最新競馬ニュース

【スプリングS】ディアマンテ、目指すは父オルフェと同じ道

SANSPO.COM

 807

 きさらぎ賞は価値ある2着。敗戦のなかに光が差した◎タガノディアマンテを狙い撃つ。

 その前走は大胆にも4角最後方。そこから追い上げた内容に、この馬の“本質”が見えた。自然体でこそ-。ポジションを取りにいき、4角を2番手で回った新馬戦(4着)と3走目のエリカ賞(3着)では直線での伸びが物足りなかったが、無理をせず脚をためた2戦目の未勝利戦ときさらぎ賞では、ピリッとした末脚を繰り出して結果を出した。

 特に前走は直前の雨をモノともせず、最速の上がり3F34秒4で大外を真一文字に伸びる豪快さ。先行2頭で決まりかけた勝負に割って入ったうえに、次走で弥生賞を勝つメイショウテンゲン(5着)をも軽く退けた。メリハリをつけた競馬なら重賞でも勝ち負けできる力を証明し、「今回も出たなりの位置で」と、鮫島調教師は再度の末脚勝負を示唆する。

 中間は在厩で調整。先週はCWコースで長めから追い、今週は坂路でラスト1Fを12秒4でまとめて態勢は整った。梛木助手は「折り合えていたし、動きも良かった。能力は高いのでチャンスはある」と、強気な姿勢を崩さない。

 田辺騎手とは初コンビながら、過去4戦すべて違うジョッキーで崩れていないのだからマイナスにはならないだろう。しかも、田辺&鮫島調教師のタッグは2016年以降、【5・0・2・12】で勝率17・9%と好相性。単勝回収率234%の高数値で、むしろ“買い材料”とさえいっていい。

 3冠を制した父オルフェーヴルスプリングSを勝つまでは、重賞で2着までの1勝馬だった。まだ遅くはない。最終トライアルを制し、皐月賞候補へ名乗りをあげる。

 究極の3連単はディアマンテを1着、○シークレットランを2、3着に固定した12点で勝負する。(夕刊フジ)



★フジテレビ賞スプリングSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

5月26日()
日本ダービー G1
目黒記念 G2
5月25日()
葵ステークス 重賞

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月19日()
オークス G1
5月18日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
51,710万円
7 アルアイン 牡5
48,870万円
8 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
9 キセキ 牡5
46,841万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
22,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
6 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
7 ファンタジスト 牡3
11,012万円
8 ヴェロックス 牡3
10,942万円
9 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
10 ケイデンスコール 牡3
8,801万円
» もっと見る