注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ヤマカツライデン(競走馬)

注目ホース

ヤマカツライデンの口コミ


口コミ一覧

天皇賞(春)をふりかえる

 あらすぺ 2017年05月03日(水) 21:56

閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 2

時間がたってしまいましたが先日行われた天皇賞(春)を見直してみました。
ちなみに現地観戦しました。
結果はトリガミでして、またしてもやってしまったという感じです。
1〜3着以外のレースでよく見えた馬の印象を書いておきます。

4着・アドマイヤデウス
びっくりしました。あわや3着でしたから。
3着になっていたらトリガミどころかハズレでした。
有馬記念の結果を見て、もっと着順下だと思っていました。
ここぞというときの岩田ジョッキーはすごい。

5着・アルバート
良い着順ではないでしょうか。上位がやっぱり強すぎです。
またステイヤーズステークスでお世話になるでしょう。

6着・ディーマジェスティ
決して悪くない着順です。悲観してはいけません。
この馬には距離が長すぎます。マイル〜中距離がよいと思います。
皐月賞馬を見放すのはまだ早い。

7着・ゴールドアクター
去年の有馬記念からすると、もう少し善戦してもよかったのではないか。
日経賞での吉田隼人騎手もそれまでと同じように乗ってあの結果だったので、馬自体ピークを過ぎたのかもしれません。
得意の中山で復活してほしいところ。

8着・トーセンバジル
阪神大賞典を見てもしかして…と思いましたが、こんなもんでしょう。

9着・シャケトラ
スポーツ新聞がやたらと推していただけという感じ。
適性距離ではないのでしょう。

12着・レインボーライン
このレースでもっとも残念だった馬。存在感がまるでなかった。
今回は参考外かな。

15着・ヤマカツライデン
大逃げをうちハイペースを演出した。こうするしか戦いようがなかったのだろう。
ただし、ハイペースを2周目3コーナーぐらいまで維持したのは案外すごいかも。
ローカル小回りのハンデ重賞なら逃げ切り勝ちできる力はありそう。
マルターズアポジーみたいな感じになるのではないか。

 やすの競馬総合病院 2017年05月03日(水) 21:22
NHKマイルカップのお買い得馬を調査する(調査1日
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 4

netkeiba.comのNHKマイルカップの単勝予想オッズを参考にして単勝お買い得度を採点し、お買い得度上位3頭の単勝が当たるか外れるかを楽しむGI恒例のお遊び企画です。

前回の天皇賞春は
4着アドマイヤデウス(10番人気 100倍)
6着ディーマジェスティ(8番人気 35.8倍)
15着ヤマカツライデン(12番人気 134.2倍)

1番人気が過去10年で連対してないレースだったのに、1番人気馬がレコード勝ちとか、いったいどういうことですか!!という結末でした。

前回までの収支は
・収支:−18000P
・投資額:18000P
・払戻額:0P
・指名馬の着順(0.2.0.16)
・的中率:0%
・回収率:0%
で、家に誰もいないと思って友達と電話しながら下ネタを大きな声で話してたら、実は家族が帰ってきてて一部始終を聞かれた時のような恥ずかしい成績です(笑)


--------------------------------------------------------------------------------

ぼくはオッズの読みがド下手なので、netkeiba.comの単勝予想オッズを参考にしていますが、下位人気馬ほどすごい単勝オッズになるんで、単勝予想オッズより実際の単勝オッズがかなり安くなることも考慮しています。

あと、単勝お買い得馬を探す企画なので、
「点数が高い=勝つ可能性が高い」
ではなく、
「点数が高い=この単勝オッズで買えるのならお買い得かも」
というだけのお遊び企画です。

それでは、1頭ずつ順番にチェックしていきますが、
単勝予想オッズが15.0倍以下の馬に関しては、不安材料だけを探す減点方式。
単勝予想オッズが15.1倍以上の馬に関しては、好材料だけを探す加点方式。
で、上位人気の馬には厳しく、上位人気以外の馬には甘い採点でやっていきましょう。
(90点以上の点数ついた馬に関しては、上位人気馬でも好材料も書かないと点数高い理由があいまいになってしまうので書いておきます)


--------------------------------------------------------------------------------

カラクレナイ(単勝予想オッズ 4.4倍)
単勝3.9倍ぐらいになるのかな?
上位人気の追い込み馬ってだけでもリスク大きいのに、過去5年で逃げ馬が3勝してる先行勢が強いGIですからね〜。
過去5年の1着馬は1600m以上だけで勝ってた馬達なんで、3勝全てが1400mで1600m以上は未勝利っていうのは過去の1着馬の傾向とは正反対やし、関東圏の競馬が初めてなのも気になるし・・・。
お買い得度は72点

モンドキャンノ(単勝予想オッズ 5.1倍)
単勝4.6倍ぐらいになるのかな?
1400m以下で2勝、1600m以上は未勝利なのはマイナス要素やし・・・。
血統的にも厩舎的にも短距離向きっぽいし、前走が2.3差10着の大敗なのも気になりますね〜。
お買い得度は73点

アウトライアーズ(単勝予想オッズ 5.9倍)
単勝5.3倍ぐらいになるのかな?
OP以上で1着経験ないし、中団〜後方の競馬が多いし、中山でしか勝ってないし、皐月賞12着なのに上位人気か〜。
田辺はGIの期待値あまり高くないし・・・。
お買い得度は79点

アエロリット(単勝予想オッズ 6.1倍)
単勝5.5倍ぐらいになるのかな?
1勝馬でOP以上の1着経験ないし、1600m以上で勝ってないし、横山典は良い意味でも悪い意味でも何やるかわからない怖さあるんで・・・。
お買い得度は87点

ボンセルヴィーソ(単勝予想オッズ 8.4倍)
単勝7.0倍ぐらいになるのかな?
1勝馬でOP以上の1着経験ないし、1600m以上で勝ってないし、東京も未経験など、減点対象はあるんですけど・・・。
過去5年で2勝してるダイワメジャー産駒、先行馬、朝日杯FS3着馬、重賞以上の成績(0.2.2.0)の安定感、GI勝って勢いある松山など好材料も多いんで、不安材料の減点を差し引いてもこのオッズなら・・・。
お買い得度は92点

ミスエルテ(単勝予想オッズ 11.1倍)
単勝9.5倍ぐらいになるのかな?
今回が休み明け2走目とはいえ、桜花賞がトライアル経由じゃなく朝日杯FSからの直行になってる時点で順調なローテとは思わないし、桜花賞は0.9差11着でけっこう負けましたからね〜。
1400mの重賞勝ってる、関東圏の競馬が初めてなど、不安要素が他にもあるんで・・・。
お買い得度は82点

レッドアンシェル(単勝予想オッズ 13.1倍)
単勝11.0倍ぐらいになるのかな?
重賞以上の1着経験ないし、1600m以上で勝ってないんですよね〜。
関東圏の競馬が初めてなのもあるし・・・。
お買い得度は84点

ジョーストリクトリ(単勝予想オッズ 14.3倍)
単勝12.0倍ぐらいになるのかな?
1400mで2勝してるのはマイナスやし、デビューしてからずっとコンスタントに使われてるのも気になるけど・・・。
短距離向きの血統なのに先行して1600mの重賞を勝ってるのは過去の1着馬と合うし、若い3歳なんで使われ続けてても元気かもやし、シュタルケから春のGIで絶好調な武豊に替わって騎手強化と好材料多いし、そもそもニュージーランドT1着馬なのに、このオッズはなめられてる感じします。
お買い得度は96点

ディバインコード(単勝予想オッズ 18.0倍)
単勝15.0倍ぐらいになるのかな?
7戦全てで3着以内の安定感、1600mを先行して1着の経験あり、1600m以下が得意そうな馬が多いマツリダゴッホ産駒など好材料けっこうあるんで、重賞の2戦とも3着とはいえ1着馬から0.6差以上離されて負けてるのが・・・。
重賞で善戦できてればもっといい点数つけれたんですけどね〜。
お買い得度は87点

この続きはまた明日。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
AbemaTVの1周年記念企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」(5月7日 午後6時放送)で、亀田興毅と一般人の挑戦者4人が対戦し、勝ったら1000万円もらえるという企画があるそうですが・・・。

亀田は勝てそうな相手としか戦ってないとか、強い相手と戦う前に王座返上して逃げるとか、いろいろ言われてましたけど、いくらなんでも元世界王者ですからね〜。

元世界王者の亀田が挑戦者4人全員に「判定勝ち」で勝つと思いますよ〜。

って、素人相手でも判定勝ちかよ!!!(笑)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年05月03日(水) 13:12
キタサンブラック「壊し屋」 
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 3

キタサンブラック実は「壊し屋」!? ライバルたちの「その後の不遇」と名作マンガばりの頑強さ─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年5月3日 8時2分 http://biz-journal.jp/gj/2017/05/post_3276.html

4月30日の天皇賞・春(G1)をスーパーレコードで圧勝したキタサンブラック。ヤマカツライデンが常識はずれの大逃げをしただけに、2番手のキタサンブラックがほぼ「逃げ」の展開となった。ディープインパクトのレコードを超えるペースで走りながら、最後まで脚色にぶらず後続を完封した内容はまさに圧巻。現役最強の称号を得るに相応しいレースぶりだった。
 一方、3着に敗れたサトノダイヤモンドは、レース後池江調教師が「レース後はガクガクだった」と、キタサンブラックを負かそうとした結果、相当な疲弊を見せていたようだ。大外からキタサンブラックを狙いに行かねばならない展開だっただけに、ダメージもより大きくなってしまった部分もあるだろう。今後は宝塚記念に臨むのか、秋の凱旋門賞を見据えて休養に入るのか未定としている。
 唯一最大のライバルをねじ伏せ、レース後のダメージすら残す今のキタサンブラックは、今や「歴史的名馬」の域にあるとする声も少なくない。すでにG1競走5勝でその資格はあるが、まさに今こそが全盛期といえる状態だけに、今後の活躍も十分に予感させる。今後は予定どおり宝塚記念に向かうということなので、レコードタイムの激走を見せてもダメージは想定の範囲内ということだろう。その頑健さもこの馬のストロングポイントだ。
 ただ、頑丈すぎる馬だけに、サトノダイヤモンドのようにそれについていこうとする馬たちからすればたまったものではないのだろう。一部では「壊し屋キタサンブラック」なんてあだ名までつけるものも出てきた。
 実際、日本競馬トップクラスの馬として存在感を放った昨年から、キタサンブラックとシノギを削った馬たちが次々と「脱落」している。
 昨年の宝塚記念、稍重馬場でながら逃げて前半1000m59秒台前半の厳しいラップを刻んだキタサンブラック。最後の直線では外から強襲したマリアライトとドゥラメンテに交わされ3着に敗れた。


次のページ キタサンブラックをレースで「潰し」に行けば逆に「体ごと潰される」

しかし、勝ったマリアライトは、その後糸がプッツリと切れたかのように牝馬限定戦でも惨敗を繰り返し引退。ドゥラメンテは宝塚記念後に馬運車に運ばれそのままターフを去った。(これはもともと脚の状態の悪さもあったとは思うが)。
 秋のジャパンCで圧勝したキタサンブラックだが、2着には乾坤一擲の末脚を見せたサウンズオブアースが入った。サウンズオブアースはその後有馬記念とドバイで見せ場なく敗れた。
 さらに、年末の有馬記念で2着キタサンブラックに最後まで抵抗した3着ゴールドアクターは、今春得意の中山で開催される日経賞をまさかの惨敗。天皇賞でも出遅れて本来のレースをできずに終わった。
 無論「たまたま」ということもあるだろうが、今回相当な疲労を溜めていたサトノダイヤモンドを見るに、キタサンブラックをレースで「潰し」に行けば逆に「体ごと潰される」という図式が成り立ちそうな気がしないでもない。
「競馬マンガ『みどりのマキバオー』(集英社)で、主人公の最大のライバル『カスケード』という馬がいましたが、まだ2歳の段階で宝塚記念馬アルカロイドとトレセンでマッチレースをし、敗れたもののアルカロイドが骨折引退......というあり得ない話もありましたが、サトノダイヤモンドを八つ裂きにしたキタサンブラックは、まさにそんなマンガのような馬なのかもしれません。ディープインパクトも、ライバルたちが次々故障していくというのがありましたが......」(記者)
 キタサンブラックは今や、それほど畏怖すべき領域にいるのだろうか。
 ちなみに、キタサンブラックと3回(16天皇賞、16ジャパンC、17天皇賞)馬券に絡みながら、一切調子を落としていないのがシュヴァルグランだ。一流のステイヤーとして今や誰もが一目置く存在だが、このくらい頑強でなければ、キタサンブラックに競りかけないほうがいいのかもしれない。競りかけなければ勝てないのが辛いところだが......。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年04月30日() 22:58
天皇賞春・青葉賞・天王山Sの感想の巻
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 3

☆天皇賞春の結果☆
収支は+34600Pでした。

宣言通り、馬連3−6・16を買いましたが、本命1着、対抗2着で当たりました。
今年まだGI未勝利でしたが、春のGIで相性いいGIは桜花賞と天皇賞春の2つしかないんで、今日当てられなかったら春GI全敗を覚悟しましたが、10.4倍の安い馬連でもなんとか当てることができてよかったです。

それでは、個別にコメント書いていきましょう。

1着キタサンブラック
ヤマカツライデンは玉砕覚悟の大逃げしてたんで、実質的にこのレースの主導権を握ってたのはこの馬でしたが、今日のレースは前で競馬した馬ほど終盤辛くなるタフなレースだったんで、先行してタフな流れを作って、みんなに目標にされながら最後まで踏ん張り切っての1着は価値が高いし、レコード勝ち、連覇達成のおまけつきでした。
1番人気馬は過去10年連対できてないとか不安なデータもあったけど、そんなのを吹き飛ばすような完勝。
キタサンブラックも完璧でしたけど、武豊の騎乗も完璧でしたね。

2着シュヴァルグラン
キタサンブラックを射程圏に入れて負かす気満々の競馬して結果は負けちゃいましたが、勝ちにいっての2着は値打ちあるし、得意の長距離ならこのメンバーでも十分やれますね〜。
馬も騎手もよく頑張ったけど、勝った馬が強かったです。

3着サトノダイヤモンド
内枠だったらな〜ってとこもありますけど、今日は真のステイヤーしか勝てないような本物の長距離戦だったんで、距離適性も少し出ちゃったかな〜?
個人的には1800〜2400mのどこかにベストがあると思ってる馬やし、高速馬場の中距離で緩めの流れから瞬発力勝負になった時が1番強そうな馬なんで、それを考慮したら今日のタフな3200mでよく頑張ってたと思います。

4着アドマイヤデウス
京都外回りを好位のインで立ち回って内から伸びてくるという全盛期の岩田のような競馬してましたが、馬も長距離得意とはいえ、シュヴァルグランやサトノダイヤモンドと差のない4着ですからね〜。
馬も騎手も現役トップクラスの馬達相手にめちゃめちゃ頑張りました。

5着アルバート
ステイヤーズS連覇してるだけあって長距離得意ですけど、4着とは3馬身離されてたんでGIの壁みたいなのを感じましたが、このメンバー相手によく頑張ってます。

6着ディーマジェスティ
なかなか馬体重が絞れてませんけど、それが原因なのか、他に原因あるのか・・・。
蛯名のコメント見ると、突っ張るように走って、行きっぷりもフォームもよくないってことなんで、全然力出せる状態じゃなかったのかな?
まあ、中距離馬だと思うんで、今日みたいな本物の長距離GIみたいなレースだとそもそも辛かったかもですが・・・。
このまま終わっちゃうような馬じゃないと思うんで、秋の東京で復活してくれるといいな〜と期待しています。

7着ゴールドアクター
前めで器用に立ち回って持ち味出るタイプなんで、出遅れて先行できなかったのが辛かったけど、それを差し引いても負けすぎな感じはするんで衰えもあるのかな?

8着シャケトラ
出遅れてから好位取りに行ったんで序盤少々無理したとこあったけど、それ自体はそんなに影響なかったと思うんで、距離なのか、GIの壁なのかわからないけど、まだ4歳やし、これからに期待したいです。

12着レインボーライン
先行勢が終盤苦しむ展開は良かったけど、さすがにこのメンバー相手にあんな後ろからじゃ届かないし、そもそも直線も伸びてないんで、距離も長かったのかな〜?

15着ヤマカツライデン
3200mのレースで2000m通過1.59.7はさすがに速過ぎですけど、大逃げしたんでめちゃめちゃTVに映って目立ってましたね。


--------------------------------------------------------------------------------

☆青葉賞の結果☆
収支は+8700Pでした。

宣言通り、馬連 10−4・9を買ったら、7.8倍が当たりました。
もうちょっといい倍率の馬連を当てたいんですが、2点に絞ったというところで勘弁してください。

1着アドミラブル
勝ち時計2.23.6の時点で優秀ですけど、後方から早めにまくっていって2馬身半差の1着。
いい脚を長く使えてたし、この馬の潜在能力は皐月賞組にも全然ヒケを取らない感じですが、本番はどういう競馬するのかな〜?
前哨戦にしては消耗度激しそうなレースしてたんで、本番にどの程度余力残ってるかも気になるけど、皐月賞組相手にどこまでやれるか楽しみな逸材です。


--------------------------------------------------------------------------------

☆天王山Sの結果☆
収支は−3000Pでした。

宣言通り、単勝 9(ブルドッグボス)を買いましたがハズレ・・・。

1着コウエイエンブレム
先行力あったのはいいけど、1400m中心に使ってたんで1200mのOPで通用するスピードあるのかな〜?と疑ってたら・・・。
2番手追走から、直線で後続を突き放して3馬身差の快勝!!
1400mよりも1200mの方がさらに強いのかな?と思うぐらい鮮やかな1着でした。



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
天皇賞春 シュヴァルグラン・・・2着

勝ちに行ったら着外もありえるかな?と思ったけど、強い競馬で2着してくれましたね。
疑ってごめんなさい。

投資1000Pが1600Pに増えました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
香港のGIクイーンエリザベス2世Cでネオリアリズムが1着だったみたいですね〜。
まだレース映像見てないんで、今から見るのが楽しみです。

[もっと見る]

 浪花のクマ 2017年04月30日() 22:46
天皇賞(春)他、重賞予想結果 
閲覧 44ビュー コメント 2 ナイス 10


春天、馬単的中!


大逃げに出た、ヤマカツライデンを離れた2番手から
マイペースで追う、4角手前で捉えると、早目先頭に
シュヴァルグラン他が追いすがるも、並ぶ事なく
そのままゴール・・完勝でした。走る度に進化する
キタサンブラック、今日も強かったですね。


第155回 天皇賞・春(G機

1 ◎ キタサンブラック (1番人気)
2 △ シュヴァルグラン (4番人気)
3 ー サトノダイヤモンド (2番人気)
馬単的中、3連単はサトノ軽視でハズレ・・

青葉賞(G供

1 ▲ アドミラブル (1番人気)
2 ー ベストアプローチ (4番人気)
3 △ アドマイヤウイナー (8番人気)
9 ◎ マイネルスフェーン (5番人気)
軸馬9着でハズレ・・

[もっと見る]

 ファストタテヤマだ 2017年04月30日() 21:01
天皇賞春回顧
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 6

12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2

例によって例のごとく
7F〜8F目のタイムが滅茶苦茶ですが、
実際には13.0なんて緩みはなく、
昨年に引き続き押し上げが利かない
行った行ったのスピード戦。


1着キタサンブラック

ヤマカツライデンが予想以上に飛ばす展開で、
しかも1〜2コーナーで抑えることもなかったため
中弛みに巻き込まれることもなく、
ここでも実質逃げのようなマイペースな運び。

前半を速めた分と馬場の影響で
昨年よりも勝ち時計は3秒ほど早くなったが、
内容としては昨年とそう差はなさそう。

次走の宝塚記念はスタート後の直線が長いコースなので
昨年のようにオーバーペースになってしまう懸念はあるが、
向正面の緩みにでも巻き込まれない限りは
馬券外に消えることはないのかなとも思う。


2着シュヴァルグラン

キタサンブラックのペースになると
押し上げるポイントがなく先団内目が有利になりやすいし、
サトノより前で競馬をしたいという鞍上の気持ちもあったのか、
いつもより前目からの競馬でそれが実を結ぶ形。

G1で戦える力はある馬だが、
強敵を相手にすると一枚落ちるとは思うし、
今回は条件が噛み合っての好走だったので、
次走の宝塚記念ではまた慎重に考えたい印象。


3着サトノダイヤモンド

前が止まらない馬場状態で
キタサンブラックのペースになってしまったし、
今日は枠番と行き脚の差で負けてしまうような形。

ただ、終い伸びを欠いてしまった点は気になるところで、
もしかすると中弛みに乗じないと
キタサンブラックに勝つのは苦しいのかなと思う部分も。


4着アドマイヤデウス

昨年よりも一列前で競馬ができたし
位置取りとしては絶好だったが、
このペースでも4着に粘り込んでくるのは予想外。

下り坂で加速不足を補える京都外回りと
前半から引っ張られたことで
勝負所での急加速を必要としない流れがうまく噛み合っての好走か。


5着アルバート

この馬ができる精一杯の競馬ができたし、
乗り方はすごく良かったと思う。
ただ、如何せん馬場と展開が向かなかった。

行き脚の弱さがどうしても弱点として出てしまうので、
G1ではこの辺りが限界にはなってしまいそう。


6着ディーマジェスティ

さすがに前からは離されてしまったが、
この流れで浮上してきたということは
単純なスピード能力はやはり高そう。

結局は皐月賞のように、
位置取りと末脚不足をカバーできる
中弛みのスピード勝負が一番か。

道中で緩みがあれば
宝塚記念で穴として面白そうだが、
たぶん緩まないんだろうなとは思う。


7着ゴールドアクター

元々そこまでスタートの良い馬ではないし、
近走の掛かり癖もあっての横山騎手なので
たぶん意図的に下げてくるんだろうなとは思った。

結果的に前残りの競馬になったが、
正直今の状態で先行しても残れたかは微妙に映るし、
どの道似たような着順にはなっていそう。


9着シャケトラ

スムーズに先行したもの勝ちのレースだったので
今日は出遅れた時点で終了。

度外視できる一戦ではあるが、
スムーズだったとしてどこまで着を上げられたか疑問は残るし、
条件的には次走の宝塚記念のほうが合うとは思うが、
能力面での不安は感じる。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年04月30日() 18:23
キタサンブラック 驚愕のレコード勝ち!
閲覧 64ビュー コメント 2 ナイス 9

ついさっき行われたQE暁佞脇本のネオリアリズムが優勝!
G1初優勝を香港の地で達成しました。

レース前半は控える競馬でしたけど、
向正面あたりからスッと前に進出してハナを奪い切ったのはさすがでしたよね。

マジックマンことモレイラ騎手の好騎乗も光りましたが、
ネオリアリズムの交わされそう交わされない驚異の粘り込みもお見事でした。


ネオリアリズムの偉業達成の約2時間前に発走した天皇賞・春はキタサンブラックが優勝!

ヤマカツライデンがハイペースの大逃げを打っていましたけど、楽に2番手の位置を確保。
直線入り口付近で先頭に立ち、そのまま後続の追い上げを振り切りました。

勝ちっぷりも鮮やかでしたが、最も驚いたのは勝ち時計。
2006年にディープインパクトがマークしたレコードタイムを0.9秒も更新!

馬場状態や枠順、展開が味方したとはいえ、3分12秒5という時計にはビックリ!
先行馬にこんな時計で走られてしまっては、後続の馬はどうしようもありませんよね。


本命のサトノダイヤモンドは3着でした。
これまでのレースで直線の脚が鈍った事がなかったので、
やはり3200mという距離は長かったのかな?という印象を持ちました。

でも、若干長めの距離でも勝てると思っていただけに、正直ショックな負けです。

予定では天皇賞後に休養して凱旋門賞に備える事になっていましたが、
天皇賞の敗戦で今後の予定に変更が生じるのでしょうか。
これからの動きを注視したいです。


馬券的には最悪な週末だったんですけど、
キタサンブラックとネオリアリズムの鮮やかな勝ちっぷりを見て、
へこんでいた気持ちも持ち直してきました。

ゴールデンウイークもこれからが本番。
地方競馬で楽しみなレースが組まれていますし、クライマックスにはNHKマイルカップもありますから、
競馬ファンにとってはたまらない1週間になりそうです。

今週もお疲れ様でした。

[もっと見る]

 DEEB 2017年04月30日() 17:38
恥ずかしい馬予想2017.04.30[結果]
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 3

東京 9R 陣馬特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 6 ウインヴォラーレ…1着
○10 コスモジャーベ…7着
▲ 3 アグリッパーバイオ…3着
△ 2 マイネルクラフト…9着
× 1 ジュンスパーヒカル…4着
[結果:ハズレ×]

東京10R 晩春ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 7 ビップライブリー …1着
○ 6 ラベンダーヴァレイ…9着
▲ 4 テラノヴァ…8着
×10 ☆スマートカルロス…3着
× 5 ☆ユキノアイオロス…10着
[結果:アタリ○ 複勝10 330円、ワイド7-10 660円]

東京11R スイートピーステークス 3歳オープン(混合)牝(指定)
◎17 ポールヴァンドル…5着
○18 ウインシャトレーヌ…4着
▲ 8 メイショウオワラ…10着
× 9 ☆ブラックオニキス…8着
[結果:ハズレ×]

京都 8R 鷹ケ峰特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 1 ダノンシーザー …7着
○ 5 キアロスクーロ…4着
▲15 ウェーブヒーロー …9着
△ 3 サフランハート…6着
× 7 ビットレート…3着
[結果:ハズレ×]

京都 9R 糺の森特別 4歳以上1000万下牝[指定]
◎11 ★ペプチドサプル…2着
○ 2 パーシーズベスト…4着
▲ 6 アルケミスト…11着
△ 9 ラルク…10着
×10 アッフィラート…8着
[結果:アタリ△ 複勝11 220円]

京都10R 端午ステークス 3歳オープン(混合)(特指)
◎ 6 メイショウラケーテ…9着
○ 4 スターカットダイヤ…16着
▲ 5 タガノカトレア…12着
× 7 ☆ブルベアバブーン…2着
[結果:アタリ○ 複勝7 3,270円]

京都11R 天皇賞(春)(GI) 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎15 サトノダイヤモンド…3着
○ 3 キタサンブラック…1着
▲16 ☆レインボーライン…12着
△ 2 ☆ラブラドライト…17着
×17 ☆ヤマカツライデン…15着
[結果:ハズレ×]

京都12R 高瀬川ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎10 ダノンフェイス…8着
○ 6 ラインシュナイダー …4着
▲12 イーデンホール…1着
△13 ヒロブレイブ…3着
× 3 タイセイエクレール…12着
[結果:ハズレ×]

新潟10R 春日山特別 4歳以上500万下[指定]
◎ 8 ジュンファイトクン…2着
○ 7 ヒメタチバナ…4着
× 5 ☆ビクトリーミノル…7着
[結果:ハズレ×]

新潟11R 谷川岳ステークス 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎13 ヒーズインラブ…7着
○ 9 ☆ミュゼエイリアン…5着
▲  1ロイカバード…13着
△ 4 ダノンリバティ…2着
×10 プロフェット…4着
[結果:ハズレ×]

新潟12R 五泉特別 4歳以上500万下(混合)[指定]
◎ 7 ヴェネト…4着
○10 ダノンブライト…2着
▲ 8 アイリーグレイ…1着
△16 カジノブギ…11着
× 9 スノーマン…3着
[結果:アタリ○ 馬連8-10 1,270円]

今日は、春の天皇賞ですね。
僕の応援馬は、虹の道です。
長石や雷電もひそかに応援します。

[今日の結果:11戦3勝7敗1分]
北三黒は強かったですね。
馬券は、まったくでしたが、強い馬の強い競走が見られてよかったです。

[もっと見る]

 ネアルコとハイペリオ 2017年04月30日() 15:52
レコードてあなた
閲覧 39ビュー コメント 1 ナイス 2

ディープインパクトのワールドレコードを0.9秒も更新しおった。今回はヤマカツライデンの大逃げに惚れた

[もっと見る]

 DEEB 2017年04月30日() 13:14
恥ずかしい馬予想2017.04.30
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 0

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京 9R 陣馬特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 6 ウインヴォラーレ
○10 コスモジャーベ
▲ 3 アグリッパーバイオ
△ 2 マイネルクラフト
× 1 ジュンスパーヒカル

東京10R 晩春ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 7 ビップライブリー
○ 6 ラベンダーヴァレイ
▲ 4 テラノヴァ
×10 ☆スマートカルロス
× 5 ☆ユキノアイオロス

東京11R スイートピーステークス 3歳オープン(混合)牝(指定)
◎17 ポールヴァンドル
○18 ウインシャトレーヌ
▲ 8 メイショウオワラ
× 9 ☆ブラックオニキス

京都 8R 鷹ケ峰特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 1 ダノンシーザー
○ 5 キアロスクーロ
▲15 ウェーブヒーロー
△ 3 サフランハート
× 7 ビットレート

京都 9R 糺の森特別 4歳以上1000万下牝[指定]
◎11 ★ペプチドサプル
○ 2 パーシーズベスト
▲ 6 アルケミスト
△ 9 ラルク
×10 アッフィラート

京都10R 端午ステークス 3歳オープン(混合)(特指)
◎ 6 メイショウラケーテ
○ 4 スターカットダイヤ
▲ 5 タガノカトレア
× 7 ☆ブルベアバブーン

京都11R 天皇賞(春)(GI) 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎15 サトノダイヤモンド
○ 3 キタサンブラック
▲16 ☆レインボーライン
△ 2 ☆ラブラドライト
×17 ☆ヤマカツライデン

京都12R 高瀬川ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎10 ダノンフェイス
○ 6 ラインシュナイダー
▲12 イーデンホール
△13 ヒロブレイブ
× 3 タイセイエクレール

新潟10R 春日山特別 4歳以上500万下[指定]
◎ 8 ジュンファイトクン
○ 7 ヒメタチバナ
× 5 ☆ビクトリーミノル

新潟11R 谷川岳ステークス 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎13 ヒーズインラブ
○ 9 ☆ミュゼエイリアン
▲  1ロイカバード
△ 4 ダノンリバティ
×10 プロフェット

新潟12R 五泉特別 4歳以上500万下(混合)[指定]
◎ 7 ヴェネト
○10 ダノンブライト
▲ 8 アイリーグレイ
△16 カジノブギ
× 9 スノーマン

今日は、春の天皇賞ですね。
僕の応援馬は、虹の道です。
長石や雷電もひそかに応援します。

[もっと見る]

 すにく 2017年04月30日() 07:28
天皇賞春 考察
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 4

両雄激突、名勝負の予感。

昨年末の有馬記念でゴール前叩き合った2頭が再度激突。

感動すら覚えた名シーン。

今度は淀の長距離戦で再度、見れるかどうか。

以前は天皇賞春というと馬券はさておき、名馬同士の叩き合いで熱くなる展開が多かったが、ある時期を境にトンデモ馬券も飛び出すようになった。

2003年辺りからかな〜。
タイムトラベラー?と噂されたヒシミラクルおじさんで有名になったあの辺りから、長距離馬券=荒れないの定説が崩れだした頃である。

そこから、イングランディーレ、スズカマンボ、マイネルキッツ、ビートブラックなど口がポカーンと開くような穴展開も何度か経験するようになった。

今年に関しても、おおよその見解はキタサン、サトノの「どこまで行っても鉄板」という見立てだろうが、こういう時こそ1頭崩れるだけで大万馬券という可能性は大いにあるだろう。

食い込み可能性馬…

ファタモルガーナ、シュヴァルグラン、アドマイヤデウス、ヤマカツライデン。

[もっと見る]

 ファストタテヤマだ 2017年04月28日(金) 17:35
天皇賞春前哨戦振り返り
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 5

【大阪杯】

12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

マルターズアポジーの放置逃げで
後続は淀みない流れからのラスト800m戦。
後方待機組には苦しく、先団に付けた馬が有利な流れ。


1着キタサンブラック

序盤でサクラアンプルールにやや絡まれかけたが、
武騎手大好き横山騎手がすぐに馬を離してくれたので
向正面からは何事もなく、いつも通りのマイペースな走り。

結局のところ同型馬というか、
強い先行馬が他にいない限りはこの馬が主導権を握れる
絶好の展開にはなってしまうのかなと思う。

緩急のある流れに巻き込まれてしまうと
さすがに苦しいとは思うが、
そういった流れを作る馬がいるかも怪しいし、
とにかくマイペースさえ貫ければ
まず崩れなさそうなイメージはある。



【日経賞】

6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

道中で大きな緩みもなく全体を通して淡々と進む流れ。
自力で押し上げるポイントがないため先団内目の馬が有利。


1着シャケトラ

後方外目で位置取り不利の流れを
向正面残り1000mからのスパートで着差以上の完勝。

向正面の直線上でスピードに乗せられたことと
上がりの速さを問われなかったこと、
相手関係の微妙さも手伝っての勝利だったが、
展開を考えれば強い競馬。


3着アドマイヤデウス

インの3番手と絶好位からの競馬。
相変わらずコーナーでの反応が悪く、
コーナリングで置かれて直線伸びるもあと一歩及ばず。


4着レインボーライン

道中はとにかく掛かり通しで
最後は馬群の内に入れるしかなく、終始リズムの悪い運び。

直線も残り200過ぎからしか追えず、
力を出し切らない恰好での敗戦なので度外視できる一戦。
ただ、掛かり具合は本番に向けて懸念材料。


5着ゴールドアクター

やや力の要る芝状態で
ダラダラ脚を使わされる展開が合わなかったのか、
普通に負けてしまう競馬。

この展開での好走歴がない馬だったし
負けても納得はいくが、
実績を考えればもう少し頑張ってほしかった。


6着ディーマジェスティ

展開と位置取りを考えればこの着順は仕方ないが、
結局は道中で押し上げの利くポイントがないと苦しい馬だし、
もし中弛みの恩恵を受けたとしても
末脚で劣ってしまうように見えるので、何とも難しそう。

本番に向けての課題は距離よりも位置取りと末脚。


7着ヤマカツライデン

力があればもっと粘れる展開ではあったし、
直後にいたミライヘノツバサが
2着に残ったことを考えると、物足りなさは感じる。



【阪神大賞典】

12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

序盤でレーヴミストラルが掛かってしまったり、
1周目の直線でウインスペクトルが先手を奪いにいったことでやや歪なラップ構成。
逃げ馬を無視して考えれば、平坦な流れからのラスト1000m戦。


1着サトノダイヤモンド

1周目の3〜4角で珍しく掛かってしまったが、
レーヴミストラルの動きもあったし、
この馬自身もやや促されてのスタートから
3〜4角での緩みだったので、あまり気にしなくて良いのかなとも思う。

むしろ気になるのはスタートのほうで、
今まで以上に出脚が付かなく見えたのは本番に向けて心配なところ。
レース内容としては完勝だったが、
本番でも位置を落とすようだと少し不安を感じる部分はある。


2着シュヴァルグラン

残り1000から半ば強引にペースを上げて
サトノダイヤモンドに真っ向勝負を挑む形になったが、
結果的にはコーナーで外々を早めに回る競馬にもなったし、
ちょっと無理があったかなとは思う。
ただ、福永騎手の勝ちに行く姿勢が見られたのは良かった。

正直、ここではどう乗っても
サトノダイヤモンドには勝てないように映ったが、
差を詰めることは可能だと思うし、
G1馬が相手でも善戦できそうな力は感じる。


3着トーセンバジル

勝負所では上位2頭を前に見ながら
多少ゆったりとは運べているし、
着狙いの競馬にも見えなくはないが、
この馬自身もある程度ロスのある競馬はしているし、
正直良いんだか悪いんだか分からない乗り方。

ロスなく運べればもう少し差は詰まりそうだが、
ただやっぱり前とは力量差がありそう。


4着タマモベストプレイ

川田騎手の謎の押し上げで
序盤にやや無駄なペースの上げ下げはあったが、
それ以外は比較的スムーズに運べていたし、
この馬としても力は出し切れる展開。


5着スピリッツミノル

1周目の3〜4角で抑え込まれたレーヴミストラルに前を塞がれてしまい、
ちょっと思い通りのポジショニングができなかった印象。
全体的にスムーズなら3着争いにもギリギリ加われたようには思う。


7着ワンアンドオンリー

中団外目を終始掛かり気味の運びで
勝負所の3〜4角ではすでにスタミナ切れ。
この距離ではどうにも厳しいところがありそう。



【ダイヤモンドS】

12.9 - 12.4 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.9 - 13.0 - 13.8 - 13.6 - 13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.5

長距離戦らしくない上がりの競馬。
道中は淀みも少なく、各馬とも走りやすいレースだったとは思う。


1着アルバート

決してこの流れが得意な馬ではないが、
結果的にはここでは力が違ったといえる勝ち方。

相手が強化されると末脚負けしそうではあるし、
位置取りの悪さは大きな課題。


2着ラブラドライト

番手から直線では加速の良さもしっかり見せたし、
この馬なりに力は出し切る競馬。
展開的には楽だったし、加速の競馬も合っていたのかなと思う。


7着ファタモルガーナ

好位から運べたが加速が付かず、
長距離戦らしくない展開が完全に合わなかった。


11着プロレタリアト

一瞬伸びかけたが最後は一杯。重賞では厳しい。



【2016天皇賞・春】

13.0 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.6 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9

後続に押し上げる隙を与えない
武騎手の芸術的なペース配分での逃げ

なんですが、
残念ながら公式ラップがその芸術性に見事に水を差しています。

7F目から11.6→12.9と謎のペースの上げ下げがありますが、
こんなラップを刻むことは100%ありえないと断言します。

実際には12.0→12.5程度で、
8F目がちょうどコーナー部分に当たるので
ある程度の減速があるのは当然ですが、
本当に武騎手は緩急を少なく、完璧な運びができたと言えます。


1着キタサンブラック

自力でレースを作っての完勝。
ただ、カレンミロティックと接戦になるあたり、
本質的に長距離はどうなんだろうと思う部分はある。


3着シュヴァルグラン

内目を通れたことは大きかったが、
進路取りがスムーズではなかったし、
場合によってはもう少し前との差は縮められたかなと思う。


6着アルバート

シュヴァルグランの直後に付ける形で
こちらも内目を回れたことは良かったが、
進路取りには少し手間取ったし、
直線の脚もシュヴァルグランにやや劣っていたので、
序盤で位置を取りに行けない点が大きな痛手になっている印象は受ける。


7着ファタモルガーナ

中団外目で要所要所で置かれながらも
直線しぶとく脚を伸ばしての7着。
内目でもう少しスムーズな立ち回りが利けば
着順は上げられたはずだが、
そのスムーズな立ち回りが利かない馬なんだとは思う。


9着アドマイヤデウス

位置取りはそこまで悪くなかったが、
最後は脚色が一杯になり失速。
もっと分かりやすいくらいの
上がり勝負にならないと厳しさは感じる。


12番ゴールドアクター

17番枠からのスタートで外目を回り続けるしかなかったし、
キタサンブラックの土俵で早めの動き出しにもなったので、
惨敗も致し方ない内容ではあるが、
直後で競馬をしていたトーホウジャッカルの
脚色なんかを見ると距離への不安は感じてしまう。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年04月28日(金) 13:44
【天皇賞春2017予想】絶好枠のキタサンブラック! 
閲覧 37ビュー コメント 1 ナイス 3

【天皇賞春2017予想】絶好枠のキタサンブラック!ライバルはこぞって外枠へ─競馬HEADLINE/ 2017年4月27日 13時17分 http://keiba-headline.com/kitasanblack-in-best-position-13022/

天皇賞春の枠順が発表された。内枠を引く確率が異常に高いキタサンブラックが今回は一体どの枠番を引くのか?発表前から多くの競馬ファンの間で騒がれていたが、蓋を開けてみれば今回も2枠3番とまた内枠を引く結果となった。去年の天皇賞春から今年の天皇賞春までの1年間で、7戦中6戦が1枠か2枠。85%の確率で1枠か2枠には入るいう引きの強さである。これも北島三郎オーナーが持つ運の強さなのだろうか?

いずれにせよ、好枠である。過去10年で3着内に入った30頭中、2枠より内だった馬は11頭。去年の天皇賞春も内枠の1枠1番で優勝していることを考えても、今回も好枠を引けたと言っていいのではないだろうか。

絶好枠を引いたキタサンブラック、ライバルがこぞって外枠に集まる好条件!

