注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます!

アダムバローズ(競走馬)

注目ホース

アダムバローズの関連ニュース

 【中山】9R若竹賞(500万下、芝・内1800メートル)=ウインブライト(美・畠山、牡、父ステイゴールド

 ◆松岡騎手 「脚の使いどころを覚えてくれたのが収穫。体に緩い面はあるが、まだまだ良くなる」

 *弥生賞(3月5日、中山、GII、芝2000メートル)、フジテレビ賞スプリングS(同19日、中山、GII、芝1800メートル)を視野に。

 4R新馬(ダ1800メートル)=サイドチェンジ(栗・高橋忠、牡、父バトルプラン)

 ◆田辺騎手 「もまれて気持ちが抜けるのが嫌だったので、ある程度、積極的な競馬をした。ペースが遅くて展開に恵まれたけど、勝ててよかった」

 6R新馬(ダ1200メートル)=シャムロック(美・小笠、牡、父ダイワメジャー

 ◆吉田隼騎手 「子供っぽい体つきだし、使って良くなっていきそう」

 【京都】10R若駒S(OP、芝・内2000メートル)=アダムバローズ(栗・角田、牡、父ハーツクライ

 ◆池添騎手 「ハナに行ってほしいという指示だったので、その通りの競馬を。苦しい展開でしたが、最後までしぶとく走ってくれました」

 *トウカイテイオー(1991年)、ディープインパクト(05年)、マカヒキ(16年)などが勝っている出世レース。次走は弥生賞の予定。

 4R新馬(牝馬、ダ1400メートル)=ビップキャッツアイ(栗・清水久、父シンボリクリスエス

 ◆福永騎手 「内の馬を気にしていたので、行き切ることにした。マイペースで運べたし、スピードの持続力が高い馬なので、最後まで脚いろは衰えなかった」

 *次は芝のレースに出走する可能性もある。

 6R新馬(ダ1800メートル)=ホーリーブレイズ(栗・佐藤正、牡、父フリオーソ)

 ◆松田騎手 「馬がしっかりしていて、古馬みたいなレースをしてくれた。いいものを持っているし、これからも楽しみ」

 *新種牡馬フリオーソ産駒はJRAの新馬初勝利。

 2R未勝利(ダ1800メートル)=エジステンツァ(栗・藤岡、牡、父キングカメハメハ

 ◆藤岡佑騎手 「先行力もあり、素直な気性。もうひと伸びするようになれば、昇級しても楽しみです」

 *母は08年エリザベス女王杯優勝馬リトルアマポーラ(父アグネスタキオン

 【中京】10Rなずな賞(500万下、芝1400メートル)=ジョーストリクトリ(栗・清水久、牡、父ジョーカプチーノ

 ◆松山騎手 「二の脚が速くて前に行くことができました。強い内容だったと思います」

【若駒S】最低人気アダムバローズがまんまと逃げ切る 2017年1月21日() 15:28

 1月21日の京都10R若駒ステークス(3歳オープン、芝・内2000メートル、別定、5頭立て)は、池添謙一騎手騎乗の5番人気アダムバローズ(牡、栗東・角田晃一厩舎)が直線でダノンディスタンスとの叩き合いをハナ差制して逃げ切り勝ち。タイムは2分1秒7(稍重)。

 ◆池添謙一騎手(1着 アダムバローズ)「ハナに行ってほしいという指示だったので、その通りの競馬を。2番手の馬について来られて、苦しい展開でしたが、最後までしぶとく走ってくれました。今後も、スムーズにリズム良く走れれば」

 さらに5馬身離れた3着には後方から伸びたシャイニーゲール。1番人気のインウィスパーズはスタートしてすぐのスタンド前でムキになるしぐさを見せて、前の2頭から離れた3番手を追走したが、直線では伸びを欠いて4着に敗れた。

 若駒Sを勝ったアダムバローズは、父ハーツクライ、母チャチャリーノ、母の父アンブライドルズソングという血統。

 通算成績は6戦3勝。未勝利勝ち(小倉芝1800メートル)は先行抜け出しで、2勝目の紫菊賞(2歳500万下、京都芝2000メートル)は逃げ切って勝っている。

★21日京都10R「若駒ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京成杯】レースを終えて…関係者談話2017年1月16日(月) 05:03

