最新競馬ニュース

【フェブラリー】キッキング、あとは菜七子に任せた!

SANSPO.COM

 1,994

 2019年のGI開幕戦、フェブラリーSの追い切りが13日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。JRA女性騎手としてGI初挑戦で注目される藤田菜七子騎手(21)がコンビを組むコパノキッキング(栗東・村山明厩舎、セン4歳)は、調教助手を背にCWコース5ハロン66秒1(ラスト1ハロン13秒1)をマークし、村山明調教師(47)も納得の仕上がり。同レース史上最多の3勝トレーナーは「あとはジョッキーに任せたい」と菜七子にバトンを託した。

 重賞2連勝を含む4連勝の勢いそのままに、コパノキッキングがさっそうとCWコースを駆け抜けた。見届けた村山調教師は、GI取りへ準備万端の口ぶりで振り返った。

 「そんなに速く見えなかったですが、思ったより時計が出ていましたね。やれば動くし、しっかりと負荷がかかったと思います」

 軽やかな脚さばきで徐々にスピードに乗っていくと、直線でも馬なりのまま、5ハロン66秒1、3ハロン38秒1-13秒1でフィニッシュ。中山→東京と近2走は長距離輸送の競馬で、しかも前走から中2週と短い間隔で迎える大舞台。負荷は馬なりでも十分で、大きく四肢を伸ばした動きから、今の充実度を感じさせた。

 「どこからでもレースができる馬でもありますし、あとはジョッキーに任せたい」

 テスタマッタ(2012年)、コパノリッキー(14、15年)と3勝を誇るフェブラリーS最多勝トレーナーは、最高の仕上がりで菜七子にバトンを託した。

 菜七子がJRA女性騎手としてGIに初騎乗することで注目を集める存在となったが、この馬自身も相当な実力の持ち主だ。2走前のカペラSは、断トツの上がり3ハロン34秒9で差し切って重賞初V。距離延長となった前走の根岸Sも上がり最速の3ハロン35秒4をマークして完勝。一戦ごとに力をつけながら、大舞台までたどり着いた。

 小倉競馬場滞在中のため最終追い切りに騎乗しなかった菜七子は、先週8日に栗東を訪れ、キッキングに初騎乗。「乗りやすかった。そのイメージで乗りたいです」と好感触をつかんでいる。そんな菜七子へ、トレーナーの信頼も厚い。

 「スタートが上手ですね。(馬への)当たりも柔らかい。うまく持ち味を引き出してくれると思います」

 さぁ、思い切って乗っておいで!! 万全の態勢でGIへ駒を進めたダート界の新星と、競馬界のプリンセス。週末にドラマを見せる準備は整った。 (山口大輝)



★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(1

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

水道橋の鯉
2月14日(木) 05:51

「ダートの追い込み馬」これって菜七子にぴったりじゃないですか!
もちろんデムルメ武は手ごわい。それでも私は菜七子に賭けます。

ナイス! (0)

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

2月24日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月17日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月16日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る