注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ワンスインナムーン(競走馬)

注目ホース

ワンスインナムーンの関連ニュース

 ★京都金杯を制したエアスピネル(栗・笹田、牡4)、6着ダンツプリウス(栗・山内、牡4)、9着ブラックムーン(栗・西浦、牡5)は東京新聞杯(2月5日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。7着ケントオー(栗・西橋、牡5)は洛陽S(2月11日、京都、OP、芝1600メートル)に進む。

 ★中山金杯を制覇したツクバアズマオー(美・尾形充、牡6)は中山記念(2月26日、中山、GII、芝1800メートル)と日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)の両にらみ。2着クラリティスカイ(美・斎藤誠、牡5)は白富士S(28日、東京、OP、芝2000メートル)に出走する。同厩でサンライズSを勝ってオープン入りしたワンスインナムーン(牝4)はカーバンクルS(21日、中山、OP、芝1200メートル)へ。

 ★菊花賞11着後、戦列を離れているプロディガルサン(美・国枝、牡4)、同厩で一昨年のアルゼンチン共和国杯18着後、休養しているヒラボクディープ(牡7)は白富士Sで復帰する。

 ★ジャパンC11着トーセンバジル(栗・藤原英、牡5)は阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル)から天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)に挑む。僚馬でターコイズS9着ウリウリ(牝7)は京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)へ。

 ★チャンピオンズC12着ゴールドドリーム(栗・平田、牡4)は引き続きM・デムーロ騎手でフェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)を目指す。

 ★ベテルギウスS1着ミツバ(栗・加用、牡5)、ポルックスS5着バスタータイプ(栗・佐藤正、牡5)は川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)と東海S(22日、中京、GII、ダ1800メートル)の両にらみ。ベテルギウスS4着ドコフクカゼ(栗・友道、牡7)、7着マイネルクロップ(栗・飯田雄、牡7)は東海Sへ。

 ★淀短距離Sを勝ったセイウンコウセイ(美・上原、牡4)はシルクロードS(29日、京都、GIII、芝1200メートル)などを視野に調整。3着ラインスピリット(栗・松永昌、牡6)、6着ヒルノデイバロー(栗・昆、牡6)、7着ローレルベローチェ(栗・飯田雄、牡6)、9着サドンストーム(栗・西浦、牡8)、10着フミノムーン(栗・西浦、牡5)はシルクロードSの予定。

【アネモネS】素質馬チェッキーノが桜花賞切符を獲得 2016年3月12日() 15:54

 12日の中山11Rアネモネステークス(3歳牝馬オープン、芝1600メートル、1、2着馬に桜花賞の優先出走権)は、柴山雄一騎手騎乗の3番人気チェッキーノ(美浦・藤沢和雄厩舎)が中団追走から差し切って快勝。2着アッラサルーテとともに桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分35秒5(良)。

 好スタートを切ったワンスインナムーンが先行態勢に入るが、大外から二の脚を生かしてアッラサルーテがハナを奪う。さらにエクラミレネールも2番手の外に取り付き、その後ろにペプチドサプルオウケンビリーヴと続いた。人気のメイショウタチマチは中団のやや後ろでインからの競馬。アッラサルーテは後続を引き付けた逃げを打ち、馬群が密集した形で直線に向かう。粘るアッラサルーテはかわされそうでかわされず、しぶとい粘り。並びかけたエクラミレネールも譲らない。しかし、この2頭の外から一気に迫ってきたのがチェッキーノ。鮮やかな末脚で先行馬を差し切り、3カ月ぶりの一戦を快勝して桜花賞切符を手に入れた。1馬身1/4差の2着には14番人気アッラサルーテが逃げ粘り、この2頭が優先権を獲得。アタマ差の3着には2番人気のペプチドサプルが入っている。

 チェッキーノは、父キングカメハメハ、母ハッピーパス、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績は3戦2勝となった。

