最新競馬ニュース

【高松宮記念】ファルクス、オッサンの貫禄!

SANSPO.COM:2018年3月22日(木) 05:12

 1,726

 中央競馬は本格的な春のGIシリーズに突入する。その第1弾、スプリント路線の頂上決戦となる高松宮記念(25日、中京競馬場、芝1200メートル)の追い切りが21日、東西トレセンで行われた。美浦では最有力候補のレッドファルクス(美浦・尾関知人厩舎、牡7歳)が、ウッドチップコースで5ハロン66秒4をマークし、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』。3度目のGI制覇に向けて、万全の態勢が整った。枠順は23日に確定する。

 現役最強スプリンターの名にかけ、負けられない仕上げだ。昨年3着のリベンジに燃えるレッドファルクスが、Wコースで迫力満点の動きを披露。2016、17年のスプリンターズSに続くGI3勝目へ万全のデキをアピールした。

 「1週前は前半の入りが遅くなりましたが、きょうは先行馬がしっかりと前に行ってくれたので、内容のある追い切りができました」

 尾関調教師が納得の表情を浮かべる。約4馬身先行する僚馬ダノンアイリス(1000万下)を目標に、4コーナーでは大きく外を周回。残り200メートル過ぎで鞍上のゴーサインが出ると、パワフルな脚取りで一気に差を詰め、きっちりと併入に持ち込んだ。5ハロン66秒4、3ハロン37秒9-13秒1のタイムも文句なしだ。

 追い切るコースにも慎重を期した。当初は南D(ダート)コースで追う予定だったが、降り続く雨で水分を含んだダート。「ちょっと硬いかなと思った」(尾関師)ため、脚部への負担を軽減したうえでしっかりと負荷をかけられるWコースを選択した。細やかな配慮で勝利を目指す。

 昨年は香港遠征以来のぶっつけで臨んだが、今年は前哨戦を叩いて青写真通りの臨戦過程。追い切りには騎乗しなかったミルコ・デムーロ騎手(39)も「(稍重だった昨年は)いい馬場だったら、もっといい脚が使えたと思う。能力はあるし、頑張ります」と3戦ぶりのコンビに腕をぶしている。前走の阪急杯は、58キロを背負って3着。メンバー最速の末脚(3ハロン33秒4)で猛然と追い込んだ。前哨戦としては上々の内容で、大一番に臨む。

 「中京に行くと馬が元気になりますし、一番この馬を分かっているジョッキー。昨年は期待に応えられませんでしたが、今年は勝ってもらいたい。最優秀短距離馬というタイトルに負けない走りができるように」

 指揮官は静かな口調の中にも闘志をにじませた。前年の最優秀短距離馬が高松宮記念に出走してくれば、出走機会3連勝中。昨年は1番人気に応えられなかったレッドファルクスが、今年こそわが世の春を謳歌(おうか)する。(花田隆)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る