タマモプラネット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡7 芦毛 2010年4月22日生
調教師南井克巳(栗東)
馬主タマモ 株式会社
生産者前田牧場
生産地新ひだか町
戦績28戦[4-3-3-18]
総賞金8,861万円
収得賞金200万円
英字表記Tamamo Planet
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
チャームスター
血統 ][ 産駒 ]
タマモクロス
ハッピースター
兄弟 タマモコメットタマモスターライト
前走 2017/11/11 京都ジャンプS G3
次走予定

タマモプラネットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/11 京都 8 京都ジャンプ G3 芝3170 11663.212** 牡7 60.0 小坂忠士南井克巳488(+4)3.34.1 0.013.5マイネルフィエスタ
17/10/15 東京 9 東京ハイJ G2 芝3110 101130.363** 牡7 60.0 小坂忠士南井克巳484(+10)3.35.1 2.613.8オジュウチョウサン
17/08/26 新潟 8 新潟ジャンプ G3 芝3250 1271038.783** 牡7 60.0 小坂忠士南井克巳474(-20)3.32.2 1.213.1グッドスカイ
16/11/12 京都 8 京都ジャンプ G3 芝3170 62226.265** 牡6 60.0 小坂忠士南井克巳494(+8)3.34.0 1.813.5ドリームセーリング
16/02/13 東京 8 春麗ジャンプ OP 芝3100 142222.354** 牡6 60.0 小坂忠士南井克巳486(+10)3.27.5 2.013.4オースミムーン
15/11/23 東京 8 秋陽ジャンプ OP 芝3110 1381217.556** 牡5 60.0 小坂忠士南井克巳476(-18)3.31.5 2.513.6マキオボーラー
15/10/24 新潟 1 障害3歳以上オープン 芝3250 13442.518** 牡5 62.0 小坂忠士南井克巳494(+12)3.32.3 2.813.1パスティ
15/06/27 東京 8 東京ジャンプ G3 芝3110 14576.925** 牡5 60.0 小坂忠士南井克巳482(-6)3.28.4 1.213.4オースミムーン
15/05/16 新潟 4 障害4歳以上オープン 芝3290 148142.411** 牡5 61.0 小坂忠士南井克巳488(0)3.36.2 -0.013.1オールアズワン
15/03/14 阪神 8 阪神スプリJ G2 芝3900 13223.5210** 牡5 60.0 小坂忠士南井克巳488(-4)4.27.9 5.113.7サンレイデューク
15/01/31 京都 8 牛若丸JS OP 芝3170 13224.721** 牡5 59.0 小坂忠士南井克巳492(+6)3.32.6 -2.213.4ファイヤー
14/12/13 中京 4 障害3歳以上未勝利 芝3000 14331.711** 牡4 60.0 小坂忠士南井克巳486(+6)3.17.9 -1.013.2ヒラボクインパクト
14/11/24 京都 4 障害3歳以上未勝利 芝2910 143316.362** 牡4 60.0 小坂忠士南井克巳480(-8)3.14.9 0.413.4ティアップワイルド
14/10/12 京都 8 3歳以上500万下 ダ1200 168159.258** 牡4 57.0 古川吉洋南井克巳488(-4)1.12.8 1.037.1⑧⑧グランプリナイト
14/10/04 阪神 7 3歳以上500万下 ダ1400 1661117.076** 牡4 57.0 和田竜二南井克巳492(+12)1.24.3 0.636.3⑤⑤キタサンウンゲツ
14/07/19 中京 12 3歳以上500万下 ダ1400 165910.654** 牡4 54▲ 義英真南井克巳480(-6)1.23.7 0.537.1⑥⑤ロードヴォルケーノ
14/07/06 中京 12 3歳以上500万下 ダ1400 164734.093** 牡4 54▲ 義英真南井克巳486(+10)1.23.8 0.136.9④④サトノデプロマット
14/02/22 小倉 12 合馬特別 500万下 芝1200 184810.9416** 牡4 57.0 丸田恭介小原伊佐476(-2)1.09.1 1.035.2サンキストロード
14/02/09 小倉 9 4歳以上500万下 ダ1700 16475.2310** 牡4 53▲ 城戸義政小原伊佐478(-8)1.45.9 1.440.4サナシオン
14/01/06 京都 7 4歳以上500万下 ダ1800 163510.257** 牡4 56.0 水口優也小原伊佐486(+8)1.54.2 1.439.1グランプリブラッド

⇒もっと見る


タマモプラネットの関連ニュース

 第19回京都ジャンプステークス(11日、京都8R、J・GIII、障害3歳上オープン(混)、別定、芝・内→外3170メートル、1着本賞金2900万円=出走11頭)植野貴也騎乗で4番人気のマイネルフィエスタが、ゴール寸前で差し切って重賞初V。2011年の兄テイエムハリアーに続く兄弟制覇を果たした。タイム3分34秒1(稍重)。大逃げを打った1番人気タマモプラネットは惜しくも頭差の2着だった。

 ◆植野騎手(マイネルフィエスタ1着) 「待っていても駄目だと思ったので、早めに動きました。相手もしぶとかったけど、何とかかわしてくれました」

★11日京都8R「京都ジャンプS」の着順&払戻金はこちら

マイネルフィエスタ 父シンボリクリスエス、母フェリアード、母の父ステートリードン。芦毛の牡7歳。栗東・中村均厩舎所属。北海道新冠町・タニグチ牧場の生産馬。馬主は(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン。戦績34戦4勝(うち地方2戦1勝、障害25戦3勝)。獲得賞金1億1112万8000円(うち地方90万円、障害1億912万8000円)。重賞初勝利。京都ジャンプSは、中村均調教師は初勝利。植野貴也騎手は2012年マサノブルースに次いで2勝目。馬名は「冠名+休日(スペイン語)」。

【京都ジャンプ】障害25戦目のマイネルフィエスタが初重賞制覇 2017年11月11日() 14:19

 11月11日の京都8Rで行われた第19回京都ジャンプステークス(障害3歳以上オープン、J・GIII、芝3170メートル、別定、11頭立て、1着賞金=2900万円)は、植野貴也騎手騎乗の4番人気マイネルフィエスタ(牡7歳、栗東・中村均厩舎)が好位追走から2周目の3コーナーで2番手に押し上げ、直線は内から伸びてタマモプラネットとの競り合いをわずかにしのいでジャンプ重賞初勝利。タイムは3分34秒1(稍重)。

 アタマ差の2着には道中、いつも通りの離し逃げを打ち、一旦かわされたゴール前でまたひと伸びしたタマモプラネット(1番人気)。さらに5馬身差遅れた3着にスズカプレスト(2番人気)。

 マイネルフィエスタは、父シンボリクリスエス、母フェリアード、母の父ステートリードンという血統。北海道新冠町・タニグチ牧場の生産馬で、馬主はサラブレッドクラブ・ラフィアン。通算成績は34戦4勝(うち障害25戦3勝)。重賞初制覇。京都ジャンプSは、中村均調教師は初優勝、植野貴也騎手は2012年マサノブルースに次いで2勝目。

 ◆植野貴也騎手(1着 マイネルフィエスタ)「後ろからこなかったので、相手は後ろじゃないと思って変に追いかけず、途中から前を照準にしました。しぶとく脚を使ってくれましたし、何とかかわせてよかったです。力はありますし、ようやく勝たせてあげることができてよかったです」

★11日京都8R「京都ジャンプS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都ジャンプステークス】特別登録馬2017年11月5日() 17:30

[もっと見る]

【東京ハイJ】オジュウ、2着に大差で重賞7連勝 2017年10月16日(月) 05:01

 第19回東京ハイジャンプ(15日、東京9R、J・GII、障害3歳上オープン(混)、別定、3110メートル=直線芝、1着本賞金4100万円=出走10頭)現役最強ジャンパーで、3番手を進んだ断然の1番人気オジュウチョウサンが、2周目4コーナー手前から進出して最終障害飛越後に先頭に立ち、2着のグッドスカイに大差(2秒)をつける圧巻の走りで重賞7連勝を飾った。3分32秒5(重)。次は中山大障害(12月23日、中山、J・GI、芝4100メートル)に直行し、連覇とともに史上最多タイの障害重賞8勝目に挑む。

 ◆石神騎手(オジュウチョウサン1着) 「少しノメっていたので2周目3コーナーでは(3着タマモプラネットに)逃げ切られるかも、と思ったが、それでも最終障害を跳んでからはこれだけ引き離して勝つんだからね」

 ◆森一騎手(グッドスカイ2着) 「いい位置で競馬できて、馬も夏よりレベルアップしていたが、勝ち馬が強かった」





★15日東京9R「東京ハイジャンプ」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!