 ◆吉田豊騎手(ジュニエーブル4着) 「直線でゴチャつき、はさまれて1回下げた。そこからまた来ているし、うまくさばけていれば…」

 ◆石川騎手(アサギリジョー5着) 「スタートが良かったので、ハナへと思ったが、二の脚がつかず中団から。外を回りながらも“おっ”と思わせたし、能力は見せてくれた」

 ◆石橋騎手(バリングラ6着) 「スタートだけ気をつけて、出てからも気を抜かせないように意識して走らせた。能力はあるので、(経験を積んで)いろいろ覚えてくれば…」

 ◆内田騎手(サンティール7着) 「(枠内で)頭を振っていたときにスタートが切られた。それでも最後は伸びてきた」

 ◆大野騎手(ニシノアモーレ8着) 「まだ2走目だったし、勝負どころで置かれた。それでもしまいは伸びているし、牡馬相手に頑張っている」

 ◆大竹師(アダマンティン9着) 「最後は内にもたれてつらくなった。重賞でタイトな競馬をしたことが、次につながれば」

 ◆戸崎騎手(ポポカテペトル10着) 「追い出してもたつく面があって入りたいところに入れず、(直線で)はさまれた影響もあった」

 ◆北村宏騎手(ベストリゾート11着) 「前の位置を取りにいったが、スローで掛かった。そのぶん、粘り切れなかった」

 ◆蛯名騎手(アダムバローズ12着) 「終始、行きたがっていた」

 ◆吉田隼騎手(メリオラ13着) 「最後はフラフラして幼い面が見られたので、そのあたりが良くなってくれば…」

 ◆柴山騎手(サーベラージュ14着) 「終始、ハミをかんでいたが、手応えには余裕があった。ただ、直線は前があかずに全く追えなかった」

 ◆柴田善騎手(イブキ15着) 「まだ(体に)芯が入り切っていないので、トモも入ってこない」

★15日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京成杯】厩舎の話2017年1月13日(金) 05:08

 ◆アサギリジョー・相沢師 「うまく乗ってくれればチャンスはある」

 ◆アダマンティン・大竹師 「追い切りの動きは良かった」

 ◆アダムバローズ・角田師 「前走は力んでしまった。力を出せればチャンスはある」

 ◆イブキ・柴田善騎手 「最後まで集中して走れていた。長く脚を使いそうな印象」

 ◆ガンサリュート・安田師 「動きは良かった。競馬で折り合いがつけば楽しみ」

 ◆コマノインパルス・菊川師 「前走は相手が悪かった。調子も上がっている」

 ◆サンティール・鹿戸師 「けいこは動かないが順調」

 ◆ジュニエーブル・竹内師 「連闘でも自分のタイミングで走れれば差はないと思う」

 ◆ベストリゾート・木村師 「動きは良かった」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「パワータイプで中山は合いそう」

 ◆マイネルスフェーン・手塚師 「メンバー的にも歯車がかみ合えばチャンス」

 ◆メリオラ・中竹師 「実戦でもリズム良く運べればチャンスある」

京成杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】インパルス、年長馬をぶっちぎり4馬身! 2017年1月12日(木) 05:06

 京成杯の追い切りが11日、東西のトレセンで行われた。美浦では葉牡丹賞2着のコマノインパルスが年長馬を相手に豪快に先着。体調の良さをアピールした。栗東ではアダムバローズが坂路で鋭いフィニッシュ。京都2歳S10着からの巻き返しを図る。

 デビュー3戦目で、重賞を制してクラシック戦線に名乗りを上げる。コマノインパルスが年長馬相手に4馬身の先着。力強い動きで好調をアピールした。

 田辺騎手を背にWコースに登場。道中はタイセイブラスト(500万下)を1馬身前に置いて折り合いに専念する。徐々にスピードを上げ、4コーナーで進路を内に取る。一完歩ごとに差を縮め、最後まで集中した走りで4馬身先着。6ハロン84秒3、3ハロン39秒9−12秒7をマークした。追い切り後は、ゲート練習をするほどの念の入れようだ。

