ホットシークレット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 1996年5月14日生
調教師後藤由之(美浦)
馬主金子 真人
生産者畠山牧場
生産地静内町
戦績39戦[7-1-6-25]
総賞金39,338万円
収得賞金6,535万円
英字表記Hot Secret
血統 ハンティングホーク
血統 ][ 産駒 ]
Sadler's Wells
High Hawk
スダナデシコ
血統 ][ 産駒 ]
タイテエム
スダヤマト
兄弟 レイアフォルスプロミエ
前走 2004/06/27 宝塚記念 G1
次走予定

ホットシークレットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
04/06/27 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 15712171.31314** セ8 58.0 福永祐一後藤由之454(-12)2.13.8 2.738.3タップダンスシチー
04/05/22 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 1881679.81718** セ8 58.0 勝浦正樹後藤由之466(+10)2.35.8 5.339.9チャクラ
03/11/09 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 143423.597** セ7 58.0 勝浦正樹後藤由之456(0)2.32.7 0.835.7⑥⑤⑤⑤アクティブバイオ
03/10/12 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1022----** セ7 58.0 四位洋文後藤由之---- ------タップダンスシチー
03/08/24 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 95524.959** セ7 57.0 勝浦正樹後藤由之456(+4)2.03.9 3.637.7④④④⑨サクラプレジデント
03/02/16 中山 11 ダイヤモンド G3 芝3200 138127.754** セ7 58.5 柴田善臣後藤由之452(-2)3.24.1 0.437.8イングランディーレ
03/01/26 中山 11 AJCC G2 芝2200 136911.364** セ7 58.0 柴田善臣後藤由之454(-8)2.12.8 0.335.8⑦⑦⑥⑤マグナーテン
02/11/30 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 118113.411** セ6 58.0 岡部幸雄後藤由之462(+6)3.45.6 -0.035.1ダイタクバートラム
02/10/06 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 87717.246** セ6 58.0 小牧太後藤由之456(+2)2.24.8 1.235.4④④ナリタトップロード
02/09/22 新潟 11 オールカマー G2 芝2200 133325.793** セ6 58.0 柴田善臣後藤由之454(+4)2.11.8 0.135.4ロサード
02/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 126830.3109** セ6 58.0 柴田善臣後藤由之450(-2)2.13.7 0.835.3④⑤⑤⑦ダンツフレーム
02/05/18 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 1871318.4916** セ6 58.5 村田一誠後藤由之452(--)2.34.2 2.439.1⑥④⑤⑤トシザブイ
02/03/23 アラ 4 ドバイシーマ G1 芝2400 15--------7** セ6 56.0 柴田善臣後藤由之---- ------NAYEF
02/01/13 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 128118.132** セ6 58.0 福永祐一後藤由之452(0)2.26.5 0.135.0トップコマンダー
01/12/23 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 133367.1913** セ5 57.0 横山典弘後藤由之452(+2)2.34.9 1.835.9⑫⑫⑦⑨マンハッタンカフェ
01/06/24 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 125641.783** セ5 58.0 柴田善臣後藤由之450(-4)2.11.9 0.235.4メイショウドトウ
01/05/19 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 13119.031** セ5 57.0 柴田善臣後藤由之454(-4)2.30.8 -0.635.7⑧⑧⑥⑥マックロウ
01/04/22 東京 10 メトロポリタ OP 芝2300 127102.414** セ5 57.0 柴田善臣後藤由之458(0)2.19.5 0.535.9ジーティーボス
01/03/18 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 126727.593** セ5 58.0 武幸四郎後藤由之458(-4)3.04.1 1.636.7ナリタトップロード
01/02/11 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3200 108104.226** セ5 57.0 柴田善臣後藤由之462(+2)3.19.2 1.237.0イブキヤマノオー

⇒もっと見る


ホットシークレットの関連ニュース

 ◆ヴォードヴィリアン(美・二ノ宮、牡、東京日曜新馬、芝2000メートル)

 《戦評》前半5ハロンが67秒3という超スローも、中団の外めで折り合う。直線では自分からハミを取る感じで、馬なりのまま楽々と前の馬をかわし、1馬身1/4差で勝ち上がった。余力たっぷりで上がり3ハロン33秒5は立派。

 《血統》(父アグネスタキオン、母トークショウ、母の父ディクタット)=祖母ハイホークは83年の伊GIローマ賞を勝ち、同年のJCでは13着ながら1番人気に支持されたほど。母としてインザウイングス(BCターフなどGI3勝)、ハンティングホーク(ホットシークレットなどの父)を出した。ダーレーゆかりの母系だ。