オジュウチョウサン 父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエス。鹿毛の牡6歳。美浦・和田正一郎厩舎所属。北海道平取町・坂東牧場の生産馬。馬主は(株)チョウサン。戦績20戦10勝(うち障害18戦10勝)。獲得賞金4億12万8000円(すべて障害)。重賞は2016・17年J・GI中山グランドジャンプ、16年J・GIII東京ジャンプS、J・GII東京ハイジャンプ、J・GI中山大障害、17年J・GII阪神スプリングジャンプに次いで7勝目。東京ハイジャンプ和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに16年オジュウチョウサンに次いで2勝目。馬名は「家族名より+冠名」。

[もっと見る]

【東京ハイJ】王者オジュウチョウサンが障害重賞7連勝! 2017年10月15日() 14:37

 10月15日の東京9Rで行われた第19回東京ハイジャンプ(障害3歳以上オープン、J・GII、芝3110メートル、別定、10頭立て、1着賞金=4100万円)は、2016年度のJRA賞最優秀障害馬オジュウチョウサン(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が石神深一騎手騎乗に導かれて単勝1.4倍の圧倒的な人気に応え、連覇を達成。これで16年の中山グランドジャンプからJRA障害レースの重賞で7連勝を飾った。タイムは3分32秒5(重)。大差の2着はグッドスカイ(2番人気)で、さらに3馬身半離れた3着にタマモプラネット(6番人気)が粘り込んだ。

 大逃げをうったタマモプラネットの2番手にグッドスカイオジュウチョウサンは3番手。この位置取りは変わらず淡々とレースは流れた。最後の4コーナー手前から石神深一騎手が気合を入れるとオジュウチョウサンが追撃開始。直線、最終障害をクリアしてタマモプラネットをかわすと、あとは独走態勢。王者の貫禄を見せつけた。

 オジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道平取町・坂東牧場の生産馬で、馬主は(株)チョウサン。通算成績は20戦10勝(うち障害18戦10勝)。重賞は16年中山グランドジャンプ・J・GI、東京ジャンプS・J・GIII、東京ハイジャンプ・J・GII、中山大障害・J・GI、17年阪神スプリングジャンプ・J・GII、中山グランドジャンプ・J・GIに次いで7勝目。東京ハイジャンプは、和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに16年オジュウチョウサンに次いで2勝目。

 ◆石神深一騎手「少しノメっていたので2周目3コーナーでは逃げ切られるかもと思ったが、それでも最終障害を跳んでからはこれだけ引き離して勝つんだからね。改めて強いと思った」



★15日東京9R「東京ハイジャンプ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東京ハイジャンプ】特別登録馬2017年10月9日(月) 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

タマモプラネットの関連コラム

閲覧 178ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2015年10月24日()の凄馬!>
超凄馬
新潟2R 2歳未勝利
ぅ蝓璽ルオフィス(+3.6)

超凄馬
京都6R 3歳以上500万以下
ハッピーエム(+2.9)

超凄馬
東京10R 秋嶺ステークス
モーニン(+2.6)

超凄馬
新潟1R 障害3歳以上オープン
タマモプラネット(+2.4)

超凄馬
京都12R 3歳以上1000万以下
ミキノハルモニー(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2015年10月25日、集計数:23,632レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2014年12月12日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2014年12月12日
閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2014年12月13日()の凄馬!>
極凄馬
中山9R 黒松賞
ヴァリアントアロー(+5.9)

極凄馬
中京4R 障害3歳以上未勝利
タマモプラネット(+4.9)

極凄馬
中京1R 2歳未勝利
ダイメイコンドル(+4.1)

超凄馬
中京2R 3歳以上500万以下
アラドヴァル(+2.9)

超凄馬
阪神2R 2歳未勝利
ブルーガーディアン(+2.4)

超凄馬
中京3R 3歳以上500万以下
ディープミタカ(+2.1)

超凄馬
阪神7R 2歳500万以下
メイショウワダイコ(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率76%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2014年12月14日、集計数:20,887レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