 柴山騎手は「最初のコーナーまでは(ハミを)かんでいたけど、そのあとはリラックスしてくれました。いい手応えだったし、最後も余裕がありましたね」と未勝利勝ち直後で3カ月ぶりの実戦を制したパートナーに目を細めていた。

★12日中山11R「アネモネステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アネモネS】追って一言2016年3月10日(木) 05:03

 ◆スマートアリシア・鹿戸師「仕上がりは悪くない。時計はともかく、動きも良かった」

 ◆ペプチドサプル・木原師 「体はできているから、坂路でサッと併せるだけで十分。1600メートルが一番競馬がしやすい」

 ◆メイショウタチマチ・河内師 「体は徐々に戻っている。前に行ける脚もあるし、牝馬同士なら」

 ◆メイショウバーズ・本田師 「変わりなくきているし、前走は芝でも走れると思っていた。距離はこなしてくれると思う」

 ◆リボンフラワー・池江師 「先週が抜群の動き。中山1600メートルは、阪神内回りの1400メートルより条件はいい」

 ◆ワンスインナムーン・相田助手「動きは良く、相変わらず好調。控えてしまいを生かす競馬をしたい」

[もっと見る]

【めざせクラシック】エクラ、高橋裕師「中山に戻るのはプラス」2016年3月9日(水) 04:03

 デスク 今週は中山でも桜花賞トライアルのアネモネSが行われるな。

 藤沢 関東で注目はエクラミレネールです。2走前の菜の花賞(1着)が今回と同じ中山マイル。のちのクイーンC2着馬フロンテアクイーンを破っています。高橋裕調教師は「直線が短い方がいいので、中山に戻るのはプラス。中間の感じはいいし、距離は1600メートルくらいまでがいい」と自信をのぞかせています。

 デスク 舞台を経験しているのは有利だな。

 藤沢 フィリーズレビューにも登録しているワンスインナムーンは、アネモネSが本線のようです。母のツーデイズノーチスは2009年の勝ち馬で、鈴木助手は「前走(春菜賞2着)後は在厩で調整をして順調。折り合いがつくようになっているので1600メートルでも」と、母娘制覇に期待をふくらませています。

 デスク 関西馬にも有力視される存在がいるな。

 宇恵 そうですね。ペプチドサプルはフィリーズレビューとダブル登録ですが、アネモネSに回る可能性が高く、武助手は「中間の調整で馬がようなっていますよ。輸送は問題ないと思いますし、何とか桜花賞の権利を」と気合が入っています。メイショウタチマチも出走できれば有力候補。河内調教師が「前回で減った体は戻っているし、馬はよくなっている。出られれば楽しみはある」と期待していますよ。

 デスク 今後の動向を注意しておきたい牝馬はいるかな。

 宇恵 6日の阪神500万下で2勝目を挙げたフロムマイハートですね。次走は桜花賞当日の忘れな草賞(4月10日、阪神、OP、芝2000メートル)を予定。「シュタルケ騎手が『最後はまだ余裕があったし、距離が延びても大丈夫』とレース後に話してくれてね。オークスの権利を取りたい」と宮本調教師は意欲満々です。

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】イマジンザット、ラスト13秒22016年3月2日(水) 11:15

 イマジンザットは美浦Wコースでワンスインナムーンの直後を追走。京都遠征直後の中1週とあってテンの入りは緩めで、ラスト1F13秒2でインから併入した。

 ■斎藤調教師「まだ体ができていないので女の子みたいな調整だが、(馬場が)荒れた時間だし負荷はかかっている。良馬場で改めて期待」

(夕刊フジ

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】カトルラポール、チューリップ賞へ2016年2月10日(水) 05:00

 ★春菜賞を制したカトルラポール(美・浅野、牝)はチューリップ賞(3月5日、阪神、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★エルフィンS3着ワントゥワン(栗・藤岡、牝)はフィリーズレビュー(3月13日、阪神、GII、芝1400メートル)へ。

 ★セントポーリア賞2着メイショウタチマチ(栗・河内、牝)、春菜賞2着ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝)はアネモネS(3月12日、中山、OP、芝1600メートル)へ。

