注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

キョウエイスコール(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡4 栗毛 2013年2月21日生
調教師勢司和浩(美浦)
馬主田中 晴夫
生産者ヒサイファーム
生産地新ひだか町
戦績14戦[1-0-3-10]
総賞金1,545万円
収得賞金400万円
英字表記Kyoei Squall
血統 サウスヴィグラス
血統 ][ 産駒 ]
End Sweep
Darkest Star
ユーワパンドラ
血統 ][ 産駒 ]
アフリート
リーガルウェイズ
兄弟 テイエムチカラショウナンサバンナ
前走 2017/04/22 4歳以上500万下
次走予定

キョウエイスコールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/22 福島 8 4歳以上500万下 ダ1150 16483.624** 牡4 57.0 戸崎圭太勢司和浩496(+2)1.10.0 0.737.5⑤⑤メイショウボノム
17/04/08 中山 12 4歳以上500万下 ダ1200 16353.823** 牡4 57.0 戸崎圭太勢司和浩494(0)1.11.1 0.236.2⑤⑤ウインバローラス
17/03/19 中山 8 4歳以上500万下 ダ1200 168163.314** 牡4 57.0 内田博幸勢司和浩494(-2)1.12.3 0.538.0エビスリアン
17/02/25 中山 8 4歳以上500万下 ダ1200 168155.523** 牡4 57.0 内田博幸勢司和浩496(-2)1.12.4 0.337.7プレシャスエース
16/12/24 中山 7 3歳以上500万下 ダ1200 1681524.593** 牡3 56.0 内田博幸勢司和浩498(+8)1.12.3 0.338.3タケルラグーン
16/12/11 中京 3 3歳以上500万下 ダ1200 163548.994** 牡3 56.0 川須栄彦勢司和浩490(+6)1.13.3 0.737.7⑧⑦スナッチアキス
16/11/05 福島 9 3歳以上500万下 ダ1150 1381317.299** 牡3 56.0 横山和生勢司和浩484(0)1.10.1 0.837.6⑧⑧グランデサムライ
16/10/01 中山 8 3歳以上500万下 ダ1200 161141.979** 牡3 55.0 柴山雄一勢司和浩484(-12)1.12.0 0.837.5⑨⑨シゲルテングダイ
16/08/07 新潟 12 3歳以上500万下 ダ1200 1581422.2813** 牡3 54.0 津村明秀勢司和浩496(+12)1.13.3 1.737.9⑧⑩クリムゾンバローズ
16/06/19 東京 8 3歳以上500万下 ダ1300 161122.498** 牡3 54.0 田辺裕信勢司和浩484(+4)1.19.6 0.937.1⑤⑧ディスティンダリア
16/04/02 中山 2 3歳未勝利 ダ1200 16241.811** 牡3 56.0 戸崎圭太勢司和浩480(+2)1.12.8 -0.137.9ミラクルバイオ
16/03/20 中山 3 3歳未勝利 ダ1200 168165.134** 牡3 56.0 戸崎圭太勢司和浩478(-4)1.12.2 0.337.3⑩⑪ブレヴェスト
15/12/19 中山 1 2歳未勝利 ダ1200 16236.056** 牡2 55.0 戸崎圭太勢司和浩482(+10)1.14.0 0.740.2クインズカリナン
15/11/21 東京 4 2歳新馬 ダ1300 16478.745** 牡2 55.0 戸崎圭太勢司和浩472(--)1.21.5 0.838.3ブラウンアニマート

キョウエイスコールの関連ニュース

 21日の東京4R2歳新馬(ダート1300メートル)は、津村明秀騎手騎乗の3番人気ブラウンアニマート(牡、美浦・武藤善則厩舎)が好位のイン追走から外に持ち出して差し切り勝ち。タイムは1分20秒7(稍重)。

 ダッシュ良く飛び出したクインズカリナンが先手を取り、キョウエイスコールが外から2番手。さらに人気のフレッシュギャルもその外から並びかけていく。好位集団にはブラウンアニマートハミングウィズミースワニルダなどが続いた。直線に入ると、粘るクインズカリナンキョウエイスコールが並びかけるが、なかなかかわすことはできない。逆に、冷静に外に持ち出したブラウンアニマートゴーサインを出すと鋭い反応を見せ、あっさりと前をかわす。外からアシャカラウマが追い上げてきたが、この追撃を封じてブラウンアニマートが先着。新馬勝ちを飾った。1馬身1/2差の2着が2番人気のアシャカラウマ。さらに1馬身3/4差の3着には13番人気のクインズカリナンが逃げ粘っている。

 ブラウンアニマートは、父スペシャルウィーク、母スズランコマンダー、母の父スエヒロコマンダーという血統。祖母の兄カネツクロスはGIIアメリカジョッキークラブCなど重賞3勝。

 津村騎手は「道中の手応えが抜群で、追い出しを待つぐらいの余裕がありました。最後も期待通りの伸びを見せてくれましたね」と着差以上の強さに笑顔を見せていた。

★21日東京4R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

キョウエイスコールの関連コラム

関連コラムはありません。

キョウエイスコールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 51ビュー コメント 2 ナイス 9

今日はお休みだったので、朝10時から放送されていたWBCを観戦。

プエルトリコがあっさり勝つのかな?と思っていたんですけど、
オランダも最後の最後まで食い下がっていて、思いのほか良い勝負になりました。

明日は準決勝のもう1試合、日本vsアメリカ。

過去3大会よりもメンバーが強化されているアメリカ相手にどんな試合を見せてくれるのでしょうか。
先取点を奪って、守り合いの展開に持ち込めれば日本にも勝機があると思っています。


それでは、先週の本命馬回顧をしていきましょう。


【1回阪神7日】

■7R トゥールエッフェル 1人気6着

注文通りの単騎逃げが叶いそうだったところでセータコローナに絡まれてしまったのが痛かったです。
でも、あまりにも不甲斐ない走りだったので、急坂コースが不向きなのかも。

