最新競馬ニュース

【馬場の有利不利、教えます!】日経新春杯 先週同様に力を要するコンディション!展開や立ち回りひとつで、どの脚質でもチャンスあり!

ウマニティ

 1,587

1回京都ならびに土曜日の京都芝のレース結果、近年の日経新春杯の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


週中は水曜日に少量の雨が降ったが、その後は降水ゼロ。土曜日もなんとか持ちこたえ、芝コースは終日良馬場で競馬が行われた。ただし、力を要する馬場状態なのは先週と同じ。高速上がりが出せないコンディションであることは間違いない。

土曜日の芝1800m以上の結果を振り返ると、道中外、直線も外という馬が脚をなくす一方で、内めを通る馬や先行馬の奮闘が目を引いた。ただし、完全前有利のコンディションというわけではない。展開や立ち回りひとつで、どの脚質でもチャンスがある馬場ととらえたほうがベターだ。

そして、見た目以上に路盤が緩いということを忘れてはならない。内めを通る馬が続出すれば、レースが重なるに連れて内ラチ沿いは荒れてくる。従って、メインレースあたりでは内めを通る(通らされる)馬や多頭数の内枠(1~2枠)は少し割り引いたほうがいいかもしれない。枠順なら、3~5枠あたりが狙い目ではないだろうか。

血統面については、1回京都開催で行われた芝2200m以上の結果を見直すと、父あるいは母父にキングマンボ系種牡馬を持つ馬が好調。ほかでは、現役時に2200m以上のG1を制しているサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬や、ロベルト系種牡馬を母父に持つ馬の上位入線が目立つ。

また、近年の日経新春杯を検証すると、グレイソヴリン系種牡馬やノーザンダンサー系種牡馬、ロベルト系を母父に持つ馬が攻勢。とりわけ、父にサンデーサイレンス系種牡馬もしくはキングマンボ系種牡馬を要する馬の好走例が多い。条件を満たす馬には相応の評価が必要だ。

1回京都開催ならびに近年の日経新春杯の傾向を合わせて考えると、父方にサンデーサイレンス系種牡馬あるいはキングマンボ系種牡馬を配し、なおかつ母父にパワーもしくはスタミナに優れたタイプを擁する馬が優位と言えそう。差し脚質の勝率が高いレース傾向を加味すると、前走で上がり3ハロン上位の末脚(2位以内を対象)を繰り出している馬を優先したほうがいいかもしれない。

今回の出走馬で、血統面ならびに先述した馬場傾向の要点(枠順)を満たしているのは、⑤シュペルミエール、⑩ルックトゥワイス。当欄では、この2頭を連軸候補として推奨したい。



ウマニティ重賞攻略チーム

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

1月20日()
AJCC G2
東海S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

1月14日(月)
京成杯 G3
1月13日()
日経新春杯 G2
1月12日()
フェアリーS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
48,298万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 ミッキーロケット 牡6
42,248万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
13,255万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 グランアレグリア 牝3
5,845万円
7 クロノジェネシス 牝3
4,959万円
8 クラージュゲリエ 牡3
4,820万円
9 アドマイヤジャスタ 牡3
4,623万円
10 ヴァルディゼール 牡3
4,544万円
» もっと見る