ユメノイタダキ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 青鹿毛 2015年3月16日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主有限会社 いとはんホールディングス
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 2戦[0-1-0-1]
総賞金280万円
収得賞金0万円
英字表記Yumeno Itadaki
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
ユメノキラメキ
血統 ][ 産駒 ]
ロージズインメイ
ツァリーヌ
兄弟
前走 2018/01/13 3歳未勝利
次走予定

ユメノイタダキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/13 中山 3 3歳未勝利 ダ1800 16234.8212** 牡3 56.0 森泰斗戸田博文520(-4)2.01.0 5.543.1⑤⑤⑥④フォーマイセルフ
17/12/17 中山 5 2歳新馬 ダ1800 128122.912** 牡2 55.0 森泰斗戸田博文524(--)2.00.5 0.039.2シークエル

ユメノイタダキの関連ニュース

関連ニュースはありません。

ユメノイタダキの関連コラム

関連コラムはありません。

ユメノイタダキの口コミ


口コミ一覧

京成杯

 生化学研究所員 2018年1月14日() 14:33

閲覧 84ビュー コメント 0 ナイス 2

  普段はあまり私は「反省」というものをしない性格なのだが、これから神になるに当たり、「俗人」としての振る舞いを反省などしてみむ、とてするなり…。(笑)

土佐日記風に書き出してみた。

  昨日の予想は全然ダメダメで、笑ってしまうほど当たらなかったが(泣)、実際に気合いを入れて購入したのは中山の3レース1鞍で、PATに入っていた6000円のうち、3000円を注ぎこんだ。

◎⑫フォーマイセルフ    結果  1着(①人気)
〇ユメノイタダキ       結果 12着(②人気)
▲カガスター         結果  2着(③人気)
△タイセイカレッジ     結果  3着(⑨人気)
△ネコマヒカ         結果  4着(⑦人気)
△マイネルリノセロス     結果 7着(⑧人気)
×ロマンレガシ        結果 16着(⑩人気)

今思い返しても、予想そのものはそんなに悪くなかったように思うのだが、買ったのは③⑫2頭軸の「3連複」だった。

ぶっちぎりで勝った⑫フォーマイセルフと、12着に敗れた③ユメノイタダキが「ともに3着は外さない」と読んだ。カガスターとの3頭で1点にするか少し迷ったのだが、私はいつもここ一番の勝負には弱いので(笑)少し保険をかけて「ここまでならもしかしたら3着には来るかも…」という馬まで拾って3連複を購入したんですね…。

レースは実際どうだったかというと、まず枠入れの時に、③ユメノイタダキがゲート内で暴れ、係員が集まる事態に…。しばらく落ち着けて、ようやく気が静まったころに、騎手が浮かせていた腰をもう一度馬上に戻すような格好で背にまたがり、そのあと⑯番が枠入れをしてゲートオープン。

自分の頭の中の展開では、③と⑫が「2頭逃げる」と思っていたのだが、ゲート内で暴れた時点で③の方はすでに気分を害していたのか、⑫は危なげなく逃げたものの、③は逃げずに先行集団の後ろの方、5~6番手でレースを走った。

前走がそもそも後ろから差してきた馬ではなく、スローペースを前で運び、最後まで垂れなかっただけの馬で、タイムもそれほど速くはなかったので、心の中で「早く上がれ!早く上がれ!まずい!!!」と祈るような気持ちでモニターを見つめていた。ところが、初の芝の⑤カガスターの方が好スタートから前に取り付けてしまい、レースの途中では「軸一頭間違えたな…このままいくと当たっても3-5-12(4.9倍に1500円投入)しかないな…」などと思いながら観戦していた。

直線手前で③の騎手はユメノイタダキを内ラチ沿いに走らせた。既に脚が残っていないから、内を通る以外に考えられなかったのだろうと思う。外から飲み込まれるように黒い帽子は馬軍に沈み、私の3000円は誰かの懐に入った。

 その後、ウマニティに登録したレースをチョビチョビ買い足し、どれも結局当たらなかったのだが、昨日の最終で1300円にまで減った軍資金すべてを、京都の最終レース、武豊騎乗の⑯スマートダンディの複勝に注ぎ込んだ。

結果は1着。複勝は140円で、私のPAT残額は1800円まで復活した。復活?と言っていいかどうかはかなり微妙だが…^^;

 夜、一人で風呂に入りながら考えた。

ここから先は少しだけスピリチュアルな話になる。

人間は「後悔する」ことはできるが、過去の自分に「その後悔の念」を込めたメッセージを送ることはできない。

出来ないのだが、「今現在」の時間の中で「過去」に思いを馳せることは可能だ。

そして「過去」も「今」も「未来」も、時間というのは一本の線でつながっている。少なくとも、過去と現在は自分の記憶の中で一連の流れと事実の連続として認識することができる。

ふと思ったのだ。

「ホントに出来ないのかな…?」と。

たとえば、「1時間後に自分は何をしているか」「どう判断しているか」を「今」考えてみる。

今日のメインレースが終わって自分は何を考えているだろうか?

