山崎エリカプロの競馬予想|デイリー杯クイーンカップ G3 - 2018年2月12日東京11R|競馬予想のウマニティ!今週は中山記念G2

山崎エリカプロの競馬予想 公認プロ 最新の競馬予想を見る≫
2018年2月12日() 1回東京6日目 15:45発走
11R 第53回 デイリー杯クイーンC G3
芝・左 1600m サラ系3歳 (国際) 牝 (特指) 別定
本賞金 3,500万 1,400万 880万 530万 350万
最終更新日時:2月12日()08:20
必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)500G
必要ゴールド(一般会員)1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 3 6 テトラドラクマ 牝3 54.0 田辺裕信 5.6
2 1 2 フィニフティ 牝3 54.0 川田将雅 11.8
3 5 9 アルーシャ 牝3 54.0 C.ルメー 12.9
4 7 14 オハナ 牝3 54.0 石橋脩 12.7
5 5 10 マウレア 牝3 54.0 戸崎圭太 2.4
6 2 4 ハトホル 牝3 54.0 吉田隼人 60.8
7 3 5 ソシアルクラブ 牝3 54.0 岩田康誠 36.5
8 8 15 モデレイト 牝3 54.0 武豊 82.9
9 4 8 ロフティフレーズ 牝3 54.0 内田博幸 131.4
10 6 12 レッドベルローズ 牝3 54.0 福永祐一 10.0
11 6 11 ライレローズ 牝3 54.0 北村宏司 91.4
12 7 13 ツヅミモン 牝3 54.0 M.デムー 5.1
13 4 7 キャッチミーアップ 牝3 54.0 柴田大知 196.6
14 2 3 アトムアストレア 牝3 54.0 横山典弘 243.6
15 1 1 ナラトゥリス 牝3 54.0 菱田裕二 27.9
16 8 16 マルターズルーメン 牝3 54.0 柴田善臣 202.5

コメント

 近年、桜花賞の前哨戦の意味合いが強まったクイーンC。桜花賞への第一ステップがチューチップ賞ならば、第二ステップはクイーンCと言ったところ。昨年のアドマイヤミヤビや一昨年のメジャーエンブレムのように、ここを勝って桜花賞へ直行するケースが多いです。

 これは桜花賞よりも距離が短いフィリーズレビューを前哨戦に使って、桜花賞で前に行く厳しい競馬をするよりも、同距離のクイーンCを使うことで、チューチップ賞組と互角に戦わせたいという陣営の意志の表れでもあるでしょう。また、社台系一色ムードの近古、一軍はチューリップ賞、二軍はクイーンC、短距離馬はフィリーズレビューと勢力分散を図っている一面もあります。

 このため前走短距離組がクイーンCに出走してくるケースがとても少なく、大半がマイル路線組。それも末脚を生かしてマイル路線を勝ち上がって来た馬ばかりが集うために、逃げ馬不在の状況が非常に作られやすくなっています。3年前のクイーンCのように、内枠の差し馬ダノングラシアスが包まれないように出していったら、他馬が競って来ず、まさかの逃げる展開になるなんてことも…。

 逃げ馬不在で、本来は逃げ馬ではないまさかの馬が逃げることがあるレースなので、このレースでの逃げ馬の活躍はイマイチ。しかし、逃げ馬不在によって、東京芝1600mとしてはペースに緩みやすい状況が発生するので、先行勢が息を入れるポイントが少ないこのコースにして先行馬が活躍しているのも事実。

 今年も逃げ馬候補が少ない上に、決め手がなく前に行きたいライレローズやツヅミモンが揃って外枠に入ったとなると、本来は逃げ馬ではない内枠の馬が逃げる可能性が高いでしょう。逃げるのは、逃げ馬不在のレースでは逃げることが多い、田辺騎手&テトラドラクマか? 芝をこなせた場合のアトムアストレアか?

