ROBOTIP SUPER

(旧スゴウマROBOT)

競馬予想のウマニティ

会員の方はこちら

会員でない方はこちら

ご利用までの流れ

ウマニティの会員登録(無料)から約10分ほどでROBOTIPスーパーをご利用いただけます。
事前準備として、JRAネット投票「JRA IPAT会員(即PATなど)」パソコン(ブロードバンド回線など常時接続回線)が必要になります。
JRA IPATに関しては、JRAネット投票「はじめての方へ」をご覧ください。

STEP1ウマニティに会員登録(無料)

メールアドレスがあれば誰でも簡単に会員登録(無料)できます。
※ROBOTIPスーパーのご利用にはウマニティIDが必要になります。

今すぐ会員登録

STEP2ROBOTIPスーパーに申し込む

VISA JCB
MasterCard AMERICANEXPRESS

ROBOTIPスーパーサイト(本サイト)より、お申込み手続きを行ってください。
スタンダードコース:月額5,000円(税別)
※お申込みにはクレジットカードが必要になります。

ROBOTIPスーパーに申し込む

STEP3決済完了後、さっそくご利用開始いただけます

まずは、ROBOTIPを起動させてロボット設定(予想エンジン、買い目、IPAT)を完了してください。
平日は過去のデータでシミュレーションを行うことができます。
また、自動運用を開始する前には、予想燃料の補給を行ってください。
ROBOTIPスーパーに予想させて馬券を自動購入させるには予想燃料が必要になります。
詳しくは、お申込み後の導入ガイドをご覧ください。

お申し込み後の導入ガイドへ

推奨環境

対応OS ・Windows:Windows8.1 以降
対応ブラウザ ・Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge各最新版
必要メモリ ・4GB以上を推奨
ディスプレイ解像度 ・1024×768(XGA)以上
ネットワーク ・1.5Mbps以上の回線でインターネット接続が常時可能な環境

目次

1. まず初めに基本的な設定をしよう!

ROBOTIPスーパーは、JRAネット投票「JRA I-PAT(即PATなど)」で馬券を購入するので、お客様のI-PAT会員情報を設定する必要があります。
また、外出するなどパソコンを放置して自動運用される場合、パソコンのスリープ機能を解除する必要があります。
※JRA I-PATに関しては、JRAネット投票「はじめての方へ」をご覧ください。

1-1. ロボット設定>JRA IPAT設定

ROBOTIPスーパーを起動してメインメニューの「ロボ設定」>「I-PAT」を選択してください。
以下の画面が表示されるのでご自分のPAT会員情報を入力して「設定を保存する」をクリックして下さい。
PATの発売時間中は接続を確認出来ますので、必ず入力した情報が正しいか「接続確認」ボタンを押してお確かめ下さい。

1-2. パソコン設定(スリープ防止)

自動運用中にパソコンを放置するとスリープしてしまい、パソコンが動作しなくなる(サービスが停止する)ので、スリープさせないようにスリープ防止を必ず設定して下さい。
コントロールパネルの「システム」>「電源とスリープ」をクリックしてください。
以下の画面が表示される(Windows10)ので「スリープ(電源に接続時)」を「なし」に設定してください。
※ノートパソコンをご利用の場合は必ず電源に接続してご利用ください。

2. 自分のオリジナルロボットを作成してみよう!

ROBOTIPスーパーでは、スゴウマROBOTの「予想エンジン(エース、ゼット、青龍)」を使用できるほか、自分でオリジナルの「予想エンジン」を作成し予想できるようになりました。
予想エンジンを構成する「競走馬」「騎手」「血統(父・母父)」「調教師」「馬主」「生産者」の6つの予想ファクター、ならびに各ファクターにおける「距離」「トラック」「馬場状態」「周回方向」「ゴール前の坂の有無」の5つの適性の重視比率を自由に設定することができます。

2-1. ロボット設定>予想エンジンの設定

能力指数の配合
まず、6つの予想ファクター(下図の赤線枠内)の重視比率を全体で100%になるように設定してください。
過去の成績データから、設定された比率に応じて各予想ファクターの現在の能力を計算し、スピード指数というかたちで表します。「このファクターはまったく考慮する必要はない」と判断される場合は、0%の設定でも構いません。
(例)競走馬50% 騎手30% 血統20% 調教師0% 馬主0% 生産者0%

適性の重みづけ
続いて、各ファクターにおける5つの適性(下図の青線枠内)の重みづけを行ってください。
例えば、競走馬には距離の長短による得手不得手(適性)があり、これから走るレースの距離が競走馬のパフォーマンスに大きな影響を与えると言われています。もしあなたが、「距離適性」を重視すると判断するのであれば、「距離適性」のパーセンテージを上げてください。

保存するエンジン名のアルファベットを選択(必須)し、説明文を記入(任意)して設定保存ボタンをクリックしてください。
予想エンジンは、アルファベットのAからZの26種類まで保存でき、保存されている予想エンジン欄に表示されます。