 ★7日東京の新馬戦(芝1800メートル)を勝ったラヴィエベール(美・藤沢和、牡)は水仙賞(27日、中山、500万下、芝2200メートル)が視野に。

 ★6日東京の500万下(ダ1400メートル)を勝ったロンドンタウン(栗・牧田、牡)、エルフィンS4着エルフィンコーブ(栗・池添学、牝)は昇竜S(3月13日、中京、OP、ダ1400メートル)へ。

 

[もっと見る]

【春菜賞】11番人気カトルラポールが波乱を演出 2016年2月7日() 14:46

 7日の東京9R春菜賞(3歳500万下、芝1400メートル、牝馬限定)は、丸田恭介騎手騎乗の11番人気カトルラポール(美浦・浅野洋一郎厩舎)が好位追走からしぶとく伸びてV。昇級2戦目で一変してオープン入りを決めた。タイムは1分22秒0(良)。

 内からガイアトウショウが好スタートを決めたが、ブロワが気合をつけてハナを奪う。ポートレイトが3番手に続き、さらにワンスインナムーン、人気のダイワダッチェス、さらにカトルラポールなどが好位につけた。よどみない流れになり、直線に向くとブロワは失速。代わってガイアトウショウポートレイトが先頭をうかがうが、直線半ばからはカトルラポールが先頭に立ち、内のワンスインナムーン、外のダイワダッチェスが食い下がる。3頭の争いが続いたが、最後まで内外の2頭に抜かせなかったカトルラポールがそのまま押し切ってV。単勝11番人気、44.9倍の伏兵が菜の花賞10着から鮮やかな変わり身を見せた。クビ差の2着は3番人気のワンスインナムーン。さらにクビ差の3着がダイワダッチェスだった。

 カトルラポールは、父グラスワンダー、母スポーティングラダー、母の父Danzigという血統。通算成績は12戦2勝となった。

 丸田騎手は「スタート直後にほかの馬と接触して序盤の位置取りが後ろになったのですが、その後は落ち着いた走りで好枠を生かす競馬ができました。直線でも手応えはあったし、最後は2着馬と際どくなったのですが、いい根性でしのいでくれました」と低評価を覆したパートナーを称えていた。

★7日東京9R「春菜賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【つわぶき賞】人気のエスティタートがオープン入り 2015年12月19日() 15:10

 19日の中京10Rつわぶき賞(2歳500万下、芝1400メートル、牝馬限定)は、石橋脩騎手騎乗の1番人気エスティタート(栗東・松永幹夫厩舎)が好位追走から抜け出して快勝した。タイムは1分22秒7(良)。

 中央転入初戦のウメマツサクラが先手を取り、人気のエスティタート、さらにワンスインナムーンが2番手に続く。その後ろでダイアモンドノームゼットフーリメイショウベニフジなどが好位集団を形成した。平均ペースで流れ、逃げるウメマツサクラエスティタートがかわし、ワンスインナムーンもこれを追う。4番手以下は離れ、結局は前に行った3頭の争い。エスティタートがきっちり抜け出して人気に応え、オープン入りを決めた。3/4馬身差の2着が8番人気のワンスインナムーン。さらに1馬身1/4差の3着には17番人気という人気薄のウメマツサクラが粘り込み、3連単は77万円台の波乱となっている。

 エスティタートは、父ドリームジャーニー、母スキッフル、母の父トニービンという血統。通算成績は4戦2勝となった。

 石橋騎手は「外枠だったので、馬場の悪いところを通らなくて済むという安心感がありました。タイミングを見て追い出したらいい脚を使ってくれたし、走る馬ですね。これからもっと良くなりそうです」と会心の勝利に笑顔を見せていた。

★19日中京10R「つわぶき賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【赤松賞】実績上位クロコスミアが待望の2勝目 2015年11月21日() 14:25

 21日の東京9R赤松賞(2歳500万下、芝1600メートル、牝馬限定)は、勝浦正樹騎手騎乗の1番人気クロコスミア(栗東・西浦勝一厩舎)が好位追走から抜け出してV。タイムは1分36秒1(良)。