 《課題&将来性》レース内容、馬っぷり、血統各面から、クラシックを意識できる素材なのは間違いない。今後は緩急が厳しい流れになった時、どう対応するか注目したい。

【アイビスSD】後藤師、有終のVに挑む 2011年07月15日(金) 05:03

 後藤由之調教師(58)=美浦=が、70歳の定年までに10年以上を残しながら、20日付で勇退する。トウカイポイント(02年マイルCS)や、白毛馬ユキチャンなどを手掛けてきたトレーナーは「もう心の整理はついている」と、悔いのない清々しい表情だ。最後の出走は、アイビスサマーダッシュのバイラオーラ。「状態は前走以上。コース適性もある」とラスト重賞Vに挑む。

 確かな観察眼と慎重な見極めで個性派を育て、ターフを沸かせてきた後藤由之調教師が、勇退を決断。今週末を最後に、16年間の調教師生活に幕を下ろす。

 「競馬を続ける人間がいるし、定年を前に去る身なので理由は言わないが、心の整理はついている」。勇退の理由は明らかにはしなかったが、決して経営難ではない。「自分が思う調教師の理想像と、現実がどんどんかけ離れてきた。これからの人には、競馬人気を復活させてほしいですね」。厩舎システムが大きく変わり、調教師に求められる経営方針も変わってきた。時間をかけて馬づくりをしてきたトレーナーが苦悩したことは想像に難くない。勇退を惜しむ声が多いのも無理からぬところだ。

 トウカイポイントの他にも、長距離重賞3勝のホットシークレット、重賞3連勝のクラフトワークなどを手掛けてきた。その後藤師の一番心に残る馬は、08年に交流GII関東オークスを制し、白毛馬で初の重賞ウイナーとなったユキチャンだ。実力に加えて真っ白な馬体のかわいらしさから、ファンの大きな注目を集めた。「毎日が狂想曲。あわただしかったが、楽しくもあった。(同じく白毛の)母シラユキヒメから続くあの血統に関わり合えたのは、大きな財産だよ」。後藤師はトレードマークの笑顔で、懐かしそうに振り返った。

 厩舎最後の出走となる今週は、4頭がエントリー。なかでも、アイビスサマーダッシュに出走するバイラオーラは、母バイラリーナも師が管理した厩舎なじみの血統だ。「状態は明らかに前走以上です。コース適性もあるし、切れ味勝負になれば面白いですよ」と好走を意識して送り出す。

 「これはひと区切り。僕の若さで後ろばかり見てはいられない。これからもがんばらないとね。まずは今週のレースに集中だよ」と、新たなスタートを前に、後藤師は最後の仕事に全力を注ぐ。(松永昌也)

[もっと見る]

後藤調教師が20日付で勇退2011年07月14日(木) 05:00

 後藤由之調教師(58)=美浦=が20日付で勇退することになった。後藤師は東京農工大出身で、96年3月に厩舎を開業。10日までにJRA通算3083戦266勝をマークしている。02年にトウカイポイントでGIマイルCSを制したほか、重賞2勝の個性派ステイヤー・ホットシークレットや、重賞3勝のクラフトワークなどで重賞10勝を挙げた。アイビスSDのバイラオーラなど、今週末が最後の出走。なお、解散に伴って新規で開業する厩舎はなく、スタッフや管理馬は他厩舎に移籍する。

[もっと見る]

トウカイポイントの後藤調教師が勇退2011年07月13日(水) 16:14

 日本中央競馬会(JRA)は13日、後藤由之調教師(58)が20日付で勇退すると発表した。

 後藤師は96年に初出走(カチウマキャシー、6着)。7月11日までに3083頭を出走させて、266勝(平地258勝、障害8勝)を挙げている。主な活躍馬に2002年のマイルチャンピオンシップ(GI)をトウカイポイントや、GIIを3勝したホットシークレットクラフトワークなどがいる。(共同)

[もっと見る]

【AR共和国杯】ジパング満点…データ解析2009年11月03日(火) 05:05

 *過去10年が対象

 ◆長距離実績不可欠 連対20頭中19頭がクラスを問わず芝2200メートル以上で勝っていただけに、最低限この条件はクリアしたい。また、2400メートル以上では11頭が重賞5着以内を経験。残る9頭は重賞出走経験がなかったものの、7頭は1000万下(旧900万下)以上でV。99年2着マリアジュダムールは2300メートルの準オープンでV、07年1着アドマイヤジュピタは2200メートルまでの経験しかなかったが、前4走で3勝2着1回、うち2200メートルで2勝と勢いがあった。

 ◆前走も長距離が理想 17頭が2200メートル以上のレースからの参戦で、条件戦Vからの連勝もあり、勢いは侮れない。残る3頭は2000メートル以下だが、いずれもGIIだった。3カ月以上の休養明けでの連対は、07年2着のトウカイトリック(宝塚記念8着以来)の例があるが、秋1走以上が望ましい。前走着順は、条件戦なら勝っていないと苦しい。

 ◆トップHは今ひとつ トップハンデは【1・1・1・8】(01年57キロ2頭)と微妙。

 ◆4、5歳馬が活躍 4歳が8連対、5歳が7連対。7歳以上では長距離重賞3勝のホットシークレットが03年にトップハンデ58キロで7着など連対はないが、重賞2着4回のコイントスが05年に57キロで3着と、実績があれば斤量次第では上位争いは可能だ。

 ★結論

 6歳馬だが、エアジパングが中心。ステイヤーズS勝ちを含む2400メートル以上で5勝の長距離実績は文句なし。前走も2600メートルの札幌日経オープンを勝っており、勢い十分。ハンデも56キロと手頃で、連勝が濃厚だ。次位は前5走2400メートル以上の重賞を使われて大崩れがないジャガーメイルモンテクリスエスにはダイヤモンドS勝ちの実績があり侮れない。(データ室)

[もっと見る]

ホットシークレットの関連コラム

関連コラムはありません。

ホットシークレットの口コミ


口コミ一覧
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 7

ディープインパクト時代「終焉」は近い!? 競馬界の「預言者」金子真人氏のセレクトセールの"動向"が予感させる「新時代」の到来─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年7月20日 13時45分 http://biz-journal.jp/gj/2017/07/post_3874.html

 史上6頭目の牡馬三冠馬ディープインパクトや、昨年の日本ダービー馬マカヒキなどのオーナーとして知られる金子真人氏が今月、ノーザンファーム代表の吉田勝己氏に等身大の銅像をプレゼントしたことが話題になっている。
 この『Warm Wind From the North〜あたたかい北風〜』と銘打たれたブロンズ像は、金子オーナーがディープインパクトや牝馬三冠馬アパパネなど、ノーザンファームの生産馬5頭で「中央競馬八大競走」を完全制覇したことを記念して寄贈されたそうだ。
 創設の新しい秋華賞を除く5大クラシックと天皇賞・春秋、それに有馬記念を加えた8競走が古くから「中央競馬八大競走」と称されているが、個人馬主で完全制覇を成し遂げたのは金子オーナーが史上初。常識的に考えれば空前絶後の大記録になる可能性もあり、それをわずか20年余りの馬主生活で成し遂げてしまった金子オーナーは、すでに歴史に名を残す成功者といえるだろう。
 そんな金子オーナーだが、近年では馬主としてさらなる「高次元」の楽しみを見出しているようだ。
 例えば、冒頭で触れた昨年のダービー馬マカヒキは父ディープインパクトも然ることながら、母ウィキウィキも金子氏の所有馬。先日、中京競馬史上最速の上がりで新馬戦を勝って話題になったワグネリアンに至っては父、母だけでなく、母の父、母の母にいたるまで金子オーナーの所有馬という、いわゆる「金子ブランド」の一頭になる。個人馬主でそんなことをいわれるのは、後にも先にも金子オーナーだけだろう。
 しかし逆に述べれば、それは金子オーナーがただ繁殖に残るような有力馬に恵まれてきたというだけでなく、積極果敢に様々な血統の馬を手にしてきたからでもあるはずだ。