■8R ウエスタンビジュー 6人気14着

先行力がある馬なので、初の1200mも合うと思ったのですが…。
相手も強かったですし、甘くなかったです。

■9R タニノアーバンシー 1人気1着

ゲートの出こそイマイチでしたけど、二の脚がついて楽にハナへ。
道中も他馬に絡まれませんでしたし、展開もバッチリでした。

■10R メイショウワダイコ 2人気2着

先行集団の外めの位置で待機。
直線に入っても良い手応えで、差し切れそうな雰囲気でしたが、相手が意外としぶとかったですね。

■11R タガノアシュラ 6人気7着

スタート後の加速がつかなかったので、出ムチを入れてハナへ。
出ムチの影響でハイペースを生み出してしまいました。

■12R ジュエルメーカー 1人気8着

スタート後につまづき、ポジションが後方になってしまいました。
上手く立ち回ってこその馬ですから、スタートの不利が痛恨でした。


【2回中京3日】

■7R ヒルノサルバドール 2人気2着

マイペースの逃げが打てたんですけどね…。
最後の最後にアクセラレートに差されてしまいました。

■8R ベッラレジーナ 4人気10着

2週連続で栗東坂路51秒台をマークしていたので、
渾身の仕上げでラストランを迎えた、と考えて◎にしましたが、厳しかったですね…。

■9R コンテナ 1人気1着

600kg近い超巨漢馬が得意の中京で2連勝。
もっと上まで行ける器かも。

■10R サンホッブズ 5人気3着

思惑通りの先行策を取ってくれましたが、
上位2頭に強い競馬をされてしまいました。力は出し切っていると思います。

■11R(ファルコンS)ボンセルヴィーソ 2人気2着

好位で控える競馬を見せ、脚質に幅が出てきたところに成長の跡を感じました。
惜しい2着でしたけど、勝ち馬とは瞬発力の差でしょうか。

■12R チカリータ 1人気2着

正攻法の競馬でしたが、3kg減のミッキーデータに上手く逃げ切られてしまいました。
まずまずの走りでしたから、近いうちに現級突破のチャンスがやってきそうです。


【1回阪神8日】

■7R フォイヤーヴェルク 2人気3着

良馬場になったらもっとキレる脚が使えると思ったのですが…。
展開が向かなかったとはいえ、ちょっとだらしないレースでした。

■8R コパノアラジン 4人気2着

3kg減の恩恵を受けての2着、という見方が妥当でしょうか。
今年に入って初めて藤田菜七子騎手の馬に◎を打ちましたが、良い結果が出て良かったです。

■9R ショウナンタイザン 1人気2着

スローペースになるのは見え見えだったんですけど、差し馬に◎を打ってしまいました。
2着に来たとはいえ、的外れな予想でした。

■10R サトノケンシロウ 1人気3着

直線で外を回すロスこそありましたが、
1600万下なら楽に突破できると思ったんですけどね…。

■11R(阪神大賞典)サトノダイヤモンド 1人気1着

シュヴァルグランも懸命のレースをしましたけど、
サトノダイヤモンドの実力が一枚も二枚も上手でした。

■12R ソーディヴァイン 3人気1着

詰めの甘い馬なんですが、今回は最後も辛抱してくれました。
休み明けの方が走るタイプですから、次走は危ないかも…。


【2回中山7日】

■7R マサノジェット 3人気12着

道中の位置取りが後ろすぎました。
スローペースが明らかなのに追い込み馬を本命にしてしまうとは…。

■8R キョウエイスコール 1人気4着

大外枠からスムーズな競馬ができたんですが…。
いつも良いところまで来るんですけど、もう一押しが足りません。

■9R キャンベルジュニア 1人気1着

淀みないペースになったので、レース運びがスムーズでした。
南半球産ですから、これからもっと強くなっていくと思います。

■10R ニットウスバル 1人気4着

前崩れのハイペースになると考えて◎にしましたが、前が残ってしまいました。
展開を読み違えただけですから、馬はしっかりと走ってくれています。

■11R(スプリングS)トリコロールブルー 3人気5着

もっと前でレースを運んで欲しかったんですけど、1800mでは無理でしたね。
重賞で突き抜けるほどの存在ではありませんが、
条件が上手く噛み合えば重賞でも上位争いができる器だと思います。

■12R ウインマハロ 4人気7着

3〜4角の勝負どころで前がどん詰まり…。
新人騎手だったとはいえ、残念すぎるレースになってしまいました。


【2回中京4日】

■7R プエルト 1人気6着

中団やや前め、という道中の位置取りは良かったんですけど、直線で全く伸びませんでした。
レース間隔が微妙に空いたのが響いたのでしょうか。

■8R トゥルーハート 3人気11着

前走で先行策を試みていたので、今回も先行する、と考えていました。
しかし、蓋を開けてみたらまさかの最後方待機。先行しなきゃ勝負にならなかったのに…。

■9R イイデファイナル 1人気2着

好位の外で脚を溜めていましたが、直線でスムーズに追う事ができませんでした。
まだまだ幼いですね。

■10R ヒルノドンカルロ 4人気3着

ハナにこだわる、という自分の競馬に徹しての3着。
逃げ馬には不向きなコースでしたけど、よく頑張ってくれました。

■11R コウエイエンブレム 1人気1着

好位追走から直線半ばで先頭に立って後続を振り切る、という横綱競馬でした。
中京1400mはピッタリなので、夏のプロキオンSで重賞制覇を期待したいです。

■12R エイシンミノアカ 1人気3着

出遅れた時点で凡走を覚悟しましたが、3着までよく追い込んできました。
でも、上位2頭はノーマーク。勉強不足でした。


【2回中山8日】

■7R ブルローネ 9人気11着

道中は良い感じで進んでいたんですが、
4角手前でヨレたトーホウスペンサーに前をカットされ、勢いを失ったのが痛かったです。

■8R ダンツエンペラー 1人気3着

ハヤブサライデンをいつでも捕まえられる位置にいたものの、
直線であっさり振り切られ、2着も確保できませんでした。

■9R ショコラーチ 5人気11着

スタートで遅れた時点で勝負になりませんよね。
直線もイチかバチかの大外ブン回しでしたし、参考外のレースでした。

■10R クラシックメタル 8人気9着

まさかブービーまで負けてしまうとは…。
展開もドスローでしたし、アプローチの仕方がまずかったです。

■11R(フラワーカップ)ファンディーナ 1人気1着

あれこれ言う必要がないくらいの大楽勝でした。
レース間隔が詰まる点がネックですが、桜花賞でも勝ち負けできる馬だと思います。

■12R エネスク 1人気1着

3走ぶりにハナを切る競馬になりました。
後続に寄られてからもしぶとかったですし、やはりハナを奪う形で一番合っていますね。


4つ重賞が行われましたが、
阪神大賞典とフラワーカップを的中させる事ができました。

欲を言えば、本命が2着に来たファルコンSも当てたかったんですけど、
的中は高松宮記念用に取っておいた、と前向きに捉えて今週も頑張りたいです。

 銀色のサムライ 2017年02月27日(月) 19:41
馬券メモ(2017/2/25・26)
閲覧 87ビュー コメント 0 ナイス 11

本日2月27日は後藤浩輝騎手の命日になります。

あの悲劇から2年が経過しました。
時の流れの早さに驚くとともに、
今後藤騎手が健在だったら…と思う度に悔しさがこみ上げてきます。


それでは、先週の本命馬回顧をしていきます。

【1回阪神1日】

■7R ニホンピロサンダー 7人気8着

3kg減の見習い騎手騎乗で積極的なレースができると思ったのですが…。
差し馬向きの展開にならないと苦しいですね。

■8R ウォーターピオニー 2人気1着

武幸騎手のチカリータとの叩き合いをアタマ差で制しました。
前走に引き続いて良い走りができましたし、昇級しても牝馬限定戦なら期待できそうです。

■9R ラルク 2人気10着

折り合いを欠く場面もありましたけど、
勝負どころで外から被されて走る気を失くしてしまいました。
脆さがあるタイプですので、内枠で買っちゃいけない馬でした…。

■10R ショパン 1人気3着

父キンカメ・母エアグルーヴの超良血。
内回りコースでも勝ち切ってくれると思っていましたが、甘くなかったです。

■11R(アーリントンカップ)ペルシアンナイト 1人気1着

シンザン記念の敗因が道悪だった事が今回の勝利でハッキリしました。
距離の融通は利くと思いますけど、超一線級相手でどこまでやれるのかは不透明です。

■12R ロイヤルパンプ 1人気2着

内枠から先行する形で安定して走ってくれます。
3着以下は離していますから、今後も内枠を引けば好勝負必至でしょう。


【2回中山1日】

■7R デアレガーロ 4人気1着

キャリア1戦でまだ幼さがある馬なのですが、追い切り時計が良かったので◎にしました。
今回は展開が向いての勝利だと思うので、オープンだとどうでしょうか。

■8R キョウエイスコール 2人気3着

外枠からスムーズな競馬ができていたように思います。
今回は勝ち馬が強すぎました。

■9R イブキ 4人気1着

ハナを奪う競馬になるのは想定していませんでしたが、見事な逃げ切り勝ちでした。
新潟2歳S3着の実績があるように、500万では地力上位だったので順当勝ちといえるでしょう。

■10R アルマエルナト 5人気6着

スタートでの出遅れも響きましたけど、
普段折り合いがつかない馬が掛かる面を見せなかったので、まだ本調子じゃないのかもしれません。

■11R モンドクラッセ 4人気1着

同じ逃げ馬が見当たらないメンバー構成であれば上位争いできても不思議ありません。
58kgも問題なかったです。

■12R マイネルエスパス 1人気9着

追走するだけで精一杯という走りでした。
中2週で見えない疲れがあったのでしょうか。


【1回小倉5日】

■7R スズカウルトラ 7人気9着

好位の内で構える理想的な競馬だったんですが…。
ローカルの1800m平坦コースが一番合っているので、叩きつつ良くなってくれれば。

■8R エイシンダーラ 5人気17着

道中は馬群の中で折り合いをつける競馬をしていましたけど、
馬群でもまれる競馬がダメだったのか、ズルズルと下がっていってしまいました。

■9R アインザッツ 1人気7着

行き脚が鈍いという事は承知していましたが、
スタート後、あっという間に置かれてしまいました。

■10R イイデファイナル 5人気2着

好位で控えて、内からシロニイを追い詰めましたが2着まで。
ローカルであれば1700mでも大丈夫そうです。

■11R ブライトバローズ 1人気2着

皿倉山特別連覇を期待しましたが、
ウインスペクトルの大逃げに翻弄されてしまいましたね。

■12R クリノスイートピー 12人気7着

最後の直線でまずまず伸びていただけに、
スタートで後手を踏んでしまったのが痛かったです。


【1回阪神2日】

■7R ワキノハガクレ 2人気2着

レッツイットランとの一騎打ちになると思っていましたけど、
相手が予想以上に強かったです。

■8R タニノアーバンシー 1人気1着

父・シーザスターズ、母・ウオッカの超良血馬がようやく2勝目。
自分の形に持ち込めないと苦しい馬ですが、展開が向けば上のクラスでも通用すると思います。

■9R ダノンディスタンス 2人気5着

もっと積極的なレースができていれば…と思っていますけど、
直線でバタバタになっていましたし、使い詰めの反動があったのかもしれません。

■10R マインシャッツ 2人気6着

ジリっぽい馬ですけど、1600万でも通用する地力があると思っていました。
勝負どころでの反応がイマイチでしたし、クラス慣れが必要なのかも。

■11R(阪急杯)シュウジ 1人気8着

陣営のコメントにあるように、イレ込みがキツかった事も敗因でしょうけど、
イレ込みやすいタイプなのは前からでしたし、勝ち馬から1.1秒も離されてしまったのはいただけません。
阪神カップはただ単にハマっただけだったのでしょうかね。

