会員登録はこちら

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜菊花賞2012〜

第73回 菊花賞 G1

2012年10月21日()京都11R 芝3000m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 1 1 98.6 ゴールドシップ 牡3 57.0 内田博幸 須貝尚介 栗東 500(+2) 1.4 1 3.02.9
2 8 16 91.2 スカイディグニティ 牡3 57.0 I.メンデ 友道康夫 栗東 486(+2) 22.3 5 3.03.2 1 3/4
3 7 15 90.7 ユウキソルジャー 牡3 57.0 秋山真一 服部利之 栗東 436(0) 24.6 7 3.03.5
4 2 3 92.6 ベールドインパクト 牡3 57.0 四位洋文 大久保龍 栗東 488(-4) 41.6 10 3.03.5 アタマ
5 2 4 94.0 ラニカイツヨシ 牡3 57.0 佐藤哲三 山内研二 栗東 478(-10) 46.3 11 3.03.6 1/2
6 3 6 93.7 ロードアクレイム 牡3 57.0 福永祐一 藤原英昭 栗東 466(+6) 18.4 3 3.03.8 1 1/4
7 7 13 96.0 ダノンジェラート 牡3 57.0 三浦皇成 萩原清 美浦 474(-2) 53.0 12 3.03.9 1/2
8 1 2 89.6 フェデラルホール 牡3 57.0 吉田隼人 中川公成 美浦 480(+2) 20.1 4 3.04.1 1 1/4
9 5 10 96.9 マウントシャスタ 牡3 57.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 468(0) 13.1 2 3.04.2 1/2
10 4 7 95.3 エタンダール 牡3 57.0 松岡正海 藤原英昭 栗東 446(+4) 24.6 8 3.05.0
11 4 8 92.6 ニューダイナスティ 牡3 57.0 浜中俊 石坂正 栗東 470(0) 54.4 13 3.05.4 2 1/2
12 7 14 91.2 ミルドリーム 牡3 57.0 江田照男 角居勝彦 栗東 430(+2) 123.5 17 3.05.8 2 1/2
13 3 5 94.1 アーデント 牡3 57.0 M.デムー 加藤征弘 美浦 458(-2) 111.2 16 3.05.9 3/4
14 8 17 91.0 タガノビッグバン 牡3 57.0 太宰啓介 本田優 栗東 496(+2) 23.1 6 3.06.2
15 6 11 88.4 ビービージャパン 牡3 57.0 武幸四郎 千田輝彦 栗東 478(-6) 91.1 14 3.08.4 大差
16 8 18 95.5 トリップ 牡3 57.0 小牧太 松田博資 栗東 496(+1) 100.5 15 3.09.6
17 6 12 95.0 コスモオオゾラ 牡3 57.0 岩田康誠 高橋義博 美浦 470(+4) 39.8 9 3.10.2 3 1/2
18 5 9 94.9 フジマサエンペラー 牡3 57.0 池添謙一 菊川正達 美浦 482(-2) 136.9 18 3.10.3 1/2
ラップタイム 13.0-11.9-12.2-12.2-11.6-11.6-12.6-12.5-12.3-12.2-12.5-12.2-11.9-11.8-12.4
前半 13.0-24.9-37.1-49.3-60.9
後半 60.8-48.3-36.1-24.2-12.4

■払戻金

単勝 1 140円 1番人気
複勝 1 110円 1番人気
16 360円 4番人気
15 390円 7番人気
枠連 1-8 490円 1番人気
馬連 1-16 960円 3番人気
ワイド 1-16 510円 3番人気
1-15 630円 6番人気
15-16 2,660円 28番人気
馬単 1-16 1,140円 4番人気
3連複 1-15-16 4,830円 18番人気
3連単 1-16-15 12,450円 27番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