次のページ▶▶▶ 今年のセレクトセールでは「例年ほどの活気がなかった」

代表馬のディープインパクトこそ、日本競馬に革命を起こしたサンデーサイレンス産駒という王道だが、そのディープインパクトのライバル種牡馬として活躍するキングカメハメハは欧州の大種牡馬キングマンボの産駒。オーナーに最初のG1をプレゼントしたブラックホークも欧州で大成功を収めながらも、日本ではまだあまり成功していなかったヌレイエフの血を積極的に取り入れた結果だ。
 他にも世界最大の馬主グループ・ゴドルフィンへ400万ドルで移籍したユートピアはフォーティナイナー、ワグネリアンの祖母ブロードアピールのブロードラッシュ、日本に種牡馬フレンチデピュティを導入させるきっかけとなったクロフネ、宝塚記念3着などがあるホットシークレットのハンティングホークなど、金子オーナーが所有する活躍馬の血統バリエーションは実に多彩だ。
 その結果、ディープインパクトやキングカメハメハ、クロフネなどの名種牡馬を次々と輩出。今や日本の競馬を支配していると述べても過言ではない社台グループの成功は、まるで「未来」を読み取ったかのような歴史的成功を収めた金子オーナーの存在をなくして語ることはできないだろう。
 ただ、そんな金子オーナーだが、今年のセレクトセールでは「例年ほどの活気がなかった」、と報じられている。
 というのも、近年は毎年のように高額な良血馬を競り落とす大馬主の一人だった金子氏が、今年は1億円超えが僅か1頭、それも1億1000万円が最高額という、額面上はやや寂しい結果となったからだ。
 ちなみに個人馬主だけに、「本業」の方が上手くいかなかったということはなさそうだ。横浜市の都筑区に本社を構える東証1部上場企業「株式会社図研」の代表取締役社長である金子氏。企業は今年の3月期も売上高約221億9900万円を達成しており、ずっと右肩上がりの状態である。
 したがって、金子氏が主な競走馬の入手ルートとしているセレクトセールで、今年も例年通り大金を投入しようと思えば、問題なくできた可能性は極めて高いといえるだろう。
 だが何故、それをしなかったのか。

次のページ▶▶▶ 金子氏が今年のセレクトセールで手にした幼駒のラインナップを見ると、明らかな「傾向」が

 その"真意"は明らかではないが、金子氏が今年のセレクトセールで手にした幼駒のラインナップを見ると、明らかな「傾向」が見えてくる。
『web Sportiva』(集英社)に「昨年までよりもトーンが落ち着き気味だった」と報じられた今年の金子氏だが、競り落とした幼駒自体は11頭と実はここ5年間で最も多い。つまり、決して意欲がなかったわけではなく、単純に高額な良血馬のセリには参加しなかったということだ。
 そして、何よりも象徴的なのが、その11頭の幼駒の中に自身が所有した「2大種牡馬」ディープインパクト、キングカメハメハの産駒が1頭もいなかったという点である。
 ちなみに昨年は1億4000万円のキングカメハメハ産駒と7000万円のディープインパクト産駒、一昨年は2億3000万円のディープインパクト産駒、3年前も1億8000万円のディープインパクト産駒を競り落としていた金子氏。ところが今年は、そういった紙面を飾るような"爆買い"が一切見られなかった。
 その分「数」を増やしてきたわけだが、その中でも11頭中4頭を数えるロードカナロア産駒は、ある種"異様な輝き"を放っているといえるだろう。
 これは「単純に良い馬を競りに行った」というだけでは起こり得ない偏りだ。ちなみに昨年もすでに1頭のロードカナロア産駒を競り落としており、今年の2歳が初年度産駒となるロードカナロアだが、金子オーナーはすでに"何か光るもの"を見つけているのだろうか。
 また、まだ産駒がデビューしていないジャスタウェイ産駒を2頭も購入したところも気になる点だ。

次のページ▶▶▶ まるで「預言者」のように数多くの歴史的成功馬を所有してきた

このロードカナロアとジャスタウェイに共通する点は、安田記念を勝つほどの「スピード」があり、そして何よりも極めて高い「国際評価」を受けていたところだ。
 ジャスタウェイは2014年に6馬身1/4で圧勝したドバイデューティーフリー(現ドバイターフ)が評価され、当時の世界1位を記録している。さらにロードカナロアの方も香港スプリントを連覇したことで当時の世界最強スプリンターの1頭として数えられ、極めて高い国際評価を受けていた。
 類稀なる「先見の明」によりまるで「預言者」のように、これまで数多くの歴史的成功馬を所有してきた金子オーナー。世界中から様々な血統馬を購入し、近年の競馬界を常にリードしてきたその眼には、今一体何が映っているのだろうか。
 現在の競馬界はもう何年もディープインパクトとキングカメハメハによる「2強時代」が続いている。だが、天才オーナーによる今年のセレクトセールの"動向"は「新時代の到来」を予感させるものだった。

ホットシークレットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ホットシークレットの写真

投稿写真はありません。

ホットシークレットの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ホットシークレットの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。