 「先週乗ったときは少しもたもたする面があって、反応がもうひとつだった。きょうは気持ちが入っていて、(先行馬に)早めに取りつき、抜け出してからもしっかりと走れていた。あとは平常心で挑めれば…」と田辺騎手は好勝負を期待する。

 前走の葉牡丹賞は、早めに仕掛けて直線で先頭に立つシーンもあったが2着。大外枠で終始、外を回る展開で、3着には3馬身半差をつけたことからも内容は高く評価できる。しかも、勝ったレイデオロがその後、ホープフルSを完勝したことからも、重賞で好勝負できる力はあるはずだ。今回は抜けた存在がいない混戦だけに、チャンスは十分ある。

 「前走は相手が悪かったが、この馬は競馬が上手。以前は線が細かったが、カイバをしっかり食べ、実になって幅も出てきた。前回の10キロ増は成長分だし、けいこをやりながら増えているのはいい傾向。調子も上がっている」と菊川調教師は2015年の福島牝馬Sスイートサルサ)以来の重賞制覇に力を込める。

 デビューからクラシックを意識して2000メートルを使ってきた。こだわった距離の重賞を制して春の大舞台へ駒を進める。 (片岡良典)

京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】アダムバローズ、メンコの用意も 2017年1月12日(木) 05:04

 2勝馬のアダムバローズは、坂路で単走。馬なりで4ハロン54秒4−12秒4をマークし、好気配を漂わせた。京都2歳S10着からの巻き返しに向け、態勢は整っている。

 角田調教師は「先週もやっているからね。こんな感じで十分」と納得の表情。2番手から失速した前走は「行く馬がいないのでハナを切ろうとしたら、内から来られて力んだ」と分析し「変なところでスイッチが入るのでメンコをつけるかも。力を出せればチャンスはある」と力を込めた。

京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】特別登録馬2017年1月8日() 17:30

[もっと見る]

【京都2歳S】追って一言2016年11月24日(木) 05:01

 ◆アダムバローズ・角田師 「そんなにやる必要はなかった。使いながら緩さが取れてきたのは大きいし、精神面でもどっしりしてきた」

 ◆ヴァナヘイム・シュタルケ騎手 「何をしなければいけないか分かっていて、指示しただけ動けている。すごくいい感触があって自信を持って乗れる」

 ◆エーティーラッセン・木原助手 「動きはいい。いろいろな面で粗削りだが、いいものは持っている」

 ◆カデナ・中竹師 「動きは文句なしだね。追われてからの反応がよかった。前走は前があいてからはよく詰めたし、折り合いがついたのは大きかった」

 ◆ソーグリッタリング・池江師 「追い切りは、気持ちよく馬に合わせて伸ばした。よかったですね。距離は大丈夫だと思う」

 ◆ダノンディスタンス・佐々木師 「追い切りに乗ったルメール騎手は『完璧』と言っていた。1回叩いて自分から動く気持ちが出てきた」

 ◆プラチナヴォイス・和田騎手 「3頭併せで楽に抜け出した。先週もよかったが、今週もよかったね。前回はゲートも出てくれたし、どんな展開でも対応できる」

 ◆ベストアプローチ・藤原英師 「1度使って動きはよくなっている。メンバーは強いが、ここでどんな競馬をしてくれるか。センスはある」

 ◆マイネルザウバア・小笠師「動きはよく、順調にきている。まだ非力な面を残しているが、使われながら良化してきた」

 ◆ワンダープチュック・河内師 「けいこはまずまずやね。前走はイライラしていたが、落ち着きが出てきたし、よくなっている」

京都2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都2歳S】レース展望 2016年11月21日(月) 17:24

 京都の土曜メインは京都2歳ステークス(26日、GIII、芝2000メートル)。2014年に重賞に格上げされ、同年に3着だったシュヴァルグランは今年、GIIを2勝し、今週のジャパンCでも有力視されている。オープン特別として行われていた13年以前の優勝馬ののちの活躍をみると、09年ヴィクトワールピサ皐月賞有馬記念、ドバイワールドCとGI・3勝、12年エピファネイア菊花賞ジャパンCとGI・2勝、01年アドマイヤドンが芝、ダートでGI・7勝。負けた馬でも02年2着のザッツザプレンティ菊花賞V、08年3着のアンライバルド皐月賞V、04年2着のヴァーミリアンがダートGI・9勝など大いに活躍しており、出世レースの中でも最上位にランクできるレースだ。

