注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ワンスインナムーン(競走馬)

注目ホース

ワンスインナムーンの関連ニュース

 第52回京都牝馬ステークス(18日、京都11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、別定、芝・外1400メートル、1着本賞金3600万円 =出走18頭)岩田康誠騎乗で1番人気に推されたレッツゴードンキが中団追走から直線で差し切り勝ち。一昨年の桜花賞以来となる久々の重賞制覇を果たした。タイム1分22秒5(稍重)。春の最大目標はヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)となる。1馬身3/4差の2着には7番人気のワンスインナムーンが入った。

 寒風が吹く淀で、桜の女王が復活を果たした。レッツゴードンキが大外から豪快に突き抜け、一昨年の桜花賞以来となる勝利の美酒に酔った。

 「少し折り合いに苦労したけど、何とか我慢してくれた。充実してきた感じがするし、まだまだ伸びしろがある」

 パートナーの力走に、岩田騎手の声が弾む。道中は中団につけたが、向こう正面でややエキサイトした。鞍上が懸命になだめて外へ進路を取り、直線で鋭い末脚を発揮。ラスト100メートルで突き抜けた。木曜までフェブラリーSと両にらみで悩んだ末に出走を決めた梅田調教師も満足の表情だ。

 「久しぶりにすっきりとした。レースでは掛かったけど、パドックや返し馬では落ち着きがあったし、まだまだGIを狙っていける」

 1年10カ月ぶりの勝利を飾り、再び頂点を目指す。次走は高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)か、サンスポ杯阪神牝馬S(4月8日、阪神、GII、芝1600メートル)。そこからヴィクトリアマイルへ向かう。完全に復調したレッツゴードンキの未来は明るい。 (片山和広)

★18日京都11R「京都牝馬ステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

【京都牝馬S】レースを終えて…関係者談話2017年2月19日() 05:01

 ◆石橋騎手(ワンスインナムーン2着) 「思った感じで運べた。直線に向いても楽な手応えだったし、いきなりの重賞でこれだけ走れたのだから、いいものを持っている」

 ◆浜中騎手(スナッチマインド3着) 「(4角手前で)他馬とぶつかって馬がカッとした。直線で伸びてはいるが、そのぶん少し足りなかった」

 ◆M・デムーロ騎手(アットザシーサイド8着) 「枠順が良くなかった。内で何もできなかったけど頑張ってくれている」

 ◆ルメール騎手(アルビアーノ17着) 「最初はいいポジションだったが、3角過ぎで狭くなり止まるところがあった。少し太めもあったかな」

★18日京都11R「京都牝馬ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都牝馬S】15年桜花賞馬レッツゴードンキが復活V! 2017年2月18日() 15:41

 2月18日の京都11Rで行われた第52回京都牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・外1400メートル、別定、18頭立て、1着賞金=3600万円)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気レッツゴードンキ(牝5歳、栗東・梅田智之厩舎)が大外一気の差し切り勝ちで、一昨年の桜花賞以来の勝ち星を挙げた。タイムは1分22秒5(稍重)。

 1馬身3/4差の2着には好位から伸びたワンスインナムーン(7番人気)、さらにアタマ差遅れた3着に追い込んできたスナッチマインド(5番人気)。

 京都牝馬Sを勝ったレッツゴードンキは、父キングカメハメハ、母マルトク、母の父マーベラスサンデーという血統。北海道平取町・清水牧場の生産馬で、馬主は廣崎利洋HD。通算成績は19戦3勝。重賞は2015年桜花賞・GIに次いで2勝目。京都牝馬Sは、梅田智之調教師は初優勝、岩田康誠騎手は2006年マイネサマンサ、2007年ディアデラノビアに次いで3勝目。

 ◆岩田康誠騎手(1着 レッツゴードンキ)「久しぶりに勝てたので、本当にうれしく思っています。今日は外が伸びる展開だったので大外を回しました。道中は折り合いに苦労しましたが、なんとか辛抱してくれましたね。力んで走っていましたが、馬の状態が良かったので頑張れたんだと思います。だんだん馬が充実して、中身が濃くなってきているので。粗削りなんですけど、元気な女の子なんで。また大きなところでも頑張ってほしいと思います」

★18日京都11R「京都牝馬ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都牝馬S】厩舎の話2017年2月17日(金) 05:02

 ◆アットザシーサイド・浅見助手 「距離もコースも合っている。馬場さえ渋らなければ」

 ◆アルビアーノ・木村師 「本来の動きにはもうひとつ」

 ◆ウインファビラス・畠山吉師 「京都の外回りなら、7ハロン戦でも十分に対応できる」

 ◆ウリウリ・和田騎手 「癖もなく、さすがの脚力。反応がいい」

 ◆エスティタート・松永幹師 「格上挑戦だが状態の良さを生かして」

 ◆エテルナミノル・本田師 「順調だし、状態は全く心配ない」

 ◆スナッチマインド・岡田師 「動き、体調ともいい意味で変わりない。京都は合うので」

 ◆ダンツキャンサー・谷師 「牝馬限定戦ならそこそこやれても」

 ◆トウカイセンス・野中師 「このクラスでも条件さえ合えばやれる馬だと思う」

 ◆トータルヒート・平田師 「今の京都の荒れた芝は合う」

 ◆ナックビーナス・杉浦師 「流れ次第でどんな競馬でもできる」

 ◆フィドゥーシア・金折助手 「最近は折り合いもつくようになっている」

 ◆ペイシャフェリス・高市師 「距離が短くなるのはいい」

 ◆ベルルミエール高橋亮師 「先週の段階で体はできている」

 ◆ムーンエクスプレス・鈴木孝師 「ハナに行く形がベスト」

 ◆ラインハート・須貝師 「うまく立ち回れれば」

 ◆レッツゴードンキ・梅田師 「時計は少し速くなったが、状態はいい」

 ◆ワンスインナムーン斎藤誠師 「坂路でしまいだけ様子をみる感じ。それでもラスト1ハロン11秒9はすごい」

京都牝馬Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】追って一言2017年2月16日(木) 05:01

 ◆アットザシーサイド・川上助手 「変わりなくきている。脚質的にはまるかどうか」

 ◆ウインファビラス・畠山吉師 「体に丸みが出て成長もしている。京都の外回りなら、7ハロン戦でも十分に対応できる」

 ◆ウリウリ・和田騎手 「癖もなく、さすがの脚力。反応がいい。脚の使いどころ、立ち回りひとつだと思う」

 ◆エテルナミノル・本田師 「順調だし、状態は全く心配ない。1400メートルの距離はいいだろう」

 ◆スナッチマインド・岡田師 「動き、体調ともにいい意味で変わりない。(クビ差の)前走はきっちりと勝ち切れたことを評価。京都は合う」

 ◆トウカイセンス・野中師 「このクラスでも条件さえ合えばやれる馬だと思う」

 ◆トータルヒート・平田師 「攻め馬の動きは素晴らしかった。今の京都の荒れた芝は合っていると思う」

 ◆ナックビーナス・杉浦師 「気を抜く面もなく、しまいまでしっかりと伸びた。流れ次第でどんな競馬でもできる」

 ◆ベルルミエール高橋亮師 「スタートが安定しないけど、馬場が荒れている今の京都はいいんじゃないかな」

 ◆ムーンエクスプレス・鈴木孝師 「状態は変わりない。近走の内容からも、自分のリズムで走れるハナに行く形がベスト。今回も先手を奪いたい」

 ◆ワンスインナムーン斎藤誠師 「先週の併せ馬で体はできていたので、坂路でしまいだけ様子をみる感じ。だいぶ体はしっかりしてきた」

京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】レース展望 2017年2月14日(火) 14:34

 京都では土曜に京都牝馬ステークス(GIII、芝1400メートル)が組まれている。5月のヴィクトリアマイルを見据える意味でも、注目の一戦。昨年から距離がマイルから1400メートルに短縮されたが、勝ち馬のクイーンズリングは秋にエリザベス女王杯を勝ち、2着マジックタイムダービー卿チャレンジT、ターコイズSと重賞を2勝するなど、ハイレベルな戦いだった。今年も上位争いをする馬たちは飛躍が期待される。

 GIIスワンSを勝ち、GIでも高松宮記念3着、マイルチャンピオンシップ5着の実績があるアルビアーノ(美浦・木村哲也厩舎、5歳)。使い込めない弱みがあり、今回も休み明けではあるが、いつになく順調な調整過程だ。スワンSと同舞台で牝馬限定戦のここは注目される。

 昨年のこのレースで、格上挑戦ながら見せ場たっぷりの4着だったのがスナッチマインド(栗東・岡田稲男厩舎、6歳)。抜け出した後に気を抜く悪癖の持ち主で、乗り手をてこずらせてきた馬だが、浜中俊騎手とは【4・5・1・0】と抜群の相性を誇っている。前走に続いての騎乗で、6歳春を迎えて悲願の重賞制覇に態勢は整った印象だ。

 昨年の桜花賞3着馬アットザシーサイド(栗東・浅見秀一厩舎、4歳)は京都芝で2戦2勝と適性を示している。前2走はどちらも脚を余した感が強く、力を出し切っていない。今回はミルコ・デムーロ騎手との新コンビで臨む。年長馬を相手に初タイトルを手にするシーンも十分あるだろう。

 フェブラリーSにも登録をしているレッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、5歳)は、14日時点で出否未定だが、こちらに出走する公算が大きい。長らく不振だったが、昨秋はスプリンターズSで勝ち馬と0秒2差の9着だったのに続き、初ダートの交流GI・JBCレディスクラシックで2着に好走。再び芝に戻ったターコイズSでも56.5キロを背負いながらやはり2着と奮闘した。早熟の不安は払拭され、桜花賞以来1年10カ月ぶりの勝利を目指す。

 関東の4歳馬もイキがいい。昨秋からオープン特別で1、2、1着と安定しているナックビーナス(美浦・杉浦宏昭厩舎)と、1000万下−1600万下を連勝中のワンスインナムーン(美浦・斎藤誠厩舎)だ。前者は横山典弘騎手、後者は石橋脩騎手が完全に手の内に入れている。ともに前々でレースを進めるタイプだけに京都の荒れ気味の馬場がポイントとなりそうだが、今の充実ぶりなら上位争いに加わってきそうだ。

 ほかでは京都で3戦3連対のエテルナミノル(栗東・本田優厩舎、4歳)、武豊騎手とのコンビ復活で挑むエスティタート(栗東・松永幹夫厩舎、4歳)、この距離に良績があるベルルミエール(栗東・高橋亮厩舎、6歳)とムーンエクスプレス(栗東・鈴木孝志厩舎、5歳)、ようやく復調してきたウインファビラス(美浦・畠山吉宏厩舎、4歳)なども上位をうかがう力の持ち主だ。

 ウリウリ(栗東・藤原英昭厩舎、7歳)は2014年の覇者で実績面なら明らかに上だが、近走では結果が出ていないことに加えて、今回は57キロと他馬より2キロ以上重い斤量を背負うことになる。好調・和田竜二騎手の初騎乗でどこまで変われるかだろう。

京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都牝馬ステークス】特別登録馬2017年2月13日(月) 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】エアスピネル、東京新聞杯へ2017年1月11日(水) 05:00

 ★京都金杯を制したエアスピネル(栗・笹田、牡4)、6着ダンツプリウス(栗・山内、牡4)、9着ブラックムーン(栗・西浦、牡5)は東京新聞杯(2月5日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。7着ケントオー(栗・西橋、牡5)は洛陽S(2月11日、京都、OP、芝1600メートル)に進む。

 ★中山金杯を制覇したツクバアズマオー(美・尾形充、牡6)は中山記念(2月26日、中山、GII、芝1800メートル)と日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)の両にらみ。2着クラリティスカイ(美・斎藤誠、牡5)は白富士S(28日、東京、OP、芝2000メートル)に出走する。同厩でサンライズSを勝ってオープン入りしたワンスインナムーン(牝4)はカーバンクルS(21日、中山、OP、芝1200メートル)へ。

 ★菊花賞11着後、戦列を離れているプロディガルサン(美・国枝、牡4)、同厩で一昨年のアルゼンチン共和国杯18着後、休養しているヒラボクディープ(牡7)は白富士Sで復帰する。

 ★ジャパンC11着トーセンバジル(栗・藤原英、牡5)は阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル)から天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)に挑む。僚馬でターコイズS9着ウリウリ(牝7)は京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)へ。

 ★チャンピオンズC12着ゴールドドリーム(栗・平田、牡4)は引き続きM・デムーロ騎手でフェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)を目指す。

 ★ベテルギウスS1着ミツバ(栗・加用、牡5)、ポルックスS5着バスタータイプ(栗・佐藤正、牡5)は川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)と東海S(22日、中京、GII、ダ1800メートル)の両にらみ。ベテルギウスS4着ドコフクカゼ(栗・友道、牡7)、7着マイネルクロップ(栗・飯田雄、牡7)は東海Sへ。

 ★淀短距離Sを勝ったセイウンコウセイ(美・上原、牡4)はシルクロードS(29日、京都、GIII、芝1200メートル)などを視野に調整。3着ラインスピリット(栗・松永昌、牡6)、6着ヒルノデイバロー(栗・昆、牡6)、7着ローレルベローチェ(栗・飯田雄、牡6)、9着サドンストーム(栗・西浦、牡8)、10着フミノムーン(栗・西浦、牡5)はシルクロードSの予定。

[もっと見る]

【アネモネS】素質馬チェッキーノが桜花賞切符を獲得 2016年3月12日() 15:54

 12日の中山11Rアネモネステークス(3歳牝馬オープン、芝1600メートル、1、2着馬に桜花賞の優先出走権)は、柴山雄一騎手騎乗の3番人気チェッキーノ(美浦・藤沢和雄厩舎)が中団追走から差し切って快勝。2着アッラサルーテとともに桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分35秒5(良)。

 好スタートを切ったワンスインナムーンが先行態勢に入るが、大外から二の脚を生かしてアッラサルーテがハナを奪う。さらにエクラミレネールも2番手の外に取り付き、その後ろにペプチドサプルオウケンビリーヴと続いた。人気のメイショウタチマチは中団のやや後ろでインからの競馬。アッラサルーテは後続を引き付けた逃げを打ち、馬群が密集した形で直線に向かう。粘るアッラサルーテはかわされそうでかわされず、しぶとい粘り。並びかけたエクラミレネールも譲らない。しかし、この2頭の外から一気に迫ってきたのがチェッキーノ。鮮やかな末脚で先行馬を差し切り、3カ月ぶりの一戦を快勝して桜花賞切符を手に入れた。1馬身1/4差の2着には14番人気アッラサルーテが逃げ粘り、この2頭が優先権を獲得。アタマ差の3着には2番人気のペプチドサプルが入っている。

 チェッキーノは、父キングカメハメハ、母ハッピーパス、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績は3戦2勝となった。

 柴山騎手は「最初のコーナーまでは(ハミを)かんでいたけど、そのあとはリラックスしてくれました。いい手応えだったし、最後も余裕がありましたね」と未勝利勝ち直後で3カ月ぶりの実戦を制したパートナーに目を細めていた。

★12日中山11R「アネモネステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アネモネS】追って一言2016年3月10日(木) 05:03

 ◆スマートアリシア・鹿戸師「仕上がりは悪くない。時計はともかく、動きも良かった」

 ◆ペプチドサプル・木原師 「体はできているから、坂路でサッと併せるだけで十分。1600メートルが一番競馬がしやすい」

 ◆メイショウタチマチ・河内師 「体は徐々に戻っている。前に行ける脚もあるし、牝馬同士なら」

 ◆メイショウバーズ・本田師 「変わりなくきているし、前走は芝でも走れると思っていた。距離はこなしてくれると思う」

 ◆リボンフラワー・池江師 「先週が抜群の動き。中山1600メートルは、阪神内回りの1400メートルより条件はいい」

 ◆ワンスインナムーン・相田助手「動きは良く、相変わらず好調。控えてしまいを生かす競馬をしたい」

[もっと見る]

【めざせクラシック】エクラ、高橋裕師「中山に戻るのはプラス」2016年3月9日(水) 04:03

 デスク 今週は中山でも桜花賞トライアルのアネモネSが行われるな。

 藤沢 関東で注目はエクラミレネールです。2走前の菜の花賞(1着)が今回と同じ中山マイル。のちのクイーンC2着馬フロンテアクイーンを破っています。高橋裕調教師は「直線が短い方がいいので、中山に戻るのはプラス。中間の感じはいいし、距離は1600メートルくらいまでがいい」と自信をのぞかせています。

 デスク 舞台を経験しているのは有利だな。

 藤沢 フィリーズレビューにも登録しているワンスインナムーンは、アネモネSが本線のようです。母のツーデイズノーチスは2009年の勝ち馬で、鈴木助手は「前走(春菜賞2着)後は在厩で調整をして順調。折り合いがつくようになっているので1600メートルでも」と、母娘制覇に期待をふくらませています。

 デスク 関西馬にも有力視される存在がいるな。

 宇恵 そうですね。ペプチドサプルはフィリーズレビューとダブル登録ですが、アネモネSに回る可能性が高く、武助手は「中間の調整で馬がようなっていますよ。輸送は問題ないと思いますし、何とか桜花賞の権利を」と気合が入っています。メイショウタチマチも出走できれば有力候補。河内調教師が「前回で減った体は戻っているし、馬はよくなっている。出られれば楽しみはある」と期待していますよ。

 デスク 今後の動向を注意しておきたい牝馬はいるかな。

 宇恵 6日の阪神500万下で2勝目を挙げたフロムマイハートですね。次走は桜花賞当日の忘れな草賞(4月10日、阪神、OP、芝2000メートル)を予定。「シュタルケ騎手が『最後はまだ余裕があったし、距離が延びても大丈夫』とレース後に話してくれてね。オークスの権利を取りたい」と宮本調教師は意欲満々です。

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】イマジンザット、ラスト13秒22016年3月2日(水) 11:15