 好スタートを切ったのはワンスインナムーンだったが、二の脚がついたリボンドグレープスが内から先手を奪う。ワンスインナムーンは2番手に控え、その後ろはインに1番人気のクロコスミア、外にビービーバーレルが追走。さらにペイシャマリヤシトロンなどが続いた。ややかかり気味になる馬も見られる中、リボンドグレープスが先頭のまま直線へ。好位のインにいたクロコスミアが内から抜け出しを図り、外からはビービーバーレルも末脚を伸ばす。さらに、中団の後ろにいたアオイプリンセスも内を突いて強襲してきたが、最後は地力で上回るクロコスミアがもうひと伸びしてフィニッシュ。札幌2歳S、アルテミスSとGIIIで連続3着だった実力馬が、格の違いを見せつけて人気に応えた。1馬身差の2着は7番人気のアオイプリンセス。さらに3/4馬身差の3着が4番人気のビービーバーレルだった。

 クロコスミアは、父ステイゴールド、母デヴェロッペ、母の父ボストンハーバーという血統。通算成績は7戦2勝となった。

 勝浦騎手は「いい勝負根性をしているし、しまいは確実に伸びると思っていました。こういう上がりの速い競馬に対応できたのも収穫。大きいところでも勝負できる素質があると思っている馬。これからが楽しみです」とさらなる大舞台へ気持ちを新たにしていた。

★21日東京9R「赤松賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳次走報】マイネルラフレシア東スポ杯2歳Sへ2015年10月29日(木) 05:00

 ★アイビーS快勝マイネルラフレシア(美・高橋裕、牡)と24日の東京未勝利戦(芝1800メートル)を勝ったダイワリアクション(美・鹿戸雄、牡)は東スポ杯2歳S(11月23日、東京、GIII、芝1800メートル)へ向かう。アイビーS3着ヒプノティスト(美・奥村、牡)は葉牡丹賞(12月5日、中山、500万下、芝2000メートル)か、ひいらぎ賞(同19日、中山、500万下、芝1600メートル)へ。同4着スターオブペルシャ(美・藤沢和、牡)はベゴニア賞(11月29日、東京、OP、芝1600メートル)へ。ここにはニシノジャーニー(美・根本、牡)も参戦予定。

 ★10月25日の東京新馬戦(芝1400メートル)を勝ったメイプルキング(美・高市、牡)はデイリー杯2歳S(11月14日、京都、GII、芝1600メートル)か、東スポ杯2歳Sへ向かう。

 ★25日の新潟新馬戦(芝1600メートル)を逃げ切ったワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝)は短期放牧を挟んで赤松賞(11月21日、東京、500万下、芝1600メートル)へ。

 ★24日の東京未勝利戦(ダ1400メートル)を勝ったオーシャンビュー(美・伊藤伸、牡)はオキザリス賞(11月14日、東京、500万下、ダ1400メートル)などを視野に入れる。

 ★25日の新潟未勝利戦(ダ1200メートル)を勝ったタイセイラルーナ(美・蛯名、牝)は5回中山1週目の500万下(12月6日、ダ1200メートル)が有力。

 ★25日の東京未勝利戦(芝2000メートル)快勝のシュペルミエール(美・木村、牡)は28日にノーザンファーム天栄へ放牧に出た。

 ★24日京都の未勝利戦(芝1400メートル)を勝ったナイトオブナイツ(栗・池添謙、牡)は、デイリー杯2歳Sへ。

[もっと見る]

【2歳戦結果】ショウナンライズ、くるみ賞V2015年10月26日(月) 05:00

 【東京】9Rくるみ賞(500万下、芝1400メートル)=ショウナンライズ(美・上原、牡、父ダイワメジャー

 ◆池添騎手 「直線、ステッキを使わずに勝てるほどでした。道中、真面目すぎる面がありますが、強かったですね」

 *次走は朝日杯フューチュリティS(12月20日、阪神、GI、芝1600メートル)の予定。

 3R新馬(ダ1600メートル)=ストロングバローズ(美・堀、牡、父マインシャフト)