2-2. ロボット設定>買い目プランの設定

「予想上手の馬券下手」という競馬格言が象徴するように、どんなに素晴らしい予想をしても(有力馬を抽出できても)、上手に馬券を購入しなければ競馬で勝つことはできません。ここでは「ロボットの予想(指数)をいかに馬券に落とし込むか」をご自身で決めていただきます。
①1レースの予算(上限5万円)を入力し、②予算配分でどの式別をいくら購入するか予算合計が100%になるように配分してください。③1点あたり単位は、1点あたり多く購入したい場合に調整してください。④期待値は100%を推奨します。期待値を高くすると高配当狙いで的中率が下がる傾向があり、低くすると的中率は上がり配当が低くなる傾向があります。⑤一定倍率未満のオッズは買いたくないという人は足切り値を入力してください。

保存する買い目プラン名のナンバーを選択(必須)し、説明文を記入(任意)して設定保存ボタンをクリックしてください。 買い目プランは、ナンバーの01~50の50種類まで保存でき、保存されている買い目プラン欄に表示されます。

3. 過去のデータでシミュレーションしてみよう!

予想エンジンと買い目プランを作成したら、次に過去のデータでシミュレーションをしてみましょう。
2018年以降のレースで様々な条件を指定して、的中率や回収率、最大利益、最大損失などをシミュレーションできます。
シミュレーション結果をもとに、予想エンジンや買い目プランの設定をチューニングしてください。
ここがあなたの腕の見せ所です。
平日にしっかりチューニングすれば、開催日はロボットに任せてレース観戦に集中できます。
※レース開催時間はシミュレーションをご利用いただけません。

3-1. シミュレーション条件の設定

シミュレーションは様々な条件を設定して行ってみてください。
予想エンジンの設定によっては、東京競馬場のダートで的中率が高いなどの特定の条件に成績が良い設定を見つけることができます。
また、買い目プランの設定で、式別と資金配分のバランスが正しいか、期待値やオッズでの足切りを設定することで、勝率が高くても買わない買い目がでることなどを体験してください。

①期間:任意の期間をカレンダーで指定します。期間指定後に必ず「期間確定」ボタンを押してください。
※2018年以降の最大90日間の指定が可能です。
②予想エンジン:スゴウマROBOT指数(ゼット、エース、青龍)とご自分で作成した予想エンジンから選択してください。
③買い目プラン:ご自分で作成した買い目プランから選択してください。
④1Rあたりの購入額:買い目プランで指定した1レースあたりの馬券購入額が表示されます。(変更可能)
⑤運用モード:従来モード、資金配分最適化モードいずれかを選択してください。
※※資金配分最適化モードとは予想勝率の低いレースでは、馬券の購入金額を控える機能です。
⑥その他:シミュレーション対象にする「競馬場、トラック、クラス」を選択できます。
「開始」ボタンを押すとシミュレーションが始まります。
※レース開催日の09時00分~17時00分の間は、自動運用に影響を与える恐れがあるため、シミュレーションを実施出来ませんので予めご了承ください。

3-2. 運用結果の見方

シミュレーションは完了すると自動的にストップし、各レースの的中状況は一覧表で表示されます。
指定期間の収支などの情報は右サイド欄の「運用結果」をご覧ください。
この運用結果では、開催72R中55R購入(1Rの予算は5,000円)して、総購入額が248,100円、総払戻額が316,030円なので収支はプラス67,930円(回収率127%、的中率32%)になったということがわかります。

ここで注目して頂きたいのは収支や回収率ではなく「的中率」と「最大損失」です。
このシミュレーションでの「的中率」は32%なので、3レースに1回的中する計算になります。
そして、7/27~7/28の土日2日間に勝ち負けを繰り返して最大で負けた金額が「最大損失」です。
つまり「最大損失」の競馬資金を持っていないとパンクするということになります。
例えば「的中率」が30%から10%に下がると、10Rに1回的中する計算なので「最大損失」は大きくなり、パンクする可能性も高くなります。
シミュレーションの「運用結果」では、収支がプラスになることだけでなく、「的中率」と「最大損失」に注目して、ご自分の競馬スタイルと競馬資金にあった設定を探していただければと思います。

4. いよいよ本番!自動運用してみよう!

さぁいよいよ競馬開催日当日です。
さっそく自動運用してみましょう!
まずは「PAT残高」と「残り燃料」を確認して下さい。

4-1. 「PAT残高」と「残り燃料」の確認と補給

「PAT残高」が0円の場合はPAT口座に資金を入っていないか、PAT口座への接続がされていないかのどちらかです。 JRA PAT口座で入金して頂くか「ロボ設定」>「I-PAT」で接続の確認してください。
「残り燃料」の上段は補給済みの予想燃料(下図では111ℓ)で、下段の金額(下図では3,700円分)はこの燃料で購入できる馬券の金額です。

予想燃料の補給する場合は、残り燃料の「補給ボタン」をクリックしてください。下図の画面が表示されます。
1日の馬券購入額を目安に予想燃料をサイト内通貨「ゴールド(G)」で補給してください。(1G=1ℓ)