タマモプラネットの口コミ


口コミ一覧

レース回顧

 akichance 2017年11月14日(火) 14:43

閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 2

お疲れ様です、さてと先週は散々でしたね、救いは京都JSのW的中のみでしたからね、それでは振り返ってみましょう、まずは土曜京都、京都JSは1着8番マイネルフィエスタ2着6番タマモプラネット3着1番スズカプレストでした、グループ分けは1着▲2着△3着▲(印の最上位は▲です)で買い目は1から7,8,11と6-8の馬連、1-6のワイドで勝負での的中でした、次に東京、武蔵野Sは1着13番インカンテーション2着9番サンライズソア3着アキトクレッセントでした、グループ分けは1着△2着▲3着×で買い目は枠連6-8の1点勝負でハズレ、続いて京都、デイリー杯2歳Sは1着3番ジャンダルム2着8番カツジ3着5番ケイアイノーテックでした、グループ分けは1着○2着△3着△で買い目は馬連2-4の1点勝負でハズレ、続いて日曜福島、福島記念は1着3番ウインブライト2着13番スズカデヴィアス3着6番ヒストリカルでした、グループ分けは1着△2着▲3着×で買い目は複勝16番1点勝負でハズレ、最後に京都G1エリザベス女王杯、1着5番モズカッチャン2着4番クロコスミア3着10番ミッキークイーンでした、グループ分けは1着○2着▲3着○(◎は16番)で買い目は枠連で8から3,5,6,8と6-8と勝負しましたけどハズレでした、結果チョイプラですけどゼロに近い格好でしたので難しいもんですねとマイナスの手前で留まったので次に繋げたいと思っています、以上になりますが日曜に関しては誤算でG1の予測集計が途中になってしまったことですね、重賞が前にあるから用心しないとなりませんね、今日まででG1シリーズは5戦3勝2敗ですが京都JSの的中により中山大障害に僅かですけど増額出来ました、今回はこれで良しとして次週の東スポ杯2歳SとマイルCSに挑みたいと思います、全ハズレですので再スタートになりますので選定が大事ですね、的中出来ればと思いつつ、それでは、マイルCSの枠順確定にて。

 銀色のサムライ 2017年11月13日(月) 20:06
馬券メモ(2017/11/11・12)
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 12

先週予想したレースの本命馬回顧をしていきます。

【5回京都3日】

■7R ショパン 2人気2着

アドマイヤロブソンとの一騎打ちムードでしたが、地力の違いで押し切られてしまいました。
でも、1000万下なら実力上位なのは明らかですから、近いうちに現級を突破する日が来ると思います。

■8R(京都ジャンプS)スズカプレスト 3人気3着

タマモプラネットが大逃げを打った中、冷静にレースを進めていたと思います。
まずまずのレースができましたけど、もっと距離が伸びた方が良いかもしれません。

■9R インフェルノ 1人気1着

スタートが少し悪かったんですけど、
二の脚の速さで楽に2番手の位置を取り、直線入り口先頭からそのまま押し切りました。
休み休みレースを使っている馬ですが、能力は高いので、1600万下に昇級しても即通用すると思います。

■10R ノーブルマーズ 4人気2着

楽な形で3番手の位置を確保。
直線入り口で一気に先頭に立ちましたが、内からクィーンチャームに出し抜けを食らってしまいました。

■11R(デイリー杯2歳S)カツジ 4人気2着

スムーズな形で先行して、道中の折り合いもまずまず。
直線に向いた時に良い手応えで、そこから一気に突き抜けるか…と思ったところ、
内からジャンダルムの強襲に遭ってしまい2着。相手が一枚上手でしたね。

■12R クールゼファー 競走除外


【5回東京3日】

■7R クインズサン 6人気4着

中団の内で脚を溜める競馬から差し切りを狙いましたが、4着まで。
もうちょっとレースが流れていたら、馬券圏内に入れたかもしれません。

■8R ホウオウパフューム 4人気4着

中団待機から直線での末脚勝負に懸ける競馬に。
展開が向かなかった中でも3着には入って欲しかったんですけどね…。

■9R アントーニオ 1人気7着

全く良いところがなかったですね…。
新馬戦のレベルが低かった、と解釈するしかなさそうです。

■10R バリス 2人気2着

1番人気・モズアスコットよりも後ろの位置になってしまったのが痛かったです。
でも、6歳の年齢を感じさせない走りを見せていますので、いずれ勝ち上がるチャンスがやってくると思います。

■11R(武蔵野S)モーニン 4人気9着

前残りの展開になる、という予想はバッチリだったんですが、スタートでまさかの出遅れ…。
道中で引っ掛かり気味に上がってしまいましたし、何もかもが裏目に出たレースでした。
復活を期待するのはもう難しいのかもしれませんね。

