覆面ドクター・英さんの競馬日記

ジャパンカップ・2021

 公開

918

まずはマイルCSの回顧から。グランアレグリアは勝つだろうなあと思って本命打って勝ってくれましたが、3着に早熟で妙味無しと買わなかったダノンザキッドが来て、接戦4着のインディチャンプを三強と厚く買っていたので、1着2着4着馬券じゃどうもならないのですが、2週連続実馬券は、土日プラスだったので、まあ良しとしましょう。勝負レースは1点1000円の12点、どうでもいいレースは1点100円とメリハリつけた方が勝ちやすいようです。(ただ登録予想は同額なのもありイマイチな結果でプロ再受験ちょっと今週の結果だと厳しくなりました)。

ジャパンカップの話ですが、昔は強い外国馬に日本馬が挑戦して勝ったら、泣けてくるレベルでしたが、日本馬が強くなって、海外からあんまり来なくなって、日本馬同士の賞金奪い合い状態が近年つづいています。今年は海外馬券発売もあって、なじみのあるBCターフ勝ちのブルームや、ジャパンといったガリレオ系の産駒2騎も来ますが、高速馬場向けではないでしょうね。もう一頭のグランドグローリーの方が血統的には日本適性高いかもしれないし、Cデムーロというのも楽しみです。あと大事なのは、日曜の東京12レースだということです(15時40分だけど11レースではありません!!)

<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:昨年の三冠馬で菊花賞まではデビューから怒涛の7連勝だった。昨年のJCではアーモンドアイの2着と、古馬になったらどんなに活躍するのだろう、と思われた、今年の大阪杯は重馬場にも泣き3着、秋の天皇賞もエフフォーリアに競り負けの2着と、ちょっとあれ??という結果。今回で引退となるレースでは、福永騎手のコメントみると応援したくなるが、なんせ断然人気となりそうで、また、距離も正直2400Mよりは2000Mの前走の方がより適性高かったと思われ、人気ほどは抜けていないか。

2番人気想定 シャフリヤール:ディープインパクト産駒らしく瞬発力自慢なだけに、毎日杯からダービー直行というローテで、エフフォーリアを差して、ダービー馬となった(私は本命打っていました)。神戸新聞杯4着は馬場のこともあり、得意の条件に戻って、川田騎手にも戻って、コントレイル徹底マークだと、また瞬発力で差し切りという場面もありそう。

3番人気想定 オーソリティ:今年もアルゼンチン共和国杯を制して、しかも昨年の54kgでなく今年は57.5kgだったので、今回と近い条件では強い馬と言える。昔はアルゼンチン共和国杯は、かなりレベルの落ちるレースだったが近年は結構レベルが上がっており、前走の完勝とルメール騎手騎乗で楽しみな一頭。

4番人気想定 ユーバーレーベン:今年のオークス馬だが前走の秋華賞13着は、距離不足というより脚元があんまりよくない感じで、ここも前走よりは調教マシだが、それほど上昇描いておらず、人気サイドでは消しに近い評価。

5番人気想定 アリストテレス:昨年の菊花賞でコントレイルに迫った時には今後が楽しみな一頭と思われたが、AJCC勝った後は、どうもイマイチな近況。前走の京都大賞典は2着とはいえ、1着マカヒキ、3着キセキということを考えると、レースレベルが低かった可能性高そう。4歳秋でまだまだ調教は元気で、気持ちひとつな部分もありそうで、横山武騎手に乗り替わって、一変あるかもしれないが。

6番人気想定 ブルーム:サドラー系のいかにもという外国馬だけに三角あたりからの大まくりなどで瞬発力不足をカバーする乗り方などを見てみたい。

7番人気想定 カレンブーケドール:脚部不安で回避。アンカツさんが、穴馬として楽しみにしてただけに、残念がるコメント出してました。

8番人気想定 ジャパン:これまたサドラー系のいかにもな外国馬で武豊騎手騎乗なだけに今後の海外でのレースへの鍛錬の場となれば。

9番人気想定 キセキ:7歳秋となり長く走っているがさすがに衰え隠せない。京都大賞典で久々に3着と馬券になったのもレースレベルが低かっただけに評価できない。

10番人気以下想定
マカヒキ:ダービー馬が8歳でG2勝ちを久々に飾るという前走だったが、いかんせんレースレベルが高くなかった京都大賞典組だけに・・。

グランドグローリー:デインヒル系の父で、リファールやミスプロの血がみられるようにゴツ過ぎない牝馬で、外国馬の中では、ちょっと楽しみにしている一頭。Cデムーロも兄よりずっと上手い(笑)

サンレイポケット:左回りの長い直線でグイグイ伸びてくる、いかにもトニービン系と言える脚をみせるし、6歳だが元気で穴に少し買おうかと思っている一頭。

ワグネリアン:ダービー馬ながら6歳秋でもまだ成績さっぱりでも、元気に走っている。マカヒキみたいに長くやってると、弱い相手にもう一花咲かせるかもしれないが、それはここではないだろう。

シャドウディーヴァ:府中牝馬Sは直線一気に勝ち切った。ハーツクライ産駒とはいえ、この距離は正直あんまり向いてない印象で、前走みたいな末脚は使えないのでは。

モズベッロ:道悪G1要員で、重い馬場で厳しい流れで浮上してくるタイプ。今後、海外遠征してみたら案外いいのでは。

ユーキャンスマイル:阪神大賞典でのみ2連連続好走しているが、ステイヤー色が年齢とともに濃くなり、この東京2400Mは向かない。

ロードマイウェイ:一昨年のこの時期のチャレンジCを勝った時は5連勝の勢いあったが、その後は、さっぱりで、騎手もG1でさっぱりな三浦騎手だけに、要らない。

ムイトオブリガード:これまた一昨年のこの時期のアルゼンチン共和国杯勝ち以降はさっぱりな現況で、7歳秋だけに一変は無さそう。G1で柴田善騎手を見られるのはオールドファンには楽しみといえるが(笑)

ウインドジャマー:スピルバーグ産駒で藤澤和厩舎だけに、ずっと芝を使われて勝ち上がれず、ダートに路線変更して、そこから4勝積み上げてオープンまで上がってきたが、芝0勝馬がJCで激走は無いだろう。母父アフリートが色濃く出てダート寄り適性なのだろう。

<まとめ>
有力:コントレイル、シャフリヤール

ヒモに:オーソリティ、アリストテレス

穴で:グランドグローリー、サンレイポケット

 ナイス!(25

もっと見る

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬日記

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント