最新競馬ニュース

【アイビスSD】直千ラブ♪重賞初挑戦V

SANSPO.COM

 1,397

 第10回アイビスサマーダッシュ(18日、新潟11R、GIII、3歳上オープン国際、別定、芝・直線1000メートル、1着本賞金4000万円=出走18頭)夏の新潟開幕を飾る電撃の直千重賞は、西田雄一郎(35)=美・フリー=が騎乗した8番人気ケイティラブが鮮やかな逃げ切り。重賞初挑戦Vを飾った。タイム53秒9(良)。同馬はこれで直千6戦4勝3着1回。西田は96年七夕賞サクラエイコウオー)以来、14年ぶりの重賞勝利となった。今年10回目のアイビスSDは牝馬が8勝で6連勝を決めた。

 熱気に包まれた新潟競馬場の青空のように、西田雄一郎騎手の笑顔はまぶしかった。苦労を乗り越え、14年ぶり2度目の重賞制覇。涙はなく、パートナーの力を信じ切った堂々たる騎乗に、満足の表情が漂う。格上挑戦の8番人気ケイティラブが鮮やかな逃げ切り。新潟芝直線1000メートル4勝目となった“直千の申し子”が、得意の舞台で重賞初挑戦Vを決めた。

 「自分の競馬さえできれば、という気持ちだったので最初からハナに行くつもりでした。馬が速かったし、自分の持ち時計も詰めている。1年経って成長しましたね」

 昨年8月、1000万下の稲妻特別を54秒5で逃げ切った時、「来年、重賞に使えれば楽しみ」と西田は感じた。11カ月ぶりに巡ってきたその舞台で2度目の騎乗依頼があり、賞金上位馬の回避により出走も可能になった。「何とか結果を出したい」と懸命に追った。

 ケイティラブもそれに応えて、2ハロン目が9秒9の快速を発揮。過去にはメジロダーリングカルストンライトオといったGI級の馬がマークした53秒台での逃げ切りは立派だ。「本当に1000メートルが合う。(直千の)スペシャリストですね」とパートナーを称えた。

 西田はデビュー2年目の96年七夕賞サクラエイコウオーで制して以来の晴れ舞台。「だいぶ昔のこと。もう覚えている人も少ないでしょう」と話す。しかし、ただ月日が流れたわけではない。1度は、騎手という職業から身を引いた男だ。

 99年10月に騎手免許を返上。それに至った出来事もこの新潟で起きた。98年8月、自動車運転でスピード違反を起こし、出頭を前に再びスピード違反。それでも、師匠の境征勝調教師、当時の岡部幸雄騎手会長らが西田の将来のために尽力してくれた。周囲の思いに応えるため、自動車に乗ることをやめ、一から出直すことを決意。ノーザンファームに就職して宮城・山元トレセンで牧場スタッフとして約5年働いた後、05年度の騎手免許試験に合格した。

 「短い距離ですが、ゴールが本当に遠く感じました」。レースをそう振り返った西田。一度は遠くに感じた騎手への道も、今は辿り着いている。我慢が必要な時期がある。人生と競馬は、やはりどこか共通していると西田は自ら示してみせた。(下村静史)

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月27日()
根岸S G3
シルクロード G3
1月26日()
愛知杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月20日()
AJCC G2
東海S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
48,298万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 ミッキーロケット 牡6
42,248万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
13,255万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 グランアレグリア 牝3
5,845万円
7 クロノジェネシス 牝3
4,959万円
8 クラージュゲリエ 牡3
4,820万円
9 アドマイヤジャスタ 牡3
4,623万円
10 ヴァルディゼール 牡3
4,544万円
» もっと見る