正直この枠ではキタサンブラックを外して考えるのはかなり難しい。この枠番からならすんなり好位につけて経済コースを行けるだろうし、体力を消耗することなく競馬ができそうだ。さらに、最大のライバルであるサトノダイヤモンドが外枠の8枠に入ったことと、有力の差し馬勢の一角であるレインボーラインも8枠に入ったこと、そして逃げが有力なヤマカツライデンも8枠の大外に入ったこともキタサンブラックにとっては好都合。

サトノダイヤモンドとレインボーラインは外を回っては直線もつか分からない。最後に見せ場を作るためにもなんとか内を通りたいところだが、スローペースが濃厚とされる中でうまくポジションを取れるかどうかが不安。勝つなら積極的な逃げを打つしかなさそうなヤマカツライデンは大外からでは序盤でかなり脚を使いそうだし、厳しい枠に入ってしまったなという印象は否めない。キタサンブラックに比べると彼らはやることがかなり多く、消耗の度合いも激しくなる可能性が高い。

このように、キタサンブラックにとって邪魔となりそうな馬がこぞって外枠に追いやられたことで、圧倒的にキタサンブラックにとって有利な状況となっているのだ。ここは下手に逆らわず、素直にキタサンブラックを軸にするのがやはり無難だろう。あとは相手を選ぶだけのシンプルな馬券で勝負、というのが枠順を初見した時の見解である。

[もっと見る]

 馬券のエース 2017年04月28日(金) 12:31
天皇賞(春)≪データ攻略ポイント≫その2 
閲覧 175ビュー コメント 0 ナイス 3

【天皇賞:春】京都3200m

昨日更新した≪その1≫で
1. 前走≪ステップレース≫
2. 前走≪着順≫
3. ≪好走条件≫
4. 【穴馬の方程式】
5. ≪ポジション≫
から該当馬を出しましたが

【総括】
荒れるレースと分かっていても「2強」の実績を見ると人気馬から狙いたくなりますね(^o^;)

≪血統≫
近5年の3着馬からはステイゴールド3勝、ハーツクライ産駒2・3着6頭
菊花賞と同じくディープ産駒は【0-1-0-9】とやはり距離の壁はつきまとうが
初の菊花賞馬となったダイヤモンドがここでもジンクスを破れるか!?
目立たないところでいうと「父母父」にグレイソヴリンのある馬が
近5年の3着以内馬15頭中7頭が該当。

≪馬体重≫
シャケトラ 520 栗東 510 〔+10kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
ラブラドライト 498  栗東476 〔+22kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
キタサンブラック 540 栗東 540 〔+-0kg〕
スピリッツミノル 496 栗東 498 〔-2kg〕
ファタモルガーナ 498 栗東 492 〔+6kg〕
シュヴァルグラン 478 栗東 474 〔+4kg〕
アルバート 484 美浦 478 〔+6kg〕
タマモベストプレイ 496 栗東 490 〔+6kg〕
ディーマジェスティ 482 美浦 488 〔-2kg〕
アドマイヤデウス 498 栗東 486 〔+12kg〕  ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
プロレタリアト 444 美浦 438 〔+6kg〕
ゴールドアクター 498 美浦 498 〔+-0kg〕
トーセンバジル 486 栗東 482 〔+4kg〕
ワンアンドオンリー 504 栗東 496 〔+8kg〕
サトノダイヤモンド 508 栗東 506 〔+2kg〕
レインボーライン 448 栗東 448 〔+-0kg〕
ヤマカツライデン 538 栗東 524 〔+14kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫

1枠…単勝10倍以上の馬(11年で6頭)人気薄が好走
6枠…単勝10倍未満の馬(11年で5頭)人気馬が好走

【穴馬の方程式】にローテの好走条件
・叩き2走目が一番!中でも前走た裕ぐ米發覆蕁5-5-2-21】複勝率37%
・6走以上休養を挟んでいない4.5歳馬【4-1-4-18】複勝率33%
・リピーター
・≪血統≫
を加えて、≪消し材料のない馬≫の中からかなり項目に当て嵌まる馬を探すと
◎キタサンブラック◎シュヴァルグランが一番項目が多い。
私は毎年このレースは有馬記念・日経賞の「上がり上位馬」を重視しています。
日経賞も3年前ホッコーブレーヴ・4年前フェノーメノ・5年前ウインバリアシオンと
きていますが、理由は最終の800mの流れがタフな上に最後の急坂。
これが坂の下りから平坦京都では、さらに加速力が活きるという見立て。

ただ、今年のステップの中では「阪神大賞典」が一番直結する内容だと思うので
荒れる傾向と書いておいて、この選択は・・・って感じですが、
結論は
◎はシュヴァルグラン、もちろん勝ったサトノ・キタサンも評価しているので
左程荒れない予想です。
今年は大好きな日経賞組では上がり最速シャケトラ、2位ディーマジェスティだけ
荒れるとすれば大賞典組5着以内馬から・・・
といった感じでしょうか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年04月27日(木) 22:31
競馬検討 追い切り 2 
閲覧 45ビュー コメント 0 ナイス 6

天皇賞 春

シャケトラ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ラブラドライト 長め、単走、動き軽快、前向き

キタサンブラック 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ、先着、一叩きした効果ありあり

スピリッツミノル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

ファタモルガーナ 長め、単走、動き軽快、集中して

シュヴァルグラン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

アルバート 長め、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

タマモベストプレイ 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

ディーマジェスティ 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ

アドマイヤデウス 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

プロレタリアト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ゴールドアクター 長め、単走、動き軽快、集中して

トーセンバジル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

ワンアンドオンリー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

サトノダイヤモンド 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

レインボーライン 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

ヤマカツライデン 長め、単走、動き軽快、集中して


青葉賞

アドマイヤウイナー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

アドミラブル 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

イブキ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

サーレンブラント 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

タガノアシュラ 長め、単走、動き軽快、集中して

ダノンキングダム 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

トリコロールブルー 長め、単走、動き軽快、前向き

ベストアプローチ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ポポカテペルトル 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

マイネルスフェーン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

[もっと見る]

1件中 1-1件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。