注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ホットシークレット(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 1996年5月14日生
調教師後藤由之(美浦)
馬主金子 真人
生産者畠山牧場
生産地静内町
戦績39戦[7-1-6-25]
総賞金39,338万円
収得賞金6,535万円
英字表記Hot Secret
血統 ハンティングホーク
血統 ][ 産駒 ]
Sadler's Wells
High Hawk
スダナデシコ
血統 ][ 産駒 ]
タイテエム
スダヤマト
兄弟 レイアフォルスプロミエ
前走 2004/06/27 宝塚記念 G1
次走予定

ホットシークレットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
04/06/27 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 15712171.31314** セ8 58.0 福永祐一後藤由之454(-12)2.13.8 2.738.3タップダンスシチー
04/05/22 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 1881679.81718** セ8 58.0 勝浦正樹後藤由之466(+10)2.35.8 5.339.9チャクラ
03/11/09 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 143423.597** セ7 58.0 勝浦正樹後藤由之456(0)2.32.7 0.835.7⑥⑤⑤⑤アクティブバイオ
03/10/12 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 1022----** セ7 58.0 四位洋文後藤由之---- ------タップダンスシチー
03/08/24 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 95524.959** セ7 57.0 勝浦正樹後藤由之456(+4)2.03.9 3.637.7④④④⑨サクラプレジデント
03/02/16 中山 11 ダイヤモンド G3 芝3200 138127.754** セ7 58.5 柴田善臣後藤由之452(-2)3.24.1 0.437.8イングランディーレ
03/01/26 中山 11 AJCC G2 芝2200 136911.364** セ7 58.0 柴田善臣後藤由之454(-8)2.12.8 0.335.8⑦⑦⑥⑤マグナーテン
02/11/30 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 118113.411** セ6 58.0 岡部幸雄後藤由之462(+6)3.45.6 -0.035.1ダイタクバートラム
02/10/06 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 87717.246** セ6 58.0 小牧太後藤由之456(+2)2.24.8 1.235.4④④ナリタトップロード
02/09/22 新潟 11 オールカマー G2 芝2200 133325.793** セ6 58.0 柴田善臣後藤由之454(+4)2.11.8 0.135.4ロサード
02/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 126830.3109** セ6 58.0 柴田善臣後藤由之450(-2)2.13.7 0.835.3④⑤⑤⑦ダンツフレーム
02/05/18 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 1871318.4916** セ6 58.5 村田一誠後藤由之452(--)2.34.2 2.439.1⑥④⑤⑤トシザブイ
02/03/23 アラ 4 ドバイシーマ G1 芝2400 15--------7** セ6 56.0 柴田善臣後藤由之---- ------NAYEF
02/01/13 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 128118.132** セ6 58.0 福永祐一後藤由之452(0)2.26.5 0.135.0トップコマンダー
01/12/23 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 133367.1913** セ5 57.0 横山典弘後藤由之452(+2)2.34.9 1.835.9⑫⑫⑦⑨マンハッタンカフェ
01/06/24 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 125641.783** セ5 58.0 柴田善臣後藤由之450(-4)2.11.9 0.235.4メイショウドトウ
01/05/19 東京 11 目黒記念 G2 芝2500 13119.031** セ5 57.0 柴田善臣後藤由之454(-4)2.30.8 -0.635.7⑧⑧⑥⑥マックロウ
01/04/22 東京 10 メトロポリタ OP 芝2300 127102.414** セ5 57.0 柴田善臣後藤由之458(0)2.19.5 0.535.9ジーティーボス
01/03/18 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 126727.593** セ5 58.0 武幸四郎後藤由之458(-4)3.04.1 1.636.7ナリタトップロード
01/02/11 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3200 108104.226** セ5 57.0 柴田善臣後藤由之462(+2)3.19.2 1.237.0イブキヤマノオー

⇒もっと見る


ホットシークレットの関連ニュース

 ◆ヴォードヴィリアン(美・二ノ宮、牡、東京日曜新馬、芝2000メートル)

 《戦評》前半5ハロンが67秒3という超スローも、中団の外めで折り合う。直線では自分からハミを取る感じで、馬なりのまま楽々と前の馬をかわし、1馬身1/4差で勝ち上がった。余力たっぷりで上がり3ハロン33秒5は立派。

 《血統》(父アグネスタキオン、母トークショウ、母の父ディクタット)=祖母ハイホークは83年の伊GIローマ賞を勝ち、同年のJCでは13着ながら1番人気に支持されたほど。母としてインザウイングス(BCターフなどGI3勝)、ハンティングホーク(ホットシークレットなどの父)を出した。ダーレーゆかりの母系だ。

 《課題&将来性》レース内容、馬っぷり、血統各面から、クラシックを意識できる素材なのは間違いない。今後は緩急が厳しい流れになった時、どう対応するか注目したい。

【アイビスSD】後藤師、有終のVに挑む 2011年07月15日(金) 05:03

 後藤由之調教師(58)=美浦=が、70歳の定年までに10年以上を残しながら、20日付で勇退する。トウカイポイント(02年マイルCS)や、白毛馬ユキチャンなどを手掛けてきたトレーナーは「もう心の整理はついている」と、悔いのない清々しい表情だ。最後の出走は、アイビスサマーダッシュのバイラオーラ。「状態は前走以上。コース適性もある」とラスト重賞Vに挑む。

