会員登録はこちら
宝塚記念 G1   日程:2018年6月24日()  阪神/芝2200m

宝塚記念ニュース

【古馬次走報】ヴィブロス、宝塚記念を視野に
 ★ドバイターフ2着ヴィブロス(栗・友道、牝5)は、宝塚記念(6月24日、阪神、GI、芝2200メートル)を視野に入れる。 ★京都記念7着ミッキーロケット(栗・音無、牡5)は天皇賞・春(29日、京都、GI、芝3200メートル)に出走する。★ヴィブロスの競走成績はこちら
2018年4月6日(金) 05:00

 326

【古馬次走報】スワーヴリチャード、宝塚記念に向かう
 ★大阪杯1着スワーヴリチャード(栗・庄野、牡4)は、宝塚記念(6月24日、阪神、GI、芝2200メートル)に向かう。4着ヤマカツエース(栗・池添、牡6)は、クイーンエリザベス2世C(29日、香港・シャティン、GI、芝2000メートル)に招待されない場合は、安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)などが視野に入る。 ★日経賞9着キセキ(栗・角居、牡4)は、天皇賞・春には参戦せず、宝塚記念を目指す。 ★ドバイWC6着アウォーディー(栗・松永幹、牡8)は、帝王賞(6月27日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を目標にする。★スワーヴリチャードの競走成績はこちら
2018年4月4日(水) 05:01

 454

【AJCC】役者が違う!ゴールドアクター名演再び
 元王者の“背水の構え”を侮るな。ゴールドアクターの名演復活に賭ける。 8番人気にすぎなかった15年有馬記念で、見事に下克上Vを達成した叩き上げの名優。しかしそのあとは一進一退。昨年の宝塚記念では2着と、年下のライバル・キタサンブラック(9着)に大きく先着して復調を猛アピールしたが、その反動か秋は体調が整わず、全休を強いられた。 そして迎える’18初戦。大阪杯(4月1日)→宝塚記念(6月24日)と春の大目標を先に控え、叩き台と受け取られてもおかしくないところなのだが、陣営のムードはまるで真逆。「ここで真価を-」というメッセージがヒシヒシ伝わってくる。 乗り出し開始は昨年の11月下旬と、まるで有馬記念出走馬並みの早い時期。それだけぜい沢に時間を費やしたのも、復帰初戦からファンをガッカリさせる走りは見せられないという強い思いがあればこそだろう。さらに年明け以降は、かつてのGIパートナー・吉田隼騎手がわざわざ追い切りだけに騎乗するという大胆な味付けも施した。 そうした陣営の執念が今、形になりつつある。17日の最終追いはWコースで6F79秒7と、貫禄の好タイムでフィニッシュ。併入した先導役のリヴェルディにゴール前の手応えでは見劣ったものの、見届けた中川調教師は胸を張る。 「もう7歳。けいこはズブくなっているんだから、昔の走りを期待してもダメ。時間をかけてやってきた分、ひと追いごとに着実に良くなっているし、馬自身も走る気を取り戻している。乗った(吉田)隼人も『フットワークがいい』と言っているし、体調自体はとてもいい」 納得のデキで迎える復帰戦、鞍上に迎えるのは武豊騎手だ。かつてライバル・キタサンの主戦として再三、苦汁を飲まされたが、味方に回れば百人力とばかり。「何度も同じレースに乗っているし、この馬のことも分かってくれていると思うから」と、トレーナーもすっかり全権委任だ。 鉄砲【5・0・0・1】&中山芝【4・1・1・2】。改めてその実績を見直すと“走って当然”と思える元王者の本気モードに、ここは素直に従おう。 “究極の3連単”はゴールドを1着に固定。昨年のセントライト記念が圧巻だったミッキースワローを2、3着に据えた10点。(夕刊フジ)★アメリカジョッキークラブCの枠順はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月20日() 11:57

 1,479

【AJCC】ゴールドアクター、一番時計79秒5
 昨年の宝塚記念2着以来のゴールドアクターが、Wコースで猛時計。約7カ月ぶりの実戦となるが、中川調教師は仕上がりに納得の表情だ。 「テンから速くなったけど、最後までしっかりやれた。コンディションはいいと思う」 吉田隼騎手(レースは武豊騎手)が騎乗し、6ハロンからリヴェルディ(1000万下)を6馬身ほど追走。直線で内に併せると、一杯に追われて併入した。先行した相手に手応えは見劣ったが、重心の低いフォームは健在で6ハロン79秒5はこの日の一番時計だった。 昨秋は状態が上がらず休養に充てたが、態勢を整えてきたなら、唯一のGI馬の地力がものをいう。休み明けは6戦5勝で、芝2200メートルも一昨年の産経賞オールカマー勝ちを含め4戦2勝2着2回。何より注目が、武豊騎手との初コンビだ。 「何回か一緒のレースで走っているし、分かってくれているのでは」と中川調教師がいえば、名手も「あれだけ実績のある馬。中山コースでも結果を出しているし、いいんじゃないかな」と楽しみにする。この後は大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)、宝塚記念(6月24日、同、芝2200メートル)が視界にある。復権に向けて、まずは始動戦で好発進を決めたい。 (千葉智春)★アメリカJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月18日(木) 05:08

 2,132

【AJCC】復権アピール!ゴールドアクター勝負気配
 昨年の宝塚記念2着以来となるゴールドアクターが、意欲的なハードメニューで復権を猛アピールした。 美浦Wコースで、攻め駆けするリヴェルディを4馬身追走。1F13秒台で飛ばす流れに懸命に食らいつき、直線は馬なりのパートナーに手応えで見劣ったが、しぶとく併入で締めくくった。 弾ける反応こそなかったが、閉門前の時間帯で6F79秒7は優秀。「ズブくなってきた分、若いころみたいな動きは見せないけど、フットワークが良く、コンディションはいい」と、中川調教師も仕上がりに太鼓判だ。 大阪杯(4月1日)→宝塚記念(6月24日)を見据え、武豊騎手を迎えるなど勝負気配は十分。「何度か同じレースで走っていて、(ジョッキーも)分かってくれているはず。中山はコース的にいいし、実戦に行けば気持ちも変わる馬だから」と、トレーナーは強気な構え。’18V発進へ好ムードだ。(夕刊フジ)★AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月17日(水) 13:18

 1,166

【AJCC】武アクター!新黄金コンビが18年主役だ
 年明けの中山開催は早くも最終週。日曜メインは、多くの名馬が参戦してきた伝統のGIIアメリカジョッキークラブカップ(AJCC、芝2200メートル)だ。メンバー唯一のGI馬ゴールドアクターが、昨年の宝塚記念(2着)以来となる復帰戦に臨む。新たに武豊騎手(48)=栗・フリー=を鞍上に迎えての一戦。入念に乗り込みを消化し、グランプリホースが貫禄を示す。 もう一度輝きを-。2015年の有馬記念覇者、ゴールドアクターが7カ月ぶりに実戦に戻ってくる。鞍上に新パートナーの武豊騎手を迎え、満を持しての始動だ。 「昨秋はなかなか状態が上がってこなかったので無理をしなかった。ここにきての調整もうまく進み、いい競馬ができると思う」 休養が長引いた経緯と現状について中川調教師が口にした。昨秋は産経賞オールカマーでの始動を予定して帰厩したが、態勢が整わずに回避して放牧。その後も疲れが抜けきらず、ジャパンC、有馬記念を自重した。じっくり状態を見極めての復帰だけに、グランプリホースとしての実力を披露したいところだ。 メンバー唯一のGI馬で、やはり他の有力陣営からも「有馬記念を勝った馬は違う。胸を借りるつもりで」と一目おかれる存在だ。休み明けは6戦5勝と苦にしない。芝2200メートルも一昨年の産経賞オールカマーVを含む4戦2勝2着2回のパーフェクト連対。昨年は宝塚記念でキタサンブラックに先着して2着だった得意距離だ。 体調面も着実に上がってきている。11日の1週前追い切りでは、大きく先行した僚馬に2馬身遅れたが、Wコース6ハロン81秒7はその日で2番目に速かった。中川師も「動く相手を目標にしっかりやれた。息遣いもこれで良くなるんじゃないかな」と手応えを明かす。 鞍上の武豊騎手も「日本人ジョッキーが頑張らないと」という思いを胸に、開幕初日の6日から京都金杯をブラックムーンでV。いきなり32年連続重賞勝ちを決めると、2週が終わって関西2位の6勝とスタートダッシュを決めた。頼もしい新パートナーに中川師も「脚質的にもこの馬に合いそう」とうなずく。 父スクリーンヒーローも、先週の京成杯を産駒のジェネラーレウーノが制しており、血の勢いも十分だ。千両役者のキタサンブラックがターフを去った後は、“黄金役者”の出番。ゴールドアクターが18年の主演男優を目指し、初陣でGI馬の威厳を示す。★AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月16日(火) 05:03

 3,293

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年4月28日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2018年4月29日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2018年4月28日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2018年4月29日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る