■12R ジュンザワールド 5人気10着

終始馬群の外を回る、というロスの多い競馬になったとはいえ、直線での伸びがサッパリ。
1000万下で即通用するほどの器ではなかったですね。


【3回福島3日】

■7R ジャポニカーラ 3人気1着

道中の位置取りがポイントでしたが、好スタートから楽な形で絶好位を確保できたのが良かったです。
直線入り口で先頭に立ってからもしぶとい脚を使っていましたし、順当勝ちだと思います。

■8R メイショウラバンド 2人気6着

中団の内から差し切りを狙いましたけど、馬群を上手くさばけず圏外に敗れました。
もう1列前にいけると思っていたので、道中の位置取りの悪さが最大の敗因だと思います。

■9R タイセイマルス 3人気2着

好位の外から上手く立ち回ったんですけどね…。
勝ったブレイヴバローズが強すぎました。

■10R ジャーミネイト 2人気1着

中団やや前めのインで脚を溜める競馬に。
勝負どころで迷わず馬群の外に出し、直線でもしっかりと末脚を披露しました。
文句ない勝ちっぷりでした。

■11R タマモアタック 2人気10着

レース序盤までは良い位置にいたんですけど、
ディグニファイドが一気の捲っていき、ペースアップしたところで置かれてしまいました。
定量の57kgになると、1000万下では厳しいのかもしれません。

■12R ルイ 4人気15着

トーセンアルバータとの激しいハナ争いに巻き込まれ、シンガリ負け。
ルイの楽な単騎逃げを予想していましたが、全然違うレース展開になってしまいました。


【5回京都4日】

■7R ユラノト 2人気2着

好位追走から直線で馬群の外に出し、
先に抜け出したザイディックメアを追いかけましたけど、もう一押しがききませんでした。

■8R デリスモア 3人気3着

52kgなら勝ち切れる、と考えていたんですけどね…。
ハンデが見込まれたトゥザクラウンに負けちゃいましたから、僕の見立てが甘かった、という事でしょう。

■9R マイスターシャーレ 1人気8着

ブラゾンダムールが押し上げていった時に対応できず、
直線で伸びそうな雰囲気もありましたが、最後はバタバタになってしまいました。

■10R クリノリトミシュル 2人気2着

ハイペースになり、差し脚堅実なクリノリトミシュルが台頭する、という見立て通りの結果だったんですけど、
1着のラインルーフは拾えなかったです…。

■11R(エリザベス女王杯)モズカッチャン 5人気1着

好位の内で脚を溜め、直線で逃げるクロコスミアめがけて一気に追い上げ、最後の最後で差し切りました。
枠や展開に恵まれたとはいえ、クロコスミアが押し切る展開を差し切るのですから、大したものです。

■12R ジョーアラビカ 5人気7着

好位の外で行きたがる面を我慢させていたんですが、直線の末脚は不発。
もっと上がりが掛かる展開にならないと厳しいかもしれません。


【5回東京4日】

■7R オールデン 1人気8着

道中で折り合いがついていなかったように見えたので、
直線半ばで脚がパッタリと止まってしまいました。

■8R ノーフィアー 2人気10着

差し馬が上位に来ていますから、結果的には展開が向かなかった、という事になるんでしょう。
1400mも長いかもしれません。

■9R ヒストリア 4人気1着

後方待機から馬群の外に持ち出して、一気の差し切り勝ち。
低調なメンバーだったとはいえ、昇級初戦でいきなり勝ち切るのは能力が高い証拠だと思います。

■10R スターオブペルシャ 1人気2着

中団の位置で折り合いに専念し、直線で上手く馬群の外に持ち出せたんですけど、
ストーミーシーの末脚の方が一枚上手でしたね。

■11R トウショウピスト 5人気1着

果敢にハナを奪い、マイペースの逃げを打ち、そのまま粘り切りました。
同型不在のレースだったにしても、強い勝ち方でした。
快速馬・シーイズトウショウを母に持つ良血馬が、ようやく軌道に乗ってきたようです。

■12R シルバーポジー 1人気2着

前走6着から着順を上げた形になりましたけど、
ナムラミラクル相手に完敗し、3着馬にも詰め寄られる、という微妙なレースになってしまいました。


【3回福島4日】

■7R イタリアンホワイト 1人気1着

中団待機から楽な手応えのまま先頭集団に並びかけ、直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切りました。
馬群の内でどん詰まり、という結果に終わった前走から一気の変わり身を見せてくれました。

■8R マッタナシ 4人気6着

スタートで出遅れて、急いで前に取り付いたものの、折り合いを欠く、という形に。
最悪なパターンになりながら、勝ち馬と0.3秒差ですから、500万下では地力上位の存在だと思います。

