【ウマニティ/求人】好きな競馬で自分のアイディアを実現してみませんか!/Webシステムエンジニア・プログラマー募集中!

パトラッシュさんの競馬日記

シャケトラ?二強でなく、三強?長いです(´・Д・)」

2017年04月27日16:14 公開

178

池江泰寿トレーナーは、キタサンブラックとの二強ではなく、シャケトラとの三強だとコメントしてます。
もちろん、額面通りに受け取るわけにはいきません。
なんせ、武豊ジョッキーが、サトノダイヤモンドをぶったおしたい、とコメントしてますし、キタサンブラック陣営を意識してのコメントともとれますが。
去年のこの時期はデビュー前、成長曲線からいえば、池江師が警戒しても不思議はない。
まだ未対戦の有力馬でもありますし、日経賞では完勝して、まだ、底を見せていない唯一の馬と言っていいかもしれません。
しかし、日経賞で背負ったのは55キロ、しかも他の有力馬が今年初戦だったこともあって、このレースだけで三番手というには抵抗があります。
馬格もありますし、まだ、パワー全開という雰囲気もありませんから、池江師の言うように大器なのかもしれませんが、早いタイム、上がりを記録したことがないことからも、あまり重い印を打つ気にはなれないですね。
むしろ怖いのは、レインボーラインとディーマジェスティのほうだと思ってます。
レインボーラインは、菊2着ジャパンカップ6着、日経賞は案外でしたが、直線前が詰まった感じもありましたし、今年初戦だったことを考えると本番では、もっと出力をあげてきそうです。
札幌記念では、ネオリアリズム、モーリスの3着に来ていますし、日経賞でも二番人気を背負ってます。
4着に負けたので、シャケトラと比較すると、かなり人気は落ちると思いますが、以上のようなことを考え合わせると、レインボーラインのほうが期待できそうに思えます。
また、同じく日経賞組のディーマジェスティ。
ジャパンカップ、日経賞と凡走が続いたことで、二桁人気までありそうな感じです。
しかし、セントライト記念、菊花賞と目一杯のレースをしたんで、ジャパンカップはいっぱいいっぱい、ゴール前は、ほとんど追っていなかったように見えます。
日経賞は、おそらく菊花賞の教訓を得て、いっぱいに仕上げず、勝ちに来ていなかった。というのが正解ではないか、と思います。
相手がちがうと言われれば、それまでですが、セントライト記念は、3ハロン棒あたりから仕掛け始め、4角で殆ど先頭に立つ勢いだったのに対し、同じように仕掛けた日経賞では反応が鈍く、直線かかったあたりでも、中団後方です。レースのラップ自体は大差ありませんから、やはり本番見据えて、仕上げ自体甘かったと考えています。
加えて上位に来たシャケトラ、レインボーラインより2キロ重い斤量を背負っていることを考えれば、逆転は可能だと思っています。
あとは、サトノ、キタサンとの力量比較ということになりますが、
3歳春シーズン時点では、サトノと互角。菊花賞で差がついて、4歳になって、さらに成長度合いに差が出た。
ひいきめにみても、こんな評価が一般的なんだろうと思います。
菊花賞のような流れで、今回の春の天皇賞が流れれば、確かに勝ち目はないと思いますが、キタサンブラックがいることが、ディーマジェスティに追い風になる可能性があると見ています。
2015年、ゴールドシップが向こう正面からまくりを決めた再現をディーマジェスティに期待したい。
皐月賞で終わり、ではなく、皐月賞を再現と信じています。

 ナイス!(1
 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント