注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

サンレイデューク(競走馬)

注目ホース
サンレイデューク
写真一覧
現役 牡9 鹿毛 2008年3月24日生
調教師高橋義忠(栗東)
馬主永井 啓弍
生産者岡野牧場
生産地新ひだか町
戦績34戦[5-2-5-22]
総賞金21,388万円
収得賞金0万円
英字表記Sanrei Duke
血統 デュランダル
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サワヤカプリンセス
サンレイククイン
血統 ][ 産駒 ]
Cozzene
レイクワース
兄弟 サンレイジャスパーサンレイレーザー
前走 2017/04/15 中山グランドジャンプ G1
次走予定

サンレイデュークの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/15 中山 11 中山GJ G1 芝4250 134547.862** 牡9 63.0 難波剛健高橋義忠462(-8)4.51.4 0.613.7⑦⑤④オジュウチョウサン
17/03/11 阪神 8 阪神スプリJ G2 芝3900 111138.874** 牡9 61.0 難波剛健高橋義忠470(+10)4.29.2 1.113.8⑧⑧⑧④オジュウチョウサン
16/12/23 中山 10 中山大障害 G1 芝4100 123319.154** 牡8 63.0 難波剛健高橋義忠460(0)4.49.8 4.214.1⑧⑧⑦⑦オジュウチョウサン
16/10/16 東京 9 東京ハイJ G2 芝3110 1081026.076** 牡8 61.0 難波剛健高橋義忠460(0)3.28.8 1.213.4⑨⑧⑧⑧オジュウチョウサン
15/10/18 東京 9 東京ハイJ G2 芝3110 11337.444** 牡7 61.0 難波剛健高橋義忠460(-2)3.26.8 1.013.3⑧⑧⑦⑥サナシオン
15/04/18 中山 11 中山GJ G1 芝4250 15477.933** 牡7 63.0 難波剛健高橋義忠462(+8)4.48.7 2.113.6⑧⑧⑤アップトゥデイト
15/03/14 阪神 8 阪神スプリJ G2 芝3900 138127.941** 牡7 61.0 難波剛健高橋義忠454(-8)4.22.8 -0.013.5⑫⑩⑨⑥サンライズロイヤル
14/12/20 中山 11 中山大障害 G1 芝4100 13339.633** 牡6 63.0 難波剛健高橋義忠462(+8)4.42.3 1.313.8⑧⑧⑦⑦レッドキングダム
14/10/13 東京 8 東京ハイJ G2 芝3110 14712112.7131** 牡6 60.0 難波剛健高橋義忠454(-14)3.27.1 -0.013.3⑧⑧⑧⑦エーシンホワイティ
14/06/28 東京 8 東京ジャンプ G3 芝3110 1481316.676** 牡6 60.0 難波剛健高橋義忠468(-6)3.32.3 1.713.7⑩⑩⑧⑦メイショウヨウドウ
14/06/07 東京 8 青富士JS OP 芝3100 10662.713** 牡6 62.0 難波剛健高橋義忠474(+12)3.39.3 2.714.1⑥⑤⑤⑤ソンブレロ
14/04/19 中山 11 中山GJ G1 芝4250 103341.665** 牡6 63.0 難波剛健高橋義忠462(-2)4.51.9 1.213.7⑥⑥⑥⑥アポロマーベリック
14/03/08 中山 4 障害4歳以上オープン 芝3200 146106.842** 牡6 62.0 難波剛健高橋義忠464(+6)3.40.3 0.313.8⑦⑧⑦⑥マンノプロジェクト
13/12/21 中山 10 中山大障害 G1 芝4100 1671356.6127** 牡5 63.0 難波剛健高橋義忠458(-2)4.48.6 2.814.1⑭⑬⑪⑩アポロマーベリック
13/11/30 中山 8 イルミネJS OP 芝3570 152318.169** 牡5 60.0 難波剛健高橋義忠460(+4)4.07.5 1.513.9⑫⑪⑨⑩メイショウブシドウ
13/03/23 中山 8 ペガサスJS OP 芝3350 137114.128** 牡5 60.0 植野貴也高橋義忠456(0)3.46.2 3.413.5⑨⑨⑨⑨リキアイクロフネ
13/03/03 中山 4 障害4歳以上オープン 芝3200 131121.671** 牡5 61.0 植野貴也高橋義忠456(-2)3.35.8 -0.013.5⑨⑧⑥④ハクサン
13/01/12 中山 8 中山新春JS OP 芝3200 1481425.477** 牡5 61.0 植野貴也高橋義忠458(-2)3.36.8 2.513.6⑧⑪⑨⑧ハクサン
12/12/08 阪神 8 三木ホースJ OP 芝3900 1081015.165** 牡4 61.0 中村将之高橋義忠460(-6)4.33.2 3.714.0⑦⑦⑥⑥サトノケンオー
12/11/25 京都 4 障害3歳以上オープン 芝3170 1481410.4514** 牡4 62.0 白浜雄造高橋義忠466(+10)3.39.3 4.713.8⑭⑭⑭⑭ダイシングロウ

⇒もっと見る


サンレイデュークの関連ニュース

 第19回中山グランドジャンプ(15日、中山11R、J・GI、障害4歳上オープン国際、定量、芝・外4250メートル、1着本賞金6600万円 =出走13頭)石神深一騎乗で断然人気に推されたオジュウチョウサンが、横綱相撲で完勝。3度目のJ・GI制覇など数々の記録を打ち立て、和田正一郎調教師のJRA通算100勝達成に花を添えた。4分50秒8(良)。3馬身半差の2着は6番人気のサンレイデュークだった。

 ハードル界の絶対王者を前に、他馬はひれ伏すしかない。昨年の最優秀障害馬オジュウチョウサンが、早めのスパートから貫禄の3馬身半差Vで、史上3頭目となる中山グランドジャンプの連覇を達成した。

 「強いですね。(2着の)サンレイデュークが来て一瞬ヒヤッとしましたが、またギアを変えてトップスピードに乗ってくれました」

 石神騎手は史上3人目の障害重賞騎乗機会5連勝を達成。「(オジュウは)いつも1倍台なので、緊張にも慣れて自然体で臨めました」と余裕の笑みがこぼれた。

 走るたびに記録を塗り替える。昨年のこのレースから重賞6連勝とし、自身が持つ最多連勝記録を更新。J・GI3勝は2005〜07年に中山GJを3連覇した豪州のカラジに続いて2頭目で、日本馬では初の快挙だ。

 もはや国内に敵はいない。海外挑戦など夢は膨らむが、この一戦でJRA100勝を達成した和田郎調教師は「カラジの3連覇の上を目指すとか、国内でもやるべきことはありますから」と当面は国内で連勝を伸ばす構え。最強ジャンパーは、これからも金字塔を打ち立てていく。 (藤沢三毅)

 ◆難波騎手(サンレイデューク2着) 「いつもより早めに動いて、勝ち馬に並びかけたが、手応えが違っていた」

 ◆林騎手(アップトゥデイト3着) 「気合が乗りすぎて、飛越が少しまずいところもあった」

 ◆熊沢騎手(メイショウヒデタダ13着) 「ハミが抜けてうまく折り合っていたが、(勝ち馬に)目標にされたからね」

★15日中山11R「中山グランドジャンプ」の着順&払戻金はこちら

【中山グランドJ】王者の貫禄、オジュウチョウサンが連覇 2017年04月15日() 15:49

 4月15日の中山11Rで行われた第19回中山グランドジャンプ(障害4歳以上オープン、J・GI、芝・外4250メートル、定量、13頭立て、1着賞金=6600万円)は、石神深一騎手騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が連覇を決めた。タイムは4分50秒8(良)。道中は、逃げたメイショウヒデタダ、前をうかがうアップトゥデイトを見る位置で4番手、3番手と位置取りを上げていき、勝負どころの3コーナー過ぎにスパート。直線入り口ではサンレイデュークに外から並びかけられたが、最後の障害をクリアした時点でもう独走態勢。王者の貫禄を見せつける圧巻の走りで障害重賞連勝記録を「6」に伸ばした。これはジャンプグレードが導入された1999年以降の最多の記録。J・GIの3勝はカラジ(2005、06、07年中山グランドジャンプ3連覇)に並ぶ史上2頭目の記録。

 ◆石神深一騎手(1着 オジュウチョウサン)「強いですね。(2着の)サンレイデュークが来て一瞬ヒヤッとしましたが、またギアを変えてトップスピードに乗ってくれました」

 3馬身半差の2着には後方待機策から脚を伸ばしたサンレイデューク(6番人気)、さらに8馬身離れた3着にアップトゥデイト(2番人気)。

 中山グランドジャンプを勝ったオジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道平取町・坂東牧場の生産馬で、馬主は(株)チョウサン。通算成績は19戦9勝(うち障害17戦9勝)。重賞は2016年中山グランドジャンプ・J・GI、東京ジャンプ・J・GIII、東京ハイジャンプ・J・GII、中山大障害・J・GI、17年阪神スプリングジャンプ・J・GIIに次いで6勝目。中山グランドJは、和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに、2016年オジュウチョウサンに次いで2勝目。

★15日中山11R「中山グランドジャンプ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山GJ】追って一言2017年04月13日(木) 05:01

 ◆アイティテイオー・竹内師 「中1週になるが、疲れはない。叩いて良くなっているし、荒れた馬場は得意」

 ◆アップトゥデイト・佐々木師 「理想的な追い切り。中間は調教を強化しているし、中山に替わって逆転できれば」

 ◆ウインヤード・小金沢助手 「久々を使って体調面の上積みはある」

 ◆クリノダイコクテン・植野騎手 「状態は変わらない。相手は強くなるが積極的に運びたい」

 ◆サンレイデューク・難波騎手 「状態はいいですよ。自分で競馬を作れるタイプではないし、展開が向いてほしい」

 ◆タイセイドリーム・平沢騎手 「状態は良さそう。この馬の競馬でスムーズに走らせたい」

 ◆ティリアンパープル・金成師 「前走後は予定通り。元気いっぱいだし、飛越も安定」

 ◆トーセンハナミズキ・小野寺騎手 「飛越自体は上手な馬だし、流れに乗って競馬をしたい」

 ◆メイショウヒデタダ・熊沢騎手 「前走はメンバーに恵まれた面もあったが、落鉄して勝ったし反動もなかった。力をつけているよ」

 ◆ラステラ・尾形和師 「相手は強くなりますが、前走後も変わりなくいい感じで来ています」

 ◆ルペールノエル・藤原英師 「GIに向けて調整してきた。相手は強いがいい体調で臨める」

 ◆ワンダフルワールド・森一騎手 「日に日に疲れが取れてきた。飛越もいい」

中山グランドジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山GJ】レース展望 2017年04月10日(月) 15:39

 先週8日に英国では障害レース最大の人気を誇るグランドナショナルが行われたが、その1週間後となる15日に、中山競馬場では中山グランドジャンプ(J・GI、芝4250メートル)が行われる。年に2度しか使われない大障害コースは、いわば日本のジャンプレースの“聖地”。暮れの中山大障害と異なるのは、最後にバンケットの上り下りがなく、外回りコースを周回する点だが、JRAで施行される最長距離レースに挑む人馬一体の手に汗握る激闘を楽しみたい。

 注目は何と言っても、J・GIの3連覇がかかるオジュウチョウサン(美浦・和田正一郎厩舎、牡6歳)だ。昨年のこのレースを勝ってから完全に本格化。そこから負けなしの5連勝と文句なしの強さを発揮し続けている。特筆すべきは、コースの特異性がある中山だけでなく、東京や阪神でも負けていないこと。そして、5戦すべて62キロ以上を背負って勝ち続けていることだろう。石神深一騎手とのコンタクトも何ひとつ不安はなく、定量戦ならばまず負けるシーンは思い浮かばない。これまで落馬の経験はなく、ここも無事に飛越を終えれば、おのずと結果はついてくるはずだ。

 この昨年の最優秀障害馬オジュウチョウサンに2戦続けて2着に敗れているのが、一昨年の最優秀障害馬アップトゥデイト(栗東・佐々木晶三厩舎、牡7歳)。現状は相手の実力を認めざるを得ない状況にあるが、陣営はこの中間もスタミナ強化に努め、暮れの大障害とはコースが異なる点に期待を持っている。前走では、暮れの大障害でつけられた9馬身の差を2馬身半まで詰めており、3度目の正直でリベンジを果たす構えだ。

 実績では見劣るものの、もっかの勢いが目を引く存在といえばメイショウヒデタダ(栗東・南井克巳厩舎、牡8歳)だろう。春麗ジャンプSを逃げ切り、前走のペガサスジャンプSでも積極的な競馬で後続を突き放し、最後は8馬身差の圧勝。キャリアを積んで地力をつけてきた。今回は初の大障害コースで斤量も増えるだけに楽観視はできないが、すっかり手の内に入れたベテラン熊沢重文騎手とのコンビで一発を狙う。

 障害馬として底を見せていないタイセイドリーム(栗東・矢作芳人厩舎、牡7歳)は、休み明けの阪神スプリングジャンプでしぶとく伸び、3着を確保した。大型馬で叩いた上積みが見込めるうえ、中山では昨年暮れにイルミネーションジャンプSを快勝している。こちらも斤量は増えるが、上位争いに加わってくる可能性は十分だ。

 中山大障害3着馬で3月のオープン戦を制したルペールノエル(栗東・藤原英昭厩舎、牡7歳)は、大崩れのないタイプ。スタートに難があるものの、スムーズに流れに乗れれば暮れの着差(2秒3差)は詰められるはずだ。

 ほかでは、キャリア豊富で飛越にも定評があるサンレイデューク(栗東・高橋義忠厩舎、牡9歳)、むらがあるものの意外性を秘めているクリノダイコクテン(栗東・谷潔厩舎、牡6歳)、スタミナ豊富で消耗戦に強いウインヤード(美浦・小桧山悟厩舎、牡6歳)、昨年の5着馬で末脚が確かなワンダフルワールド(栗東・高橋義忠厩舎、牡6歳)などに注意を払いたい。全馬の無事を祈りつつ、4分50秒前後の見応えある一戦を堪能しよう。

中山グランドジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山グランドジャンプ】特別登録馬2017年04月09日() 17:30

[もっと見る]

【阪神スプリングジャンプ】特別登録馬2017年03月05日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンレイデュークの関連コラム

閲覧 2,373ビュー コメント 0 ナイス 4


週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年04月15日(土) 中山11R 中山グランドジャンプ
【“JRAのJG1”において3着以内となった経験がなかった馬の、馬齢別成績(2014年以降)】
●5歳以下 [2-1-1-7](複勝率36.4%)
●6歳以上 [0-0-0-16](複勝率0.0%)
→2014年以降の中山グランドジャンプで3着以内となったのは、既にJG1で好走経験のある馬と馬齢が5歳以下だった馬のみ。特別登録を行った馬のうち、“JRAのJG1”において3着以内となった経験があるのはアップトゥデイトオジュウチョウサンサンレイデュークルペールノエルの4頭だけで、馬齢が5歳以下の馬はいません。


▼2017年04月15日(土) 阪神11R アンタレスステークス
【馬齢別成績(2010年以降)】
●4歳 [2-3-4-20](複勝率31.0%)
●5歳 [4-2-0-16](複勝率27.3%)
●6歳 [1-1-2-26](複勝率13.3%)
●7歳 [0-1-1-17](複勝率10.5%)
●8歳以上 [0-0-0-8](複勝率0.0%)
→若い馬ほど信頼できる一戦。また、前走の着順が3着以下だった馬は2010年以降[1-2-5-63](複勝率11.3%)ですし、そのうち前走の条件が“JRAのG1かG2”でなかった馬は2010年以降[0-1-2-56](複勝率5.1%)とさらに苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2014年12月16日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2014年12月16日号
閲覧 224ビュー コメント 0 ナイス 2

▼2014年12月21日(日) 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス
【阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスにおける、JRA、かつ1500m以上、かつ1着となったレースで2位入線馬に0.1秒以上のタイム差をつけた経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [13-7-9-59](複勝率33.0%)
●なし [0-6-4-124](複勝率7.5%)
→近年の2歳G気剖δ未靴討い襪里蓮1400m以下のレースでしか優勝経験のない馬、1500m以上のレースにおいて2位入線馬とタイム差なしの優勝経験しかない馬が低調な成績に終わっている点。今年から施行コースが変わった朝日杯フューチュリティステークスでもこの傾向は続くと思います。

▼2014年12月20日(土) 中山11R 中山大障害
【前走の着順別成績(2010年以降)】
●3着以内 [3-4-3-9](複勝率52.6%)
●4着以下 [0-0-1-32](複勝率3.0%)
●競走中止 [1-0-0-0](複勝率100.0%)
→昨年の優勝馬アポロマーベリックのような例外もありますが、近年は基本的に前走好走馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が3着以内なのは、オースミムーンサンレイデュークドリームセーリングレッドキングダムの4頭だけです。

▼2014年12月20日(土) 中京11R 愛知杯
【JRAの重賞かオープン特別において優勝経験がなかった馬の、前走の着順別成績(2006年以降)】
●1着 [2-2-0-10](複勝率28.6%)
●2着以下 [1-0-1-55](複勝率3.5%)
→オープンクラスのレースで優勝経験がない馬を比較する際は、前走の着順を素直に評価したいところ。また、JRAの重賞かオープン特別において優勝経験がなかった馬のうち、馬齢が5歳以上だった馬は2006年以降[0-0-0-27](複勝率0.0%)と好走例すらありません。

▼2014年12月20日(土) 阪神11R リゲルステークス
【同年、かつJRA、かつ芝1600〜1800mの重賞かオープン特別において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [2-2-1-9](複勝率35.7%)
●なし [0-0-1-15](複勝率6.3%)
→近走成績を素直に重視した方が良さそう。2013年3着のコスモソーンパークも、芝1600m、かつオープン特別の前走で1位入線馬と0.2秒差の5着に健闘していました。

▼2014年12月21日(日) 阪神10R ベテルギウスステークス
【JRA、かつ2000m以上のレースにおいて3着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [4-4-4-27](複勝率30.8%)
●なし [0-0-0-13](複勝率0.0%)
→距離適性に注目したい一戦。ダ1800mのレースを主戦場としてきた馬は過信禁物です。

▼2014年12月21日(日) 中山11R ディセンバーステークス
【JRA、かつ芝2000m以上の重賞、オープン特別、1600万下における連対経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [4-4-3-26](複勝率29.7%)
●なし [0-0-1-22](複勝率4.3%)
→2000m未満のレースにしか実績のない馬は不振。芝中長距離への適性がポイントと言えるでしょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。12月5日には監修を務めた人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

2014年10月15日(水) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜kmプロが毎日王冠◎サンレイレーザーで29万超のビッグヒット!
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、12(日)に東京競馬場でGII毎日王冠が、京都競馬場でG2京都大賞典がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
GII毎日王冠は好スタートからサンレイレーザーが先手を奪って直線へ。先頭を行くサンレイレーザーを目掛けて好位からウインマーレライグランデッツァディサイファが追走しますが、差は詰まらず200mを通過。依然2馬身ほどのリードを保って逃げ込みを図るサンレイレーザーに中からディサイファ、さらに馬群を縫うようにエアソミュール、外からスピルバーグも一気に追い込んできます。
ラスト100m、逃げるサンレイレーザー、追う3頭の形で4頭が並ぶ大接戦の叩き合いとなりましたが、ゴール前で急追したエアソミュールがクビ差サンレイレーザーを退け、接戦をモノにしました。2着にはサンレイレーザー、そこからクビ差の3着にスピルバーグが入っています。
公認プロ予想家ではkmプロきいいろプロサラマッポプロ馬っしぐらプロ億の馬券術事務局プロが的中しています。
一方のGII京都大賞典トゥザグローリーが先頭に立つと離し気味の逃げを打って直線へ入ります。
先頭を行くトゥザグローリーに単独2番手を追走したタマモベストプレイが並びかけて200mを通過すると、同じく好位を追走していたラストインパクトも追い出しに入ってタマモベストプレイラストインパクトの2頭が抜け出して叩き合いへ。
ゴール前、タマモベストプレイをクビ差抑え込んだラストインパクトが嬉しい重賞2勝目を飾りました。2着にタマモベストプレイ、そこから1馬身3/4差の3着にトーセンラーが入っています。
公認プロ予想家ではきいいろプロ夢月プロ蒼馬久一郎プロサラマッポプロスガダイプロジョアプロ億の馬券術事務局プロが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
12(日)東京11R毎日王冠GIIで大穴◎サンレイレーザーから相手を5頭に絞った3連複497倍を600円的中させ、29万8320円を払い戻すと続く京都12Rでは◎ロスヴァイセ頭固定の3連単247倍を2500円的中!!61万7500の高額払い戻しを達成しました!この他にも14(火)京都10Rで単勝20.2倍のカシュカシュの単勝1万円的中させるなど好調予想を披露し、週末トータル回収率198%、収支プラス61万820円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
12(日)東京11R毎日王冠GIIで『距離・コース・馬場合う』と評価した◎サンレイレーザー本命や13(月)東京11Rの◎ワイドバッハ、14(火)京都9Rベルルミエール京都11R京都大賞典GII◎ラストインパクトと推奨馬がことごとく馬券になり、週末トータル的中率53%、回収率231%、収支プラス9万7160円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
11(土)東京8Rで単勝21倍の伏兵クールジャイロを本命に抜擢。単勝、複勝、馬連を大本線的中させ、12万1180円の払い戻し!13(月)東京9Rでは◎ワンダーコロアールの単複勝負で13万2000円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
12(日)東京11R毎日王冠GIIでの◎エアソミュール(13.1倍)や14(火)京都12Rスペシャルギフト(14.9倍)などコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率41%、回収率168%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
13(月)東京8R東京ハイジャンプで単勝112倍の超大穴◎サンレイデュークを本命に抜擢し、単勝を1000円的中!!11万2700円の払い戻しに成功しました!
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
14(火)京都11R京都大賞典で◎ラストインパクトタマモベストプレイと印を打ち、単勝5.2倍を3000円、馬連28.9倍を4000円的中!13万1200円を払い戻しました!

※全レースの結果速報はこちら
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2014年04月15日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2014年04月15日号
閲覧 235ビュー コメント 0 ナイス 3

▼2014年04月19日(土) 阪神11R アンタレスステークス
【年齢別成績(2006年以降)】
●4歳 [4-4-3-22](複勝率33.3%)
●5歳以上 [4-4-5-78](複勝率14.3%)
→基本的に若い馬が強いレース。5歳以上、かつ前走で3着以下に敗れていた馬は2006年以降[0-0-5-59](複勝率7.8%)とさらに苦戦しています。

▼2014年04月19日(土) 中山11R 中山グランドジャンプ
【中山障害の重賞かオープン特別における優勝経験の有無別成績(2006年以降)】
●あり [7-8-3-24](複勝率42.9%)
●なし [3-2-7-85](複勝率12.4%)
→中山障害に実績のある馬は堅実。特別登録を行った馬のうち、中山障害の重賞かオープン特別において優勝経験があるのは、アポロマーベリックサンレイデュークメイショウブシドウの3頭だけでした。

▼2014年04月20日(日) 中山10R オルフェーヴルカップ
【京葉ステークスにおける、前走が平地競走だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2007年以降)】
●3番手以内 [0-0-2-23](複勝率8.0%)
●4番手以下 [6-6-4-52](複勝率23.5%)
→ほぼ同時期、同条件で施行されていた2007〜2013年の京葉ステークスは、前走で先行していた馬が不振。差し馬を重視すべきでしょう。

▼2014年04月20日(日) 中山11R 皐月賞
【中山芝2000mで施行された年における、中山芝か阪神芝内回りの重賞において3着以内となった経験の有無別成績(2005〜2010年、2012〜2013年)】
●あり [8-5-7-57](複勝率26.0%)
●なし [0-3-1-63](複勝率6.0%)
→今回と同じ中山芝や、コース形態が比較的近い阪神芝内回りの重賞で好走経験のない馬は苦戦必至。特別登録を行った馬のうち、中山芝か阪神芝内回りの重賞において3着以内となった経験があるのは、アジアエクスプレスアデイインザライフウインフルブルームキングズオブザサンクラリティシチートゥザワールドバウンスシャッセロサギガンティアワンアンドオンリーの9頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、『グリーンチャンネル』などさまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。最新刊『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)が2014年04月10日に発売予定。

[もっと見る]

サンレイデュークの口コミ


口コミ一覧

馬券メモ(2017/15・16)

 銀色のサムライ 2017年04月19日(水) 20:24

閲覧 52ビュー コメント 2 ナイス 8

先ほど終了した東京スプリントはキタサンサジンが優勝♪

重賞初参戦が大井のナイター競馬、という楽な状況じゃなかったんですが、
果敢に先行して、ブライトラインの追い上げをギリギリで凌ぎました。

来週の天皇賞春に出走する同馬主のキタサンブラックに勢いをつける重賞Vになりましたね。

僕はドリームバレンチノに期待したんですけど、
直線の進路取りが上手くいかず、着外に終わりました…(>

 グリーンセンスセラ 2017年04月17日(月) 00:00
【中山グランドジャンプ】オジュウチョウサンJ・G1 
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 0

【中山グランドジャンプ】オジュウチョウサンJ・G1三連勝!─競馬HEADLINE/ 2017年4月15日 17時59分 http://keiba-headline.com/ojuchosan-wins-2-12758/


15日(土)に中山競馬場で開催された第19回中山グランドジャンプは、石神深一騎手が騎乗する1番人気のオジュウチョウサンが優勝した。勝ちタイムは4:50.8。

3馬身半差の二着には6番人気のサンレイデュークが入着し、さらに8馬身差の三着には2番人気のアップトゥデイトが入着した。

優勝したオジュウチョウサンはこの勝利で障害重賞6勝目を達成。J・G1は見事に三連勝を果たした。

[もっと見る]

 浪花のクマ 2017年04月16日() 22:52
中山グランドジャンプ 予想結果 
閲覧 34ビュー コメント 2 ナイス 10

中山GJ(G機
1 ○ オジュウチョウサン (1番人気)
2 ◎ サンレイデューク (6番人気)
3 ▲ アップトゥデイト (2番人気)

人気2頭にサンレイデュークを組み合わせた
3頭BOX馬券で勝負・・最終障害を飛んだ時は
オジュウチョウサンに並んだが・・
(3連単 -- 7,420円)

[もっと見る]

サンレイデュークの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  try   フォロワー:6人 2014年10月13日(月) 16:19:58
デューク東郷だよ

サンレイデュークの写真

サンレイデューク

サンレイデュークの厩舎情報 VIP

2017年4月15日中山グランドジャンプ G12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンレイデュークの取材メモ VIP

2017年4月15日 中山グランドジャンプ G1 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。