一切分からないことだらけなのだが、数少ない「分かる可能性が高い」ことがある。

それは個々のレースの結果ではなく、「競馬」を戦う時の“教訓”みたいなものだ。

レースの結果がどんなものであれ、「これは間違いなく言える」ということは少ないながらもある。

その「少ないながらも多分言える」ことをいくつ忠実に拾って実際にレースで賭けるか。

それが大事なことであり、あとで考えて

「これじゃ勝てないよね」と思ってしまうような買い方をまずはしないことなんだと思った。

まぁ…。当たり前なんですが…^^;

  さて、京成杯。

今日の16時の私から今の私へのメッセージは今この時間帯でも全然受け取れていないのだが、「レースが終わった時に何を考えるのだろうか」と思いながら予想をしてみた。

いくつかのことが頭をよぎる。

■実際に買った馬券が“ウンコ”馬券で、収支が全く追いつかないことはあっても、「予想そのもの」が2日続けてヒドイ、ということは通常私の場合、あまりないので、今日は恐らく、「なるほどね」という結果になるレースが多いだろう、ということ。

■経験上、京都の1レースの15番の「メイショウカギロイ」は恐らく1着になり、最悪勝てなくても馬券には絡んでいるだろう、ということ。そして、どれだけプラスにできるかは分からないが、買った時点で「当たればプラスになる」買い方さえしていれば、たぶんPAT残額は増えているだろう」ということ。

■そんなわけで、落馬や、よほどのトラブルがない限り、「京都の1レース」を買って、他のレースを一切買わなければ、京成杯を迎える段階で、私のPAT残額は土曜終了時より減っている可能性は限りなく低い、ということ。

■京成杯そのものは、レースが終わった時点で「きわめて少ない出走経験しかない、もともと能力自体はあった馬」または「これまでの成績から好走が予測できない馬の突然の能力の開花」、「レース中のアクシデント」でもない限り、結果に関して「納得できる内容」であるだろう、ということ。

■では、その「納得できる結果」はどこから推測できるか、というと、「過去のレース内容」「馬の能力比較」以外にはヒントを見いだせない、ということ。

こんな感じである。

実際にレースを見てみた。それぞれのレースに出てきている「他の馬」のその後の活躍をこれもレースで見て見た。

「見尽くした」結果、出た答えは以下の内容である。

◎デルタバローズ
〇ダブルシャープ
▲ジェネラーレウーノ
△イエッツト

まずここまでは、他の馬たちと比べて、能力が一段階異なる可能性が高い。

特に、④人気のダブルシャープは過去対戦してきたほかの馬との能力比較だけで言うならば、この中では圧倒的に高い評価が与えられ、単勝7倍の④人気はかなりうま味のある存在だ。

そして、⑥人気のイエッツト。この馬も、1戦1勝なので、能力の絶対評価は難しいのだが、「中山で勝った」という実績、「新馬戦でほかの馬との着差」、「内枠に入った人気馬以外の蛯名」などを考えると、「絶対に買っておかなくてはならない」存在と思った。
何より「2歳戦、クラシックは“負けなし”の馬を外すな」の格言に一致。

◎のデルタバローズも1戦1勝なのだが、こちらは単純にレースを見た印象として、非常に強い。強い上にそのデビュー戦は「100%力を使っていない」と思われるのに2着馬以下には圧倒的な差をつけている。そしてこのレースではるか後方に下したライバルたちから既にフツーに未勝利戦を勝ちあがっている馬が2頭(だったかな?)もいる時点で、新馬や未勝利で戦う器ではなく、「重賞」を獲るか獲らないか、という議論に上がる馬であることは間違いないだろう。
ゲートも良く、スッと前につけられるので、他の馬にレース中邪魔される可能性も低い。

デビュー戦は府中の1600メートルだったが、このコースは直線も長く、坂もあることから「他の競馬場ならば2000メートルくらいの距離を走れる馬でないと勝てない」コースと言われているので、よほど血統的な不利でもない限り、「中山の2000メートル」が理由で飛ぶようにも思えない。

血統も私はそれほど詳しくないものの、全体の印象として「ダート、道悪もかなり適性は高そうだ」と思うくらいで、父系、母系ともにノーザンダンサーが入っているので極端に悪い条件ではないだろう。

多分…。デルタバローズが馬券圏内に絡み、かなりの確率でダブルシャープも馬券圏内に来るのではないか、と思う。デルタバローズはスケールが大きそうなので絶対の軸にしたが、これが見立て通りに走りさえすれば、ダブルシャープが崩れた時に怖いのは現状③人気のコズミックフォースではなく、逃げて2000メートルを2勝しているジェネラーレウーノである。書いているうちにいつの間にかそのジェネラーレウーノが単勝①人気になっていて正直ビックリしたのだが(笑)この2戦は、いずれもかなり楽に逃げての勝利なので、結果ほど高い評価を与えてはいけないのかな…というのが素直な感想。
コズミックフォースも昨日の段階では単勝①人気だったが、まぁ、目立つ脚を使えるものの、戦ってきたメンバーは所詮「未勝利」で、そこでもぶっちぎりで勝ってきたわけではないので、人気が先行している感が否めない。

基本は、上に挙げた4頭でレースが決着するのでは?というのが私の見方である。

がしかし!!!

…である。

  昨年の有馬記念然り、他諸々のレースも然り、「競馬」というのはいつも「事前に予測しきれない」結果をはらんでいるのである。

その「…ん?(・・)」を埋めるのが以下の6頭。

×コズミックフォース
×ロジティナ
×スラッシュメタル
×エイムアンドエンド
×サクステッド
×コスモイグナーツ

サクステッドとコスモイグナーツに関しては、過去のレースを見る限りでは「多分馬券に絡むことはない」と私個人は思っているのだが、「データ」上、切りきれずに仕方なく馬券に組み入れた。

3連複フォーメーションで勝負。

一頭目(鉄板軸)         → デルタバローズ
二頭目(どれかは必ず来るだろう) → ダブルシャープ、イエッツト、ジェネラーレウーノ
三投目(上の組み合わせ以外で
    紛れるかもしれない1頭)  → コズミックフォース、ロジティナ、スラッシュメタル
                   エイムアンドエンド、サクステッド、コスモイグナーツ

フォーメーションを組むと21点になるのだが、コスモイグナーツの絡む馬券で2-10-15、1-2-10の
2点は「なんか」なさそうに感じたので(笑)これを省き19点にしてみた。

ちなみに京都の1レースは迷いに迷って、直前に⑮メイショウカギロイからの馬連6点と、ワイド4点を購入。馬連(5-15の3.7倍に400円)とワイド1点(12-15の3.9倍に200円)が当たり、1800円は2260円に。
更に、京都1レースが予想通り当たったということで、恐らく中山の2レースも、「軸馬」だけは外さないだろう、と予測。①人気だったが⑭デルマカルヴァドスの複勝を800円買い、これも無事的中。800円は1280円になり、PAT残額は2800円になった。
中山②レースは正直自分の中では微妙な判定だったが、「複勝ならば行けるだろう」とは思っていた。
そして、何とか3000円に軍資金を戻したかった私は、もう一鞍だけ、今日のレースで恐らく馬券圏内をほぼ外さないだろう、という馬、京都の②レースの⑨番、タマモストームの複勝に再び勝負を賭けた。
 勝負を賭けた、と言っても2800円を2900円か、あるいは3000円にするかどうか?というちんけな勝負だ。ほとんどやる意味がないほどの勝負なのだが(笑)「未来の自分は何と言っているか」考えた時に「大したプラスではないが、とりあえずマイナスにはならないよな…この買い方ならば…」と思い返す自分がいるような気がしたので(笑)その通り買ってみた。
結果はギリギリ3着で複勝を700円買った私は、思ったよりも辛い勝利になったものの、一応当たった。
(笑)
1.1倍の複勝に700円なので端数を入れてもPAT残額は2800円から動くことなくそのままだったが…。(笑)


そして再び思う…。

「…この後の私は何を思う?」

答えは2つ。

①さらに買い続け、メインを1500円程度で戦うか、その前に玉砕する。

②ここでやめ、とりあえずメインに2800円買うところまではたどり着く。

昨日の深夜の予想では、この後私が自信を持って買えるレースは、存在しなかった。つまり、①の選択肢は自殺行為に限りなく近い。

なので、当たり前だが、2800円をメインの京成杯に注ぎ込んだ。

 たかだか3000円の行方をここまでドラマチックに、詩的に、そしてコミカルに描ける47歳がこの日本に私を除いてはたして何人存在するだろうか…(爆)

とにかくマルコよ、私はここまで来たんだ。アンデスに続くこの道を…。
※このくだりが分かってしまった貴方は、相当ヤバイです(笑)

さて、チキンは鍋に入った。
いよいよメインディッシュの調理スタート。


16時の私よ、今日の京成杯の私のレシピはいかがかな?

正解であることを祈る(><)

ユメノイタダキの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ユメノイタダキの写真

投稿写真はありません。

ユメノイタダキの厩舎情報 VIP

2018年1月13日3歳未勝利12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ユメノイタダキの取材メモ VIP

2018年1月13日 3歳未勝利 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。