最新競馬ニュース

【日経新春杯】グローリーヴェイズ重賞初V!

SANSPO.COM

 420

 第66回日経新春杯(13日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外2400メートル、1着本賞金5700万円 =出走16頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気に推されたグローリーヴェイズが中団追走から差し切って重賞初勝利を飾った。タイム2分26秒2(良)。次走は未定。1/2馬身差の2着は5番人気のルックトゥワイス。さらに1/2馬身差の3着が3番人気のシュペルミエールだった。

 底冷えする新春の淀で、またまた明け4歳世代の新星が誕生だ。グローリーヴェイズが4度目の挑戦で待望の重賞初制覇。昨年(パフォーマプロミス)に続く連覇で、2007年からのJRA重賞勝利を13年連続に伸ばしたM・デムーロ騎手の笑顔がはじけた。

 「強かったです。新潟(2走前に勝った佐渡S)以来でしたが、どんどん強くなって、また成長していました。相性が良く、僕が乗ったら勝つイメージですね」

 冷静な手綱さばきが光った。(2)番枠から中団のインにつけて、前半1000メートル58秒3のハイペースをロスなく追走。向こう正面で外からメイショウテッコンがまくっていったが、慌てずにじっくりと脚を温存。「3、4コーナーは抜群の手応えでした」。直線に向いて馬場の真ん中に持ち出すと、一完歩ごとに力強く伸びて抜け出した。

 今年初騎乗となった前日は5鞍で0勝も、この日は4勝の固め打ち。「昨日はついていなかったけど、きょうはいい感じでした。でも、去年(の日経新春杯当日)は6勝だったし、マイナス2勝です」と苦笑い。どん欲に勝利を求める姿勢は今年も変わらない。

 「自分から動いて、正攻法で押し切った。時計や見た目より強い競馬だったと思います」

 今年の初勝利を重賞で決めた年男(1971年生まれ)の尾関調教師もレースぶりを高く評価した。この日の馬体重は自己最高の454キロ。デビュー戦の432キロから20キロ以上も増えた数値こそ、着実にパワーアップを遂げた証拠だ。

 「じっくり使って、1つずつ進化している。この先も楽しみです」と指揮官は前を見据える。今後は未定だが、3冠牝馬メジロラモーヌ(3代母)の血を引くディープインパクト産駒が、春の大舞台をわかせてくれそうだ。 (斉藤弘樹)

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

3月24日()
高松宮記念 G1
マーチS G3
3月23日()
日経賞 G2
毎日杯 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

3月17日()
阪神大賞典 G2
スプリングS G2
3月16日()
ファルコンS G3
フラワーC G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
10 プールヴィル 牝3
6,826万円
» もっと見る