 どの馬が逃げるにしろ、逃げ切りV経験のない馬たちばかりなので、レースが平均よりもスローペースよりの流れになる可能性大。今年はアドマイヤミヤビのように強烈に切れる脚が使える馬がいないこともあり、本命馬は先行馬から選びたいところです。

 よって、◎には、デビュー3戦目の前々走・未勝利戦が2着馬に5馬身差をつけての圧勝だった(6)テトラドラクマを推します。この馬が2着に降したジョブックコメンは、次走で未勝利戦を勝ち上がり、今年1月の菜の花賞でも勝ち馬オハラと0.5秒差(5着)と好戦しているように、この馬がが勝った未勝利戦のレベルは上々。

 前走のフェアリーSは、前々走で激走した後の一戦らしく、疲れが出る形で出遅れ。大外枠から外目を追走する形では苦しく、6着に凡退しました。しかし、前々走を圧勝した実績、さらに前々で立ち回れる強みから、この馬を本命にとしました。できれば逃げすに2列目を追走して欲しいところですが、マイペースなら逃げても悪くはないでしょう。

 ○は、休養を挟んで新馬戦、菜の花賞を連勝した(14)オハナ。スローペースの新馬戦では、後方からラスト2F11秒1→11秒0と加速して、前にいたライレローズやマルターズルーメンをしっかりと捕らえて勝利。前走の菜の花賞では、終始2列目の外から抜け出して持ったままの勝利と、新馬戦とはちょっと違った勝ちパターン。

 前走は勝ちに行ったぶん、メンバー最速の上がり3Fは他馬に譲りましたが、映像ではまだ余裕を感じさせました。おそらく今回のメンバーで一番の素質馬はこの馬でしょう。しかし、今回は外枠に入ったこともあり、差す競馬が濃厚。展開に恵まれない可能性が高いため、対抗評価としました。

 ▲は、新馬戦、赤松賞を2連勝し、前走の阪神ジュベナイルFでも勝ち馬ラッキーライラックと0.2秒差(3着)の(10)マウレア。前走はゴール手前で外に切り替えなければ、2着はあったかもしれないレース内容。今回のメンバーでは1番の実績馬であることは間違いありませんが、G1好走後は取りこぼしも多いために3番手評価としました。

 以下特注馬として、前走の新馬戦でマークした指数は、新馬戦の水準以上の(2)フィニフティ。この馬は前走楽勝で今回における上積みが大きそうなことと内枠、前々で立ち回れる強みを評価しました。今回デビュー2戦目の重賞で好戦したレッドベルローズやツヅミモンが昨日の共同通信杯のグレイルやステイフーリッシュになり兼ねないため(ツヅミモンはいくらかマシですが)、サトノソルタスのようなパターンを警戒した次第です。

 あとは△に出遅れ癖がありますが、前走の中山芝1600mの未勝利戦では大外枠から向こう上面で動いて先団にとりつき、直線で抜け出して勝利した(9)アルーシャ。今回が速い流れならば道中で動く必要はないし、緩みが生じれば道中で動いて行けるスタミナがあるので要警戒。

 他では新馬戦で先行策から○オバナに食らいついたように、前に行ければなかなかしぶとい(11)ライレローズ。前走のフェアリーSは、外から切り込まれてポジションダウンし、包まれて終了のパターン。しかし、逃げ、先行馬が手薄の今回は、楽に前に出していけるでしょう。一発があっても不思議ありません。

勝負予想

通常予想

買い目

複勝 通常 06 5,000円 06 220円 的中!
馬連 通常 06 - 14 2,000円
馬連 通常 06 - 10 1,000円
馬連 通常 02 - 06 1,000円 02-06 4,010円 的中!
馬連 通常 06 - 09 700円
馬連 通常 06 - 11 300円

合計金額

購入:10,000円  払戻:51,100円  収支:41,100円

この予想は?

 
63ナイス

予想閲覧

777ビュー

2018年2月12日() 1回東京6日目 15:45発走

11R 第53回 デイリー杯クイーンC G3

下記の買い目でポイントをBET(賭け)しますか?

▶買い目

  • 複勝 通常 06 5,000円 06 220円 的中!
  • 馬連 通常 06 - 14 2,000円
  • 馬連 通常 06 - 10 1,000円
  • 馬連 通常 02 - 06 1,000円 02-06 4,010円 的中!
  • 馬連 通常 06 - 09 700円
  • 馬連 通常 06 - 11 300円

▶賭けるポイント額

10,000P × = 10,000P
所持ポイント: 0P
ポイント不足 -10,000 ※ゴールドでポイントを購入できます
⇒詳しくはこちらへ
キャンセル
「BET!(賭ける)」ボタンを押すとBETが完了します。

注意:BETが完了すると、予想の変更および賭けたポイント額の変更はできません。