■12R マイネルラック 1人気5着

後方にいたミスズスターがしっかり脚を使っているのに、この馬は脚が鈍ってしまいました。
いつも安定して走っているんだけれど、現級では決めて不足なのかもしれません。


【2回中山2日】

■7R ジャッキー 7人気1着

イレ込んでいたようですが、しっかりとしたレース運びを見せてくれました。
休み明けでしたけど、追い切り時計が良かったですし、
自身があるなら単勝で勝負すべきだった、と反省しています。

■8R ロードシャリオ 1人気1着

内枠だったので、ずっと馬群に閉じ込められる事だけが嫌だったのですが、
田辺騎手が外めでスムーズにレースを運んでくれたので、きっちり勝ち切る事ができました。
相手なりに走れるタイプなので、上のクラスでも好勝負すると思います。

■9R ラベンダーメモリー 6人気4着

勝った事がない中山でも、開幕週だったら逃げ粘れると思っていましたが…。
中山だと急坂を上った後に失速してしまうんですよね…。

■10R ナリタスターワン 3人気1着

初ダートでしたけど、馬体をしっかり絞ってきましたし、好勝負できる状態にあると思っていました。
ハイペースの中で強気の競馬をして勝ち切ったのですから、価値のある勝利だと思います。

■11R(中山記念)アンビシャス 1人気4着

展開が向かなかった、といわれればそれまでなんですけど、
もっと強気のレースをしてほしかった、というところが正直な気持ちです。
対抗のリアルスティールも全然でしたし、見当違いな事が起き過ぎたレースでした。

■12R エネスク 3人気5着

2走前みたいに、内枠からハナを奪えれば…と思っていましたが、他馬にあっさり逃げられてしまいました。
苦しい競馬になりながら5着に頑張っていますので、今後も乗り方1つといったところでしょうか。


【1回小倉6日】

■7R ダノンアローダ 1人気1着

プラス14kgで出走しましたが、果敢にハナを奪い、そのまま押し切りました。
サトノダイヤモンドが勝った新馬の3着馬ですし、相手が手ごろだった今回は順当勝ちでした。

■8R ワラッチャオ 1人気11着

4角でシンガリの位置ではさすがに届きませんよね…。
夏場の方が良い成績を残しているので、しばらくは様子見したいです。

■9R ボーントゥレイン 2人気5着

終始モタモタした形でのレースになってしまいました。
もっと距離を伸ばした方が良いのでしょうかね。

■10R ダブルフラワー 7人気3着

道中でマクってレースをかき回しましたが、脚をしっかり溜めていた2頭に差されてしまいました。
1着馬が抜けていて、3連複痛恨の取り逃し…。

■11R ウインクルサルーテ 2人気9着

前走が良い勝ちっぷりでしたし、1600万でもローカルなら互角に戦えると思ったのですが…。
見せ場すら無かったので、体調面やメンタル面で問題があったのでしょう。

■12R ミキノドラマー 12人気16着

ハイペースでの前崩れを見込んでの本命抜擢でした。
展開読みが甘かったですし、無茶な穴狙いをしすぎてしまいました。



最後に、日曜重賞の回顧を簡単にしていきましょう。

阪急杯は人気馬総崩れで大波乱。

対抗のヒルノデイバローが2着に来てるので、
こちらを◎にしておけば…と今更ながら後悔しています。

1着・トーキングドラムが上位に来るのは分からなくもないんですけど、
僕にはナガラオリオンが3着に来る、と予想できなかったと思います。

中山記念の方も1番人気・2番人気が凡退して波乱。

ネオリアリズムは太目残りでしたけど、
開幕週でスローペースが予想される中であれば、もっと上位視すべきだったと反省しています。

2・3着はともに中山巧者。
コース相性をもっと重視しても良かったですね…。

[もっと見る]

キョウエイスコールの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  内田の予想   フォロワー:7人 2016年3月20日() 12:14:40
次複勝で大勝負

キョウエイスコールの写真

投稿写真はありません。

キョウエイスコールの厩舎情報 VIP

2017年4月8日4歳以上500万下3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キョウエイスコールの取材メモ VIP

2017年4月8日 4歳以上500万下 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。