 確かな観察眼と慎重な見極めで個性派を育て、ターフを沸かせてきた後藤由之調教師が、勇退を決断。今週末を最後に、16年間の調教師生活に幕を下ろす。

 「競馬を続ける人間がいるし、定年を前に去る身なので理由は言わないが、心の整理はついている」。勇退の理由は明らかにはしなかったが、決して経営難ではない。「自分が思う調教師の理想像と、現実がどんどんかけ離れてきた。これからの人には、競馬人気を復活させてほしいですね」。厩舎システムが大きく変わり、調教師に求められる経営方針も変わってきた。時間をかけて馬づくりをしてきたトレーナーが苦悩したことは想像に難くない。勇退を惜しむ声が多いのも無理からぬところだ。

 トウカイポイントの他にも、長距離重賞3勝のホットシークレット、重賞3連勝のクラフトワークなどを手掛けてきた。その後藤師の一番心に残る馬は、08年に交流GII関東オークスを制し、白毛馬で初の重賞ウイナーとなったユキチャンだ。実力に加えて真っ白な馬体のかわいらしさから、ファンの大きな注目を集めた。「毎日が狂想曲。あわただしかったが、楽しくもあった。(同じく白毛の)母シラユキヒメから続くあの血統に関わり合えたのは、大きな財産だよ」。後藤師はトレードマークの笑顔で、懐かしそうに振り返った。

 厩舎最後の出走となる今週は、4頭がエントリー。なかでも、アイビスサマーダッシュに出走するバイラオーラは、母バイラリーナも師が管理した厩舎なじみの血統だ。「状態は明らかに前走以上です。コース適性もあるし、切れ味勝負になれば面白いですよ」と好走を意識して送り出す。

 「これはひと区切り。僕の若さで後ろばかり見てはいられない。これからもがんばらないとね。まずは今週のレースに集中だよ」と、新たなスタートを前に、後藤師は最後の仕事に全力を注ぐ。(松永昌也)

[もっと見る]

後藤調教師が20日付で勇退2011年07月14日(木) 05:00

 後藤由之調教師(58)=美浦=が20日付で勇退することになった。後藤師は東京農工大出身で、96年3月に厩舎を開業。10日までにJRA通算3083戦266勝をマークしている。02年にトウカイポイントでGIマイルCSを制したほか、重賞2勝の個性派ステイヤー・ホットシークレットや、重賞3勝のクラフトワークなどで重賞10勝を挙げた。アイビスSDのバイラオーラなど、今週末が最後の出走。なお、解散に伴って新規で開業する厩舎はなく、スタッフや管理馬は他厩舎に移籍する。

[もっと見る]

トウカイポイントの後藤調教師が勇退2011年07月13日(水) 16:14

 日本中央競馬会(JRA)は13日、後藤由之調教師(58)が20日付で勇退すると発表した。

 後藤師は96年に初出走(カチウマキャシー、6着)。7月11日までに3083頭を出走させて、266勝(平地258勝、障害8勝)を挙げている。主な活躍馬に2002年のマイルチャンピオンシップ(GI)をトウカイポイントや、GIIを3勝したホットシークレットクラフトワークなどがいる。(共同)

[もっと見る]

【AR共和国杯】ジパング満点…データ解析2009年11月03日(火) 05:05

 *過去10年が対象

 ◆長距離実績不可欠 連対20頭中19頭がクラスを問わず芝2200メートル以上で勝っていただけに、最低限この条件はクリアしたい。また、2400メートル以上では11頭が重賞5着以内を経験。残る9頭は重賞出走経験がなかったものの、7頭は1000万下(旧900万下)以上でV。99年2着マリアジュダムールは2300メートルの準オープンでV、07年1着アドマイヤジュピタは2200メートルまでの経験しかなかったが、前4走で3勝2着1回、うち2200メートルで2勝と勢いがあった。

 ◆前走も長距離が理想 17頭が2200メートル以上のレースからの参戦で、条件戦Vからの連勝もあり、勢いは侮れない。残る3頭は2000メートル以下だが、いずれもGIIだった。3カ月以上の休養明けでの連対は、07年2着のトウカイトリック(宝塚記念8着以来)の例があるが、秋1走以上が望ましい。前走着順は、条件戦なら勝っていないと苦しい。

 ◆トップHは今ひとつ トップハンデは【1・1・1・8】(01年57キロ2頭)と微妙。

 ◆4、5歳馬が活躍 4歳が8連対、5歳が7連対。7歳以上では長距離重賞3勝のホットシークレットが03年にトップハンデ58キロで7着など連対はないが、重賞2着4回のコイントスが05年に57キロで3着と、実績があれば斤量次第では上位争いは可能だ。

 ★結論

 6歳馬だが、エアジパングが中心。ステイヤーズS勝ちを含む2400メートル以上で5勝の長距離実績は文句なし。前走も2600メートルの札幌日経オープンを勝っており、勢い十分。ハンデも56キロと手頃で、連勝が濃厚だ。次位は前5走2400メートル以上の重賞を使われて大崩れがないジャガーメイルモンテクリスエスにはダイヤモンドS勝ちの実績があり侮れない。(データ室)

[もっと見る]

ホットシークレットの関連コラム

関連コラムはありません。

ホットシークレットの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ホットシークレットの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ホットシークレットの写真

投稿写真はありません。

ホットシークレットの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ホットシークレットの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。