最新競馬ニュース

28日に香港・シャティン競馬場で行われたGⅠセンテナリースプリントC(芝1200メートル)を逃げ切ったビクターザウィナー(香=C・シャム、騸5、父トロナード)が、状態次第で高松宮記念(3月24日、中京、GⅠ、芝1200メートル)への遠征を視野に入れていることが分かった。香港ジョッキークラブの公式サイトが報じたもので、シャム調教師は調教で左回りの走りがいいことを理由として挙げている。

[もっと見る]

プログノーシスは連覇の懸かる金鯱賞で始動 その後は香港遠征を視野2024年01月28日() 13:16
ローシャムパークとレーベンスティールが香港から帰国2023年12月12日(火) 18:13
香港ヴァーズを回避したシャフリヤールが帰国 藤原調教師「馬次第で有馬記念を目指す」2023年12月12日(火) 16:30
【香港マイル】ナミュール3着止まりも伸び鋭く ビュイック騎手「スーパー牝馬になってきた」2023年12月11日(月) 06:14
【香港カップ】地元のロマンチックウォリアー 史上2頭目の連覇決めた2023年12月11日(月) 05:00
【香港カップ】大接戦ヒシイグアス悔しい3着 モレイラ騎手「直線の不利が…」2023年12月11日(月) 04:59
【香港マイル】世界の賞金王ゴールデンシックスティ、一昨年に続き同レース3勝目 余生は日本で2023年12月11日(月) 04:56
【香港スプリント】地元ラッキースワイネス、昨年の雪辱果たす2023年12月11日(月) 04:52
【香港ヴァーズ】フランス馬で和風馬名のジュンコ 豪脚ごぼう抜きV2023年12月11日(月) 04:49
【香港ヴァーズ】ゼッフィーロGⅠ初挑戦で胸張る2着 日本馬5年ぶりの勝利ならずも…2023年12月11日(月) 04:48

⇒競馬ニュース一覧

つちやまさみつの香港レポート

 昨年のJRA賞年度代表馬モーリスが、昨年香港マイルを制した地で、今年の始動戦を迎える。先週の日本調教馬3頭以上に現地では高い評価を集めており、当日は単勝オッズ1倍台もありえると見られている。  実際に、モーリスの香港での調整は昨年の香港マイルと比較しても、驚くほどに順調に進められている。具体的には、昨年は運動前からとにかく発汗が目立っていたのに対し、今回はそれが適度なレベルに収まっていることと、到着翌日からコースで調教が行われ、追い切りも香港マイルは金曜日の朝にようやっとできたのが、今回は木曜日の朝に消化することができた。芝コースに入って、4ハロンのキャンターの後、1ハロンのダクを挟んで、残り6ハロンから徐々に加速し、半マイルを54秒0 - 2ハロン23秒4のタイムで馬なりでまとめた。  手綱を取ったジョアン・モレイラ騎手も「調教師の指示で今日は脚を伸ばすような調教ができた。状態はとてもハッピー。競馬...

[もっと見る]

土屋真光の香港競馬現地レポート 2016APクイーンエリザベス2世C2016年04月22日(金) 20:05

JRA競馬レース情報