 イマジンザットは美浦Wコースでワンスインナムーンの直後を追走。京都遠征直後の中1週とあってテンの入りは緩めで、ラスト1F13秒2でインから併入した。

 ■斎藤調教師「まだ体ができていないので女の子みたいな調整だが、(馬場が)荒れた時間だし負荷はかかっている。良馬場で改めて期待」

(夕刊フジ

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】カトルラポール、チューリップ賞へ2016年2月10日(水) 05:00

 ★春菜賞を制したカトルラポール(美・浅野、牝)はチューリップ賞(3月5日、阪神、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★エルフィンS3着ワントゥワン(栗・藤岡、牝)はフィリーズレビュー(3月13日、阪神、GII、芝1400メートル)へ。

 ★セントポーリア賞2着メイショウタチマチ(栗・河内、牝)、春菜賞2着ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝)はアネモネS(3月12日、中山、OP、芝1600メートル)へ。

 ★7日東京の新馬戦(芝1800メートル)を勝ったラヴィエベール(美・藤沢和、牡)は水仙賞(27日、中山、500万下、芝2200メートル)が視野に。

 ★6日東京の500万下(ダ1400メートル)を勝ったロンドンタウン(栗・牧田、牡)、エルフィンS4着エルフィンコーブ(栗・池添学、牝)は昇竜S(3月13日、中京、OP、ダ1400メートル)へ。

 

[もっと見る]

【春菜賞】11番人気カトルラポールが波乱を演出 2016年2月7日() 14:46

 7日の東京9R春菜賞(3歳500万下、芝1400メートル、牝馬限定)は、丸田恭介騎手騎乗の11番人気カトルラポール(美浦・浅野洋一郎厩舎)が好位追走からしぶとく伸びてV。昇級2戦目で一変してオープン入りを決めた。タイムは1分22秒0(良)。

 内からガイアトウショウが好スタートを決めたが、ブロワが気合をつけてハナを奪う。ポートレイトが3番手に続き、さらにワンスインナムーン、人気のダイワダッチェス、さらにカトルラポールなどが好位につけた。よどみない流れになり、直線に向くとブロワは失速。代わってガイアトウショウポートレイトが先頭をうかがうが、直線半ばからはカトルラポールが先頭に立ち、内のワンスインナムーン、外のダイワダッチェスが食い下がる。3頭の争いが続いたが、最後まで内外の2頭に抜かせなかったカトルラポールがそのまま押し切ってV。単勝11番人気、44.9倍の伏兵が菜の花賞10着から鮮やかな変わり身を見せた。クビ差の2着は3番人気のワンスインナムーン。さらにクビ差の3着がダイワダッチェスだった。

 カトルラポールは、父グラスワンダー、母スポーティングラダー、母の父Danzigという血統。通算成績は12戦2勝となった。

 丸田騎手は「スタート直後にほかの馬と接触して序盤の位置取りが後ろになったのですが、その後は落ち着いた走りで好枠を生かす競馬ができました。直線でも手応えはあったし、最後は2着馬と際どくなったのですが、いい根性でしのいでくれました」と低評価を覆したパートナーを称えていた。

★7日東京9R「春菜賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【つわぶき賞】人気のエスティタートがオープン入り 2015年12月19日() 15:10

 19日の中京10Rつわぶき賞(2歳500万下、芝1400メートル、牝馬限定)は、石橋脩騎手騎乗の1番人気エスティタート(栗東・松永幹夫厩舎)が好位追走から抜け出して快勝した。タイムは1分22秒7(良)。

 中央転入初戦のウメマツサクラが先手を取り、人気のエスティタート、さらにワンスインナムーンが2番手に続く。その後ろでダイアモンドノームゼットフーリメイショウベニフジなどが好位集団を形成した。平均ペースで流れ、逃げるウメマツサクラエスティタートがかわし、ワンスインナムーンもこれを追う。4番手以下は離れ、結局は前に行った3頭の争い。エスティタートがきっちり抜け出して人気に応え、オープン入りを決めた。3/4馬身差の2着が8番人気のワンスインナムーン。さらに1馬身1/4差の3着には17番人気という人気薄のウメマツサクラが粘り込み、3連単は77万円台の波乱となっている。

 エスティタートは、父ドリームジャーニー、母スキッフル、母の父トニービンという血統。通算成績は4戦2勝となった。

 石橋騎手は「外枠だったので、馬場の悪いところを通らなくて済むという安心感がありました。タイミングを見て追い出したらいい脚を使ってくれたし、走る馬ですね。これからもっと良くなりそうです」と会心の勝利に笑顔を見せていた。

★19日中京10R「つわぶき賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

20件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。