 ◆Cデムーロ騎手 「正攻法で、との指示。スタートもよく、直線では何もしなくても動いてくれた。かなりの能力を持っている」

 4R新馬(芝1400メートル)=メイプルキング(美・高市、牡、父キングカメハメハ

 ◆長岡騎手 「最後まで遊ばずにしっかり走ってくれた。距離はこれくらいがいいと思う」

 【京都】9Rなでしこ賞(500万下、ダ1400メートル)=サウンドスカイ(栗・佐藤正、牡、父ディープスカイ

 ◆福永騎手 「ペースも速かったので差す競馬を、と思っていた。思った以上の伸びでしたね」

 4R新馬(牝馬、芝・内1400メートル)=アットザシーサイド(栗・浅見、父キングカメハメハ

 ◆福永騎手 「ビッシリ追っていなかったのに、内容ある競馬ができました。距離はもう少し延びても大丈夫」

 5R新馬(芝・内2000メートル)=ドレッドノータス(栗・矢作、牡、父ハービンジャー)

 ◆武豊騎手 「着差(クビ)はないけど、4角の脚はよかった。2000メートルになったけど、伝説の新馬戦を勝って今後が楽しみ」

 *母ディアデラノビア(父サンデーサイレンス)は2005年サンケイスポーツ賞フローラSなど重賞3勝。半姉に14年府中牝馬Sなど重賞3勝のディアデラマドレ(父キングカメハメハ)。

 【新潟】5R新馬(芝・外1600メートル)=ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝、父アドマイヤムーン

 ◆丸山騎手 「成長途上ですが、能力で押し切ってくれました。これからまだよくなると思います」

[もっと見る]

【2歳新馬】ワンスインナムーンが逃げ切り勝ち 2015年10月25日() 12:15

 25日の新潟5R2歳新馬(芝1600メートル)は、丸山元気騎手騎乗の3番人気ワンスインナムーン(牝、美浦・斎藤誠厩舎)が逃げ切ってV。タイムは1分38秒2(良)。

 ゆったりとした流れになり、各馬が様子をうかがう序盤となったが、押し出されるようにワンスインナムーンが先頭に立つ。人気のダノングランツが2番手につけ、デルマサダヤッコドラゴンザムライラピスラズリなどが好位に続いた。マイペースに持ち込んだワンスインナムーンは、直線に向いても脚いろに余裕十分。ダノングランツも手応えをもって追撃したが、徐々に外にふくれてしまい、前との差が詰まらない。ワンスインナムーンはしっかり伸びてそのまま押し切り、1馬身1/4差で逃げ切り勝ちを決めた。ダノングランツが外にふくれたスキを突いて、5番人気アデレードヒルがゴール前で2着に浮上。ダノングランツは2着とアタマ差の3着に終わっている。

 ワンスインナムーンは、父アドマイヤムーン、母ツーデイズノーチス、母の父へクタープロテクターという血統。母はアネモネSの勝ち馬。祖母の兄にAJCダービーなど豪GIを5勝したボーザムがいる。

 丸山騎手は「ハナに行きたくなかったのですが、スピードがあってスタートも上手でしたので、自然と行く形でした。まだ体は完成されていなくて成長途上ですが、能力で押し切ってくれました。これからまだ良くなると思います」と未完成な段階での新馬勝ちを高く評価していた。

★25日新潟5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】ワンスインナムーン狙い目2015年10月24日() 13:49

 【新潟5R】先週3勝をあげ勢いがある斎藤厩舎からワンスインナムーンがエントリー。21日には2歳新馬と余力残しで併入し、「素軽い走りをするね。気持ちも前向き」とトレーナー。「先週新馬を勝った2頭(アグレアーブルアーバンキッド)と評価は互角」ということなら狙わない手はない。(夕刊フジ

[もっと見る]

13件中 1-13件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。