菊花賞関連記事

【天皇賞・秋】カトちゃん、フェノーで5連勝だ
 中距離王者を決める天皇賞・秋(GI、芝2000メートル)が28日、東京競馬場で行われる。サンケイスポーツ加藤隆宏記者の◎は、強い3歳世代の中でもダービー2着の実績を誇るフェノーメノ。3カ月半ぶりだった前走のGIIセントライト記念を制し、まさに昇り竜だ。カトちゃんは目下、交流重賞の南部杯を含め秋のGI4連勝中で、今週もお任せ!! 底知れぬ可能性を秘めた3歳馬が、群雄割拠の中距離戦線に新しい風を吹き込む。◎フェノーメノが、国際レベルの古馬勢や同期の無敗馬を撃破して頂点奪取だ。 GI参戦は、ディープブリランテにハナ差2着と惜敗したダービーの1度だけ。実績や経験では見劣りするが、それらを補って余りあるのが勢いと成長力だ。 今年春は無理なローテーションを組まなかったため、ダメージを残さずに充電期間に入ることができ、夏の間にぐんと成長。青光りする馬体はたくましさを増した。特にトモ(後肢)の発達は目覚ましく、戸田博文調教師と蛯名正義騎手は「体のバランスが良くなった」と口をそろえる。 成果は秋初戦のセントライト記念で見ることができた。右回りの中山コースはそれまで2戦2敗で、いずれもぎこちないレースだったが、セントライト記念では一転。好位から早めに抜け出す横綱相撲で圧勝した。2着に敗れたスカイディグニティは菊花賞でも2着。決してメンバーが楽だったわけではない。走りのスケールがさらに上のレベルに進化したと証明するレースだった。 京都3000メートルの菊花賞をパスしたのは陣営の自信の表れ。左回りの東京コースはダービーこそ2着に甘んじたものの、それまで3連勝だ。パワーアップし、右回りも克服できるようになった今、一番走りやすい得意の東京でどのくらい弾けるのか。強敵がそろってはいても、不安より期待の方がはるかに大きい。 セントライト記念が前哨戦仕様の状態だったので、上積みも大。調教では迫力満点の動きを見せており、気合も乗ってきた。枠順は〔2〕枠(4)番。(2)番のシルポートが軽快に飛ばしていくので、無理なく好位を追走できる可能性が大きい。 レース当日の28日は、くもりのち雨の予報。ただ成長途上だったダービー(芝2400メートル)で2分23秒8(良)の好タイムを出しており、仮に1分58秒前後の高速決着になっても対応可能だ。 青葉賞1着、ダービー2着のキャリアは、10年前に3歳でこのレースを制したシンボリクリスエス(02、03年の年度代表馬)と同じ。偉大な先達に続き、フェノーメノもチャンピオンへの道を歩み始める。 馬単は(4)(6)、(4)(13)、(4)(15)を本線に(4)(1)、(4)(12)、(4)(16)。3連単は(4)の1着固定24点で勝負する。(加藤隆宏)
2012年10月27日() 05:05

 1,761

2冠ゴールドシップ、次は有馬!
 菊花賞で2冠を達成したゴールドシップ(栗・須貝尚、牡3)が、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)に向かうことが24日、須貝尚調教師によって明らかにされた。「有馬記念一本で行きます。状態は変わりなく、脚元はどうもなかったが、神戸新聞杯、菊花賞と続いたので一息入れます。まだ先がある馬ですから」。25日に栗東トレセン近くの吉澤ステーブルウエストへ放牧に出る。
2012年10月25日(木) 05:00

 364

【天皇賞・秋】フェノー絶好!楽々2馬身
 豪華メンバーがそろった「第146回天皇賞・秋」(28日、東京、GI、芝2000メートル)で、最大の注目は強い3歳馬。02年シンボリクリスエス以来、10年ぶりの戴冠を狙う3歳勢のレベルは相当に高く、なかでも日本ダービー2着馬フェノーメノに大きな期待がかかっている。24日は美浦TC(茨城県)のWコースで、万全の脚さばきを披露。Vへの態勢は整った。 今年の天皇賞のキーワードは強い“3歳”。10年ぶりの戴冠を目指して精鋭3頭が出走してくるが、その核となるのはフェノーメノ。美浦Wコースで豪快なデモンストレーションを展開、戴冠にリーチをかけた。 4馬身先行したナドレ(6歳障害OP)を楽な手応えで追いかけて、格の違いを見せたのは直線だ。1馬身後ろから4コーナーを回り、鞍上が軽く指示を送ると瞬時に並びかけ、最後は“突き放す必要もない”とばかりにほぼ馬なり。それでもきっちり2馬身突き抜けた。重馬場での馬なり6F82秒0は、良馬場だったセントライト記念時の82秒3(強め)よりも速く、すべて申し分ない。 「馬なりでしまいを伸ばしたが、全身を使ったいいフットワーク。もともと見栄えはいいが、秋になってトモの筋肉に張りが出て、より迫力が出てきた。状態面に不安はない」と斉藤助手。戸田調教師も「セントライト記念の疲れもなく、体つきはギュッと締まってきたね。上積みは十分あります」と、絶好の仕上がりをアピールした。 3歳馬が強いのは、毎日王冠でカレンブラックヒルとジャスタウェイ、先週の富士Sでクラレントとファイナルフォームがワンツーを決めたことでも明らか。一方、オルフェーヴルがいない古馬勢は“No.2”ルーラーシップが休み明け。まともに前哨戦を勝ったのはナカヤマナイト(産経賞オールカマー)くらいだ。 強い3歳のなかでも、フェノーメノは別格。ディープブリランテにわずかハナ差で敗れた“準ダービー馬”で、ダービー5着のゴールドシップが菊花賞を圧勝したのは周知のとおり。しかもセントライト記念で2着に下したスカイディグニティは菊花賞2着と、フェノーが極上レベルにあることは間違いない。
2012年10月24日(水) 16:26

 769

【天皇賞・秋】“怪物”フェノー古馬制圧
 秋のGIシリーズの中核をなす天皇賞・秋(芝2000メートル)が28日、東京競馬場で行われる。ダービー2着のフェノーメノ(美浦・戸田博文厩舎、牡3歳)は、好勝負必至だった前週の菊花賞を回避して、この一戦に全力投球。伸び盛りの3歳馬らしく、心身とも成長著しい。得意の東京コース(4戦3勝)で古馬を制圧して、新たな時代の到来を告げる。 菊花賞をパスして、敢えてハードルの高いレースを選んだ。ダービー2着のフェノーメノが、2002年シンボリクリスエス以来となる史上4頭目の3歳馬Vに挑む。戸田博文調教師が大一番の前に決意を語った。 「古馬と対戦するのは初めてだし、その一線級が相手になりますから、中途半端な仕上げはできない。天皇賞に向けて万全を尽くします」 全休日明けの23日、フェノーメノは美浦トレセン(茨城県)の坂路を4ハロン69秒7でゆっくりと駆け上がった。漆黒の馬体には迫力が増して、落ち着きも十分。トレーナーの言葉どおり、最高潮のムードを感じさせる。 前走のセントライト記念は圧巻だった。秋初戦ということで8割程度の仕上げだったが、4コーナー先頭の横綱相撲で圧勝。戸田師が「安心して見ていられた」と言うように、菊花賞で2着となるスカイディグニティ以下を問題にしなかった。馬体はダービー時からプラス8キロとパワーアップ。2戦2敗だった中山コースもこなした。心身の成長ぶりを証明したレースでもあった。 前哨戦で右回りを克服したので、中山と同じ右回りの菊花賞という選択肢もあったが、陣営は結論をずるずると先延ばしにしなかった。「やはり(左回りの)府中での走りが素晴らしいし、この馬が一番力を出し切れる舞台」と天皇賞参戦を表明した。フェノーメノにとって4戦3勝、ダービーハナ差2着の東京はベストコースであり、古馬の一線級と互角に戦える手応えは前走でつかんだ。自信があるからこその参戦なのだ。
2012年10月24日(水) 05:06

 2,215

菊花賞のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年12月23日(
阪神カップ G2
2017年12月24日(
有馬記念 G1

競馬番組表

2017年12月23日(
5回中山7日目
5回阪神7日目
2017年12月24日(
5回中山8日目
5回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る