 プラチナヴォイス(栗東・鮫島一歩厩舎、牡)は京都芝1800メートルで未勝利戦、萩Sと連勝中。未勝利戦の勝ちタイム1分45秒9は、2歳コースレコードを0秒6も更新し、13年東京スポーツ杯2歳Sイスラボニータがマークした日本レコードとタイだった。2走前は後方一気、前走は先行抜け出しと脚質にも幅が出ている。デビューから2戦は函館、札幌の芝1800メートルでともに4着だっただけに、今回はコーナー4回のコース形態に対応できるかが鍵になるが、チャンスは十分だ。

 ヴァナヘイム(栗東・角居勝彦厩舎、牡)は、萩Sで1馬身3/4差の2着。キャリア1戦の身ながら、上がり3ハロンはメンバー最速の34秒0をマークして力を示した。祖母は天皇賞・秋とオークスを制した名牝エアグルーヴで、母系は国内屈指の名門。成長力に富む一族で、逆転の可能性は十分にある。騎乗予定だった浜中俊騎手が騎乗停止となり、アンドレアシュ・シュタルケ騎手とのコンビで臨むことになった。

 カデナ(栗東・中竹和也厩舎、牡)はメンバー唯一のディープインパクト産駒。半兄に京王杯スプリングCを勝ったスズカコーズウェイ(父ジャイアンツコーズウェイ)がいる。デビューから2、1、2着で、上がり3ハロンは3戦いずれもメンバー最速をマーク。1ハロンずつ距離が延びてもしっかりと対応し、センスのある走りを見せており、重賞でも期待できる。

 アダムバローズ(栗東・角田晃一厩舎、牡)は、今回と同じ京都芝2000メートルの紫菊賞を逃げ切って3戦2勝。第1回の優勝馬ベルラップと同じハーツクライ産駒で、ここでも展開の鍵を握る存在となりそうだ。

 同舞台でデビュー戦を快勝したベストアプローチ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)は英国産馬。父ニューアプローチは英ダービー、愛&英チャンピオンSなどGIを5勝し、種牡馬としても英2000ギニーを勝ったドーンアプローチや、英オークス馬タレントなどを出している。前走は折り合いがついて反応も良く、着差(3/4馬身)以上に余裕のある勝ちっぷりだっただけに、重賞でも期待が高まる。

 同じく京都芝2000メートルでデビュー戦を飾ったダノンディスタンス(栗東・佐々木晶三厩舎、牡)は、新種牡馬ルーラーシップの産駒。祖母はエリザベス女王杯V、ドバイワールドC2着の名牝トゥザヴィクトリーで、叔父に重賞5勝のトゥザグローリー、弥生賞勝ち&GI・2着3回のトゥザワールドがいる。ほかにも、桜花賞3着のソーマジックを母に持つソーグリッタリング(栗東・池江泰寿厩舎、牡)、昨年2着のリスペクトアースと同じ美浦・小笠倫弘厩舎所属のマイネルザウバア(牡)などにも注目したい。

京都2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳戦結果】エピカリス、プラタナス賞V2016年10月16日() 05:01

 【東京】9Rプラタナス賞(500万下、ダ1600メートル)=エピカリス(美・萩原、牡、父ゴールドアリュール

 ◆ルメール騎手 「前回は逃げて、今回は後ろからのレース。直線は自分から動いていったし、まだまだパワーアップするよ」

 4R新馬(ダ1400メートル)=ミセスワタナベ(美・木村、牝、父タピザー)

 ◆ルメール騎手「スピードがありますね。1200メートルでもいけると思います。ダートの短い距離がちょうどいいですね」

 5R新馬(芝1600メートル)=ローズプリンスダム(美・畠山、牡、父ロージズインメイ)

 ◆大野騎手 「口向きに難しい面があって注意しながらだったが、それでもいい位置が取れたし、スムーズに乗れた。これくらいの条件が合っている」

 【京都】9R紫菊賞(500万下、芝・内2000メートル)=アダムバローズ(栗・角田、牡、父ハーツクライ

 ◆藤岡康騎手 「スタートに気をつけた。他に行く馬がいなかったので思い切って逃げたが、楽に行けたぶん、しまいまでしっかり伸びた」

 4R新馬(ダ1800メートル)=ジェニシス(栗・友道、牡、父マインシャフト)

 ◆安田助手 「太くはなかったが、体はまだ余裕があるし、レースぶりを見ても若い。そういう状況で勝ったので、将来性はある。パワーがあるので、ダートの方がいいでしょう」

 5R新馬(芝・内1200メートル)=ゲンパチケンシン(栗・加用、牡、父クロフネ

 ◆荻野極騎手 「練習からゲートが速いのは分かっていました。道中も折り合いがついてスムーズ。距離が延びてもやれそうです」

[もっと見る]

【紫菊賞】2カ月ぶりのアダムバローズがまんまと逃げ切り 2016年10月15日() 14:42

 10月15日の京都9R紫菊賞(2歳500万下、芝・内2000メートル)は、藤岡康太騎手騎乗の4番人気アダムバローズ(牡、栗東・角田晃一厩舎)が最内枠からハナに立ち、直線も後続の追撃を振り切って1着でゴール。タイムは2分0秒9(良)。

 3/4馬身差の2着には中団から追い上げたワンダープチュック(1番人気)、さらに半馬身遅れた3着に外から伸びたアドマイヤウイナー(2番人気)。

 紫菊賞を勝ったアダムバローズは、父ハーツクライ、母チャチャリーノ、母の父アンブライドルズソングという血統。通算成績は3戦2勝となった。

 ◆藤岡康太騎手「最初から行こうという気ではなかったのですが、他に行く馬がいなくて無理せず先手が取れました。まだ緩さがあるんですが、楽なペースで運べた分、終いまでしっかり頑張ってくれました」

★15日京都9R「紫菊賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳戦結果】ロジセンス、ハナ差でしのいで新馬戦V 2016年6月12日() 05:01

 【東京】5R新馬(芝1400メートル)は、好位の外を進んだ2番人気ロジセンス(栗・矢作、牝、父ストリートセンス)が、直線で内にモタれながらも抜け出し、2着の3番人気ニシノキッカセキの追撃をハナ差でしのいで勝ち上がった。タイム1分25秒6(良)。「直線はどんどん内に行ってしまい、他の馬に迷惑をかけてしまいました。手応えほど伸びませんでしたが、まだ重めのぶんでしょう」と内田騎手。

 【阪神】5R新馬(芝・内1400メートル)は、5番手から伸びた2番人気キャスパリーグ(栗・浅見、牝、父ディープインパクト)が1番人気アダムバローズに1馬身1/4差をつけて初陣を飾った。タイム1分22秒9(良)。「文句のないデビュー戦でした。前に馬を置くと落ち着いて走っていたし、追ってからもしっかりしていました。有望な血統背景だし、距離が延びても楽しみです」と藤岡佑騎手。

[もっと見る]

【2歳新馬】キャスパリーグが差し切りV 2016年6月11日() 12:28

 6月11日の阪神5R・2歳新馬(芝・内1400メートル)は、藤岡佑介騎手騎乗の2番人気キャスパリーグ(牝、栗東・浅見秀一厩舎)が好位から差し切ってV。タイムは1分22秒9(良)。1馬身1/4差の2着には同じく好位から脚を伸ばしたアダムバローズ(1番人気)、外から追い込んだムテキングス(3番人気)がさらにアタマ差遅れた3着に入線した。

 キャスパリーグは、父ディープインパクト、母レジェンドキャット、母の父ストームキャットという血統。

 ◆藤岡佑介騎手「文句のないデビュー戦でした。仕上がりも良かったし、前に馬を置くと落ち着いて走ってくれました。追ってからしっかりしていますし、距離が延びても大丈夫そうです」

★11日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

13件中 1-13件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。