最新競馬ニュース

【東西現場記者走る】ディアドラ、上積みあり

SANSPO.COM:2017年11月9日(木) 05:11

 2,803

 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画「東西現場記者走る」。エリザベス女王杯は、昨年の同レースの3連単15万8930円を◎○▲の大本線で的中させた大阪サンスポの山口大輝記者(26)が担当する。連載3日目は、前走の秋華賞でGI初制覇を成し遂げたディアドラを直撃。重馬場での激戦だっただけに、その後の調整が気になっていたが…。

 昨日、『日頃から僕の行いがいいのか、ぽかぽか陽気』と書いた途端に、水曜は雨模様。やはり、何事も謙虚にいかなければ。気を引き締めつつ、追い切り日の調教スタンドに向かった。

 一番気になっていたのが、今年の秋華賞ディアドラだ。前走は重馬場だけに、勝ったとはいえ、ダメージは大きいのではないか。秋3戦目の今回は、状態の把握が重要になる。

 モニターに目をこらしていると、朝一番の坂路にターゲットが現れた。前半をゆったり運ぶと、直線でも鞍上は手綱を持ったまま。楽なリズムでペースアップし、ラスト1ハロン12秒2(4ハロン54秒0)でフィニッシュ。上々の動きに映った。

 「しまいだけ、強めに。その指示通りの追い切りができました。タフな馬ですし、消耗も少なかった。すごく順調にきています」

 橋田調教師の口ぶりから、自信が感じられた。馬体に関しても「前走は余裕残しの部分があったので、今回はもう少し絞っていきたい」と上積みを強調。心配どころか、むしろ状態はアップしているとみてよさそうだ。

 3歳馬は過去10年間で世代別トップの4勝。しかもその年の秋華賞馬に限れば【2・1・1・1】と、さらに信頼度は上がる。厩舎を訪ね、担当の込山助手にズバリ聞いてみた。なぜ、こんなに3歳馬が強いんですか?

 「斤量も有利やしなあ。この時期にグッと馬がよくなるというのもあると思う。春からジワッと馬がよくなってきた。もうちょっと、伸びしろもあると思うよ」

 3歳馬の斤量は、年長馬から2キロ減。一般的に“1キロ差で1馬身違う”ことに加え、成長期を迎えることも大きいようだ。

 「ベストは2000メートルの前後。外回りになるのもいいし、条件は前回より、全然いい」という力強い言葉に、思わず心が傾きそうになった。

 許可をもらって、最後に写真を撮ろうと顔を近づけた、そのときだ。ディアドラがググッと顔をすり寄せてくるではないか。フ~ッ、フ~ッと肌で感じる鼻息。熱いやる気が伝わってきた…気がする。本命馬探しに、まだまだ頭を悩ませそうだ。 (山口大輝)

エリザベス女王杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月22日()
マイラーズC G2
フローラS G2
4月21日()
福島牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る