■9R メイショウオルソ 1人気1着

スムーズに先行し、直線でも持ったままの手応えで勝ち切ってみせました。
今回の内容なら、1000万下に昇級しても即通用すると思います。

■10R アンヴァル 1人気1着

9Rに引き続いて、こちらも北村友騎手が持ったままの手応えで圧勝。
中1週プラス長距離輸送、という難しい条件でしたが、能力が違いすぎました。
アルーリングボイスの子供ですから、今後も短距離路線で頑張ってくれる事でしょう。

■11R(福島記念)スズカデヴィアス 3人気2着

折り合いを欠くサンマルティンを見ながらのレース。
勝ち馬のウインブライトが3〜4角でスムーズに進出したのに対し、
スズカデヴィアスは3〜4角でポジションを下げてしまったのが痛恨でした。
でも、前走からの変わり身を見せる好内容でしたから、次走以降もチャンスだと思います。

■12R ショウナンサスケ 3人気2着

縦長の展開になったおかげで、外枠特有のコースロスを極力減らす事ができました。
直線でも良い脚を使っているんですけど、終始楽な手応えだったオブリゲーションには及びませんでした。


日曜は、秋華賞のモズカッチャン1着、福島記念のスズカデヴィアス2着、と重賞の本命馬が頑張ってくれたんですが、馬券はハズレ…(>

[もっと見る]

 マリオおっさん 2017年11月11日() 23:21
予想したレースのその後(11/11版)
閲覧 93ビュー コメント 0 ナイス 4

京都
1R→稍重、京都なら少し前がかりのこのペースでも前残り決着になった。このレース自体のレベルもやや疑問、その中で大きく離れた5着以降は特に厳しい戦いを強いられそう。
2R→ほぼイーブンペース。2着までは普通の未勝利という感じだったが、大きく離れた3着以降は今後も少し厳しいか。
3R→ここはハイペース。この展開で4角先頭から押し切った勝ち馬は評価できる内容。着差は大きいが、オードマドリードも悲観する内容ではない。逆に2・5着あたりは次も展開の助けが必要か。
4R→スローペース。勝ち馬は展開に恵まれた感。本命かつPOG馬のレイエスプランドルが1番強い競馬だったか。外回りなら次も勝ち負けになりそう。
5R→新馬戦恒例のスローペース。内容的には2着のセンスオブワンダーがいい内容だったか。逆にユイフェンネルはスローペースが欲しいか。
6R→ややスローペース。勝った馬は先行したのが勝因か。負けた組では2・4着は次も狙えそう。バクハツはダートがダメなのか。
7R→この距離らしいペース。やはりオッズ通り2頭の力が違った。その2頭の差は位置取りか。
8R→道中で約25馬身(推測)離す超大逃げを打ったタマモプラネット。さすがに最後は止まったが、重賞制覇もあと一歩。勝ち馬は少し展開に恵まれたか。
9R→ラップ的にはかなりのハイペースだが、先行4頭で決着。勝ち馬は昇級しても勝ち負けか。対抗ピースマークも展開的にはいい競馬。そして5着以下とは少し差があったか。
10R→ほぼイーブンペース。勝ち馬の勝因はいまいち分からないが、京都適正と通った馬場か。リッチーリッチーは調子が悪いみたい。
11R→またスローペース。勝ったジャンダルムは展開を考えると強い競馬。3着ケイアイノーテックも評価に値しそう。フロンティアは案の定そこまで強くないか。そして、重賞としてはメンバーレベルが疑問。最後に、本命馬はご冥福を祈ります…
12R→適度なペース。勝ち馬はそこそこ。チカリータは今回もいい競馬はしていたが、勝ち味に遅いタイプなだけにいつ勝てるのか…。。
東京
9R→勝ったダークリパルサーは追い出しが遅れながら前が開いてからの脚が強かった。2着馬も次は順番か。その下は着差もついたし、差があったか。
11R→重賞としては遅めのペースか。上位3頭よりは4・5着が次は狙いか。ベストウォーリアは衰えがちらついている。そして予想コロシアムで自己ベスト配当が当たった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

タマモプラネットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

タマモプラネットの写真

投稿写真はありません。

タマモプラネットの厩舎情報 VIP

2017年11月11日京都ジャンプS G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タマモプラネットの取材メモ VIP

2017年11月11日 京都ジャンプS G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。