注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ウインヴォラーレ(競走馬)

注目ホース

ウインヴォラーレの関連ニュース

 ホープフルS2着のマイネルスフェーンは、坂路で併せ馬。軽快な脚さばきで、内を進んだウインヴォラーレ(1000万下)と併入した。タイムは4ハロン53秒1−12秒9。手塚調教師は「使いながら良くなってきたね。チークピーシズを着けるようになってから、ワンポジション前で運べるようになった。メンバー的にも歯車がかみ合えばチャンス」と、再度上位争いを期待していた。

京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【京成杯】マイネルスフェーン合格点2017年1月11日(水) 13:43

 ホープフルS2着のマイネルスフェーンは美浦坂路でウインヴォラーレと並ぶような形でスタート。ゴールまで馬体をしっかり併せた。間隔が詰まっているが、4F53秒1なら合格点だ。

 「追い切りはこんなもの。タイムは出ていると思う。中間も変わらずきている」と手塚調教師。3走前にチークピーシズを着用してから(2)(1)(2)着で、「ムラで幼いところをカバーできている。以前よりワンポジション前で運べるようになった。歯車が噛み合えばチャンス」と重賞Vを狙う。(夕刊フジ)

京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【2歳新馬】伏兵スズハヤトウーが逃げ切り勝ち 2015年11月21日() 12:20

 21日の東京5R2歳新馬(芝1800メートル)は、田中勝春騎手騎乗の8番人気スズハヤトウー(牡、美浦・松永康利厩舎)が早めに先頭に立って最後まで押し切り、波乱を演出した。タイムは1分52秒7(良)。

 ベストレートウインヴォラーレが好スタートを決めたが、二の脚がついたスズハヤトウーがじわっと前の2頭をかわして先頭に立ち、スローペースの逃げ。ベストレートが2番手に控え、ブラスロックウインヴォラーレと続き、人気を集めたケイブルグラムも差のない5番手につけた。淡々とした流れのまま直線に向くと、スズハヤトウーベストレートが並びかけ、他馬がこれを追う展開。前の2頭は競り合いを繰り広げ、外からモズジョイが末脚を伸ばしてくるが、最後までしぶとさを見せたスズハヤトウーがそのまま押し切り、初陣を飾った。クビ差の2着は3番人気のベストレート。さらに3/4馬身差の3着が2番人気のモズジョイだった。

 スズハヤトウーは、父ダノンシャンティ、母ダンシングナウ、母の父ダンシングブレーヴという血統。3代母Musical BlissはGI英1000ギニーの勝ち馬。

 田中勝騎手は「しぶとかったね。追い切りにも乗っていたし、力はあると思っていた。流れが遅くて恵まれたところもあったけど、勝ててよかったよ」とブービー人気での勝利に笑顔を見せていた。

★21日東京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】ウインヴォラーレ態勢整う2015年11月20日(金) 12:02

 【東京4R】ノボドラゴは錦秋Sで人気を集めるノボバカラの近親。除外で1週スライドする形になったが、「ジワジワ動けるようになってきたので好都合。(ノボ)ジャックに似ている。走ってくるはず」と、天間調教師はゆかりの血統馬に期待を寄せる。

 【東京5R】昨年のラジオNIKKEI賞を勝ったウインマーレライを兄に持つウインヴォラーレは、今週のWコースで2歳新馬に1馬身半先着した。「牧場で乗り込んできたし、調教でも普通に動いている。恥ずかしい競馬はしない」と手塚調教師。

(夕刊フジ

[もっと見る]

4件中 1-4件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。