近思い始めています(><)

京都11R エリ女の予想
オールザットジャズ
レインボーダリア
ヴィルシーナ
フミノイマージン
CWでキレのある末脚を披露したオールザットジャズ本命。
叩いた上積みもありそうで、一発に期待。
相手は引き続きウッドで動いているレインボーダリア
単穴はこの馬としては動きは物足りないがヴィルシーナ
あとは使いつつ動きが良くなったフミノイマージン

東京11R 武蔵野Sの予想
ストローハット
イジゲン
ダノンカモン
トリップ
本命はウッドで好時計連発のストローハット
相手もウッドで動いているイジゲン
単穴はCWで仕上げたダノンカモン
あとは叩いて動きが良くなったトリップ

明日は府中で現地観戦です。
寝坊しませんように(祈)

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリップの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

トリップの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
4:
  ヨッシー   フォロワー:3人 2013年12月14日() 20:10:47
12月14日次走注意
3:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年3月5日(月) 02:08:30
3/4 弥生賞
2着 トリップ(田辺騎手)
「1コーナーの入りでハミを噛みましたが、ゆっくりした流れだけに許容範囲。いいポジションで運べましたし、直線も伸びていますよ。一瞬にして交わされましたが、もう少し流れていれば、この馬らしい渋太さが生かせたと思います。権利が確保でき、次につながる競馬ができました」
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月3日(金) 04:07:03
11/26京都2歳S
1着 トリップ 岩田康誠騎手
「馬群を割ってくる精神面の強さがありますが、抜け出したらフワフワする面を見せました。でも、止まる気配はありません。いい素質を持っています」

⇒もっと見る

トリップの写真

投稿写真はありません。

トリップの厩舎情報 VIP

2014年4月6日ダービー卿チャレンジ G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トリップの取材メモ VIP

2014年4月6日 ダービー卿チャレンジ G3 16着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。