最新競馬コラム

【各馬の前走と妙味】~2018宝塚記念~

2018年6月22日(金) 16:00

 1,126



阪神芝2200m右回りで行われる宝塚記念
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。



■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147



■レースの特徴■

3コーナーからラストの坂までひたすら下り坂のため、先行勢の脚が止まりにくいコース形態。
さらに内回りで直線も短いので、追い込み馬にとってはかなりの向かい風となります。
求められるのは、淡々と運べる基礎スピードなので基本的には前目で競馬が出来る馬を中心に考えたほうが良さそうです。
注意したいのはスタートから下り坂でスピードが乗せやすい点。
楽に加速がつきペースが速くなりがちなので、綺麗な馬場なら一気にスピードを乗せてマイペースの押し切りを狙えるものの、道悪だと途端にスタミナに響くことになるため、出走馬全体の脚質から展開を読むことが大切になっていきます。
恩恵を受ければどの馬もそれなりに戦えるので、荒れる条件の揃った穴党派のレースと言えるでしょう。
今回は当初出走予定馬が回避の嵐で、さらに有力馬が海外遠征帰りと大混戦。
どの馬が勝ってもおかしくなさそうですが、果たして。


■前走の分析■

アルバート
●前走天皇賞(春) G1 8着 (経由3頭)
いつも通りの後方競馬で外から追走。
勝負どころで大外を回して押し上げるものの直線では他馬と同じ脚色になり、差を詰められなかった。
スタミナ豊富な馬でスピード色の強いこのレースはかなりの向かい風。
相当追える鞍上でないと反応してくれない一面もあるし、時季的に不得手な道悪で走らなければならない懸念もある。
非常に厳しいレースとなるのでは?

キセキ
●前走日経賞 G2 9着 (経由1頭)
スタートでやや脚を取られて後方から。
そのまま掛かってしまいスタミナを浪費したが、1コーナーで一気に押し上げると力みがマシになりそのまま逃げの手に。
そこからはペースを緩めずに淡々と運ぶも、直線半ばで力尽き失速。
不器用なタイプなので・・・

関連キーワード

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月22日()
函館2歳S G3
中京記念 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月15日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る