(例)1日の馬券購入額が5万円の場合
➀「馬券購入可能額を指定して補給する」を選択し金額入力欄に「50000円」を入力
②「費用を確認する」ボタンをクリック
③「1,500G」が必要なことを確認
④「燃料補給を実行する」ボタンをクリック
※ゴールドが足りない場合は、アラートが表示されるので「ゴールドを購入する」ボタンをクリックしてゴールドを購入のうえ、予想燃料を補給してください。

4-2. 自動運用の設定

次に、自動運用の以下の項目の条件を設定します。

①予想エンジン:スゴウマROBOT指数(ゼット、エース、青龍)とご自分で作成した予想エンジンから選択してください。
②買い目プラン:ご自分で作成した買い目プランから選択してください。
※買い目プランの作成・変更は、メインメニューの「ロボ設定>買い目プラン」から行うことができます。
③1Rあたりの購入額:買い目プランで指定した1レースあたりの馬券購入額が表示されます。(変更可能)
④購入タイミング:発走の何分前に購入するか選択してください。(2分前~5分前)
⑤運用モード:従来モード、資金配分最適化モードいずれかを選択してください。
※従来モードは、買い目プランで設定されてた「期待値」や「オッズで足切り」の条件を満たした買い目を勝率の高い順に「1Rあたりの購入額」の設定額まで購入します。一方、資金配分最適化モードは、従来モードに、勝率が著しく低い買い目を見送る機能が追加されています。そのため「1Rあたりの購入額」の設定額以下の購入額になる場合があります
⑥利益確定:設定した利益額に達した時に自動運用を中止する機能です。チェックボックスに☑した上で金額を設定してください。
⑦損切り:設定した損失額に達した時に自動運用を中止する機能です。チェックボックスに☑した上で金額を設定してください。

4-3. 自動運用の開始

自動運用の条件の設定が完了したらいよいよ自動運用のスタートです。

「開始」ボタンをクリックしてください。
②クリックすると、自動運用をするうえでの注書きのある画面がポップアップするので、注意書きの内容をご確認のうえ、「同意して運用を開始する」ボタンをクリックしてください。
③「運用中」になるとロボットが自動的に馬券を購入します。状況欄に「見送り」と表示されているレースは購入しません。
※予想エンジン設定でスゴウマROBOT指数(ゼット、エース、青龍)を選択した場合、指数データの無い新馬戦や指数データの無い馬が一頭でも出走するレースは「見送り」ます。ご自分で作成した予想エンジンは全レースに対応しています。
④「燃料費」欄に「燃料不足」と表示されるレースは予想燃料が足りないため馬券を購入しません。あらかじめ予想燃料を補給してください。予想燃料の補給方法は「4-1.「PAT残高」と「残り燃料」の確認と補給」をご覧ください。
⑤発走前の各レースをクリックすると出馬表と予想エンジンが生成した各競走馬の勝率が表示が表示されます。
⑥自動運用中でも、「予想エンジン」、「買い目プラン」、「予算(1Rあたりの購入額)」を変更することができます。
但し、購入直前の変更によるトラブル防止のため、PAT購入が「0分前」になると変更できなくなるのでご注意ください。
※「0分前」になっても「購入意思」の変更は可能なので購入を見送ることはできます。
⑦購入タイミングになるとその時点のオッズで、買い目プランで設定した「期待値」の計算や「オッズで足切り」を行い、確定した買い目の馬券を自動購入します。
⑧購入したレースの状況欄には「結果待ち」と表示され、レース名をクリックすると購入した馬券が表示されます。

購入が出来ていない場合は状況欄に以下の表示がされます。

「発売締切」・・・既に終了したレースです。
「購入失敗」・・・I-PATへの接続に失敗した場合です。I-PAT設定で接続を確認して下さい。I-PATのアクセス過多による不具合で購入できない場合もございますのであらかじめご了承ください。
「資金不足」・・・I-PATの口座残高をご確認ください。
「燃料不足」・・・予想燃料費が不足しています。補給して下さい。

4-4. 自動運用中の注意

■自動運用の前にもう一度以下の点を確認してください。

①PAT接続状況の確認
②パソコンの電源オプション
③電源ケーブルの接続(ノートパソコンの場合)
④インターネット回線の接続

■自動運用中の禁止事項

①自動運用中に、自動運用以外の操作をする場合は必ず一旦「自動運用」」停止してから行って頂ますようお願い致します。

②複数のパソコンや複数のブラウザで自動運用を行うと「馬券が購入出来ない」、「同じレースを2回購入してしまう」などの不具合が発生する場合がありますので絶対にしないでください。

③その他、自動運用中にパソコンやインターネット回線に負荷の掛かるソフトウェアの使用や動画の視聴などは、購入失敗などの原因になる可能性があるのでお控えください。

■自動運用中に外出される場合のご注意
現時点では日にちをまたいでの自動運用は出来ません。
翌日の運用を開始する場合は、20時00分以降に翌日のレース情報が表示されていることを確認してから自動運用を開始して下さい。
(例:日曜日の運用を開始したい場合は、土曜日の20時00分以降に運用開始してください)